相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】犬猿の仲 その2【血縁SEX】

妹との仲むつまじい、生活は、直ぐに、破綻した。

ある夜、残業で帰りが遅くなった。部屋の明かりが、消えていたので、

おーい、寝たのか?おっやっぱり、寝たのか。

布団に入って、

寝てる。

まだ、9時だぞ。起きて、待ってろよな。1人で、飯食っても美味しくねぇだろ。

それにしても、

早く引っ越さないと、いつまでも、同じ布団にって、訳にもいかねぇな

って、独り言の最中に、妹が寝返りした。艶やかで、張りのある。見事な、足、違うな、太ももだ。食事もそこそこに布団に、潜りこんだ。えっ!!

布団をめくると、妹は、チビタンクトップにホットパンツ姿。

しかも、タンクトップから、見事な胸がはみ出し、うっすら乳輪も確認出来る。片膝を立てた又とホットパンツの隙間からヘアーも、

妹の裸は、風呂では、見馴れてるけど、薄明かりに照らされた。チラリズム状態では、欲情に値した。思わず、タンクトップの中に、手を差し入れて、弾力と柔らかさが同居する。見事な巨乳をゆっくりと、揉んだ。すると、手のひらに乳首を感じとり、優しく、乳首を中心に、回すと、コリッと立った乳首が立った。ボタンの外れたホットパンツのファスナーを下げて、手を、そっと差し入れ、密林を抜け、クリを中指の腹で、転がし、名残惜しいが、先に進んだ。そこは、溢れんばかりの、沼地に、到着した。何だよ。

もう濡れ濡れだな。指2本で、刺激を加えようとした。その時、視線を感じ、妹の顔を見たら、潤んだ瞳で、お兄ちゃんって手を首に回して、嬉しい。抱いて。頭の中は、パニック状態だが。手は、止まらない。

タンクトップをまくり上げて、プリンプリン揺れる、胸を十分堪能して、舌を、胸、脇腹、へそ、下腹、内もも、

裏もも、ホットパンツを剥ぎ取り、又の付け根に舌を、


体験談関連タグ

||||||||

2015年2月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】プールで…【血縁SEX】

これは、私が21才で妹が19才のころの話です。妹は泳ぎが得意で、私は泳ぐのが下手でした。   そこで、母に「教えてもらったら?」と言われ、そうすることにしました。最初は別にいやらしいことは考えていませんでしたが、次の日 妹はピッチピチの、スクール水着を着て、「お兄ちゃん早くぅ!」といってきました。私は、わかったよと言って急いで行くと、みごとにこけました。「もーっお兄ちゃん?」と、すこし怒りながら手をさしだしてくれました。「ありがとう。」といって手を掴むと、あることにきがつきました。なんと妹の水着が透けてるのです。 大きい胸に、小さめの乳首………続く?

体験談関連タグ

|||||||||

2015年2月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】無邪気な妹【血縁SEX】

俺には6つ離れた妹がいます。

現在中学2年生です

俺はいち早く高校を卒業し、現在ある自動車会社につとめています

俺は寮には入らず家から通勤し、車は親に買ってもらったし

お金は無駄遣いするほうではないので、ほぼ使い道がなく

貯金はすぐたまってしまう。

金の使い道は妹に駄々をこねられ服を買ってあげるぐらいです

その日も妹に駄々をこねられ、「またかよ」っておもいつつ

今度は何が欲しいんだとたずねたら「下着」が欲しいというのです

「それはおかんにたのめよ」っていったら

「今月はだめだって」っていわれたそうです

「近くに売ってる店ないし、買いにいけんし、来月までまつんだな」というと

「どうしても欲しい」というんです

「なぜ?」ときくと「ブラのサイズがあわないんだもん」と。。。

「そんなに大きくもなのに」と言い返すと


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年2月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹と風呂にて…【血縁SEX】

「ああ、うぅ、あはっ♡」

「うっ!カナ!兄ちゃん、もう逝く!」

「はあ、お兄ちゃん!な…かに、中に!出して!」

「うあらぁぁぁ!!!」

「あっ!、あっ!、あっ!、あっ!いくぅ!!!」

ドピュッ!ドピュッ!

 俺は今高校一年生。妹は二つ下で中学二年生。ついこの間、俺たち兄妹は越えてはならない一線を越えてしまった。

 話は今から五日ほど前までさかのぼる。あの日の夕方、両親は仕事の関係で家を留守にしていた。俺はいつもどおり、妹の分と合わせて二人分の夕食を作って、二人で食べた。

「お兄ちゃんのご飯、今日もおいしかったよ」

「サンキュ(笑)食器はいつもどおりそこに置いといてくれたらいいよ」

「りょ~か~い」

などという、いたって普通の仲の良い兄妹の会話である。

 それから数分後、俺たちは居間でテレビを見ていた。

「やっぱり、堀○真希って美人だよね~」

「だよね~。うらやましいよ、あのかわいさは…」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉ちゃん2【血縁SEX】

