相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】女だらけのレクレーション(9)【鬼畜】

「じゃあ、そろそろ罰ゲームをやりましょうか? 千夏、あれやろうよ、パンツ投げ」

「え~、ここでやっちゃうの~、でも面白そうね、キャハハ」

姉二人が、健太への罰ゲームを決めた様である。

その二人の会話を聞いて、今度は顔が青ざめてしまう健太君。

実は、普段から姉二人には、よく苛められていて、お風呂に入っている隙に籠から着替え用のパンツを奪われ、

それに怒った健太君が、已むを得ずフルチンのまま、姉二人のいるリビングまで取り返しに来たところを、

まるでからかう様に、そのパンツを丸められキャッチボールされてしまうのだ。

フルチンで、走ったりジャンプしたりしながら、パンツを取り返そうとする姿が、沙希と千夏には面白くて堪らない様である。

そんな苛めをされた事が、今までに何度もあったのだ。

「そうだ、今日は優子ちゃんも入れて、三人でやろうよ、勝者の特権という事で、ねっお姉ちゃん」

「そうね、じゃあ優子ちゃんも参加してっ、楽しいわよ、フフフ」

そして優子ちゃんに、遊び方を教える沙希と千夏。

「キャー、それ楽しそう」 と、

遊び方を聞いて嬉しそうな顔をする優子ちゃん。

「じゃあ健太、あたし達三人の中央に立ちなさい」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【レイプ】女だらけのレクレーション(3)【鬼畜】

「じゃあ、ルールを言うわね。 これからあたしが読み上げるカードを、目の前に広げられたカードの中から先に取った方が勝ち。

 負けた人は、着ている物を一枚脱いでもらいます。 お手付きもダメ、服を一枚脱いでもらいます。

 そして脱ぐ物が無くなったら、敗者決定です。 敗者には罰ゲームが待ってますので覚悟して下さい。

 それと、脱ぐのを拒んだりしたら、罰ゲームとは別にペナルティーがありますので、ちゃんとルールに従って下さいね、分かりましたか?」

沙希が、ルールを説明した後に、優子ちゃんと健太に確認を取ると

「はーい、分かりました」 と、元気良く返事をする健太に対し、優子ちゃんは不安そうな表情を浮かべる。

「優子ちゃん大丈夫? 頑張ってね」 と、沙希が優子ちゃんを励ますが、勿論これも二人の演技である。

二人の業とらしい小芝居に、笑いを押し殺している女性陣は思っていた。

何故、真理子は、この明らかに勝敗の分かる野球拳をさせようとしているのか。

それは多分、スカートめくり発言をして、あたし達を嫌な気分にさせた健太君に対するお仕置き。

あるいは、男の子のいない、あたしたち母娘へのサービス行為であるのだと。

女性陣は、そう思い、今まで少々戸惑っていた気持ちの部分を消し去ると、徐々にテンションを高めていった。

一方、何も知らない健太君は、脱がす気満々と言った表情で、目の前に座る優子ちゃんを見ている。

「じゃあ、一枚目読むわよ。 犬も歩けば~」  「はいっ」

沙希が、カルタに書かれた文章を読み上げる前に、優子ちゃんがカルタを取ったのだ。  健太君は目が点になっていた。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【人妻】1回も100回も罪は罪【隣の芝生】

初めて投稿します。

去年の秋に起こった事件を書きたいと思います。(実話の為にハードな内容ではありません。)

私、山本順(仮名)29歳と妻、由里子29歳は結婚2年半の夫婦です。

同じメーカー勤務の同期で現在も共働きです。

由里子は超難関の国立大卒の才女で経営本部の課長補佐です。

私は中堅私大卒の営業部勤務で平社員です。

入社当時から、由里子は一目置かれる存在でした。

頭脳明晰で可愛く、私には高嶺の花でしたが、4年前の本店の同期会で偶然、私の席の隣に由里子が座り由里子が好きなサッカーの話題で盛り上がりました。

ダメ元で、今度一緒に見に行かない?と誘ったところ、以外にもokの返事が返って来ました。

由里子は才女ですがガリ勉タイプではなく、おしゃれやブランド物も普通に興味のある女性でした。

初めて私服を見た時、白いミニスカートにドキッとしました。

薄いストッキング越しに見える由里子の脚が気になりサッカーの試合に集中出来なかったのを覚えてます。

その後、何度かデートを重ね付き合うようになり、結婚しました。

社内では世紀の番狂わせと言われ有名になりました。

経営本部は将来の幹部候補生が集まる部署で由里子の方が、私より出世も早く、それに比例して年収も多い状態です。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻と野球拳【隣の芝生】

