相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】ゆき【血縁SEX】

「誰だろ?こんな時間に・・・」

電話の呼び出し音で、目覚めた僕が時計を見ると、午前1時を回っていた。

携帯の画面を見ると、そこには「ゆき姉ちゃん」との表示。

「ゆき姉ちゃん」とは、母の妹の娘で、僕より2つ上の従姉弟である。

互いの実家が近い為、幼い頃は一緒に遊んだり、高校も同じ学校だったので、最初は一緒に通ったり。

僕が就職の為、東京で一人暮らしをはじめた際も、東京の寮にいた姉ちゃんが、引越しの手伝いに来てくれた。



「もしもし〜」

僕は眠いのもあり、ちょっと不機嫌で電話に出る。

「ひろく〜ん♪」

かなりご機嫌な声。酔ってるのが分かる。

「寝てた〜?」

「当たり前だろ!今何時と思ってんのよ?」

僕は尚も不機嫌に答える。

「ごめんね〜今○○駅の前なんだけど〜電車もなくなっちゃったし〜お金もないし〜泊めてくれな〜い?」


体験談関連タグ

|||||||||

2014年10月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】母と同じ歳の熟女と【隣の芝生】

18歳の時、母と同じ歳の熟女と関係を持った。



その頃、諸事情により高校を中退して通信制高校に編入し、夜は居酒屋でバイトをしていた。



その居酒屋にしょっちゅう飲みに来ていた当時45歳の細身で綺麗な熟女Y(近くのスナックに勤務)と話をしているうちに仲良くなり、ある日そのYさんに誘われて勤務時間終了後に他の店に二人で飲みに行った。



お互いに酔った勢いもあり、次第に手を握りあったり肩を寄せあったりと恋人同士のように密着するようになっていった。



Yさんは実年齢よりも若く見え、とても綺麗な方だったので年齢差はあったがこのような展開になって自分は満更でもなかった。



するとYさんはトロンとした艶っぽい目で俺を見つめ、ゆっくりと唇にキスをしてきた。



その瞬間俺の股間は熱くなり、一気に勃起した。俺の股間をさすり、それに気付いたYさんは笑顔で「私の家に行こっか。」と耳元で囁いた。



すぐにタクシーでYさんの家へ向かい、家に入った瞬間に抱き合い、激しくディープキスを交わした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年10月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】双子姉妹の妻【隣の芝生】

去年の年越し、私達は妻の実家で過ごした。

妻の実家には両親だけが住んでいます。

だからたまに帰省する私達を両親は待ち望んでいる様です。

妻には、双子の妹がいるんですが、実家から通うのは不便と言う事で、

アパートで独り暮らしをしています。

そんな妹も年越しは帰省していました。妹と妻は、一卵性の双子で顔・スタイルがすっかり一緒!まぁ部分的に微妙な違いは

あるんですが、パッと見では分かりません。今まで私も何度も間違えた事がある位です。

その夜、私は義父と一緒に酒を飲み、すっかり酔っていました。

妻も妹も付き合って酒を飲んでいました。

23時を回ると、すっかり酔った義父が寝室へ向かったんです。

私も、半分寝ている状態だったので、寝床に向かいました。

何時間が過ぎたのか?私はふと目が覚めました。

薄明りではありましたが、隣に妻が寝ています。

何となくムラッとした感じから、妻の布団の中に手を差し伸べ、福与かな胸を揉んだんです。

ムチッとした感触を楽しんでいると、股間がムクムクと起き上がり、思わず妻のパジャマを


体験談関連タグ

|||||||||

2014年10月8日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【恐怖】ヤンデレは本当に怖い【危険】

はじめて一人暮らしをした時、マンションの隣の部屋にかなりサイコな女性が住んでいて、俺はいろいろ酷い目に巻き込まれました。その時の事を投稿します。



その人(仮にAとします)は20代前半くらいで、ゴスっぽい(ビジュアル系っぽいと言うのかも)格好をした、まぁまぁ可愛い人でした。その時はまだサイコさんだとも知らず、顔を合わせたら挨拶する普通の隣同志ですね。



しかし、そんな関係は一夜にして一変しました。引っ越して半年が過ぎたくらいの時のことです。



ある早朝、俺がゴミを捨てて帰ろうとするとマンションの入口にAが立っていました。俺が会釈し通り過ぎようとすると、ハッキリした口調で「私の携帯電話が無くなってしまいました。すみませんが携帯を鳴らしてもらっても良いでしょうか?」と、聞いてきます。



俺は急に話しかけられてかなり面喰いましたが、別に断る理由もなかったので承諾することに。部屋から携帯を持ってくると、Aから番号を聞きダイヤルします。



Aの部屋の前で1分ほどはコールさせたでしょうか。カチャッとAが電話に出ると「ありがとうございました。携帯電話、みつかりました」と言ってきました。



ちょっとホッとし「良かったですね。それでは…」と答えている時、Aが「あ…あの、お礼がしたいので、良ければ部屋にあがってください。コーヒーを入れますから」と被せてきます。



