相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優1/8【鬱勃起】

僕は33才のサラリーマンです。

結婚はしていますが子供はいません。

妻は中学からの同級生で、学生時代から7年ほど付き合って27才の時に結婚しました。



僕は昔から勉強が出来たので一流と呼ばれる大学に行き、今は某大手商社に勤務しています。

妻も同じ大学に行き、昔は大手の自動車メーカーに勤めていて、結婚を機に退職しました。



僕は勉強ばかりしていたのでそれほどモテるタイプではありませんでした。

妻も同じように学生時代は地味で大人しく、男子から声がかかる存在ではありませんでした。

そんな二人だったので、大学で上京した時にはさみしい東京生活のせいか、地味同士すぐに仲良くなりました。

大学の途中で交際がはじまりましたが、お互いに初めての交際だったので、童貞と処女同士でした。



そんな純愛とも呼べる二人だったので、最初から結婚を意識していました。

僕は元々性欲も少なくて、女遊びなんかには興味がありませんでした。

体も細くてスポーツなんかしないので、体力が無いのもあり、他の男子のようにオナニーをする回数も少ないと思います。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月17日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】最近初めて嫁を他人に抱かせたんだが Part11【鬱勃起】

の続き



俺君と呼ばれているものです。



1年ぶり位ですね。ご無沙汰していました。

興奮する事もあって、少し報告したいなあと思っているのですが、ちょっとその前に。



まず雑談、議論スレパート2の675以降に書かせてもらってるのでちょっと読んで貰えればと思います。



簡単にざっと説明するとですね。

そっちにも書いていますがリアル現実でこのプレイしてるんですね。俺。ネタじゃなくて。

それはそういう性癖だから。以外の説明の方法が無いんですけれど。

ここではAさんと書いている人への貸出プレイを中心にしてます。

そういう人間なんですね。




体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月16日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】友達夫婦と【隣の芝生】

僕達は30代前半の夫婦です。結婚して2年近く経つがそろそろ新しい刺激がほしかった頃の出来事。その日、嫁さん(=K美)が学生時代からの付き合いだった女友達(=E子)とその旦那さんが家に遊びにきていたのだ。お酒を飲んで4人とも程よく酔っ払っていた時にこれまでに一番すごかった性体験を語り合う事になった。じゃんけんの結果、最初にK美が話す事に。これまで僕自身あまりK美の過去の話は聞いておらずかなりどきどきしていた。内容は以下だった。

「大学時代、当時付き合っていた彼氏とある日ふたりで彼の家で夜を過ごしていたら、彼氏の先輩がふと遊びに来た。先輩は既に酔っていたので早々にいびきをかいて寝始めてしまった。私達はその頃忙しくてなかなか会えなかったので久しぶりのエッチを楽しむ予定だったから、先輩が寝ている横でエッチを始めてしまった。そしたら私達二人の声が漏れていたのか先輩が起きてしまい、「俺も参加させてくれ」と言う。もうエッチな気分でいっぱいになっていた彼氏は「K美しだいだ」と言う。実は当時の彼氏と付き合う前に私はその先輩が好きだった事もありOKをしてしまい3Pをする事に。彼氏以外の人、しかも自分が好きだった先輩にあそこを舐められて気持ちよくなっている所を彼氏に見られるのは少し罪悪感があったけどすごく気持ちよかった。しかもその彼氏も夢中で私のおっぱいを舐めていた。二つの舌が違う所で同時に私を気持ちよくするなんて最高だったし、気持ちよくて頭の中は真っ白だった。それにおちんちんが2本あってどっちも大きく固くなってて夢中で気持ちよくもさせてあげた。」という体験談だった。

僕はその内容にかなり興奮してしまい既にあそこはかちんかちんになっていた。よく見ればK美は過去の気持ちよかった事を思い出してすでに自分のズボンの上から右手があそこに伸びていたのだ。そこで僕は「少し気持ちよくしてあげる」と言い、彼女のおっぱいを触り始めた所、吐息が漏れ出したのだった。その時、K美の友達夫婦も既に寄り添って二人でキスをしつつおっぱいを触っていたのだった。なので僕らはそのままエッチを始めてしまった。