私と妻は社内結婚です。この前職場の飲み会の時のこと。二次会はカラオケパブで行われましたが、ふとした流れで野球拳がはじまりました。初めは男同士で盛り上がってましたが、当然の流れかもしれませんが女子社員も参加を促されました。既に酔いが回っている女子もノリノリです。妻は完全に引いていましたが、場の雰囲気的に参加せざるを得ませんでした。男女対抗戦のはじまりです。女性は二回負けたら一枚脱ぐというハンデもあり、ブラまで見せた娘はいましたがそれ以上負けることはありませんでした。そしていよいよ妻の番。最初の一回勝っただけで6連敗。靴下とセーターとブラウスが取り上げられました。妻はブラにGパンの状態です。そして次も負けました。薄手のパンティが晒されました。陰毛が透けてみえます。10人いる男は大喜び。止めようとする私を羽交い締め。女子も酔いのためか止めもしません。さすがに妻はギブアップしましたが受け入れられず、更なるハンデをつけて貰うこととなりました。そのハンデとはジャンケン10番勝負で3回勝ったら何も脱がず、8回負けたらすべてを晒すというものでした。また、一回負けるごとにビール一気飲みという補足もつきました。結果は妻の負け。一気飲みで朦朧としていたせいか、あとは素直なものでした。すっぽんぽんコールの中でまずブラを取りました。妻はやや大きめの胸をはじめは隠していましたが、観念したように腕を降ろしました。悲しいことに乳首は完全にたってました。あと一枚コールで妻はゆっくりとパンティを降ろしました。薄いヘアが完全に晒されました。撮影タイムとなり様々なポーズを要求されました。四つん這いの姿、開脚姿、すべての穴が他人に見られました。しかも汁で濡れ濡れの状態で。極めつけはビールのせいか、おしっこをその場で漏らしてしまいました。こうして妻は夫にもみせたことのない痴態を晒しました。現在同僚には写真の削除を依頼してまわっています。ただ噂はすぐ広まってしまいました。妻は酔いがさめて現実を知って以降、ひきこもりです。

体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月14日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】父からバイブをプレゼントされた私【血縁SEX】

私の誰にも言えなかった秘密を告白させてください

私は学生です

私は、小さい時から父親に売春のようなことをしてました。

きっかけは覚えていません。けど四歳の辺りにはもう、手を出されていました

最初は裸やアレを撮られていました。けどその代わりに…欲しいものは何でも買ってもらえました。

しかし当日の私は事の重大さがわかりませんでした。そして小学校の中辺りからエスカレートしていきました

アレを舐められたり、乳首を舐められたり……そしてついには

裸で私のアレと父のアレをこすりあわせたりしました

そしてフェラをさせられたり、ファーストキスを奪われたり…

…もしかしたら父親は私が小さい時から目をつけていたのかもしれません。

表では仲の良い父と娘ですが、裏では…私と父が2人っきりの時は写真やビデオを撮ったり

恥部をこすり合わせたりしています

だから私はみんなが外で遊んでいても、父とカーテンを閉め切った部屋でやっていました

私のアレの毛は、たまに剃られて毛が生えていない時もあります

そのうち私も感じるようになってしまい、気付かれないようにしていました。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】中2男の子【隣の芝生】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】出会い系でたまたま会った部下【不倫】

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/26(火) 00:17:42.50

立てば

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/26(火) 00:18:0069

要点を聞こう、話はそれからだ

>>2

いや、スレタイのとおりなんだが



7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/26(火) 00:19:31.43

>>4

お前が喰っちゃったってオチだな

よっしゃ、とりあえずパンツは脱いだぞ

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/26(火) 0060:08.75

俺もパンツ脱いだ

>>7

ごめん、まだそこまでいってないからはいておいてくれ。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月25日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】ツイスターゲーム【隣の芝生】

