相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】ロリ妻環奈と高校生の彼氏 完 【鬱勃起】

妻がイケメン高校生のタケル君とデートをする。それは、ちょとしたゲーム的な物だと思っていた。デートというものに対するただの好奇心で、すぐに終わるものだと思っていた。

デートといっても、公園とかせいぜいカフェにでも行く程度……そう思っていた僕の目の前で、環奈は大きな口を開けてタケル君の若いペニスを口に含もうとしている。



確かに、タケル君のものを口でするとか、口に出されたアレを飲むとか言っていたが、そんなのはただの煽り文句で、嫉妬して変な風に興奮する僕をからかって言った言葉だったはずだ。



それなのに、クローゼットの中に隠れる僕の目の前で、今まさにタケル君の立派なペニスを口にしようとしている。





僕の目の前には、ツインテールに、花柄のミニスカートとブラウスを着た、どう見ても未成年の環奈がいる。胸もぺったんこで、ブラのサイズもAAカップという、そんなサイズがあるんだ……と思うようなサイズだ。童顔で、アニメキャラみたいに可愛らしい顔立ちの環奈は、それでも実年齢27歳だ。アニメ声優の永遠の17歳というような無理無理な感じではなく、実際にどう見ても未成年という感じの環奈。



それが今、僕たち夫婦の寝室で、大きく口を開けて他人棒をくわえようとしている。

あぁ、やめてくれ……そう思う僕の目の前で、タケル君のペニスをくわえた環奈。それを見た瞬間、僕は目を閉じてしまった。夢なら醒めてくれ……そんな気持ちで目を開けたが、環奈はリズミカルに頭を振り、フェラチオをしていた……。



自分の愛する妻が、他の男のモノをフェラチオするのをみて、僕は思考停止してしまった。止めに飛び出ることも出来ず、ただ見続ける僕。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年3月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】ロリ系な姉3【血縁SEX】

ー朝、目が覚めるとまた裕美姉が布団に潜り込んでいた。ただ今回は理由を知っている。実は裕美姉は22歳になっているのにも関わらず、雷が苦手なのだ。雷におびえる裕美姉はまるで、幼稚園生か、小学校低学年ぐらいの女の子にしか見えないのだ。「まったく、裕美姉は・・・。」そして相変わらずの無防備な寝姿を性欲盛んな少年の前にさらしている。「ふにゅ・・・・・あっ、おはよ圭ちゃん♪」悶々としている間に、裕美姉が目を覚ました。そして歳の割には幼い笑みを向けてきた。「(ホント、罪作りな人だよ・・・)」その時、圭司は気付いてしまう。自分が裕美に対して、抱いてはいけない感情を抱いていると。「(あれ?・・・なんで、ドキドキしてるんだろ?)」裕美の事を自分の物にしたい、性的色を含んだ背徳的考えを考えていた。「ねぇ・・・しよっか?」「えっ・・・?」いきなりの台詞に心臓が大きく跳ねる。幼い顔立ちに大人の体。薄い服装と濡れた瞳。普段から見慣れているはずの顔なのに、どこか女の色気を醸し出していた。「・・・っち、しようよ?だめ・・・?」裕美が上目使いで迫って来た。少年にこの魔力から逃れる術は無く、ただ黙って頷く事しか出来なかったのであった。

体験談関連タグ

||||||||

2014年12月13日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】彼氏なんていつかできるだろwwwww【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木)16:03:03.47ID:1kMPGIjI0<>

って思ってたら









<>6:忍法帖【Lv=6,xxxP】:2011/05/05(木)16:03:47.97ID:arqxVPOB0<>

できない





<>7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木)16:03:54.94ID:1kMPGIjI0<>

中学生の時はわりとモテるほうだったのに、どうしてこうなった





<>8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木)16:03:59.49ID:U4oVC2tj0<>


体験談関連タグ

||||||||||

2014年11月18日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた7【血縁SEX】

母の美佐恵が、ウエディングドレス姿で俺にアナルのバージンを捧げてくれた日から、俺と母の間にタブーは消え去り、夫婦としての日々を過ごすようになっていた。





最近は、俺が学校から帰ると、女子高生の制服姿で出迎えたりする。

俺の目が、学校で他の女子に向かないで欲しいという、母の可愛らしい願いが込められている。



いくら童顔とはいえ、さすがに女子高生の格好は苦しいが、それが逆に興奮する。





30半ばの母が、少しかがんだらパンツが見えそうな短いスカートの女子高生姿で、恥ずかしそうにしているのは、AVのような感じでたまらなくエロい。



「美佐ちゃん、ただいまっ! 」

と、言いながら玄関ドアを開けると、母が女子高生姿で玄関でオナニーをしている。

手には、俺が昨日着ていたTシャツが握られていて、顔にくっつけて匂いをかいでいる。

母は、俺のシャツなんかを使ってオナるようになっていた。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】ロリ系な姉1【血縁SEX】