K美は予想通り既にかなり濡れており僕の右手を自分のあそこに誘導してくるのだ。僕はK美を下着だけにさせてE子夫婦によく見えるようにK美を四つん這いにさせK美のあそこを触り始めたのだ。そのK美の姿がとてもエッチであった事は間違いなくE子夫婦もエッチをしながらしばしばK美の様子をちらちらと見ていた。K美はどうやらE子の旦那さんと目があう時、更なる快感を感じているようだった。そこで僕はK美に「また3Pをしてみたい?」と聞くと、気持ちよくなりながら目を輝かせて「うん、してみたい。」と言うので、E子の旦那さんが参戦することに。K美はそれまで僕が聞いた事のないようなよがり声をだして気持ちよくなっていたのだった。あそこをE子の旦那さんに舐められたり、指を入れられたりしてかなり気持ちいいらしく、何度となくK美は「ごめんね。でも気持ちいいの。上も下も気持ちいいわ。」と甘えた声で言うのであったが僕はそれに興奮して必死にK美のおっぱいを舐めるのであった。そしていよいよE子の旦那さんがK美のあそこにおちんちんを挿入した時、K美は全身を伸ばして、手も上に伸ばして至福の表情をしていた。僕はそのK美を見てK美の顔の前で自分のおちんちんを必死にしごいてしまった。

するとK美とは別の喘ぎ声が聞こえてきた。そう、E子はオナニーをしていたのだ。E子もK美と同じぐらいスタイルがよく、おっぱいも大きく僕は夢中でくらいついてしまった。そして既にびしょびしょになったあそこに指を入れると腰をぐいぐいと動かし始めるのだった。それを見ていたE子の旦那さんとK美はより一層激しいセックスをしていた。そしてK美が上になり騎乗位となって激しく下から突かれている時、K美が僕を呼ぶのである。「私におちんちんを咥えさせて」。E子の旦那さんの上で下から突かれながら立っている僕のおちんちんを舐める。そう彼女はこの状態が今までで一番すごかったエッチだったというのだ。

その後、K美とE子の旦那さんはいってしまったので、僕はE子と夢中でセックスをした。そしてそばでは二人が鑑賞していたのだ。K美が言うように僕も見られる事に興奮を覚え、K美とE子の顔を代わる代わる見ながらE子を激しく突いた。するとK美はオナニーを始めるではないか。無理もない。自分の旦那が他の女性とのセックス中なのだから。E子の旦那さんも二人の女性のいやらしい姿を見ているとまたすぐに大きくなってきたので、E子との3Pを楽しんだ。その後、朝までスワップ、3P、4Pを続けたのは言うまでもない。その後はE子夫婦と月に1度程度、エッチを楽しんでいる。これが僕達夫婦にいいように作用しているから不思議だ。

体験談関連タグ

||||||||

2014年7月14日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】カップル喫茶で【隣の芝生】

私は34才、妻は32歳の夫婦です。

妻は、他人から見れば、清楚で普通の主婦に見えるでしょうが、夜の夫婦生活は、想像も出来ないくらい淫乱な妻です。

昼と夜のギャップが激しく、それが私にとっても興奮させられます。

結婚前に付き合っていた男に、フェラを仕込まれたようで、私との初エッチの時のフェラテクニックには、正直驚きました。

妻が満足するまで、咥えた肉棒を離すことはありませんし、咥えながら興奮して、精液を一滴残らず飲み込み、顔に掛ける

ことも喜んで受けてくれます。

体験談関連タグ

||||||

2014年7月11日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】中2男の子【隣の芝生】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】大好きな嫁と友人7【鬱勃起】

達也です

元彼の先輩には案外簡単に会えました

先輩と俺と美咲との関係性としては

全員大学が一緒で俺と先輩はサークルの関係で

(同じサークルではないんですが、サークル同士でつるむ事が多かった)

大学時代は顔を合わせれば結構話はしてた方だったと思います

美咲はどちらのサークルにも属してたはなかったです

卒業後も何度か同窓会のような形で顔は合わせてました

ただ何十人というそこそこの大所帯だったので

軽い挨拶くらいしかしてなかったけど

(今思うと、美咲と結婚すると報告した時は大袈裟に驚いてた気がします)

見た目は熊みたいな人です

いかにも身体は大きくて、気は優しい頼りになる先輩って感じ

美咲は普段から華奢なタイプが好きと言っているし

実際俺も華奢な方だったので先輩と付き合ってたのは意外でした


体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】スワッピングって興味ある?【隣の芝生】

妻が「スワッピングって興味ある?」とベットの中で聞いてきた。

どう答えていいかわからないから迷っていると「友達のU子が旦那に半分騙されてしたんだって。私はあなたが他の人とするのは嫌よ、言い出さないでね」

と言われたから内心ホッしたような残念なような気持ちでいたら

「でも、奥さんだけが他の人に抱かれて、それで興奮した旦那が前よりも奥さんを愛したっていうパターンもあるんでしょ?それには興味あるわね」と話題を変えてきた。

「他の男としたいのか?」と聞くと

「それであなたが嫉妬に燃え狂ってくれるならちょっとしてみたいかも」と言い出した。

「お前が他の男のチンポ入れられるなんて考えただけでおかしくなりそうだよ」

「どうおかしくなるの?」

「そういうHP見てみるか?」

「見たい!あるの?」

「検索したら出るだろ」

知っていたけど知らぬ振りをして見せた。

「うわぁーこれって旦那以外の人としてるの?」

「たぶんな」

「エローい」


体験談関連タグ

|||||||

2014年7月2日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした4【鬱勃起】

前回、ケイスケさんの家に遊びに行ったときに、嫁のユキがマコさんと一緒に、おそろいのスケスケのランジェリー姿で僕とケイスケさんの前に姿を現し、ケイスケさんにユキのおっぱいやヘアを見られてしまいました。





