相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】AKB48メンバーの握手会に懸ける想い【感動】

「世間ではAKBのことを握手アイドルみたいに言う人もいるかもしれません。

 でも私たちは握手会に本気で取り組んでいます。

 変なたとえですけど、星ってあるじゃないですか。

 あれって今見えてる星って今の姿じゃないんですよね。

 何千年何万年、へたしたら何億年も前の姿なんですよ。

 今見えてるものっていうのは、本当のところ今この瞬間のものじゃない。

 でもそれって、今こうやって目の前でしゃべってるあなたにも言えることなんです。

 今見えてる私は、あなたにとっては過去のものなんです。

 あなたに見えている私の姿は、ほんの少しですけど確実に、過去のものなんです。

 でも握手会って、手と手を通してつながれるじゃないですか。

 それが私たちにできる唯一の“今この瞬間の私を伝えられる場所”なんです。

 だから、どんなに売れても、どんなに批判されても私は握手会が大好きです。

 たとえ数秒でも、握手している瞬間は、私はその人とだけ同じ時間を共有しているから。

 そんな握手会が、私は大好きです。」




体験談関連タグ



2015年8月2日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】ババアの肉奴隷なんだけど質問ある?【感動】

<>1:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:56:27.03ID:fUSq/UmM0<>

きもいババアの肉奴隷です

特定以外なら答えるよ





<>2:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:57:04.55ID:Q9YsF1Cm0<>

経緯は?



2

喫茶店でお茶してたら話しかけられて怪しいなと思いながらも

現金見せられてついて行ったら肉奴隷になった





<>4:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:57:11.00ID:Sk0vMRWI0<>

いくらもらえるの


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年8月1日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】美形は喪の人生逆転のための道具じゃない【感動】

喪男・喪女に好かれて鬱な地味系イケメン・美人



<>1:マジレスさん:2011/03/07(月)18:33:12.31ID:e/mozbw4<>

喪男・喪女は派手なイケメン・美人には「どうせ相手にされない」と敬遠するが

地味系のイケメン・美人には「この子ならいけるかも!」と思い込み、図々しく近寄って来る。

そんな被害に逢ってる地味系イケメン・美人が愚痴るスレです。



<>4:マジレスさん:2011/03/08(火)03:23:41.91ID:5eE86HHc<>

ちょっとわかる

自分に自信が無いからナメられるんだよな



<>8:マジレスさん:2011/03/08(火)14:06:35.43ID:+Gnlt3GE<>

俺もめんどくさそうな女子に好かれる

ちょっと構うと調子に乗って

ちょっとスルーしただけで喚いてくる


体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月24日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】ジャニヲタは総じてキチガイ【危険】

<>977:本当にあった怖い名無し:2011/10/19(水)15:13:50.10ID:64GmiNln0<>

当方三十路のババアですが、髪型を変えて以来よく某男性アイドルに間違えられます。

で、こないだの話。

電車に乗っていたら、全身真っ赤の異様な格好をした

化粧の凄まじく濃いおばさんが私を二度見して、

「○くーん!!!!」って絶叫しながら抱きついてきました。

状況が飲み込めずに固まってると、いきなり顔を舌で舐め回されました。あの感覚はトラウマものです。

絶叫する私に、唖然としていた近くのサラリーマンがハッとし、

おばさんを取り押さえてくれました。

おばさんはいつのまにか盗んでいた私の腕時計を満足そうにしゃぶっていました。

駅員につれられながら私を見つめるおばさんの笑顔は多分一生忘れられません。

体験談関連タグ

||

2015年6月7日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】内緒で付合っていた彼女が王様ゲームで見せた本性 【鬱勃起】

こんにちは、幹夫と申します。



僕は顔はジ○ニーズ系で、女の子からはモテる方ですが、男の子からはイジられるタイプです。

そんな性格のせいか、彼女になる人は強気な女の子が多いです。



コンプレックスはチ○コが細い所です。

体つきも細いので、外人さんのチ○コみたいに太くて逞しい物に憧れています。

彼女からも、気を使われて「大きいと逆に痛いだけだよ・・・」なんて慰められる事も有ります。



今からお話するのは、僕が19才の大学生の時のお話です。



僕は「ダーツサークル」に入っていて、当時は今みたいにダーツバー等が余り無く、ハードダーツで練習して、その後は飲みに行くのが定番のサークル活動でした。

意外にオシャレなイメージが有るのか、女の子が多くて、可愛い娘も多かったです。



サークルの中でも、僕は母性本能をくすぐるタイプらしく、結構モテた記憶があります。


体験談関連タグ

||||||||||

2015年5月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【レイプ】両性具有 一人二役 【鬼畜】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月5日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【泣ける】ふくえんさん、大好きです【感動】