俺の名は早馬 圭司。一応高校生だ。というの殆ど学校にはいないから高校生と言えるのかは謎だ。え?ふだんは何してるかって?土手でさぼりか学校の屋上で寝てるな。・・・って、そんな事どうでもいい!今からする話は、俺の姉早馬 裕美との話だ。「・・・ふぁ~・・・」午前11時に目が覚めるのが彼、早馬 圭司の日課だ。普段ならば、この後すぐに姉の裕美があの手この手で起こしにくるのだが、今日は違っていた。「(ん?なんかいつもより布団が温い?)・・・。」彼はすぐに異変に気づいた。「・・・アンタは人の布団でなにしとんじゃー!!」布団の中で裕美が寝ていた。裕美は童顔で華奢な体格をしているため。実年齢より幼く見える罪作りな人だ。さらに家族だからと家の中では薄着姿でいるということも多々あるので男としては目のやり場に困る。とにかく裕美姉は罪作りな人なのだ、薄着の時に気付いたのは小柄な体格の割に胸が大きいのだ。おそらくCかDカップほどはあるだろうか。そんないけない体が無防備な姿で横たわっている。「・・・。」裕美姉は起きる様子もなく、寝息を立てて寝ている。「(こうして見てると、やっぱこの人は罪作りな人だよ・・・)」

体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】ロリ系な姉2【血縁SEX】

「圭ちゃん・・・き・・・」無防備な姿のまま裕美姉は呟く。「!?・・・裕美姉・・・?」寝言とすぐに気付いたが胸が強く鼓動を刻む。「圭ちゃん・・・好き・・・だよ」「えっ!?・・・」裕美姉の言葉が脳内でリピートして、次第に心臓が刻むリズムが早くなる。「(今の・・って、告は・・く?)」心境は複雑な感情しか感じさせてくれなかった。今までは、すこし困った事をしてくれる厄介だけど可愛い[姉]くらいの意識しかしていなかった。てっきり裕美姉も同じ様な意識、または認識しか持っていないとばかり思っていた。でも今のは明らかに告白だった。「ど・・・どうせ寝言さ。第一姉弟なんだし・・・。」理性がそう呟かせる。「・・って、やばい遅刻だっ!!」朝食もとらず家を飛び出して圭司は学校へ急いだ。ただ、突然の姉からの告白にお教のような先生の話が1mmたりとも入る隙間など無い事は、言うまででも無いであろう。「・・はぁ」家に帰ったあと自室へ直行すると圭司はベッドに身を投げ出した。「・・裕美姉ぇ・・・」その後すぐに、圭司は落ちる様に眠りについた。

体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】中2男の子【隣の芝生】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】ロリ系な姉4【血縁SEX】

「もぅ、圭ちゃん!早く、早くぅ」後で聞かされた裕美姉の話だと期待していた答えでは無くスケッチのモデルになる、と言う約束をしていたのをすっかりわすれていた。「(期待?・・・何を期待したのだろう?)」自問していると、裕美姉がくっついてきた。「いこっ♪」腕に胸が押し当てられ、つい顔が緩んでしまう。「あーっ、圭ちゃんえっちな顔してる♪ふふっ、嬉しいな・・・お姉ちゃんの事、そういう風に見てくれるんだ・・・。」裕美姉が何か、譫言の様に呟いた。「えっ・・・?何か言った?よく聞こえなくて」「ううん、何でもない♪」何で裕美姉は嬉しそうにしているのかよく分からなかった。「?」その後、絵を描くのかと思い気や気づくとデートをしていた。「裕美姉、絵描くんじゃなかったの?」と聞くわけにも行かず、心無しか楽しんでいた自分がいる事に気付く。「ねぇ、圭ちゃん。目、閉じて?」と裕美姉が甘く囁く。「えっ?・・・う、うん。」と多少驚きながらも素直に瞼を閉じると「・・・んっ・・・」・・・唇を奪われた。初めてのキスは突然すぎて、思考が停止する。「えへへ・・・キス・・・しちゃった♪」気が付くとはにかみながら上目使いで抱きつく裕美姉が自分の腕の中にいた。

体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】ロリ系な姉6【血縁SEX】

[時すでに遅し]という言葉が今の状況のことを差すんだと冷静な自己満足的感情とは裏腹に、なぜか裕美姉ははにかんでいた。「どうしたの?裕美姉。」とストレートに疑問をぶつけると裕美姉は我に返ったかの様に肩でリアクションをした。「ふぇ!?なっ、何でもないよ!!誰も、圭ちゃんとの甘ーい日々を想像してたなんて言わないよ!?」いや、普通に漏れてますよ?本音。「はぅ!?喋っちゃった。圭ちゃんいつの間にそんな技を?お姉ちゃん、聞いてないよ?」と、裕美姉は頬を膨らまして言った。イヤまぁ、貴方の完全なる自滅ですよ?ハイ。「えへへ・・・お姉ちゃんと圭ちゃん、<コイビト>になったんだよね?」裕美姉は幸せを噛みしめる様に呟いた。「うっ、うん・・・」心境は先ほどとは一変、気恥ずかしさで胸が一杯になる。「これからもずっと一緒に居ようね、圭ちゃん♪」その日、その時に自分の胸の内に強く誓いをた立てたのは、俺しか知らないのであった。

体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