俺と姉ちゃんがセックスフレンドみたいになってから、早8ヶ月しました。

姉ちゃんが生理のとき以外、ほとんど毎日2回戦以上しています。

だから、姉ちゃんも「彼氏とやるより、気持ちいい!」って言ってくれます。

俺もだいぶ長持ちするようになり、当たり前ですよね、毎日2回以上発射しているんですから・・・

俺のチンポで姉ちゃんがいくようになって、姉ちゃんがいく時はすごい声を出して、あそこをひくひくさせます。

あー、これで姉がいったなあと思うようになりました。

なんと彼氏のことは好きだけど、彼とのエッチでは彼がマイペースなので、いけないそうです。

姉ちゃんの好きな体位は正常位とバックです。69も好きみたいです。

俺が好きなのはバックです。俺も69は大好きなので、大抵1回戦目は69で俺が先にいっちゃいます。

2回戦目は俺がいかせます。

そんなことばかりしているので、姉ちゃんのおっぱいがますます大きくなって、DかEカップはあるし、どんどんきれいになっていきます。やはりホルモンの関係かしら・・・・

今も春休みで、共働きの両親がいないので、朝からずっと姉ちゃんと俺は服も着ないで、すっぽんぽんで抱き合っています。

もはや、したいときにすると言うよりは快感のためにするって感じで・・・・

俺も俺で何回やってもし足りないって感じで・・・・

体験談関連タグ

||||

2015年1月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】淫乱妹ゆり【血縁SEX】

俺は、大学生で高校1年で16歳の妹がいる。妹は、名前をゆりといって、顔は可愛く、胸はEカップの巨乳でスタイルも良く、性格もよく、何の問題もない可愛い妹だ。ま、やはり年頃ということもあり、性に興味がるらしい。そんな妹と一線を越えてしまったのは先月のこと。俺は、時々、オナニーのときおかずでゆりの使用済みのパンツを使って、パンツをチンポに巻きつけてオナニーするのだが、今回「ゆり、ゆり」と妹の名前を呼びながらオナニーしていたら、妹に見つかってしまった。一瞬、ああもう終わりだと思ってしまったのだが。妹は「私、お兄ちゃんのこと男として好きだったの。うれしい!!」といい、抱きついてきた。そして、次の瞬間、俺の勃起したチンポしゃぶってきたのだ。とにかく、俺はびっくり!!でも、すぐにいってしまった。それから後は、俺の部屋のベッドで、やり放題。女子高生の若い体をむさぼりまくった。Eカップのおっぱいをなめ、ぐしょぐしょのオマンコをなめ、ぬれてきたらつき放題。俺は童貞、妹は処女だったので、すっかりエッチの気持ちよさに目覚めてしまい、それ以来、親のいないところではやり放題だ。ただ、最近ゆりがエロくなりすぎて困っている。複数プレイがしたいだとか、輪姦されたいだとか、野外でやりたいだとか、見られながらやりたいだとか、公衆便所女って呼ばれてずっと一生エッチばっかりしてたいだとか困っている。一度、俺の友達4人と5Pをしたんだが、その際もぜんぜん緊張することなく2本チンポをしゃぶり、一本前に、もう一本は後ろに入れてもらってアンアンあえいで、一晩中エッチして、んで複数プレイが大好きになったみたい。あと、AVとかにあるようなコスプレも好きで、よく制服とかブルマとかスク水とかでもエッチしてくれる。本当にエロくてエッチ大好きの最高の妹で俺はなんやかんやいって大好きだ。あー、明日もいっぱいいかせてやるからな、ゆり!!

体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年12月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】実の娘【血縁SEX】

私55歳で去年妻を病気で亡くしました。

私には二人の娘がいて長女は28歳で次女は26歳です。

二人ともすでに結婚して家をでています。

妻の看病などでかなり体力的にも精神的にまいっていたのは確かで仕事も休みがちになりました。

そんな私を見て、娘たちが私に気を使ってくれたんです。

長女はまだ4ヶ月の子供をかかえながら、よく家にきてくれたり、次女もたびたび顔をだすように

なってくれました。次女は仕事をしているので遅くまではいないんですが、長女はよく家に泊まって

いきます。長女はよく母乳がでるらしく、日に何度かあまった母乳をしぼり、冷凍庫へ。。

そんなある日、長女が子供に授乳しているのを私がみてて、長女が「この限定巨乳、いつまで続いかなぁ。」

確かにパンパンにはってそうなは解かってはいるが。。。

「ねぇねぇお父さん、お母さんのおっぱいのんだことある?」と言われて、「すこしはあるかなぁ」っと

「旦那はよくのむんだよね」って。。。「あははww」となにやってんだかと思いつつ。。。

「どうせいっぱいあまるし。。。」って娘がいうと「俺に飲めってことか?」と言い返すと「そういう意味

じゃないけどね。張りすぎて痛いんだよぉ」ってちょっとしかめっ面で娘が授乳しながらいった。

「片方飲ますともう一方からもでるのよ」って娘がいうと「おかあさんもそんなこといってたなぁ」


体験談関連タグ

||||||

2014年12月5日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】従姉【血縁SEX】

ぼくは中2です。去年の夏、いとこたちと一緒に海にいったときのことです。

 いとこは1こ上のM美と1こ下のKで、いった日の夕方、「もうすぐごはんだから、いっしょに入っといで」というので、3人でお風呂に行きました。

 札をかけてはいる小さいお風呂なので、3人で入るとせまいくらいでした。KとM美はしょっちゅう一緒に入ってるらしくて、平気でかくさないで見せてました。

 3人で日焼けのあとをくらべあいしました。

 ぼくは女子のはだかを見るのは初めてで、M美はわりとおっぱいもふくらんでるので、チンチンがぴんぴんになってしまいました。

 M美は「洗ったげる~」とKとぼくを交代で立たせて、見たらKもチンチンがたってたけど、ぼくのほうが2倍くらい大きかったので、M美はびっくりして「おっきいねぇ~」といって洗いながらさわりました。

