相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】女性センターの悪夢③【鬼畜】

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。 「はい、あ~んしてごらん」

 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。

 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。

 何度も。 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・ 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」

 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。

 「ほら、口開けて」

 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。

 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。

 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」

 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」

 女子高生の奈津子さんが言いました。 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」

 若い母親の一人が言いました。 「麻酔なしで、ちょきん!!」

 指ではさみの形を作って、言います。 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」

 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」

 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月2日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【近親相姦】従姉妹にやられました【血縁SEX】

小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。

家には、小学6年の従姉妹のミキしかいませんでした。

すぐに帰るつもりでしたが、ミキがちょっと上がってと言うのでお邪魔しました。ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。

ミキは僕の短めのショート半ズボンから出た脚を見ながら

「半ズボンがむかつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがむかつく」というのです。

「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。

ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段は脚を出す事はありません。

その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はちきれそうで僕よりかなり太い事は確かでした。

ミキは怒って

「自慢な訳、私をからかいたくて半ズボン

はいてんの、男が脚が綺麗でうれしい、それより体、貧弱なんじゃないのそんな脚してるし」

と言ってきました。

「確かに僕細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら

「自覚した方がいいよ、させてあげる、私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ勝負する事になりました。

ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】妻の浮気~公認するまで【鬱勃起】

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。

14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。

と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。かくいう私も浮気相手の1人だった。

私の友人の彼女だったのだ。

初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、

帰りに私が彼女を送ることになったその日、「N君、最近いつエッチした?」「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、

セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」「せんずりしてるの?」「はっきりいうなぁ~、まあそうだけど」「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」「あははは」「中に出させてあげようか?」「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」「内緒でエッチしようよ」「ほんとに?」「N君のエッチどんなのかなぁ~?」「普通だと思うよ」

そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。「一緒にお風呂入る?」「いいの?」「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」

彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。

こんなに乱れる女は初めて見た。

キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め

ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、

射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から

アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を

トロトロと流し込んだ。それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月24日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】もしも車が話せたら 霊柩車編【感動】

<>546:霊柩車:02/09/1713:47ID:3sJ4uJlW<>

可愛がってくれた社長が倒れて、会社も潰れ、俺は転職した。

運良くVIPにゃならずに済んだが、屋根剥がされてド派手な御輿の飾りつけられた時は

そりゃ驚いたもんさ。今となっちゃこれも悪くはねーがな。

死体運搬行にゃ不況もクソもねーからよぉ。今日も俺は葬式の手伝いさ。

市営だからメシもマズいが運ちゃんも焼き場のにーちゃんも俺を可愛がってくれるから

特に不満はねーな。

ただなあ…別れに立ち会うのは、人情深い俺には少々辛ぇ仕事だな。



やってきたのは山際の小さな家。ひでーな今にも崩れそーじゃん。

「やっと来たか運送屋」

おう待たせたな。にしてもこりゃ…おい軽トラのじいさんよ、随分寂しい葬式じゃねーか。

「仕方あるまいさ。身寄りの無い独居老人の最後なんざこんなもんさね」

参列者も…おいおい何人いるんだよ。よく俺なんか呼べたなおい。

「最後の花道ってやつさ…残す財産も無いし最後ぐらい飾らせてやろうって、近所の連中の


体験談関連タグ

|

2015年8月14日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】じゃあこの子の服とおもちゃをバッグに入れて来なさい【危険】

103名無しさん@HOME2011/03/09(水)19:06:07.27O

愛人宅に奥さん登場

周りが凍りつく結果になった

(殺人じゃない)



