相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【鬱勃起】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】元自衛官の男性と【危険】

<>471名前:本当にあった怖い名無し投稿日:2008/07/16(水)21:34:41ID:pEB9kCsVO<>

私、とんでもないオサセでして。

しかも最中に相手の過去や考えてる事が見えたりします。

それが面白くて色んな男性と関係を持つのですが、先日は

不思議かつ、おっかねぇ体験をしました。

居酒屋で知り合った50代半ばくらいの男性とラブホに行ったんです。

その方、何も喋らなかったんですが、自○隊を退職された

ばかりみたいで、しかも上官の風俗狂い(多分韓国エステ?)を

窘めたら早期退官?を奨められたようなのです。

男性はその事を相当恨みに思ってるらしく、素人ながらに

上官を呪ってるみたいでした。

皇国の守護者もイロイロあるんだなーなんて、事の真っ最中に

ヘラヘラ考えてると、男性が激しく咳をしだしました。

慌てて大丈夫かと尋ねたんですが、大丈夫じゃなかったみたいで

一際大きく咳込んだと思ったら、私の上で大喀血。


体験談関連タグ

|||

2015年4月6日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】【3P体験】合コンで知り合ったムチムチ巨乳の銀座OLと3P 彼氏より大きな巨根で2人ともイカせまくり 【鬱勃起】

この間、かなり刺激的な体験をしたので投稿させてもらいます。



こんにちは、ヨシ(仮名)と言います。

いま28歳で、都内の外資系企業に勤めています。

勤めている会社が有名なせいか、合コンの誘いなんかがしょっちゅうあります。

それでいい思いをさせてもらうこともしばしば(笑)



今回は、この間参加した合コンであった話です。



人数は3対3で、相手は某大企業に勤めるOLで勤務地は銀座らしい。



こちらは、会社の同期3人組。ただし、俺以外の2人は彼女います(笑)

けど、そんなの気にせずにいつも女遊びしてる、そんな遊び仲間です。



ここで登場人物紹介を。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】義妹が風俗嬢に!【血縁SEX】

義理の妹’31才が回春エステで‘くみ(25)’という名で働いていた。

前から義妹を右手のオカズにしていたオレは、当然ホテルへと呼んだ。

彼女は驚いていた。すでに1カ月程働いていて、基本の手コキ、フェラ以外に‘アナルに指入れられた’‘オシッコするとこ見せた’とお客との変態行為まで暴露。ベッドでたまらずディープキス!小さいオッパイを揉みながら手をパンティの中へと…温かい湿り気の茂みの中を掻き分け、中指の先でクリをいじった。

そのまま膣に2本の指を入れると‘ちょっとぉ、指が中に入ってるんだけど’と困惑気味!しかし指を出し入れしてやると喘ぎ声になっていく。パンティを脱ぎ取り、股を広げじっくり観察。いつもオカズにしていた秘部を見て‘義妹のアソコって、こうなってるんだ!と顔を近づけた。

段々とツンと鼻につく尿素混じりの香りが漂ってきた。おそらくマンカスと残尿が蒸れた臭いだろう。思わず舌先を出し、クリと花弁を舐めた。最初は塩味を感じたが、舐めるうちにオレの唾液で洗われたのか臭みがとれていった。

舌でペロペロしていたら感じてきたらしく、キュートなお尻をピクピクとさせていた。するとシワがよったお尻の穴が見えた。なんとも綺麗な穴。今まで見たことのない綺麗な義妹の菊の花。指先でこちょこちょと弄った。と同時に、マンコの穴はどうなっているのかとおもい、指で広げると若干紅く染まっていたが、興奮していた俺はさらに酸っぱくなっていったマンコの穴に舌を突っ込んだ。

オレは夢にまでみた義妹のマンコをクンニ中にとうとう発射してしまったf^_^;

義妹のblogです↓

体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年2月25日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】30歳以下の未婚女性に捧ぐ!【感動】

30歳以下に捧ぐ!恋愛未来予想図の描き方

(AllAbout-06月07日14:03)



たった1回の人生をどう過ごすのか明確なビジョンはありますか?

■起こりうる未来の現実をきちんと想像すること!



 世間では「婚活」と騒がれてますが、あなたはそのまま結婚しなかった時の未来予想図をしっかりとイメージできていますか?



