相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】両性具有 一人二役 【鬼畜】


カテゴリー:


校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」






小柄な男子が怒鳴る。

しかし声変わりしていないような高めの声には迫力がない。



「だから、そいつを今、確かめてやろうって言ってんだよ!」



3人の中では背の低い、増井が小柄な男子を見下ろして言う。増井が3人のリーダー格のようだ。



「ど、どうするつもりだ!」



小柄な男子は、強気な口調でそう言ったものの、声には震えが混じっていた。



「男か女か確かめるって言ったら、パンツ脱がすだろ!」



「や、やめ…!」



小柄な男子がそう言い終えないうちに、男子たちは、ズボンを脱がしにかかった。

2人が体を押さえ、増井がズボンのベルトを引き抜いた。



自分より体の大きい男3人が相手では、抵抗のしようもなく、ズボンは簡単に下ろされ脱がされてしまった。





増井がトランクスに手をかける。



「やめろーっ! 離せっ! ちくしょう、殺してやる!!」



抵抗の叫びも虚しく、トランクスは一気に抜き取られた。

そして、そこには子指大のペニスがあった。周りに毛はなく包茎で小学生のようだ。



「ええっ。なんだこれは?子供のオチンチンだぜ」



「ちょっと待て。金タマは?ちいさくないか?変だぞ」



増井は少年のペニスをつまんだが、すぐ離してしまった。



「な、なんだ、これは。金玉の代わりにに割れ目があるぞ。伊藤、おまえニューハーフか?」



増井が小さなペニスをもう一度持ち上げると、睾丸のあるべきところに陰唇があった。



男子たちの目は一点に集中する。

そこには男ならばあるはずの睾丸は見当たらず、ペニスの無毛の付け根から、割れ目の線が入っているのだった。





「くそっ、見んなっ! 離しやがれっ!」



小柄な男子、いや、女子の叫びには、涙声が混ざっていた。







伊藤ジュンは男子生徒として高校に通っていた。両性具有に理解を示してくれた私立高校で、校長と3年間持ち上がりの担任だけが、その秘密を知っていた。

服装はもちろん、体育も男子の中でやり、トイレも男子用を使用する。





ジュンは、成績は優秀な上に、耳の病気で禁止だと聞かされた水泳以外は、体育もよくできた。2年以上続けている筋トレで腹筋が割れ、スリムな男子の体型だ。乳房が膨らんできた中学1年以降、Tシャツは厚い生地のものしか持っていない。





生徒会役員を積極的にやり、先生の評判も良かった。国公立の理系を目指しており、今の成績なら十分行けると言われていた。そして、小柄ではあるものの小顔で、なみだ袋のある女性アイドルのような顔立ちで、女子たちによくモテていた。







一方、ここにいる3人の男子たちは落ちこぼれだ。私立の進学校なので、中学では学力があったはずなのに、勉強についていけず、課外活動をするでもなく、特に女子たちには全く相手にされなかった。





この倉庫で先月、彼らは後輩の女子の暴行に成功していた。

そんな彼らの屈折した気持ちが次に向けられたのが伊藤ジュンだった。





そしてジュンは「大切な話がある」という、後輩からのニセの可愛いカードに、おびき寄せられてしまったのだ。1か月前の成功は3人の落ちこぼれを大胆に、凶暴に変えていた。



