相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】最後の一仕事【感動】


カテゴリー:


<>28名前:C.N.:名無したん[sage]投稿日:2009/01/18(日)14:48:51ID:PvQTtx0b0<>



私は、中学校入学ごろからコスプレをしだした。



おじいちゃんとおばあちゃんは、洋裁屋さんだった。

両親も共働きで帰りも遅いので、必然的に、

おじいちゃんとおばあちゃんのお店に入り浸ってた。

だから、いろんなものの作り方を教えてもらったり、作ってもらったりした。

 



 

 

おじいちゃんもおばあちゃんも、私のことをすごく可愛がってくれて、

コスプレ衣装を作りたいと言ったときにも、

「面白い服だねぇ。どれ、じいちゃんもがんばって見よう」と、




じいちゃん達は、どう考えても今まで作ったことがないだろう種類の服を、

私と一緒に作ってくれた。



おばあちゃんは昔、美容師をやっていたから、

髪型もキャラと同じにアレンジしてくれたり、化粧もしてくれた。



完成した時、おじいちゃんもおばあちゃんも、



「Oちゃん、お姫様だねぇおじいさん」

「Oちゃんはオラ達のお姫様だよ」



と、こっぱずかしくなるような喜び方をしてくれた。

10年ぐらいたつのに、今でも忘れない。





そのうち、おばあちゃんとおじいちゃんは

「今度はなに作ろうか?」と、言ってくれるようになった。



年のせいもあるし、大型店舗がそこに移ってくると言う理由で

おじいちゃんおばあちゃんは、店を畳んで暇になったからかもしれない。



「Oちゃんと一緒にお洋服を作って、

 それをOちゃんが着てニコニコしてくれてるのが、じいちゃん達の生き甲斐だよ」



と、言ってくれた。



「何でそんなに上手なの?」と聞くと、じいちゃんは

「基本がわかっていればなんだってできるよ」と言った。



「基本がしっかりしていれば、応用もある程度効く。

 だからOちゃん、基本は何事もしっかりとやるんだよ」



と、笑ってた。



コスプレ衣装も、ロリ服もゴスロリも、じいちゃんとばあちゃんは作ってくれる。





<>29名前:C.N.:名無したん[sage]投稿日:2009/01/18(日)14:49:27ID:PvQTtx0b0<>



ある時、鎧や武器とかを作りたくなった。

でも、じいちゃんとばあちゃんには作れなかった。

鎧を脱いだ服は、何とか自分で作れたけど…。



落ち込んでる私に、じいちゃんたちは「ごめんね」と言った。じいちゃん達は悪くない。

むしろ、悪かった所を、直してくれたりもしてくれて、衣装は完璧だった。



コスプレを通じて出来た友達との、初あわせだったから、

すごく楽しみにしてたから、しょんぼりしてた。



「ごめんね、鎧だけはできない」



って、じいちゃんすごく悲しそうだった。



ばあちゃんが後で話してくれたけど、じいちゃんは

ダンボールで作ったりと試行錯誤を続けてた。



それでも



「Oちゃんにこんなのを着せるわけにはいかない。

 プロとしても、もっと良い物が作りたい」



と、それを秘密にしていたって。



そうして三人しょんぼりしてるうちに、

じいちゃんの弟が訪ねてきた。おじさんは看板屋さん。



おじさんが、「ライオンボード使えば良いじゃねーの。

うちにあるから好きなだけ持ってけー」と、言ってくれて、

その加工の仕方をじいちゃんと私に教えてくれた。



そのほかにも加工の仕方を二人で勉強して、以来、じいちゃんは何でも作れるようになった。





じいちゃんとばあちゃんの洋裁屋を再興させたくて、

高校も服飾学科だったし、専門学校もそっちに進んだ。



じいちゃんとばあちゃんはそれを喜んで、何十年も使ってるトルソーを、私にくれた。



「オラ達が死んだら、この道具はOちゃんに全部あげるよ」



と言ってくれた。





成人式の着物は、じいちゃんとばあちゃんが作ってくれた。

とてもきれいな振袖で、ちょっと覚えた「ゴシック」入ってるけど、

友達や周りの人からは「いいなー」って言われた。

「何円で売ってくれる?」とも言われたけど、売れないと断った。





<>30名前:C.N.:名無したん[sage]投稿日:2009/01/18(日)14:49:58ID:PvQTtx0b0<>



私の成人式から三ヵ月後、じいちゃんの癌が発覚。余命一年だと宣告された。

「入院しますか?してください」と言われても、じいちゃんは



「一年?…十分、最後の一仕事ができる」



と言って、ウェディングドレスを縫ってくれた。



結婚する相手なんて居なかったけど、

完成したそれを着た時、じいちゃんとばあちゃんは

「思い残すことなんかないな」と頷きあって、嬉しそうに笑って泣いた。





それが良かったのか、何が良かったのかはわからないけど、

じいちゃんは余命一年と言われ、三年経った今でも元気。

お医者さんにも、不思議がられてる。



「あれ?オラ、死ぬんじゃなかったっけ?」



とよく言ってるけど、今でも元気にコスプレ衣装を作ってくれてる。



友人に「売ればいいのに!」と言われるけど、

「これは趣味だから」と言って、じいちゃんもばあちゃんも突っぱねてる。

もう少し、私の腕が上達したら、またどこかにお店を出そうねと約束してる。





今度、お金が入る予定なので、じいちゃんとばあちゃんと一緒に温泉旅行行ってきます。



カテゴリ:泣ける体験談の記事一覧(新着順)

【泣ける】最後の一仕事【感動】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


寝取られ・修羅場体験談 前後のページナビ!

2015年3月1日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

このページの先頭へ