相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】The Anal Fucker -ひと夏の経験-【危険】

前作:初犯







お久しぶりです、どうも。北村ちんです。今夜も私の話を聞いてください。





あの日を境に気が狂った私は、二丁目のハッテン場に忍び込んでは、力任せに男を襲って食い散らかし始めたのでした。



最初はやりたい放題でした。

ハッテン場の連中も公然猥褻という負い目があります。簡単に警察には言えません。

ところが数カ月もたつと、チラホラ警察に逃げ込む者が出てきて、そればかりか私の噂が新宿中のゲイの間で飛び交うようになり、ハッテン場のほとんどは壊滅状態になっていったのでした。



そして、私はこう呼ばれるようになったのです。




体験談関連タグ

||

2015年8月18日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】童貞に風俗行けとか言う奴は何なの?【感動】

高齢童貞にとってS○Xはもはやそんなに軽いものじゃないんだよ!



<>1名前:名無しさん@涙目です。(大阪府)[]:2011/03/28(月)20:29:53.07ID:uyxEJfNY0●?2BP<>(6566)

結婚しているフリをしていた童貞男 初体験時に震える



 マキは恋愛問題に詳しいカウンセラー。

メールで女性の恋愛相談に応じているうち、

いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるように。

今回紹介するのは26歳・アルバイトの女性からの告白だ。



 バイト先のお客さんに口説かれたんだけど、彼の左手には指輪が。

不倫はバツだけど、あんまり「好きだ」っていうから1回だけのつもりでホテルへ。

でも様子が変。顔色も悪いし、震えてるし。「どうしたの?」って聞くと「実は初めてなんだ」って。

誘ってきたクセに童貞だったの。




体験談関連タグ

||||||||||||

2015年8月17日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】3年前の明日(完全版+後日談)【感動】

3年前の明日



の、後日談を含む完全版。



——

857:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金)15:48:49

3年前の明日、嫁が外出先から帰ってこなくなった。









信号無視の車にはね飛ばされてさ、

12時に外出して、次に会ったのは午後4時。病院で。

でも、あれ、本当に嫁だったのかなあ。

包帯でぐるぐる巻きになって、顔見えなかったし、よく分からなかった。


体験談関連タグ

||

2015年8月10日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】可愛い女子大生の汗だくセックス 【鬱勃起】

自ら秘裂の柔肉を開き挿入を待つ果歩。



早く入れてと言わんばかりに、膣口からは涎が垂れていた。



富田 「ハァ・・・いくぞ・・・」



富田は屈曲位の体勢で、腰を前に進めた。



粘液で淫らに濡れ光る肉棒は、一段と激しく勃起していたが、もはや挿入に手間どることはなかった。



グチュゥ・・・・



果歩 「ァ・・・ハァァア・・・」



眉間にシワを寄せ、たまらなく気持ち良さそう表情をする果歩。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年7月29日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】23歳の彼女が温泉旅館で巨根のオヤジに寝取られる 全文 【鬱勃起】

これは去年の秋に彼女と行った温泉旅行での出来事です。

オレは鉄鋼所に勤めてる28歳で

オレの彼女はそこの事務をやってるOLで歳は23。

名前は仮名ですが「かおり」としておきます。

うちの会社の事務員は色気のないおばさんと

普通の主婦だがパソコンができるパートさんの二人だけだったんだけど

そのパートさんが旦那の転勤で退職することになり

新卒採用できたのがかおりだった。



第一印象のかおりは特別可愛いというわけでもないがブスではなく中の上だが

よく笑う娘で、人懐っこい愛嬌のある娘だった。

オレは両親が温泉好きで小さい頃からよく家族で温泉旅行に行ってたんだけど

かおりも温泉好きだということがわかりよく話があった。

そんな彼女の事を好きになるのに時間は掛からなかった。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年7月20日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】父親の歌う「トイレの神様」【感動】