眠かったし断ったのですが、それでも誘ってくるAに「こんなに誘ってくれるのに、断るのも可哀そうか…」と仏心。すべてはこれが間違いでした。


体験談関連タグ

||||

2014年10月8日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【浮気】人妻ラブホに連れ込むの簡単 【不倫】

俺(172cm)より背が高い。

笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。

ささやき交わしながらラブホまで歩く。



「出会い初めて?」

「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」

「どうして俺に決めたの?」

「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。

でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」

 

 

目当てのラブホがあるようで誘導される。

ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。

こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、

ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月8日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【寝取られ】男三人に彼女を交えてゲーム 【鬱勃起】

<>158名前:えっちな18禁さん投稿日:2013/10/21(月)12:53:00.00ID:Dhz7P3I+0<>

いつだか彼女と麻雀やって友人に抱かれたって書いたものですが、進展(?)あったので出勤前に少し書きます。



あれから彼女は目に見えてエロくなってきた。

それまで自分としか経験無かったから、他人の味と背徳感混じりの快感を同時に味わってしまったのが大きいんだと思う。



週末あってHするときも、愛撫中に「もっと触って」とか、自分で気持いいところを押し付けて騎乗位とかするようになった。

で、行為中に俺がふざけて「あいつらとのHはどうだった?」ってきいてみた。

すると最初は黙ってたけどしつこく聞いたら「・・・めっちゃ・・・気持ちよかった」って言われた。

その瞬間もう頭がなんか変になって、ガンガン突きまくって俺すぐイッてしまった。





<>159名前:えっちな18禁さん投稿日:2013/10/21(月)13:07:01.09ID:Dhz7P3I+0<>

でピロートーク。

たわいない話を少ししてから話を戻して聞いてみた。


体験談関連タグ

||||||

2014年10月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】最高のSEXの虜になった私 【鬱勃起】

今から3年程前の出来事です。



私は当時30歳、小さめのIT企業に営業職として勤めていました。

結婚して2年目になり、そろそろ子供を作りたいなと考えていたので、

妊娠したら今の会社は退職し、家庭に入ろうと思っていました。



旦那は29歳と年下でしたが、そこそこ稼ぎも良く生活には不自由していませんでしたし、

出世コースを進んでいた事もあり、将来の結婚生活は安泰な状態でした。



そんな折、中途入社で1人の男の子が入社して来ました。

名前はS君といい、長身でスラッとしていて今時のイケメンといった感じで、歳は3つ年下の27歳という事でしたが、どこか大人びた雰囲気もある不思議な子でした。



「○○さん、よろしくお願いします」

「あ、はい・・こちらこそよろしくお願いします」




体験談関連タグ

||||||||

2014年10月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 4 【鬱勃起】

26



「はぁ・・・・。」



ため息をつきながら自分の部屋でアルバイトに行くための準備をする果歩、鏡のまえで身なりを整える。



鏡に映る自分の顔は前より少しだけ痩せて見えた。



この2日間まともな食事を摂れなかったのだ。摂れなかったというより、ごはんが喉を通らなかったというべきか。



あれから2日間、果歩は大学とアルバイトを休んでいた。



友哉の携帯に電話したあの夜は、涙が枯れてしまうほど泣き続けた。



次の日、大学に行く時間になっても、体と心が重く感じてとても行く気にはなれなかった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年10月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】人妻の体って萌えない? 【不倫】

32才人妻と土曜日に会った。写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが



昨日のメールで私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?



と聞いてきた・・大丈夫だと返信したが、どんだけ大きいのだろうか。



見た目は清楚そうなんだけどな・・待ち合わせ場所へ車で向かうと、



ジーパンにダウンジャケの女。顔を確認すると写メ通りだったので声をかけた。



 実物は色白の清楚そうな感じでイメージ通り。例えると、永作博美みたいな感じか・・



しばらく車内で話をしていたが、「子供がいるからあまり時間がないの」という事で早速ラブホへ。



着くなりベロチューをしてきたのでフル勃起した俺はそのまま押し倒し服を脱がせた。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月5日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】姉夫妻と3Pしてきた【血縁SEX】

なんかもう開き直りムードだからちょっと聞いてくれよ



高校の頃の部活の先輩が家に遊びに来た時姉に惚れて6年前結婚

先輩とは気が合って高校卒業後もずっと仲良くしる

兄貴というか親友というか、そんなかんじのポジション

そんで親友が親族になるって最高じゃん!って思った俺は

姉ちゃんと先輩の結婚を全力でバックアップして結婚に結びつけたわけだ

まあ俺が何もしなくてもバカップルだったから

結婚しただろうけどそこら辺はおいて置く。



結婚した後も前と変わらず

先輩夫妻の家に結構頻繁に遊びに行ってるわけだけど

土曜の夕方遊びに行ったら、

「話があるから夕飯食っていけ」と先輩と姉に言われたんだ

「今言えばいいじゃん」て言ったんだけど


体験談関連タグ

||||||||

2014年10月5日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