相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】ヒッチハイク【危険】

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したが、

就職も決まっていない有様だった。

生来、追い詰められないと動かないタイプで(テストも一夜漬け対タイプだ)、

「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞かせ、バイトを続けていた。

そんなその年の真夏。悪友のカズヤ(仮名)と家でダラダラ話していると、

なぜか「ヒッチハイクで日本を横断しよう」と言う話に飛び、

その計画に熱中する事になった。



その前に、この悪友の紹介を簡単に済ませたいと思う。

このカズヤも俺と同じ大学で、入学の時期に知り合った。

コイツはとんでもない女好きで、頭と下半身は別、と言う典型的なヤツだ。

だが、根は底抜けに明るく、裏表も無い男なので、女関係でトラブルは抱えても、

男友達は多かった。

そんな中でも、カズヤは俺と1番ウマが合った。

そこまで明朗快活ではない俺とはほぼ正反対の性格なのだが。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年6月26日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】ほしのあき似の彼女【感動】

俺の高校3年間を通じての恋人は、ほしのあきそっくりだった。

ほしのあきは165cmということらしい。俺の彼女、美来は高1のときにそのくらいの身長だった。

ほしのあきそっくりというのは童顔で細身の巨乳だったということなんだ。

俺は同じクラスになった彼女が、背が高くほっそりした童顔の女の子だと感じたものの、

俺の好みではなかったので、実は全く関心がなかった。俺はきりりとしたきつめの目をした女性が好みだった。

当時でいえば女優の中島ゆたかみたいなちょっと悪女っぽい大人の雰囲気の女性に憧れていた。

だから美来のことは眼中になかった。彼女は明るく世話好きで人気があったし、勉強もよくできた。

体育の時間に女子と一緒にグランドに出たとき、彼女の胸がただものではないことに男子全員が気づき、俺の周りは

「おい、H(美来の姓)、ブルンブルン揺れてるぞ、すげぇなぁ」と言っていたが、俺は巨乳(当時そういう言葉は

なかった)にもそれほど関心がなかったので、特に反応しなかったと思う。

5月下旬の中間考査が終わった日に、俺は美来から手招きされた。それまで親しく喋ったこともなかったので、何事かわからず、

俺は彼女に歩み寄った。すると周囲に素早く目を走らせた彼女はさっと俺にメモを渡した。その場で見るのはまずそうな気がして、

何気なく歩いて廊下に出てから見た。「今日の放課後に■(地名)の●(店名)に来て下さい。どうしてもお話したいことがあります」

と書かれていた。一瞬俺ラブレターかなと思ったが、俺と親しく話したわけでもないし、彼女から俺に親しく話しかけてきたこともない。

すると彼女と仲のよいE美が、俺を・・・・と思った。というのはE美は細身のきりりとした顔立ちで、俺は好きというわけではなかったが、


体験談関連タグ

|||||||||

2015年5月13日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】トラック運転手【血縁SEX】

トラック運転手◆Rzd<>7OFOCPU[sage]05/01/1617:29:11ID:gEdAAZsP<>

すみません。誤爆です。

実は近親スレから誘導されて見に来ました。

実は俺も姉と関係を持って約1年になる野郎です。



きっかけ

2003年のクリスマスに姉から告白され初キス

2004年の成人の日に初H

2004年の4月から同棲スタート



それでは書かせてもらいます。

何分1年近く前の話なので、詳しい会話の内容は覚えていないので、その辺はご容赦を…、

2003年12月中旬…、

仕事で地方を走っていた時…、

姉「今度いつこっちに帰って来れる?」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年12月27日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた5 【鬱勃起】

僕は、とうとう涼子が先輩とセックスするところまで見てしまった。見たといっても、直接ではないが、アレは逆に直接見るより堪えた。



でも、希望がわいた。涼子は、僕のことを好きだと思っている。それに確信が持てた。それ以上に、先輩がクズだということも確信した。



その翌日から、僕は先輩の後をつけるようになった。尾行すれば絶対にボロを出すと思ったからだ。



と言っても、学校帰りに制服のまま尾行したところでバレバレなので、こっそりと着替えを学校に持ち込むようになった。



そして、学校が終わると速攻で公園のトイレで着替え、正門が見えるところで隠れて先輩を待つようになった。



でも、実際にやってみた尾行は、ドラマみたいに簡単ではなかった。いつ出てくるかもわからない相手を待つのは、本当に気が抜けなくて疲れた。実際、初日は先輩を見つけることすら出来なかった。そもそも、その日は学校に来ていなかったのかもしれないし、他の人に紛れて出ていったのかもしれない。もしかしたら、裏から帰ったかもしれないし、とにかく徒労に終わった。



