相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】ショタな男の子といけない子作り 【不倫】

私は亜希といいます。人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の従妹の美優ちゃんと従弟のまさるくんが同居しており、6人で暮らしています。子供たちは実の母である私をあーまま、育ての母である美優ちゃんをみーままと呼び、まさるくんをぱぱといっています。でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。なぜなら3人の子供の本当の父親はまさるくんなのですから。



 私が夫ではなく、まさるくんとの間に子供を作ったのは理由があります。夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。しかし、田舎の夫の祖母がこの結婚に大反対しました。夫の父も母も祖母の言うことは聞かなくてよいといってくれたのですぐに結婚しました。でも、祖母はわざわざ上京し、私を罵倒しまくりました。夫は何もいえませんが、祖母に苦しめられた過去のあるまさるくんが怒って祖母を、田舎に追い返したので、事なきを得ましたが、結婚しての1年間、毎晩、生でセックスしたにも拘らず妊娠しませんでした。その事を知った祖母がやってきて、私の事を欠陥品と罵る始末。私は体を調べてもらったが特に問題はありませんでした。夫のほうに問題があるかと思いましたが、祖母が私が悪いの一点張りで話し合いになりませんでした。最後はまさるくんが祖母を追い返してくれました。



 美優ちゃんに思わず相談すると、美優ちゃんは夫が20歳の頃に高熱の病気にかかっていたので、精子が駄目じゃないかと教えてくれました。それを聞いて私は途方に暮れました。セックスのとき、ちゃんと射精するので精子がないわけではありません。時間を掛ければ不妊治療も可能ですが、それを許す祖母ではありません。



 そんな中、義父の会社に勤めるまさるくんの両親が仕事で引っ越す事になり、私立の学校に通う息子を寮に入れるという話を聞き、私は自分の家に同居させることを提案しました。まさるくんは小さい頃の夫によく似ており、血液型も一緒だという知っていました。何より祖母から助けてくれて以来、私はまさるくんの事が好きでした。だから、私はまさるくんとセックスをして、子供を作ろうと考えました。もちろん、そのことはおくびにも出さず、夫に同居の事を話すと特に賛成してくれました。夫も仕事で出張が多くなってきているので、私の側に誰かいたら安心だという考えあったからです。まさるくん本人とご両親も同居に賛成してくれました。こうして、私の家にまさるくんが来てくれました。



 まさるくんが来て、数日後、春休みの初日、夫は長期の海外出張に出かけました。夫を送り出してすぐに二人きりになった私は早速まさるくんとセックスをしようと張り切りました。目的は子作りですが、相手は大好きなまさるくんです。その初めての相手になるのですからテンションもあがります。私はお風呂を沸かし、まさるくんを先に入れました。そして、すぐに私も裸になり、お風呂に入ります。



「あーちゃん、なに」

 当然のことですが、まさるくんは驚き、股間を隠します。

「せっかく、二人っきりだから、一緒に入ろう」

「でも」

「いいじゃない。それに夫もいないのだから、お風呂だけではじゃなくて一緒に寝よう」


体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年6月13日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【寝取られ】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった4 【鬱勃起】

息子と行ったスキーで泊まった旅館は、秘境の隠れ宿みたいな宿だった。そして、そこでは私の人生において経験もしたことのないような官能的な時間が待っていた。



私は今、10歳も年下の景子ちゃんに正常位で繋がりながら、旅館の若女将にアナルに指を差し込まれている。こんな風に、一晩にして3人の女性と関係を持つなんて、当然のことながら経験はない。

私は、すでにもう何度も射精をしているのに、若女将のアナル責めの影響もあるのか、ガチガチに勃起したままだ。



そして、景子ちゃんが驚くほど整った美しい顔で私のことを見つめてくる。私の人生では、今までほとんど経験がないことだが、私のことが好きだという思いがこもった目で私を見つめてくれる。





そして、上になっているのは私なのに、さっきから腰を振っているのは景子ちゃんだ。景子ちゃんは、さっきの明奈ちゃんへの責めでよくわかったが、清楚系な見た目に反してドSだった。それなのに、今は正常位の下側で、必死で腰を振ってくれている。私にご奉仕をするように、なまめかしく、そして激しく腰を振る彼女。



『パパさん、気持ちいいですか? 私のおまんこ、気持ちいいですか?』

泣き顔にも見えるような、切なそうな顔で聞く彼女。私はこんなにも美しい女の子に好かれているというだけで、舞い上がりそうな気持ちだった。そして、今まで経験した中で一番気持ち良いと答えると、

『嬉しい! 大好きです!』

と言いながら、景子ちゃんがキスをしてくれた。でも、同時に私のアナルに指を突っ込んでいる若女将が、

『ゴメンなさいね、緩くて』


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年5月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子3 【血縁SEX】