「おいおい、こんなの初めて見たぞ」

「こいつ俺たちに嘘をついてたってこと?」

「どうする?これって使えるのか?」

男子たちが言う。



「う、うるせぇ! 俺は、男だ!」



「こいつ、男と女の違いが、わかんないらしいぜ!」



「しょうがない奴だな。使ってやるよ。」



「おい、皆、伊藤に、自分が男じゃないんだって、教えてやるぞ!」



増井はそう言うと、ズボンのベルトを外し始めた。

ズボンと下着を下ろし、中から屹立した男のモノを取り出す。



増井は、ジュンを押さえる係の男子と交代する。交代した男子も脱ぎ、全員が男根を、ジュンの前に露出させた。



増井は、ジュンの顔に、男根をつきつけた。ジュンは逃れようと顔を背けるが、逆方向の男子も、その陰茎を突き出す。



増井は、皆の中でもとりわけ太くて大きい肉棒をそそり立たせながら、ジュンの割れ目を見下ろした。そして、こう言った。



「どうだ、わかったかよ。お前は、男なんかじゃない」

「そりゃ、ちんぽじゃない。クリトリスだ。男の格好してんじゃねぇ」

「男子トイレに入ってくんじゃねぇ。マンコついてるやつが、男の領域侵してんじゃねえよ!」



ジュンは、憎しみをこめた目で、増井を睨みつけた。



「なんだその目は! おカマのくせに、いきがってんじゃねえぞ!」



そう言うと、増井は、ジュンの足首を掴み、持ち上げた。無毛でむき出しの割れ目から肛門にかけてが、あらわになる。いくら鍛えて腹筋が割れていても、ホルモンの関係で体毛が無い、きれいな少女の下半身だ。





ジュンが振りほどこうとした足首を山本と村田がつかまえ、左右に引裂いた。



増井は、M字開脚の間で、小さな包茎ペニスを捕まえると、一気に剥いた。



「うあああ」

ジュンが激痛に叫びをあげる。



赤く剥けたペニスは、つまんでこすると硬直して、カリが締め付けられる。

「痛い、痛い、やめてくれ」



次に、きれいなピンクの女性器を左右に親指を当て、割り開くと中から膣口がのぞいた。

メガネをかけた村田がそこをライトで照らす。



「チ〇ポも小さいけど、オ〇ンコも小さいな」





ジュンは泣き喚いていた。

増井は、そんなジュンの割れ目に指を出し入れしながら、叩きつけるように言う。



「ここからも小便出すのか? 生理の血も出してんだろ! パンツにナプキン当てて、血まみれになったやつ取り替えてんだろ! 男子便所でよ!? 俺たちの便所を、汚ねぇもんで汚しまくってんだろ!? 」