もう10年も前の話になるけど、妻が僕との結婚で会社を退職したときの送別会でのお話。ちなみに。僕と結婚することは会社には内緒だった。

 当時、妻は僕と同じ職場につとめていたが、部が違うため、僕は宴会には出席せず、家で帰りを待っていた。

23時頃を過ぎて、タクシーの音が聞こえたので、窓から外を見ると、ちょうど妻が降りるところで、

同僚だろうか、中に居る人間に手を振ってお休みの挨拶をしているようだった。

ところが、部屋に帰ってきた彼女に、「遅かったね。タクシーで帰ったの?」と聞くと、「ううん、酔い覚ましに歩いて」

という答えが返ってきた。嘘をついてるわけだが、婚約中といううこともあり、たいして気にもならず、今にして思えば、どこか乱れた感じのするグレーのスカートスーツも意識の外だった。

 そんなこんなで、妻は退職し、めでたく僕と結婚したんだけど、3ヶ月くらいたったころ、例の送別会に出席してた

女の子から結構刺激的な話を聞かされた。

 送別会は、最初、大人しかったものの、酒が入るにつれて、言動がエスカレートし、妻を好きだったらしい男と

妻の間で、ツイスターゲームが始まったらしい(どうやら最初からしくまれてたらしい)。勿論、妻は嫌がる様子だったが、

酒に弱いことに加えて最後といううこともあって、恥じらいながらもゲームを受け入れたそうだ。(ちなみに職場はおとこばかり、女性は妻とこの話をしてくれた女の子だけ)ゲームは結構過激的で、体のあちこちを密着させるように工夫されてたとか。

ちなみに宴会は、夜8時には終わって二次会はなく・・・じゃ11時すぎまでなにしてたのかって話。

嫉妬に火がついた僕は、かといって妻を問い詰めるようなことも出来ず、浮気の証拠でもないかと思って、妻が実家に戻った

週末、クローゼットの中を捜索してた。浮気の証拠等出てくるはずもなかったけど、奥のほうにあった化粧箱の底から、あるものを見つけた。茶色い分厚い封筒。妙にドキドキしながら中を開けてみると・・・

 ライトグレーのスーツ姿の妻・・・少し頬をそめて、照れたような笑いをしながら、僕の知らない男と、ツイスターに興じる


体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月8日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】従兄弟に触られ【不倫】

私が小学6年の夏休みに、

父方の祖母が亡くなりました。

祖父母の家は田舎で、

店なども少ないところでした。

なので、長女家族(叔母家族)、

長男家族(うち)、次女家族(伯母家族)、

全てが祖父母宅に数日間宿泊しました。

叔母には、私の2つ上の長男Hと、

私と同い年の長女Rがいます。

Rは性への関心があったらしく、

二人きりになったときに

「ねぇ、A(私)ってさぁ、

大人になったら男の人と

エッチしたいと思う?

気持ち良いらしいけどさぁ、


体験談関連タグ

|||||||

2014年5月18日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】上司が無理矢理【不倫】

26歳の会社員です。私は,結婚していて夫がいます。でも,いつも,男の人たちは,私が結婚していることを知っていて誘おうとします。「人妻」というのは,一つのブランドなのですか?男の人たちは,若い子が好きだと思っていましたが,「人妻」というのは後腐れなく遊べるという,そんな気楽さの対象なのですか?

私は,上司に犯されました。部長は,私が結婚しているのを知っていて,私に関係を迫り,犯したのです。

私は,仕事で新しいプランを提出することになっていました。自分が中心になるのは初めてで不安だらけだったときに,その隙をつかれたのです。わらにもすがる思いだった私は,「相談に乗る」という声に,疑いもなく出かけ,そして犯されてしまいました。最初は,きちんと仕事の話をしていたのです。でも,部長は必要以上に私の身体に触れだんだん妙な動きをするようになりました。そのイヤらしい動きに,私が堪えきれなくなって立ち上がってお茶をいれようとしたとき,私は後ろから抱きすくめられていました。

私は悲鳴を上げました。でも,抵抗しようにも腕も動かせず,身体をねじろうと暴れてみても部長の腕に私の身体はしっかりと抱きしめられていました。そして部長は,「仕事,上手くいきたいんだろ。絶対上手くいくようにしてやるぞ」と言ったのです。

「俺の力がいるな。この書類を完璧にして,口添えしてやってもいいんだぞ」私は,その言葉の意味を理解したとき,一瞬迷ってしまったのです。どうしよう・・・こんなのいやっ・・でも・・・私は,本気で抵抗することが出来なくなっていました。見透かしたように,部長は私の耳を舐め始めました。手は服の中に入ってきて,ブラの上から胸を揉み始めました。