慶太は、ネットで入手した魔法の薬で、大好きな母と結ばれることが出来た。そして、母がリビングでオナニーをしている姿までwebカメラで盗み見たことで、慶太の心は決まった。今日は、母にバレるのを覚悟の上で、極限まで薬を薄めようと……。





そんな決意を胸に、慶太は学校が終わると寄り道もせずに真っ直ぐ帰宅した。

『お帰りなさい! 早かったのね?』

母は、いつものセーターにエプロン姿ではなく、長袖のカットソーにジーパン姿だった。こういう若々しい格好が、本当に様になる。そして、ほどよく身体にフィットしたカットソーは、彼女の肉感的な身体を強調している。



「あれ? 出かけるの?」

『そう! これから、康太とデート!』

母はそう言うと、康太の腕に自分の腕を絡ませた。母のふくよかな胸が腕にあたり、康太は一瞬身体を離そうとした。でも、昨日康太は母のすべてを知った。もう、恥ずかしがることもないと思い、そのまま母の好きにさせた。



『どうする? 何食べる?』

母は、本当に楽しそうだ。こんな無邪気な笑顔を見せられると、反抗期など吹き飛ぶと思う。実際、康太は反抗期もなく、母のことが大好きなままだ。



そして、二人で回転寿司に行き、お腹いっぱい食べた後、二人でカラオケに行った。同級生などに話を聞くと、家族でカラオケなんてあり得ないとか言われる。まして、母親と二人きりで行くなんて、狂気の沙汰だと言われている。でも、康太にとっては最高の時間だ。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された完 【鬱勃起】

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。



でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。





#8212;#8212;僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。



「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」

僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。

僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。



胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。

一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。



そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】従兄弟とお風呂☆【血縁SEX】

夏休みに来た従兄弟のタカ君♪12歳でちょっと背は低めで可愛い感じです☆

大人達が飲みに出た夜に一緒にお風呂に入りました。恥ずかしがってるところをムリヤリです。ショタ好きなので私は最初からエッチィ気分全開☆もう、濡れてきてるの分かったしドキドキして熱くなってました。

後ろからタカ君を抱くようにして入って、胸を背中に押し付けて……☆立派に勃起状態だったから、軽くさすってあげました。そしたら気持ち良さそうにして小さな声で可愛く…女の子みたいに喘ぐから私も止まらなくなってタカ君が出しちゃうまでしちゃいました。フェラでして、お口に出してもらえば良かったと、ちょっと後悔

タカ君もエッチなスイッチ入ったのか、『お姉ちゃんのおっぱい触りたい』とか『また気持ちよくして』とか言ってきました。お互いに体洗って、その時にたくさん胸もアソコも触られて、舐められて……。上がる前に今度はフェラしてあげました。頭に手を置かれて、押さえ付けられてるわけじゃないケド、無理矢理されてるみたいで興奮しちゃいます。お口の中に二回目の射精☆量は少なかったけど…。その日は一緒に寝ました。夜は二人共全裸で……☆朝は気が付いたら胸揉まれてました

体験談関連タグ

||||

2014年11月17日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉ちゃんからイタズラされた話【血縁SEX】

オレが小5のときに、中二の姉ちゃんに襲われたことがある。

夜中、オレが自分の部屋で寝ていると姉ちゃんがオレの布団にもぐりこんできた。

ビックリして「姉ちゃん、どうしたの?」と聞くと

オレの顔を自分の胸に押しつけるように抱きしめながら「静かにして」と言った。

数分間、姉ちゃんは荒い息でオレの顔を自分の胸に押しつけていた。

オレは訳がわからず怖くなった。

少しすると姉ちゃんはパジャマのボタンを外して自分の胸元を開いた。

豆電球が点いているだけの薄暗い部屋の中、水色のパジャマの中から白いブラジャーが見えた。

オレが何も反応できずにいると姉ちゃんは再び胸を顔に押しつけてきた。

ブラジャーの感触はパジャマより柔らかい感じだった。

姉ちゃんは無言でオレの顔に胸を擦りつけ続けた。

ブラジャーの生地が顔に擦れて痛かったので「姉ちゃん痛いよ」と言った。

すると姉ちゃんはグイとブラを上にめくり上げてオッパイを剥き出しにした。

何年も前に一緒に風呂に入ったとき以来に見た姉ちゃんのオッパイはかなり大きくなっていた。

小振りだけどちゃんとオッパイって感じの胸、乳首のポッチはよく見えず乳輪の部分だけがポッコリ膨らんでいた。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月8日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】義妹と付き合う事になったきっかけ【血縁SEX】

