相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】メンヘラと一年付き合って別れた【感動】

<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:05:44.36ID:Vl8vseBd0<>

そのメンヘラ可愛かった?

セクロスは何回やった?

メールとか頻繁に来るの?





<>8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:06:57.25ID:QJ2pvmlF0<>

4

普通に可愛かった

わからない15回ぐらい

電話ならしてないとファビョりだす





<>6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:06:52.43ID:IMAwrFC1O<>

うん、お疲れさま


体験談関連タグ

||||||||

2015年8月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】奈良のタイガーマスク【感動】

1:◆YKPE/zzQbM@ゆきぺφ★:2011/01/24(月)23:21:48ID:???

奈良県天理市の児童養護施設で、幼い子どもたちが暮らす棟の前に菓子や文房具が置かれて

いるのが見つかった。



漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」などと署名が入った手紙も添えられていた。菓子は

施設内で以前に配られたもので、文房具に書かれた元の持ち主の名前も丸見え。

施設内の子どもたちが下級生たちを思ってのささやかな贈り物とわかった。



この施設は天理養徳院(中島道治院長)。親に虐待を受けるなどした2〜18歳の子どもたち

71人が暮らす。



2〜6歳の16人が暮らす「梅・桜棟」の玄関前で贈り物が見つかったのは20日朝。菓子や絵本、

定規や三角定規などの文房具が置かれ、添えられた手紙にこう書かれていた。



「天理養徳院(梅・桜様) 私は、この部屋にたくさんの小さい子どもたちがいると聞いてやって


体験談関連タグ

|||

2015年8月5日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】トトロ【危険】

1名前:◆TvN8RkVODg@ターンオーヴァー▲φ★投稿日:2010/07/24(土)02:52:15ID:???0

長編アニメ『となりのトトロ』は言わずと知れた『スタジオジブリ』の名作だ。

1988年の公開以来、何度も『金曜ロードショー』で放送されており、視聴率はすべて20%前後。

16日にはテレビ放送12回目を迎え、今なお根強い人気を見せつけた。



そんななか、中日新聞が掲載した同作の紹介文が怖すぎるとネット上で話題になっている。

同紙は16日付のテレビ欄で、「少女は2匹の不思議な生き物を執念深く追う」と同作のあらすじを紹介。

恐らく、主人公のメイが自宅の庭で中トトロと小トトロを発見し、追いかけ回すシーンのことを指しているのだろう。



だが「執念深く追う」という表現からは、どこかスパイ映画のような印象を受ける。

しかも追っているのが「2匹の不思議な生き物」となると、かなりシュールなストーリーを想像してしまう。



これに対して掲示板サイト『2ちゃんねる』のユーザーらは「ものは言いようだなw」、

「Xファイルかよ」、「何の映画だよ」、「間違ってないけどw」、「推理ものかよ」などのコメントを書き込んでいた。




体験談関連タグ

|

2015年7月22日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】親友【感動】

俺は昔どうしようもないヤンキーだった

でも、そんな俺で良かったなって思える事が一度だけ有った

それは高二の時の事なんだけど

同じクラスにかなりのブサメンでいかにもキモオタって感じのやつがいて

御多分にもれずクラス中のやつらにいじめられてたんだけど

二学期の初めの席替えで、俺とそいつの席が近くなって

俺の妹の好きなアニメの切り抜きがそいつの下敷きに挟んであったのをきっかけによく話すようになって

最終的にはお互いの家に遊びに行くぐくらい仲良くなったら

いつのまにか誰もそいつをいじめなくなった



そのヤンキーとは、いまでも親友

体験談関連タグ

|

2015年6月28日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】Winny利用の果て――家族崩壊した銀行マンの悲劇【危険】

 ファイル交換ソフトウェアに関連した情報漏えい事件が今なお多く、公私での使用を禁止している企業が少なくありません。それでも、やむを得ず使ってしまうことが、どのような悲劇をもたらすのでしょうか。銀行員のN氏(仮名)を襲った事例を紹介しましょう。



●真面目さが過ぎる故に



 N氏は典型的な真面目人間で、出世も同期の中では比較的遅く、50代前半で銀行の副支店長という肩書きでした。要領が良いタイプとは言えないのですが、実直で銀行業務という仕事をこよなく愛していた人です。そんな彼の人生の軸が狂ったのはある年の年度末のことでした。



 この年は業績の計算数字がなかなか合致せず、翌週月曜日には本部で支店の業績を報告し、改善策を提案しなければなりませんでした。何度も計算を繰り返すうちに帰宅時間が迫り、N氏は仕方なく、USBメモリにコピーを行う権限を持つ副支店長という立場を利用して、USBメモリに業務関連の資料データをすべてコピーし、自宅で作業することにしました。N氏は週末をかけて作業を完了し、月曜日には無事に報告を済ませました。しかし、これが彼を襲う悲劇の始まりだったのです。



 本部への報告から数日して、N氏の勤める銀行の内部資料がファイル交換ソフトウェア「Winny」のネットワーク上で発見されたという噂が流れました。N氏は、「また、そんな事件が起きたのか! しかも、うちの銀行ではないか。いったい、どこの誰がそんな馬鹿なことをしたのか」と思ったそうです。銀行では直ちに専門チームを組織して、漏えいした資料を発見し、内容を確認しました。すると、N氏の作成した資料や内部情報だったのです。