 Kは見たいテレビがあるので、すぐに出ていって、M美とぼくの二人になると、M美は「すごいねぇ」といって夢中でぼくのチンチンをなでました。

「胸さわっていい?」というと、「いいよー!」というのでM美のおっぱいをもみました。

 初めてさわって、柔らかくてびっくりしました。おばさんが「早く出なさい」と呼ぶので、あわてて出たけど、トランクスをはいても、M美はとんがってるあそこをさわってきました。

 夜、3人で寝てたらM美はぼくの横にきて、ぼくが真中でした。

 Kはすぐ寝てしまい、ぼくも疲れて眠ってしまいました。

 夜中にふと目がさめたら、M美がぼくのをさわってるんです。

 ぼくはトランクスだけで寝てたので、チンチンが立ってテントでした。M美は、チンチンを指で押したり、つつーとなぞったりつまんだりしました。

 ぼくが動いたら、M美はあわててはなれて、寝てるふりしてたけど、何気に見たら自分でTシャツの胸をはげしくもんで、あそこもいじってました。

 しばらくしたら、またさわってきました。ぼくは気持ちよくて、じっと寝てるふりをしてたら、だんだんにぎったり、もんだりするので、ぼくはとうとうがまんできなくなって、トランクスの中に「ピュッピュ」と射精してしまいました。


体験談関連タグ

||

2014年11月23日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉ちゃん【血縁SEX】

俺は高2です。お姉ちゃんは高3で、この前俺からふざけて姉ちゃんの胸をさわったら、姉ちゃんもやる気になっちゃって、なりゆきでやっちゃいました。

 一回年上の人ともやりたかったので結構よかった。

 姉ちゃんがおれのあそこをなめてくれた時、もうイっちゃって、やっぱ年上はテクニシャンだと思った。

 俺が、「姉ちゃんの胸結構でかいね。」っていったら、「彼氏がもんで、大きくしてくれたの。でももっと大きくしたいから、直樹もモンでくれる?」とかっていってきたからたくさんいじくってやった。

 それでっから姉ちゃんと今までのH経験の話とかして、結構盛り上がった。

 実の姉ちゃんとこんなことやこんな話をするなんて思ってもなくて結構うれしかった。

 そのあといっしょにお互いの感じる所を言い合って、触りあったりした。

 今思えば姉ちゃんのおかげでSexがうまくなったような気がする…。

 おかげで彼女も気持ちいいっていってくれるようになったし。

 それから、俺がHしたいとき、姉ちゃんの部屋に行くといつでもやらせてくれるし、もうH大好きになっちゃった。(笑) 

 前姉ちゃんがオナニーしてる途中に部屋に入っちゃって、俺が、「俺の体でよければヤる?」って冗談で言ったら、すごく激しくヤってきた。

 もうお姉ちゃんっていうか、Sexフレンドみたいなもんになっちゃったし…。

 でもいつでもヤらせてくれるからさいこ~。

体験談関連タグ

|||

2014年11月19日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉ちゃんからイタズラされた話【血縁SEX】

オレが小5のときに、中二の姉ちゃんに襲われたことがある。

夜中、オレが自分の部屋で寝ていると姉ちゃんがオレの布団にもぐりこんできた。

ビックリして「姉ちゃん、どうしたの?」と聞くと

オレの顔を自分の胸に押しつけるように抱きしめながら「静かにして」と言った。

数分間、姉ちゃんは荒い息でオレの顔を自分の胸に押しつけていた。

オレは訳がわからず怖くなった。

少しすると姉ちゃんはパジャマのボタンを外して自分の胸元を開いた。

豆電球が点いているだけの薄暗い部屋の中、水色のパジャマの中から白いブラジャーが見えた。

オレが何も反応できずにいると姉ちゃんは再び胸を顔に押しつけてきた。

ブラジャーの感触はパジャマより柔らかい感じだった。

姉ちゃんは無言でオレの顔に胸を擦りつけ続けた。

ブラジャーの生地が顔に擦れて痛かったので「姉ちゃん痛いよ」と言った。

すると姉ちゃんはグイとブラを上にめくり上げてオッパイを剥き出しにした。

何年も前に一緒に風呂に入ったとき以来に見た姉ちゃんのオッパイはかなり大きくなっていた。

小振りだけどちゃんとオッパイって感じの胸、乳首のポッチはよく見えず乳輪の部分だけがポッコリ膨らんでいた。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月8日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