私ブスだと言われていること知っています。

自分でもそう思っています。

やりたかった仕事について、演技について悩んで吐いて乗り越えて、ラジオも自分を汚して笑いをとって、まさか顔のことで嘲笑されるなんて夢にも思わなかった。

声優なのに。

でも当たり前です。

声優といっても今は顔を出す仕事も多いですから、言われて当然なのです。

でも悲しすぎて、事務所にアイドル的な仕事をやめさせてくれとお願いしたこともありました。

そうこうするうちに私の需要はなくなって、ヒラヒラを着て歌ったり踊ったりする仕事はなくなりました。

それでもたまにある写真撮影にはとても気を使いました。

ちょっとでもマシに写るように。

またブスと言われるのが怖くて。

色々努力して整形も考えてでもやっぱり出来なくて、

結果心に蓋をすることで解決しました。

愛してもらおうとするのやめました。




体験談関連タグ



2015年4月26日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間完 【鬱勃起】

夏休み恒例の、母の弟家族との貸別荘での休暇。そこで、1000年に一度のアイドルそっくりに美しく成長した従姉妹の愛花ちゃんと再会し、衝撃的すぎる初体験を迎えた。



初めてのセックスに、猿のようになった僕は、愛花ちゃんとしまくった。その上、憧れていた叔母さんとも体験をすることが出来た。

でも、そんな夢のような時間は、異常な状況に変わってしまっていた。



――目の前で、僕と叔母の千里さんがセックスするのを、興奮しきった顔で見つめる叔父さん。目の前で、甥に自分の奥さんを生ハメされながら、興奮しきった顔でそれを見続ける叔父さん。

千里さんに、叔父さんは寝取られ好きだと説明されたが、どうしても信じられなかった。自分の愛する人を、他の誰かにゆだねて興奮するなんて、まだ人生経験の少ない僕にはあり得ないことのように思えてしまう。



でも、僕は今千里さんと背面座位みたいな体位で繋がり、叔父さんに見せつけるようにセックスをして、叔父さんに意思確認をしながら中出しをした。

僕に膣奥まで挿入され、子宮に射精をされながら、千里さんは身体を痙攣させるようにイキ、叔父さんも興奮しすぎて泣きそうに見えるくらいの顔で千里さんを見つめている。



『あぁ、あ、中にいっぱい#9825; あなたぁ、出来ちゃうかも#9825;』

千里さんは、とろけた声で言う。

「……あぁ、楽しみだ……」

叔父さんも、興奮でうわずった声でそう答える。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年4月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2 【鬱勃起】

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。

私は、震える手でそのヒモをつかんだ。

『早くぅ。引っ張ってみて!』

果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。



私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、

『ん……フゥン』

と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした白い液体が流れ出てきた。それは、そのまま床にまでツゥーと垂れ流れ、床に液溜まりが出来た。



それが何なのかは、聞くまでもなく、部屋に充満した青臭い臭いですぐにわかった。

『へへ。垂れちゃったね』

果穂はこんな事を、悪びれもせず言う。本当に楽しそうな感じだ。



「な、中に出されたの? コンドームは付けなかったの!?」

私は、あまりのことに声を荒げてしまった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年4月11日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁完 【鬱勃起】

嫁の舞とは倦怠期を迎えている感じでした。まだ29歳で、145cmと小柄なわりには巨乳の嫁は、某クッキングアイドルに似た可愛らしい顔立ちをしています。

そんな申し分ない相手であっても、結婚して月日がたつと、セックスの回数も激減してしまうのは仕方ないことなのかも知れません。でも、そんな倦怠期もいきなり終わりました。





元々は、嫁の下着を盗んだ下着泥棒だった圭くん。そしてまだ高校生の彼と嫁は、今お互いに全裸で一つになっています。

『あなた#9825; 中に出されちゃった#9825;』

嫁は、私を挑発するように笑みを浮かべて言いました。

何も言えずに固まる私に、

『まだ圭くんのカチカチなの#9825; このまましてもいいよね?』

と笑いながら言う嫁。私は、興奮と後悔と嫉妬でグチャグチャの気持ちのまま、力なくうなずきました。



『圭くん、このまま出来るでしょ?』

嫁は、童顔の顔からは想像も出来ないくらいに、妖艶な感じで圭くんに聞きます。それだけではなく、嫁は両脚で圭くんの腰回りをホールドしたまま、微妙に腰を動かしたりもしています。まるで、女郎蜘蛛が獲物を捕らえて放さないような感じです。



「はい! 出来ます!」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年4月8日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