たけど、あきらめずに毎日繰り返した。次の日は先輩の後をつけることは出来たが、男友達3人とファストフード店に入り、長い時間出てこなかった。待つのがこんなにもしんどいとは、夢にも思っていなかった。

何よりも、ただ待つだけなら本でも読んでいればいいと思うけど、ずっと出入り口から目を離せないのが辛い。




体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】後藤新平(震災復興政治家)語録【感動】

後藤新平(ごとうしんぺい)

関東大震災から帝都を奇跡的な速さで復興させた政治家。

東日本大震災以降、政治的・思想的評価は日増しに高まっている。



経歴(プロフィール)

1857年〜1929年(安政4年〜昭和4年)都市計画の先駆者。南満州鉄道総裁、外務大臣、東京市長歴任。陸中国胆沢郡塩釜村(現岩手県水沢市)生まれ。1874年福島県須賀川医学校に入学。1881年愛知県医学校長兼病院長。1890年ドイツに留学。1892年帰国。内務省衛生局長に就任。1898年台湾総督府民政局長、後に民政長官に就任。1906年南満州鉄道初代総裁に就任。1908年逓信大臣に就任。初代の鉄道院総裁を兼務。1916年内務大臣兼鉄道院総裁。1918年外務大臣就任。1920年東京市長就任。1923年内務大臣兼帝都復興院総裁に就任。関東大震災から帝都をいち早く復興させてその名を歴史に残す。71歳で没。



後藤新平(帝都復興、都市計画先駆者)語録



・「今は経営者にしても気宇広大な奴がおらん。この軽井沢あたりも君のような若い者が50年ぐらいの計画で開発したらいい」

注釈:後藤新平がまだ30歳にもみたない青年、堤康次郎(西武グループ創業者)に言った言葉。この後藤のアドバイスで軽井沢の開発をしたことが西武王国を築く土台となった。



・「人は日本の歴史に50ページ書いてもらうより、世界の歴史に1ページ書いてもらうことを心掛けねばなない。」






体験談関連タグ

|

2014年10月17日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】凍った時間の中で寝取ってみた 【鬱勃起】

最近ハマってるセックスの仕方がある。

医学部でそれなりに頑張ってる俺が、ある方法でラリホーを身につけたw 友人カップルの家に遊びに行き、それを使って、彼氏の前で彼女と遊ばせてもらうというやり方だ。



こうやって書くと、凄く酷いことみたいだし、犯罪じゃないのか? と思われると思うけど、実際その通りだw

まぁ、中学の頃からとにかく勉強勉強で、ろくに遊べなかった俺なので、これくらいはご褒美だと思っている。





今でこそ、鼻歌交じりで、眠りの深さまである程度コントロールできるようになったが、最初は正直かなりビビった。





――いつもみたいに、適当に酒を買ってタクミの家に遊びに行った。タクミは高校の時の同級生で、今は違う大学に通っている。医学部の俺に対して、法学部のタクミは、何かと話や考え方が合う。学歴コンプもなく、バカじゃないので話もかみ合う。



ただ、俺がタクミの家によく行くのは、それだけが理由ではない。タクミの彼女のさとみちゃんは、少し厚めの唇がたまらなくセクシーな、清楚系の美少女だ。

タクミは、父親が有名な弁護士事務所グループの代表で、とにかく金持ちだ。母親も実家が昔で言ったら財閥と言われるくらいの規模の金持ちらしく、タクミは一人暮らしのくせに、渋谷のタワーマンションのファミリータイプの大きな部屋に住んでいる。