 今現在の自分をきちんと冷静かつ客観的に見て、自分自身どんな未来にしていきたいのかを感じながら、この1年を行動するのが大切。



 そのためにも、今回お届けするケースのように、もし、あなたが現在29歳であった場合に今後の13年で起こりうるケースをイメージしてみてください。



 ・30歳



 現在、彼氏がいない暦3年だけど、もちろん結婚願望はある。まだ現役で合コンはしてるから新しい男性にも出会えるけど、自分がいいなと思う男性からはメールは来ない。逆にデートに誘ってくるのは、微妙な人ばかり。でも大丈夫、まだちょっと自分が妥協すれば彼氏はできるし、周りにもたくさん独身のオンナ友達はいるからね……。


体験談関連タグ

||||

2015年1月23日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】義妹とアロマ体験 【血縁SEX】

義理の妹’33才が回春エステで‘くみ(25)’という名で働いていた。

日ごろ義妹を右手のオカズにしていたオレは、当然ホテルへと呼んだ。



彼女は驚いていた。すでに1カ月程働いていて、基本の手コキ、フェラ以外に‘アナルに指入れられた’‘オシッコするとこ見せた’とお客との変態行為まで暴露。ベッドでたまらずディープキス!小さいオッパイを揉みながら手をパンティの中へと…温かい湿り気の茂みの中を掻き分け、中指の先でクリをいじった。



そのまま膣に2本の指を入れると‘さすがに困惑気味!しかし指を幾度となく出し入れしてやると喘ぎ声になっていく。パンティを脱ぎ取り、股を広げじっくり観察。いつもオカズにしていた秘部を見て‘義妹のアソコって、こうなってるんだ!と顔を近づけた。



段々とツンと鼻につく尿素混じりの香りが漂ってきた。おそらくマンカスと残尿が蒸れた臭いだろう。思わず舌先を出し、クリと花弁を舐めた。最初は塩味を感じたが、舐めるうちにオレの唾液で洗われたのか臭みがとれていった。



舌でペロペロしていたら感じてきたらしく、キュートなお尻をピクピクとさせていた。するとシワがよったお尻の穴が見えた。なんとも綺麗な穴。今まで見たことのない綺麗な義妹の菊の花。指先でこちょこちょと弄った。と同時に、マンコの穴はどうなっているのかと、指で広げた。穴の中は紅く染まっていた…興奮していた俺はさらに酸っぱくなっていったマンコの穴に舌を突っ込んだ。



オレは夢にまでみた義妹のマンコを指で弄くりながらクンニをつづけていった・・・








体験談関連タグ

||||||||

2014年12月17日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】恐怖!磯野!毛布喰おうぜ!!!【危険】

1:カッツォ:2008/12/04(木)00:54:36ID:???

名前は知られていないけれど、姿はみんな知っている?

衣服や食品を食い荒すカツオブシムシについて、語りましょう。



カツオブシムシについて





野生生物板のスレ

ヒメマルカツオブシムシ撲滅委員会







前スレ



カツオブシムシ撲滅委員会


体験談関連タグ

|

2014年11月3日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【人妻】妻にお金持ちの愛人がいた【隣の芝生】