 N氏はすぐに本部へ呼ばれ、状況を聴取されました。また、彼には内緒で別の調査チームがN氏の自宅に出向き、彼の使っていたノートPCを夫人の承諾を得て入手しました。N氏には全く身に覚えがありません。当然ながら否定するしかなかったのです。しかし、回収したノートPCを専門家が調査したところ、わずか15分でWinnyの暴露ウイルスが発見されたのでした。



 さらに調査を進めたところ、PCの使用履歴にはN氏が勤務していた時間帯が多数記録され、情報を流出させたのは家族である可能性が高まり、最終的に大学生の長男が使用していたことが判明しました。当然ながら、長男は自分のPCは持っていました。しかし、メーカーへ修理に出していたところだったのです。



 自分のPCが戻るまでの時間、長男はどうにも待つことができなかったようです。長男はいわゆる「Winny中毒者」でした。映画や音楽などを違法コピーしたデータなどを簡単に入手できるという快感がどうしても忘れられず、少しの間でも我慢できなかったのです。つい父親が留守にしている平日の昼間に無断でN氏のPCを借りて、Winnyの操作に没頭していたということでした。


体験談関連タグ

||

2015年6月12日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】一人暮らしでゾッとした事【危険】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月)17:31:40.52ID:C5BGLY2yO<>



深夜の予告なしピンポン

心臓が飛び出るよなwwwwww





<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月)17:32:47.16ID:RckQi87N0<>



深夜アニメ見てたら誰かの視線を感じる





<>7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月)17:34:02.74ID:umcu6hC9O<>



コバエの大量発生




体験談関連タグ

|||||||||||

2015年5月26日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】初彼女の要望【感動】

<>1:名も無きひじき:2012/05/18(金)10:42:50.89ID:vo3I/5ie0<>



レストランで安っぽいもの食うなとか、

デートの時は服装は上下合わせて5万円以上にしろとか

それ以外でもベルトは3万以上、財布は4万以上のを使え、

ガンプラは捨てろ、ゲームは家以外でするな



もう死にそう





<>2:名も無きひじき:2012/05/18(金)10:43:11.23ID:yyF1pGwH0<>



それはない






体験談関連タグ

||||||

2015年5月9日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】J【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月)18:02:20.43ID:wEYKxAu30<>



J(‘ー)し「たけし、今日もパソコンの勉強かい…?」



(Д)「うるせーババァ!今けいおん見てんだよ!」



J(‘ー)し「そうかい…カーチャン難しいことはよくわからないけどがんばってね。」



(Д´#)「忙しいんだから飯おいてはやくあっちいけよ!」



J(‘-)し「…ごめんね」



(Д)「ふん…」






体験談関連タグ

||||

2015年4月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】死に様【感動】

7月23日 訳あって先日、坊主にした。

7月25日 久しぶりにTVを見る時間があったので。見なきゃいいんだよな、ホントに。

7月25日 いいじゃん、何に影響を受けようが真似ようが。滅多なことじゃ盗作になんかならないんだしさ(笑)

7月26日 で、何で渡辺謙をナベケン呼ばわりかって?そりゃあだって握手した仲だもん、一生ダチに決まってら。

8月01日 会社を作ることにした。作るというより、ほとんど作ってもらっているに等しいが。

8月06日 思うところあって身辺整理をしている。思い出がまつわるものだってどんどん捨てる。

8月07日 こちらでつぶやき始めました。

8月12日 好ましい物たち。まず、ヒラサワの音楽。これほど今敏の形成に

       影響を与えた物は他にないのではないか。と、自分では思っている。

8月15日 二十歳のころに大友さんに出会えたことはとんでもない幸運で、

       自分でも把握しきれないほどの財産になっている。本当にありがとうございます。

8月16日 最後に、自分のこれまでに重ねて来た仕事というのも、まぁ大切な財産と思っておくか。

8月17日 「夢みる機械」班が選ぶ映画100・前編

8月18日 「夢みる機械」班が選ぶ映画100・後編

8月23日 親切な、というより単にリストに漏らすには惜しいという選び手の事情でもうちょっと上げておく。


体験談関連タグ

|

2015年4月10日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】最後のKISS☆大切にしてっ!【感動】

俺が中3の頃。初めて付き合った藍っていう彼女がいた。

藍は俺より身長が低くて女子にも男子にも人気のある子だった。

俺と藍は幼なじみで小さい頃いっしょに遊んだりお風呂も入ったりしてたから別に女という感覚で接していなかった。

4歳ぐらいの頃。いきなり藍が大きくなったら健(俺の事)と結婚すると言っていたらしい。

俺はあんまり覚えてなかったけど藍が死んでしまったあとで母に聞いた。

小学校は藍が俺より一ランク上の小学校行っちゃったからどんな生活をしていたのかは分からないが俺は普通の小学生らしい(?)暮らしをしていた。

中学になって友達に誘われ受験をする事になった。

まぁ俺の将来にも役立つと思うしその中学を受けた。

試験日当日。試験場所で見覚えのある顔をみたがもう6年ぶりぐらいだったから全くその人の事

が思いだせなかった。そしてその人の明るい笑顔が俺の下へ降り注いだ。

その人のせいか分からないけどそのテスト用紙に溢れるほど書かれた問題はすらすら解くことができた。そして合格できた。

結果発表の次の日。家でお祝いをした。

俺のためにここまですごい事をしてくれたのは生まれて始めてだったからすごくうれしかった。

その日お祝いも最後に差し掛かったころ俺に明るい笑顔をくれた人が僕の家にやってきた。

母が「幼なじみの藍ちゃんと同じ学校に行けて良かったね」


体験談関連タグ

|||

2015年3月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