気持ち悪い・・・私は総毛立つ思いでした。ひたすら嫌悪感に堪えるのに懸命でした。部長の手が,身体中を這い回りました。首の周り,胸,脚・・・その間,部長の舌は私の耳や首をなぶり続け,私はジットリと汗ばんでいました。服を脱がされ,ブラのカップを剥かれました。とうとう露出させられた私の乳首。あぁ・・・見られてしまった・・そうショックになったのもつかの間,部長の口に乳首を含まれていました。口の中で,乳首の先にチロチロと舌が這い回るのが分かりました。

「んんぅっ!いやっ,いやっ!」叫んで,部長の顔を両手で引き剥がそうとしましたが,私の背中にまで手を回して,強く抱きしめられてしまうと,どうしようもありません。抱きしめられて,胸を舐められるがままになるしかありませんでした。私は・・・乳首がとても弱いのです。自分が弱いと分かっているところを,長い時間愛撫され続けるのは,この場合とても残酷でした。私は,濡れてきていました。左右の胸に,代わる代わる舌が巻き付いてきます。舌が乳首の周辺を這い回り,頂上の部分を突つかれ,唇で吸われると,アソコがジーンとしてくるのです。今まで,夫で覚えた性感が恨めしくなりました。

舌に乳首を転がされると,身体がピクンと反応してしまいます。身体に刺激を受けて,Hな気分が少しずつ,無理矢理高められていくのです。「あっあっ,ああぁっ」いつの間にか,イヤらしい声が出ていました。部長の手が,スカートの中に入ってきて,指をショーツの上からアソコに押しつけました。「いやっ!やめてっ!」身体をひねって抵抗しようとしましたが,指は簡単にアソコの溝の部分を探りつけ,グネグネと動いてきました。ヌチュッという音がしました。

「濡れているぞ。ユミ。そんなにイイのか」勝ち誇ったように私の顔をのぞき込んで,更にアソコをなぶってきます。ショーツの中に手が入ってきました。一瞬,私は身震いしました。ゾクゾクッとしたものが,身体に伝わってきたのです。

あぁっ・・だめっ・・感じてしまうっ・・身体をこわばらせて,感じないように頑張るのですが,部長の指はそんな私をあざ笑うかのように感じるポイントをソフトに探り,刺激してくるのです。私の,アソコの肉をかき分けて指は動き,かきまぜ,出し入れし,小刻みに震わせ,私の性感をいとも簡単に呼び起こして,更に高みに押しやるのです。私の頑張りも,もう限界でした。私は,部長の肩を掴み,握りしめ,悶えていました。「あっ,あっ,あっ」淫らに声が漏れるのも,我慢できなくなっていました。

部長は,私からショーツを抜き去りました。「ほーら,これがユミのアソコだ」そう言って部長は,私の脚を大きく広げ,アソコにむしゃぶりついてきました。唇が強く押しつけられ,温かい舌が私の部分を割って入って来るのを感じました。何という快感。強く脚を固定され,激しく舌が私の身体の中を掻き回します。

「ああぁぁぁーっ,あ,あぁぁっ」私は,かん高く自分でも恥ずかしくなるくらいの声で喘いでいました。どんどんHな声になっていくのが止められませんでした。部長の舌は敏感な部分をも探り当て,そこを押しつぶし,吸い付き,私は気も狂わんばかりの声を出していました。

もう,いきそう・・・いきそう・・・いってしまう!!そう思う間もなく,私はあっという間にイッてしまいました。でも,部長はやめてくれません。私の身体を徹底して探るように,奥へ奥へと舌を伸ばして入れ込んで,中を動き回り,やはり舌を激しく出し入れするのです。

今イッたばかりというのに,私のアソコはすっかり変になっていました。私はすぐに,部長から与えられる快感の波に飲み込まれてしまっていました。頭を振り,身体を,腰をくねらせ,淫らに声を出してヨガっていました。抵抗などとうに忘れていました。舐められれば舐められるだけ,私のアソコは際限がないかのように濡れていくのです。「いいぞ。ユミ。お前の反応は最高だ」部長に恥ずかしくなることを言われ,ピチャピチャと音を立てて吸いたてられ,そうして,また強烈な感覚が襲ってきて,叫びながらイッてしまいました。

30分から1時間ほどもクンニされ続けたと思います。何度,部長の舌でイカされたかわかりません。頭はボーッとして,何も考えられず,放心状態でした。ただ,身体が時折,ピクッ,ピクッと痙攣するのを感じていました。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年4月12日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談
1 / 212

このページの先頭へ