最近妻がやけに化粧などをしだし

かなりファッションにもこだわるようになってきた。

前の妻の服装といえば、短パンに、キャラクターの顔の絵が

乗っているTシャツ一枚・・・

今は、女性に人気のブランド?の服に、

生足の見えるスカートなど、とにかくエロさがハンパじゃないことは

男の僕が保障できる、その格好で出かけてくるというのである

これは怪しいと思い、同僚に相談したところ

確実に不倫をしているといわれた、僕もすぐになっとくした。

それから僕は同僚にお願いして、妻の行動を見張ってもらうことにした

僕は妻が次に出かける日を知っていたから、その日に同僚に準備してもらって

早速作戦開始、

その日の妻は、胸元は開き目で、つけまつげも今まで見たことの無いような長さ

そして、足元はヒールにショーパン・・・

一応妻は32歳で、結構若作りしているように見えた


体験談関連タグ

|||||

2014年10月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】離婚【隣の芝生】

妻(41歳)が今年の9月に離婚したいと言い出しました。

妻の浮気が発覚したのが原因でした。

相手は私の会社に勤めるD社員(26歳)でした。

周りへの体裁を考えて、離婚はしませんでしたが

とうとうD社員を我家へ住ませることにまでなってしまいました。

妻はほとんど毎日その男の部屋で寝ています。

妻の希望で私の寝室と彼らの寝室を家の端と端にしました。

昨日、妻は彼と喧嘩をしたようで夜遅くに私の部屋に来ました。ほとんど裸に近い寝着でした。

私の布団にもぐりこんできた妻を私は抱こうとしましたが

「待って、今日はもう勘弁して。他の男の精液が入った女を抱きたくないでしょ」と拒みました。

「今、やってきたのか?」

「うん、あの子ほんとにすごいんだから、昨日も今日も2回づつも立て続けにされたら体がもたないわ」

「いつも中に出させているのか?」

「そのほうが男は気持ち良いんでしょ」

「そんなにいいのか?」


体験談関連タグ

||||||||||

2014年10月8日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】いけない関係【血縁SEX】

話は3年半前まで、逆上ります。

4月になって間もない頃、父の職場から電話がありました。それは、作業現場から転落し、病院に搬送されたというものでした。幸いにも、左腕の骨折だけで済み、命に別条はありませんでした。しかし、父と母はいわゆる『熟年離婚』をした直後であり、職人気質で亭主関白の父は、家事どころかお茶の一つも入れられない程。その上、骨折しての不自由な生活という事で、数年ぶりに実家に戻りました。

実を言うと、その当時、すでに私と夫は完全に冷め切っており、酒に溺れては手を上げる夫から逃げる様に出て来たのです。

当初、父はかたくなに「お前の助けなどいらん。」と頑固に言い張っていましたが、やはり不自由な事に直面し、私が手を差し出す事にも文句を言わなくなる様になっていました。

数ヶ月後、怪我も完治。それでも私は、ずっと実家に残りました。毎朝父にお弁当を作り、夕食を用意し帰りを待つ。そして父の為に家事をこなす。何でもない、そんな平凡な毎日を穏やかに過ごせる事に、ささやかな幸せを感じていたのです。

2人の離婚の原因は、仕事ばかりで家庭をかえりみない父に、母が愛想をつかした、というものでしたが、私には分かりませんでした。だってこんなにも一生懸命に働いてくれているのに…。他にも理由はあったかもしれませんが、それでも昔ながらの男くささを感じさせる父と平和に暮らせる事に、感謝の気持ちで一杯でした。

だけれども、この時の私は、父に対する本当の感情にまだ気付いてはいませんでした…。

半年程経った12月のある日、父が突然、「たまにはどこかへ出掛けるか。どこでも好きなとこ選べ。」と言い出したのです。面と向かってははっきり言いませんでしたが、私への感謝のつもりだった様です。父にも意外に可愛い所があったんですね。どこにしようか迷いましたが、思い切って海外旅行をおねだりしてみると、あっさりとOKが。こうして冬休みをずらして、1月半ばから一週間フィジー旅行へ行く事になりました。

初めて行くフィジーは、正に楽園でした。真っ青な空に白い砂浜、透き通る海に眩しいばかりの太陽。ホテルも、いわゆるホテルではなく、広く続くプライベートビーチにペンションが点在するという所。ログハウス調の建物にプールまで付いていました。

到着した日はそのまま休み、翌日からは日々の生活を忘れ、ビーチで遊び楽しい一時を過ごしていました。

しかしその時、予想もしていなかった気持ちに気付きました。さすがに南国、照り付ける日差しがきつく、背中に日焼け止めクリームを父に塗って貰った瞬間、心臓がドキドキ高鳴り始めたのです。ゴツゴツした指が私の背中を撫でる感覚に、僅かながらも戸惑った事は確かでした。しかしそれもあっと言う間。深く考える事もせず、再び2人で海辺で過ごしました。

ですが、今思い返せば、父を意識した瞬間はこの時が初めての時でした。

その後も街へ繰り出し、夜には、満天に煌めく星空の下、プールサイドのデッキで父はビール、私はワインを楽しみ、夜でも火照った体をプールでクールダウンさせたりしてリラックスした時を過ごしていました。

が、次の瞬間、確かなる父への想いに直面する事に…。

それはたわいもない場面でした。年甲斐もなく私達は、プールの水を掛け合ったり、中に引きずり込んだりしてはしゃいでいました。そして息も苦しくなり水面に上がると、すぐ目の前に父の顔が…。なぜだか目が合ったまま、2人共体が固まって動けなくなっていました。父の目を見つめ、吸い込まれそうになる…。確かにその中には、父娘の関係を越えた、欲望に満ちたものがあったのです…。この時が父と私の中に、『男と女』が芽生えた瞬間でした。金縛りにあったまま、自然とその距離が10cm、5cmと縮まって行き、遂には唇と唇が触れ合う…。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