「出してんのは、小便と血だけじゃないみたいだな」



ジュンの中から出した指を見せながら増井が言う。割れ目からは、女体を守ろうとする透明な粘液が溢れ出してきていた。



山本は、膣から流れ出た女の液を見て、馬鹿にしたように言う。



「見られて気持ち良くなってやがる。ちっちゃいチ〇ポ立てながら女の汁垂れ流して、自分は男だと。聞いて呆れるぜ」



「つまり、こいつを挿れて欲しいってことだろ?」



山本が肉棒をジュンの顔に押し付ける。





「挿れて出したら、妊娠するかな?」



村田がメガネのふちに手をかけながら言う。



「どうかな?女なんだろうか?ここに子宮があるんだろ」

と、山本が、ジュンの腹を押しながら言う。





「よし、こいつが男と言い張るんなら、中に出してやろうぜ。男だったら、妊娠の心配はないからな」

増井が提案する。



「そりゃ、いい考えだ。でもみんな1回目は外出しだからな。」



それを聞いたジュンは、恐怖のあまり叫び出した。



「い、いやだ! やめろ! それだけは、マジでダメだ!」



「なんでダメなんだ? お前、男なんだろ? チ〇ポ付いてるじゃないか。妊娠なんかするわけないよな」



増井は言いながら、ペニスをジュンの膣に当てがった。



左右から脚を広げられたジュンは、手首をマットの取っ手に固定され、身動きがとれない。増井はジュンの小さなペニスをつまみ上げると、亀頭の先端を膣口に押し付けた。



「いやだーっ! お願い、やめてぇーっ!」



泣きながら懇願するジュン。しかし、ジュンの叫びも虚しく、ペニスは膣口を割り開き、中へと侵入していく。





皮肉にも、ジュンを守ろうと出てきた液が潤滑油となり、男の凶器をスムーズに内部へと導いていく。



「いやあーっ! 嫌だっ、痛い、抜いてぇっ、頼む!」



ジュンの言葉を無視し、増井はその棒を、奥まで突き立てた。メリメリと内部が裂ける感触があり、ジュンの絶叫が響いた。



「今、こいつの処女を頂いたぜ」



貫いた増井がそう言うと、山本と村田はそれまでの真剣な顔を変え、ニヤニヤ笑いを浮かべながら、口々に囃し立てた。



「伊藤ちゃん、よかったな! これで女になれたじゃないか!」



増井は、ジュンの赤く剥けたペニスをつまんだまま、激しくピストン運動を続ける。



ジュンは痛みに喘ぎ、犯される屈辱にうちひしがれていた。





一方、増井は、ペニスの身体的快感だけに留まらず、強い精神的快感をも覚えていた。



ジュンを服従させ、その身体を思うがまま蹂躙し、支配する。自分の圧倒的優位。



自分の下で泣き叫ぶジュンを見ながら、増井の限界が近づいてきた。



「出るぞ…、出すぞ、お前の中にたっぷり出してやる!」







ジュンは、恐怖のあまり、泣いて叫んだ。



「やめてくれ、それだけはー! 中には出さないで!」



「じゃあ、認めるんだな!? お前は、男に出されたら妊娠する、女だって認めるんだな!?」



ジュンは、涙を流しながら、認めざるを得なかった。



「う、うう…。認める…。認めるから、やめて…っ」



しかし増井は、まだ抜こうとはせず、さらに質問を続ける。



「認める、だけじゃわからん。何を認めるんだ、ちゃんと言え。誰が、何を認めるんだ?」





「お、俺が…お、女だってことを、み、認める…」



ジュンは涙まじりの声で、ようやく言葉をしぼり出した。



「俺? 俺じゃねえだろ? 女のくせに。それに人にものを頼むときは!? 言い直せ!」



増井はそう言いつつ、もう一度ペニスを奥へと突き上げた。



「うっ…! わ、私は、女、ということを、み、認め、ます…」



しかし、増井はまだ抜こうとはしないばかりか、再び腰を動かし始めた。



「ようやくわかったかよ! で、どうして欲しいんだって?」



「ぬ、抜いてぇっ! あっ、ああっ、早くっ!」



「だから、何を、どこから抜くんだよ? ちゃんと言えって言ってんだろ!? 敬語はどうした!」



「ち、ちんちんを…私…私の…。うっ、ううっ…。ち、膣、から、抜いてくださ…」





そこまで言ったときだった。

増井のペニスが、その先端から勢いよく精液を発射したのだ。



ドクッ、ドクッ、ドクドクッ!



