相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】農家に嫁ぐと悲惨な目にあう【危険】

541:名無しさん@HOME:2011/10/26(水)15:28:13.880

10年ほど前の話だけど、転勤で郡部に行った。どちらかと言うと農村地帯。

休みの日にその当時の彼女とドライブしていた夕方に農道を歩いている人影が

あった。彼女が停めて!と言うので停めたら車を飛び出してその人影に

近づいて行った。

しばらくしてその人を連れてきた。その人は女性で片方裸足で足に血が滲んでいた。

エプロンして涙でぐちゃぐちゃでやせてひょろひょろの人だった。

彼女がこの人をこの人の実家に乗せて行ってと言うのでとまどいながら

隣県の県庁所在地まで三時間かけて乗せて行った。

後部座席で彼女と拾った人が、話していたが都会から農家に嫁いだが

奴隷のようにこき使われ実家に連絡すら出来ない。

今日はお客さんが見えるのでと朝から掃除に料理にとこき使われたが

夜はそのお客さんの寝床に行って夜伽するように言われて、辛抱たまらず

どび出して来たところを自分らが拾ったと言う訳らしい。

彼女はうんうんとうなずいて泣きながら拾った人の背を撫でていた。


体験談関連タグ

|||

2015年8月6日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】子供の頃、なぜかご馳走と思ってたメニュー【感動】

<>18:やめられない名無しさん:2008/01/10(木)11:53:21ID:y/yIyCCn<>

オニオンリング。

タマネギが大好きだったんで、夕食でオニオンリングが出ると大喜びだった。

後で考えれば、給料日前だったという訳だけど。



帰省すると、真っ先にリクエストする料理だったりする。

スパイシーで甘くて、ほんとに美味いんだよ。









<>19:やめられない名無しさん:2008/01/10(木)12:14:54ID:5OL6zrwh<>

洋風な物って、確かに嬉しかった。



遠足のときの友達の弁当とか。ナポリタンとかポテトフライとか入ってんの。


体験談関連タグ

||

2015年8月4日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】妻と飛んだ特攻兵 神州不滅特別飛行攻撃隊 ねずさんのひとりごと 【感動】

戦争も終わったはずの昭和20(1945)年8月19日、ご夫婦で陸軍の練習機に乗って特攻を行った方がいました。

夫は飛行服、奥さんは白いワンピース姿だったそうです。

場所は満州北部で、特攻した先はソ連軍の戦車部隊でした。

一緒に11機の飛行機が飛び立っています。



この出撃隊は、「神州不滅特別飛行攻撃隊」といいます。

この実話が、8月に堀北真希さん、成宮寛貴さん主演でテレビ朝日の戦後70年ドラマスペシャル「妻と飛んだ特攻兵」として映像化されるのだそうです。



このお話は、同名で豊田正義著『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』(角川文庫)でノンフィクションが出ています。

今日は、この実話をすこしご紹介してみたいと思います。







この史実については、東京の世田谷観音に、石碑が立っています。

神州不滅特別飛行攻撃隊


体験談関連タグ

|||||||

2015年7月14日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】ジャニーズ女の気持ち悪さがブラック企業を生んだ【危険】

286:愛と死の名無しさん2011/06/1211:23:33



流れ読まずに投下。



昔、ブラック会社に勤めてた時、社長娘の披露宴に若い社員全員(20代限定)が

休みを取らされて(NOT有給)無理やり招待された事がある。

ご祝儀は一律で3万円。場所は僻地のリゾートホテル。当然車代ナシ。

会場に着いたらロビーには見知った会社の奴らの顔しかなくて

新郎の親戚とかは居ない様子。














体験談関連タグ

|

2015年5月27日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】一人暮らしでゾッとした事【危険】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月)17:31:40.52ID:C5BGLY2yO<>



深夜の予告なしピンポン

心臓が飛び出るよなwwwwww





<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月)17:32:47.16ID:RckQi87N0<>



深夜アニメ見てたら誰かの視線を感じる





<>7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月)17:34:02.74ID:umcu6hC9O<>