だけど、怒りや嫉妬ではなく、興奮したのは紛れもない事実で、ユキを自慢したいという気持ちだけではなく、ユキが汚されるのを見たいと言う、ちょっと歪んだ願望が僕にはあるのかも知れないと思いました。





あの日から、毎日ユキはあのスケスケのランジェリーを着て、僕を喜ばせてくれます。

我慢できずに抱きついて、キスをしてセックスを始めると、

「浩くん、、 この格好で、ケイスケさんに見られちゃってごめんなさい、、、」

などと、わざわざ見られてしまったことを強調する言い方をして、僕を嫉妬させます。

「浩くんだけのおっぱいなのに、全部見られてごめんなさい、、、」

「アソコも見られちゃって、ごめんなさい、、 汚れた女でごめんなさい、、」

こんな事を言われると、嫉妬と怒りと興奮で、わけがわからなくなります。






体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月1日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】ビデオ【隣の芝生】

 こんにちは。さとると名乗らせて下さい。34歳男です。妻とはおよそ7年前に結婚しました。

当時妻は全日空のスチュワーデスで、とても美しく、乳も大きくて、32歳となった現在も、藤原紀香をもう少し優しい顔立ちにした様な、

いい女です。色白で、大きな尻が魅力的である為、セックスの時はいつも僕のチンボを咥えさせたまま尻をこちらに向けさせて最後は

口内発射で決めるまで奉仕させていました。しかし、そんな美しい妻は、一方ですごく勝気な性格で、わがままです。

仕事が忙しい僕が、3歳になる1人息子の世話をしない、といつも喧嘩となり、性交渉も一ヶ月に一回と勝手に決められてしまっています。

現在では彼女の豊満な肉体の虜の自分がセックスしてほしさに、何かと奉仕しているような現状です。情けないのですが、

僕は仮性包茎でチンボが小さいのです。妻は「くさいのよ、ちっこい包茎が!」と罵ります。

しかし、いつもは生真面目で、貞淑な妻である為、そう罵られ、虐げられても我慢してきました。

  ところが、つい先日(4月29日)、僕は妻のもう古い、かばんの奥に、不自然にビデオがあるのを発見しました。

それは去年の夏撮った妻の中学生の時の同窓会のビデオでした。そこには黒のぴっちりとしたノースリーブと、

ぴっちりとしておへそのみえそうなジーンズを着ている妻が、みんなとワイワイとお酒を飲んでいる様子が写っていました。

撮影しているのは「リョウくん」と呼ばれる男で、僕の記憶が確かなら、中学の時付き合っていた(もちろん清い仲だったそうです)

男です。僕に変な胸騒ぎが起きました。その夜は、確か午前一時過ぎに帰ってきて、ママ、と泣く息子を寝かせるのに大変だったのを

覚えています。ビデオはボーリング場へ移っていきました。撮影しているのはその男ではなく、妻ですが、

そこには妻の他に独身の女友達がひとり写っているだけで、残りはインテリとはかけ離れた、茶髪の頭悪そうな男たちが


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月27日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】酔った元恋人とのフェラチオ3P体験!!写真リンクもあり。【不倫】

美樹が17歳の頃俺は付き合っていた

10ヶ月程で別れてしまったがえっちだけの関係は続いていた

ある時俺と俺の友達、直輝と美樹で遊ぶことになりカラオケやボーリングをした

あと居酒屋で飲んだ

そしてそのまま直輝の家でまた3人で飲み直すことになった

居酒屋から結構3人共飲んでいたのにもかかわらず家でも馬鹿のように飲んでいた

そのうち俺はなんかムラムラしてきてしまい美樹にちょっかい出し始めた

最初はふざけ半分で胸を触ったりしていたのだが美樹も酔っていたためか段々感

じはじめてしまった

「直輝君いるからやめてよー」

なんて美樹は言っていたが酔っぱらってる俺は聞きもせず触っていた

俺はそのまま美樹にキスをしながら身体を触っていた

そしてキスをしながら直輝に「こいよっ」風なジェスチャーをした

酔っぱらっていた直輝も少しにやっとしていいの?みたいに口を動かすと美樹を

はさんで俺の反対側にきた


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月23日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

このページの先頭へ