彼女と付き合う事になったきっかけを書き込み。



姉貴が妊娠したんで、嫁ぎ先にお祝いがてら飯を食いにいったんですわ。



で、その姉の嫁ぎ先には15歳になる妹さんがいるんだけど、このコが腐女子なワケですよ。アニメ、ゲームが大好きで自分で漫画も描いてる。だけど、すこぶる可愛い。



ガリガリの色黒ショートカットで、わざと一人称を「オレ」にしちゃってるような痛いコだけど、まぁ美少女だから許されるわな。俺もオタクだし、アイマスの菊池真を幼くした感じに萌えてしまうんだよ、性本能的に。



で、そんな萌え娘が友達と同人誌を作ったんだけど、その表周りやら何やら、一式デザインしてくれと頼まれた。



末端デザイナーを生業にしている俺さ。義妹の頼み、二つ返事でOKしますわな。



で、中ページ以外のデザインをする事になり、週末に義妹が俺の部屋に来て一緒に作業するって感じに。



で、週末。俺の部屋で素材を見せてもらったんだけど、これが意外にも微エロ。とりあえずヘタリアっ漫画で男同志がチュッチュコと思っておくれ。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年10月13日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】お姉さんが・・・【鬱勃起】

小学生3年生くらいの時、家族や親戚で旅行に行ったことがあった。

泊まった旅館は、季節のせいか、ほとんど貸しきり状態で、僕の関係者以外はいないようなものだった。

大人達が朝から食事会をしている時、僕と親戚のお姉さん(当時18〜20くらい)、と

親戚の知り合いの人の子供(小1くらい)で、温泉に入りに行くことになった。

そこの旅館の温泉は2つあって、片方は露天風呂で、もう片方は、室内の温水プールみたいな温泉だった。

遊ぶのが目的だったので、僕らは温水プールの方に行った。僕と男の子は裸だったけど、お姉さんは水着を着ていた。

行ってみると中には誰もいなくて、僕ら3人の貸し切り状態だった。

しばらく遊んでると、お互いの体をくすぐり合う遊びになって、お姉さんと一緒に、男の子の体をくすぐっていたら、

気持ち良かったのか、その子のおちんちんが完全に勃起状態になった。それを見た僕が、そのことを言うと、

お姉さんがなぜ大きくなるのか知ってるかと僕達に聞いてきた。

僕達が知らないと答えると、気持ちがいいと大きくなることを教えてくれた。そして実際にやってみることになった。

お姉さんが仰向けに寝て、僕とその子がお姉さんの太ももの上にまたがり、おちんちんをこすり付けた。

するとおちんちんが気持ちいい変な感覚で、大きくなった。

夢中でこすり付けていると、お姉さんがもっと気持ちいいことをしてくれると言い出した。

ただしゲームをして勝った方だけ、と言う条件だった。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月8日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 4【隣の芝生】

ついにセックス解禁日

仕事の休みを取り、ドライブに出掛けることにした。

性欲の塊のようになってしまった彼女も、

今日こそはセックスが出来ると、

普段より積極的に私の命令に従った。

ノーブラノーパンに黒い乳首が透けない程度のブラウスと短めのスカートを履かせた彼女を助手席に乗せ出発。

人の少なそうな郊外に車を走らせた。

腕と脚の毛は普段の生活のなかで目にすることがあったが、

横目に見えるスラリと伸びた真っ白い毛深い脚に興奮した。

昼食に立ち寄ったレストランで向かい合わせに座り、人目を盗んで胸を露出させるよう指示した。

二ヶ月ぶりに目にする卑猥な乳輪、

しかも誰に見られてもおかしくないシチュエーションに胸が高鳴った。

店員や他の客にばれない様にコソコソとボタンを外す彼女。

チラリと見える谷間には、濃い産毛がみっしりと生え揃っていた。

そして露わとなった乳房も産毛で覆われ、


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月20日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 3【隣の芝生】

彼女とセックスするたびにイヤラシイ乳輪とバカでかいクリトリスに興奮しまくっていたが、

付き合い始めて一年位の頃だろうか

私は彼女に更なるいやらしさを求めた。

もともと毛深い女性が好きだったので、恥ずかしさもあったが思い切って彼女に女性の体毛フェチだと告白した。

勿論、彼女は驚いていた。

彼女は嫌がっていたが何とか説得して、首から下全ての無駄毛処理をやめさせた。

毛の生える途中経過を見ずに完全に生え揃った姿を味わいたかった私は、

二ヶ月間禁欲をした。

その頃の彼女はセックスの快感を覚え、性欲も強くなっていたので、

毎晩のように誘って来たが、私は断り続けた。

そのうちになぜか私と彼女の間に主従関係が築き上げられていった。

私はオナニーをしていたが、彼女はオナニーもしたことないような女だったので、完全な禁欲生活。

欲求が溜まりに溜まった彼女は私が言うイヤラシイ命令に従う様になったのだ。

初めのうちは、ノーブラでデートしてみたり、

処理されていない腕毛や脚の毛を露出させて出掛けさせたりと。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 3123

このページの先頭へ