きちんと筋道立てて報告できるようまとめるのでしばしお待ちを





107:名無しさん@HOME:2011/03/09(水)19:48:49.66ID:O

アパートに両親と2歳の子の3人家族が越して来た

近所とも仲良くなり、みんなでアパート前の広場で遊んでいたら女性がやって来た

見た瞬間、ご主人は真っ青になり女性は「こんにちは」と挨拶をした

てっきり誰もが「愛人登場!?」と思いきや、訪ねて来たのは奥さんでご主人と一緒に暮らしていたのが愛人だった






体験談関連タグ



2015年7月13日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】14才の頃に処女を捨てた男との忘れられない話【感動】

<>1:VIPPER速報がお送りします:2011/10/16(日)07:43:28.63ID:2+3TCzh80<>





文才がないんで、独り言のように書いてく。









<>2:VIPPER速報がお送りします:2011/10/16(日)07:45:49.23ID:kJfMBq63O<>





おはよう








体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年7月5日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】妻が露出プレイに目覚めた結果、巨根の甥っ子に寝取られた 【鬱勃起】

妻のすずは、夫の私が言うのもおかしいかもしれないが、結婚して7年経ち、32歳になった今も可愛らしい女性だと思う。

大学の時からの付き合いで、もう14年くらい一緒にいるが、まだ新鮮な気持ちは消えていないし、まだ二人でラブラブな日々を送りたいという気持ちもあって、子供もまだ作っていない。

と言っても、周りの目や両親達のプレッシャーもあり、そろそろ作ろうかなと話しているこの頃だ。



妻は美人という感じではなく、愛嬌がある感じだ。少し肉付きが良い体で、人によってはポチャッとしてるというかもしれないが、私は痩せすぎだと女性的な魅力を感じないし、抱き心地も悪そうに思えるので、私にとって妻の体型は理想的だと思う。



妻は、自分では最近炎上した広瀬すずに顔が似てると思っているみたいだが、夫のひいき目でもせいぜい7掛けくらいだと思う。でも、系統としては同じ感じなので、たまにそっくりに見える瞬間があるのも事実だ。





そんな、私にとっては最高の妻だが、さすがに14年近くもセックスをし続けると、気持ち的にはそんな事はなくても、肉体的にはマンネリみたいになってしまっていた。それは妻も感じていて、色々とアイデアを出してきたりした。エッチな下着を着たり、車でしてみたり、大人のおもちゃを使ったりした。そのどれもが効果的で、二人のセックスは充実したものになった。そして、少しずつ過激なものになっていった。



二人にとっての大きな転機は、夜の公園でのプレイだった。その日は、すずは両手を挙げたらパンツが丸見えになるほどのミニスカートを穿き、ブラウスの下はノーブラだった。

『ちょっと、これはさすがにダメでしょw お尻丸見えになっちゃうじゃんw』

妻は、そんな事を言いながらもすでに頬をほんのりと赤くして、上気したような顔で興奮した様子だった。

「見られるかもっていうのが、興奮するんでしょ?」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年7月1日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び6 【鬱勃起】

『もうダメ、入れて……。早見君のおちんちん、麻由香の中に入れて……』

麻由香は、ほとんど無意識にそんな言葉を言っていた。そして、その言葉を聞いて、早見は夢が叶った気持ちになり、舞い上がりそうな気持ちのまま麻由香に覆いかぶさった。

客先の、しかも人妻……。手を出してはいけない相手だと、よくわかった上で、それでも気持ちを抑えることの出来ない早見は、麻由香に覆いかぶさったまま、じっと彼女の目を見つめた。そして、麻由香もその真っ直ぐな早見のまなざしを受け止めながら、自分がもう後戻り出来ないところまで来ていると感じていた。



夫の顔が脳裏をよぎる。しかし、燃え上がったその熟れた身体は、目の前の若い身体を狂おしいまでに求めていた。

『来て……』

麻由香は、とろけきった顔でそう言った……。





早見は、自らの唾液と、麻由香の秘密の蜜で濡れそぼった膣口に、暴発しそうなほどいきり立った淫棒を押し当てた。一瞬、避妊のことが頭をよぎるが、それよりも、このオンナを孕ませたい……。そんな、雄としての本能が上回ってしまった。