コバエの大量発生




体験談関連タグ

|||||||||||

2015年5月26日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】バイクの気持ち【感動】

<>696:◆qxKWjjpiWg:2009/02/19(木)05:42:45ID:HSV07uNX<>

僕の名前はGU76A。みんなは僕を「カタナ」って呼ぶから

兄弟達のご主人以外で僕の本名まで知ってる人はあんまりいない。

よく覚えていないんだけど、僕は「しずおか」ってところで生まれたらしい。

僕らは生まれるとすぐ船に乗せられて、何だか凄く蒸し暑いところに連れて行かれた。

一緒に連れてこられた兄弟達と何だかここ錆びちゃいそうでイヤだね、なんて

箱越しに話をしていると結局船から降りないままに再び僕たちは生まれたこの国に帰ってきた。

僕たちはそこで離ればなれになり、僕はそこでトラックに乗せられて

見たこともない街に連れてこられた。



そこには50歳くらいのおじさんと30歳いかないくらいのツナギを着たお兄さんがいて

「やっとカタナのイレブン入ってきましたねー」なんて話をしていた。

トラックから降ろされた僕はツナギを着たお兄さんの手で

お店の窓際に停められた。僕の兄弟は一人もいなかったけれど、見たこともない

知らない人がそこにはたくさんいた。僕と同じように一度海外旅行して


体験談関連タグ

|||

2015年5月22日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】歪んだ純愛 【鬱勃起】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。

俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。

スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り返ると、女が立っていた。

目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。

俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】義理の妹と欲求不満を解消しあってる体験談 【血縁SEX】

結婚して3ヶ月、俺たち夫婦は妻の実家で暮らしてる。



俺は次男だし嫁は長女なので相手の家に入ることになった。



はじめ新婚のうちは2人でマンション生活をしようと思っていたが、予想外に妻が妊娠してしまい、俺の収入だけでは暮らしが厳しいので妻の両親と同居することになった。



妻の両親は話の分かるいい人で、この同居生活にも大分馴染んできたが問題もあった。



それは夜の夫婦生活のことだ。



はじめ安定期に入ったらセックスを再開することになっていたんだが安定期に入っても拒まれ続けている。





無理やりするのもなんなので、仕方なく嫁がいるのに1人寂しくオナニー続きだ。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年5月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】ビックリマンチョコ 【感動】

<>257蠍◆C8utSR9LI62012/10/03(水)20:52:50.31ID:IYDwHsik<>

小学二年生の時、近所のちょっとお金持ちな同級生の女の子の誕生会に招かれた

10人以上参加してたと思うんだけど、帰りにお土産のお菓子詰め合わせをみんな貰った

お菓子の中には当時出始めたばかりのビックリマンチョコ(もしかしたら違うお菓子だったかも)が入っていた

田舎の中の更に田舎の町内に住んでいた俺達にとってビックリマンチョコは買いたくても売ってる店も無い超プレミアなお菓子だった

みんなテンション上がりまくりで解散となった

で、みんなお菓子の袋を片手に玄関に向かったんだけど

まだ小さかった俺は家を出るのが最後になり、一緒に帰る6年生のお姉さんに玄関先で見守られながら靴を履いていた

すると、その家の台所から声が聞こえてきた

以降同級生の弟(一年生)とお母さんの会話

弟「僕のお菓子にビックリマンが入ってない(泣)」

母「入ってるやろ?探してみ?」

弟「だって、無いもん!(号泣w)」

母「ちょっと見せてみ」




体験談関連タグ

|

2015年3月19日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】M子姉さん【血縁SEX】

俺は某二流大学の工学部に通う22歳学生です。

一応去年の夏頃、大手自動車メーカーのディーラーに就職が決まり、その報告もかねて年明けに奈良の婆ちゃんの家へ報告に行きました。

そして、婆ちゃんの家で飯を食ってる時の事です。



プルルルルル・・・・



一本の電話が入りました。

しかし婆ちゃんは台所で手が放せず、うちの親もついさっき米の買出しに行き電話に出られそうなのは僕一人。

近い親戚からの電話である事を祈りつつ出ようとした時、何気無くナンバーディスプレイの所を見ると…





《Iさん自宅》





最初は誰かわからなかったがとりあえず出てみる事にした。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年3月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 3312345...102030...最後 »

このページの先頭へ