体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女のバイト【鬱勃起】

ぼくも彼女も学生だったころ

彼女は家賃をバイトで稼いで自分で払ってました。

バイトしながらの学生って遊ぶ時間なくなるし・・・

ある日彼女が原宿であるいていると、スカウトマンに声かけられたとのこと。

H系の素人モデルの派遣事務所。

「やってもいいでしょ?」と彼女

なんとなく反論する俺

でも結局「だってお金ないんだもん。もっとあそびたいもん」

彼女を養う稼ぎもないし、承諾

これくらいだったらいいよね、最初はパンチラの撮影。

後日、雑誌で恥ずかしそうに自分でスカートをめくる彼女をみて、鬱勃起

でも、お茶代くらいのギャラで、どうせならもっと欲しい。と。

最初の頃彼女の希望は

目消しあり、カラミなし、脱ぎ無し

だったけど仕事はパンチラくらいしかなく、脱ぎを妥協することに。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月21日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】ストロベリーフィールズ【血縁SEX】

三つ違いの姉とは、子供部屋、と称された6畳の部屋を共有している。

2段ベットの下が姉。上を私が使っている。

姉はかなりのがんばり屋である。

もともと170Cmと長身だったため、高校に上がった途端、バスケ部からスカウトの声が掛かった。

―しかし、姉は運動はからっきし苦手で、中学の3年間に、クラス対抗競技で補欠にさえなったことがない。

そんな姉が、誘われるままにバスケを始め、20数人いる新入部員の中で一番に補欠の座を手にいれた。

その理由を私は知っている。

姉の、とうてい真似のできない努力の結果なのだ。

ル-ルブック片手に試合のビデオを何度も繰り返し観て、バスケットボ−ルと言うスポ−ツを徹底的に理解しようとした。

休みの日などは、それこそ1日中ドリブルの練習に没頭していた。

カラダは引き締まり、時折見る姉の裸にドキドキした。

なんてカッコいいんだろう、と。

短く切った髪が、姉をより中性的にし、まわりの男子なんか目じゃない程のリリシサがあった。

当然、女子のファンができ、ライバル同志のはずの部員の中にも、恋心を抱く女子が増えていったのは自然の成り行きなんだろう。

その姉が、2年の春の大会で、試合中に骨折をしてしまった。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月17日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】好きな女の子をバンドメンバーに寝取られた【鬱勃起】

<>508:えっちな18禁さん[]:2012/07/19(木)08:39:30.97ID:8xek36ptO<>

青春時代は終わったから書いてみよう。

数年前の話、友達アキラと俺マサシはゆずのような二人組アーティストに憧れて素人音楽活動をしてみた

住まいは地方でアキラの家に大きな小屋がありその二階が練習部屋

周りに家も少ない所だったからギターガンガン歌声ガンガンで頑張っていた

ギターは少しずつ上達するアキラと俺

が…二人とも歌が上手く無い事に気づく

どんなに頑張っても、何度声を潰しても高い声が出ない、音をハズすと全くダメだった

夢は路上ライブで女の子にモテて、口コミでスカウト来てなんて練習の時に良く語ったが

俺達じゃ無理だなとあきらめてた時だった



アキラが勝手に共通の女友達のユカにメインボーカルを依頼した

ユカは確かにカラオケで歌ウマと評判だった

が、俺は嬉しさ半分、嫌さ半分

何故なら俺はユカに惚れていたから


体験談関連タグ

||||

2014年7月25日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】大家に寝取られた(完結編ver.1)【隣の芝生】

 山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。

私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。私は30歳、妻は25歳です。妻とは学生時代からの付き合いで、妻が短大を卒業するとすぐに結婚しました。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形です。処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ちだったためでしょう。でも子供ができず、それが二人の悩みの種でした。

 引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。マンションの近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。マンションの持ち主でもあるKさんは50歳代の頭の禿げた、背は高くはないが、がっしりとした体型の人でした。

「東京で生活するのは初めてですか」

「はい、初めてです」

Kさんの質問に私が答えると、

「田舎育ちで何もわかりませんのよ」

と妻も言います。

「そりゃ大変だ。良かったら上がって話しませんか。この近所の商店の書いた地図なども差し上げますから、どうぞ」

そういってKさんは応接間に私達を通してくれました。高価そうな調度品や絵画のある立派な部屋です。

「今お茶を入れますから」

どうぞお構いなくという妻の言葉も聞かずに、Kさんは紅茶を入れて、お盆に乗せてもってきてくれました。ティーカップもバラの絵柄のイギリスのアンティーク品のようでした。

「奥様はいらっしゃらないのですか」

と妻が聞くと

「5年前にガンでなくなりました。子供もいないので寂しい毎日ですよ」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 41234

このページの先頭へ