相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】2歳の娘【感動】

ヤベーな。オイ。前、俺のツンベにカマ掘りやがったのがいたのよ。

それが25歳の女でよ。

額切っちゃってたから激怒して、その場で一筆書かせてやったのよ。

で、修理代が300マソ。もちろんソッコー取立て。

その女、旦那と別れて狭いアパート暮らしで2歳の子供までいやがんの。

金払えないなんてふざけた事ぬかしやがるから体で払えって。

ちょっと生活疲れしてるけどスレンダーで結構好みだったから萌。

シクシク泣くのを無視してストリップやらせて萌。

んで、その後は無理やりJrをぶち込みまくり。

溜まってたから濃い〜のがいっぱい出たよ。もちろん中田氏。

一晩2万ということで体で払わせる事にして、それから週3ペース。

俺の大好きなローションプレイさせたり、縛り上げて写真撮影したりで。

尻の穴まで舐め回してやって泣きながら力無く抵抗してあえぐのがまた萌。

しばらくしたら俺が行く日は晩飯作って待ってやがるからバカな女よ。

で、何がヤバイってその女の2歳の娘。


体験談関連タグ

||||

2015年5月19日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】弱みを握られた絶世の美女2 【鬱勃起】

続き



伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が





堪らない。







自らスカートをたくし上げて



太腿も露わに、下着を晒す



ゆずりさん。




体験談関連タグ

|||||||

2015年5月19日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】歪んだ純愛 【鬱勃起】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。

俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。

スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り返ると、女が立っていた。

目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。

俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【鬱勃起】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】首筋にあてたナイフを思い切り押し込みました。 【鬱勃起】

私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。

妻は31歳。学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。

妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。

アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。

工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが、

当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。



先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。

そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。

妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。

妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。

私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。

しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、

また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、

何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】めぐ姉とりょー坊 2【血縁SEX】

<>99名前:めぐ◆aypLb4iZqQ[sage]投稿日:04/04/2800:21ID:2aIhx2m1<>

こんばんはー。いよいよ旅行の前日になっちゃいました。今日はけーちゃんと最後の打ち合わせ

をしてきました。宮城、岩手の辺りをちょっと動くんですけど、なるべく叔父さん夫婦は

夫婦で動ける様にしようね、という話でした。最後別々に帰ってくることになるかも。

しかし、けーちゃんの企画力はほんっと凄いです。なんか計画表みたいの出来てた。

まあ私も元々にぎやかしっていうか、えちネタ大好きな人なので、GWの旅行では何かしら

報告するネタが出来る様に頑張ってきますw



<>189名前:◆aypLb4iZqQ[sage]投稿日:04/05/0617:40ID:P3L4PkXN<>

・・・書いてると、やっちゃったかなー感がますます募ってくる訳ですがw 結構

嬉しい気分もありますが。結局食べちゃったんだか食べられたんだか。

結局今りょー坊とは、「仮恋人」みたいな感じの関係なんだと思います。順々話します

けど、なんか先に結論書いちゃった方がやりやすいw

えっと、5月3日までの旅行の話で。ちょっと何か、例によって記憶を辿りながらですので

細かいとこはいい加減かも知れないです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月23日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】不思議な体験【危険】

初めての子は流産でした。

妊娠が判った時は喜び、いつみんなに教え

ようか、どんな子に育てようかなどと夢ばかり

語る日々でその事は起きました。

夫婦共に落ち込み、何がいけなかったか

悔やんでばかりいました。

その子を生んで上げられなかった事を

申し訳なく思ってました。



1年程過ぎ、妻が妊娠したことが判りました。

ただ前の様に喜べず、『もし、まただめだったら

どうしよう。』そんな事ばかり思い悩む妻に対し

大丈夫としか言えず、日々悶々と暮らしていました。



妊娠が判ってから3日目の夜、夢の中で一人の青年が


体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月5日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【浮気】セレブ向け離婚経験者のお見合いパーティで恋をした。 【不倫】

私はバツ一の45歳。



子供は二人いて、20歳の娘と18歳の息子がいます。



そしてある×一同士の離婚経験者のお見合いパーティに行きました。



彼女とそこで知り合ったのです。



当然彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。



40代の男性と40以上の女性が12吊で集まって

お見合いパーティーをしたのです。



全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。




体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月21日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【レイプ】 旦那の目の前でウェディングドレス姿の嫁さんに種付けしてあげた 【鬼畜】

20年の別荘暮らしが始まったから、暇つぶしにまた書いてみた。



この前書いたみたいに、彼氏の目の前でムリ打ちして、今までにない興奮を知った俺は、完全に狙いが変わった。



彼氏の目の前で犯す快感は、支配欲とか征服欲(一緒か?)が満たされた。

アレから2回、彼氏付きの女を彼氏の目の前でムリ打ちしたけど、やっぱり最高だった。



だけど、刺激には慣れるもので、もっと凄いことをしたくなってきたw

そこで俺が考えたのは、あまり詳細は書けないけど、誰でも参加というか、見ることが出来る結婚式場に行くことだった。

俺は、そこで関係者みたいな顔をして、一部始終をビデオに撮影した。



泣きながら両親へ挨拶する新婦、誓いのキス、指輪の交換……そのすべてをビデオに収めた。





そして、俺は新婚夫婦の後をつけて家を突き止めた。結婚式をして、そのまま新婚旅行に行くパターンて言うのは、意外に少なく、親族とどんちゃん騒ぎをするというのももっと少ない。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年12月18日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【寝取られ】真面目な人妻の公開マン開き 【鬱勃起】

あんな最低な男に身体を好きなようにされてしまった。



口惜しくて、惨めで、

とにかく夫に申し訳なくて、涙が止まらなかった



私は泣きながら身体中にお湯を掛け、肌が擦り切れるくらい

ゴシゴシ洗った。

どんな高級な石鹸を使っても、どんなに力強く擦っても

汚された身体は元には戻らない。

そんなことは分かっていた。

それでも私は、ただひたすら身体を洗い続けるしかなかった。



どれくらいそうしていただろうか。

かなり長い時間バスルームに籠っていた。

急に村松から渡された封筒のことが気になりだした。


体験談関連タグ

||||

2014年10月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