「あっ、あああーっ!」



熱い種子の放出を感じたジュンは、絶望の叫びをあげた。

増井が、ジュンの膣からペニスを抜くと、血が混じって、ピンク色になった液がドロリと垂れ落ちた。



「お前がもたもたして、さっさと答えねえから、出ちまったんだからな。お前の責任だ」



「あーあ。次がいるんだから中にだすなよ。きったねえなあ。この前も困っただろ。」



彼らはジュンの手首を拘束したまま、体操マットを足元から巻いて、ジュンの腰の下で止めた。両手を開いてマットに固定されていたジュンは巻かれたマットでエビぞりになる。



ジュンの下半身は高くなったマットから突き出され、その下は倉庫のヒビだらけのコンクリートだ。



「伊藤ちゃん、すぐ洗ってやるからな」







村田はコーラのペットボトルをジュンの膣に押し込むと、両手でつぶし。コーラを一気に注ぎこませた。



ジュンは腰を激しく振りながら、泡立つたコーラと精子を床のコンクリートにぶちまけた。



先週の1年女子を犯した時の経験が役に立つ。コーラはコンクリートのひび割れに吸い込まれていった、





「きれいになったよね。次は俺だ。」



山本は古いビート板2枚を敷いてひざまずいた。

そして、ジュンの痛みと絶望感にも構わず、ペニスを刺し込み、激しいピストンの末、胎内に精子を放出した。



ペニスが抜かれ、コーラで洗浄されると、村田のペニスが差し込まれ、射精が行われた。





ジュンの小さなペニスも。増井がクリトリスだと言って口に含んでからは、男たちの凌辱の対象になった。



それが繰り返され、全ての男たちのペニスが2度、ジュンは合計6回突っ込まれた。



「こりゃあ、妊娠、大丈夫かな」



メガネの村田がつぶやく。

ジュンの胎内は、洗浄されたとはいえ3人分の男の、濃厚な精液がとどいたはずだ。



「ちゃんと産んで、女としての義務を果たせよ!」

「赤ん坊、虐待すんじゃねぇぞ。きちんと、おっぱいやれよな」

「そもそもこいつ、おっぱいあんのか?」



男子の制服を着たジュンの胸は、確かに平らに見えた。









「脱がしてみりゃ、わかるさ」



そう言って男子たちは、上半身の制服を脱がす。ジュンはロープを解かれてもマットの上から逃げようともしなかった。





カッターシャツの下から現れたのは、胸を潰すための特別なシャツだった。

前についているファスナーを外すと中から、プルンと膨れた二つの乳房がのぞく。



「立派なおっぱいがあるじゃねえか。これじゃあ水泳の授業は出れないよなあ」

「ここからミルク出して、子どもに吸わせろよ」

「せっかくきれいなおっぱいなのに、こんな下着で押し潰していたらダメだろ。ブラジャー着けろよ」



男子たちは口々に言いつつ、ジュンの乳房に触れ、揉みしだき、乳首をつまんだ。



その間にも、犯された部分からは、コーラが絶えず流れ落ちる。

ジュンが、妊娠の恐怖に震え、絶望に打ちひしがれているその状況で、男子たちは、歓喜と征服感に満たされていた。











再びマットに手を固定されたジュンは、タオルやティッシュで精液や唾液をぬぐわれては、3人の男にかわるがわる凌辱された。



男に突かれる度に、ジュンの小さなペニスが勃起して男のリズムに合わせて動いた。



「伊藤ちゃん。感じてないでオチンチン小さくしろよ。また中にだすぞ」



「か、感じていません。だめだ、小さくできません。やめてください」







ジュンのアナルに差し込まれたボールペンを弾くと、同じような太さの小さなペニスがピクピク反応する。







ジュンの日焼けのない白い肌はピンク色にほてり、乳首のまわりには歯型とキスマークが付いてていた。



増井はジュンのペニスをつまんでしごきながら、ジュンに追い打ちをかけた。



「俺らは伊藤ちゃんの秘密をばらさないよ」

「もう少しこれが長かったら自分で自分に突っ込めるのに。残念だな」





ジュンのペニスをしごく増井の指が激しく動く。



「やめろ、やめてくれえ、もう出る。やめてくれえ」

ジュンがのけぞると、小さなペニスから白い精子がにじみ出た。



「おおっ。少ないけどちゃんと出たぞ」

増井は手でそれを受けると、指先に集めた。



「見ろよ、これをおまえの中にもどしてやるよ。自分で自分の子供を産むんだ。産んだら責任持って、ちゃんと育てろよ。トイレで産んで捨てたりするなよ!」





ジュンは狂ったようにあばれた。しかし二人に膝を抱えられ、脚を閉じることは許されなかった。







「ばか。やめろ、やめてくれ。やめてえ。ああああっ」





架空の物語





カテゴリ:レイプ体験談の記事一覧(新着順)

【レイプ】両性具有 一人二役 【鬼畜】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


寝取られ・修羅場体験談 前後のページナビ!

2015年5月5日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

このページの先頭へ