早見は、そのまま自らの淫棒を押し込んでいく。すぐに、驚くほど濡れそぼった熱い膣肉が彼のモノを包み込んでいく。早見は、その複雑にうねるように絡みつく肉の感触に、腰が抜けそうだった。



そして、麻由香はググッと膣肉を押し広げてその太すぎる淫棒が分け入ってきた瞬間、夫のことを考えた。

(あなた……ゴメンなさい……)


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】ショベルヘッドのハーレー【感動】

<>210:774RR:2008/12/12(金)19:41:32ID:+BFhk1s2<>

もう20年ぐらい昔の話。オレのオヤジはバイクきちがいでショベルヘッドのハーレーに乗ってた。

ピカピカの新車で家に帰ってきた時のことは今でもはっきり覚えてる。

V字に開いたビカビカのエンジン。「ドッドコ、ドッドコ」とまるで生きているようなエンジン音。

むき出しのエンジンベルト。長く伸びたマフラー。圧倒的な存在感だった。

オヤジが「これがショベルだ」って言ってからうちではショベルと呼ばれるようになった。



オヤジは船員やってて2ヶ月ぐらい帰ってこないことも余裕であった。

滅多に家にいないレアキャラだったからオレ達兄弟からは絶大な人気だった。

うちはお袋も働いててオレは学童保育に預けられてたんだけど。

オヤジが休みの時はショベルで迎えに来てくれた。

あぶないからって理由だと思うけど、ショベルに乗せてもらえるのは長男のオレだけで

「先に生まれてよかった」といつも思ってた。



休みに入ると毎日のようにバイク仲間が数人きて朝からバイクいじってたりツーリングばっか行ってた。


体験談関連タグ

||

2015年6月19日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】殺処分免れた保護犬たちの「幸せ」の形【感動】

殺処分免れた保護犬たちの「幸せ」の形…無理な繁殖、声帯切られ、散歩も知らなかった過去乗り越え

2013.9.1907:00



素人による繁殖の犠牲になったのではないかと推測されるアンジェラ(雌)。めずらしい雑種として繁殖犬としてのみ使われたようで散歩やおもちゃを知らなかったが、今では楽しいことを一からたくさん覚える日々を過ごしている(CLUB WAG提供)



 保健所などに持ち込まれ、その後新しい飼い主に引き取られた「保護犬」と、その新しい飼い主たちとの姿を写した写真展「ひとつの命 それから」が、京都市内のギャラリーで開かれ、高い評価を得た。飼い主である人間の都合で厄介払いされたり、捨てられたりした「不幸な過去」を持つ犬たちが、ようやく見つけた「幸せ」。そんなシーンの数々が共感を呼んでいる。写真展開催に尽力した女性は「保護犬について知ってもらうきっかけになれば」と話している。



人気犬種の悲しい現実



 9月3〜8日に行われた写真展を企画したのは、犬について学べる団体「CLUB WAG」代表で、自らも保護犬を飼う藤井あいみさん(34)。 藤井さんが保護犬に興味を持ったきっかけは約15年前、初めて犬を飼ったときだった。人気犬種だったが体が弱く、不思議に思って調べるうち、「人気犬種は無理な繁殖が繰り返されており、長生きできない例が少なくない」とわかった。



 無理な繁殖に使われた犬は、そのまま保健所で殺処分を受けることが多い。さらにそういう犬について調べ始めると、全国の保健所には、「老犬になって介護が大変」「引っ越し先がペット不可だった」など、無責任な飼い主が犬や猫を持ち込むケースがあったという。藤井さんは「衝動的に愛玩動物として飼い、結局育てきれないということは少なからずある」と話す。





「保護犬を選ぶ」選択肢


体験談関連タグ

|||

2015年6月14日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談
1 / 2812345...1020...最後 »

このページの先頭へ