久しぶりに実家に帰ったら

母親は出かけていて、父親が一人で風呂に入っていたのだが、

鼻歌を歌っているようだった。

真面目だけが取り得のような公務員の父親だから

そんなことは珍しく思い、何の歌かそっと聞き耳を立ててみた。



「ソープには〜それは〜それは綺麗な〜

女神様が〜いるんやで〜♪」



不意に目頭が熱くなり、いったん荷物を持って家を出て

コンビニで立ち読みをしてから再び家に戻り、はじめて帰ったフリをして

玄関で声をかけると、さっぱりした父がいつもの真面目くさった顔で

「おかえり。母さんは町内会の集まりで遅くなるから出前でもとるか?」

と聞いてきた。

この人の子供で良かったと思った。

体験談関連タグ

|

2015年4月20日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】彼女が援交してたwwwワロタww【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火)04:51:27.81ID:HynNplfU0<>

笑えねーよ、バカ





<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火)04:52:09.21ID:+T8qdwtt0<>

1万でって言っといて





<>9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火)04:54:44.68ID:HynNplfU0<>

発覚は携帯メールから

ワクワクメールだとよ

ホ別二万でどうですか?だってwww



死ね




体験談関連タグ

|||||||

2015年4月6日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間 【血縁SEX】

僕は高校2年生で、エスカレーターで大学も行けるので、気楽に毎日遊んでいる。

家も、そこそこ裕福で、本当になにも不満がない毎日だ。ただ、少し奥手なので、彼女はまだいない。

でも、趣味のクライミングやビリヤードをしてる方が、女の子とデートするよりも楽しいと思うので、焦ったりはしていない。



そして夏休みの今、恒例行事の家族旅行に来ている。母の弟の家族と合同で、軽井沢のロッジを借りて1週間も過ごす。

テニスをしたり、サイクリングをしたり、川で遊んだりで、けっこう楽しいイベントだ。

いつもは、僕の弟も行くのだけど、今回はゴルフ部の合宿があるみたいで、僕と両親だけだ。

母の弟家族は、一人娘の愛花ちゃんと3人だ。愛花ちゃんは、6年のはずだ。ほぼ一年ぶりなので、きっと凄く成長していると思う。



昔から一緒に遊んでいるので、従姉妹と言うよりも、兄弟みたいな感覚だ。会うのが楽しみだ。



そして、現地集合で合流すると、やっぱり愛花ちゃんは凄く成長していた。5年から6年への一年は、ビックリするくらい変化があった。





髪も伸びて、背も伸びて、愛花ちゃんが急に大人になった感じがして、少しドギマギした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年3月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】この年末、従妹の祥子とW不倫【血縁SEX】

<>304:304:2008/01/12(土)23:21:18ID:WEX6iGmY0<>

「り、離婚?・・?バカか、おまえ。」

俺はバーミヤンの回鍋肉を堪能しながら、祥子(しょうこ・二つ年上のいとこ)に言ったんだよ。

少し酒も入っていたからか?周りの客の視線が痛かった。

祥子はそれを気にしながら、俺の右手を触ってきた。俺は左利きだから、空いている右手を触ってきた。

どうやら旦那が会社の女と不倫しているらしい。

俺は旦那を怒りたかった。羨ましいぞ、という感情も含めて。

祥子は結婚前まで、あるチラシのモデルをしていて、

実は俺、そのチラシでいろいろお世話になっていた。

たぶん祥子も知っているはず。

で、メシを食い終わって午後10時過ぎ、祥子の軽自動車でウラトコバイパスを所沢方面へ。

途中から旧道へ。



<>307:304:2008/01/13(日)18:57:44ID:Ppkuzy4D0<>

旧道へ入ってから、しばらく走るとラブホ。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年3月19日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】中3の妹と…【血縁SEX】

今から5年ほど前の俺が高校2年で妹が中学3年の時の話、俺達は夕食後リビングでテレビを見ていた。

UFOだの超能力だのと、眉つばモノ番組だったが、ついつい見いってしまい、キッチンで片付けをしていた母親が「ちょっと!早くお風呂入ってよっ!」と怒鳴り始めていたので、「俺後でいいからレイナ先入れよ」とテレビ画面を見つめたまま言うと「私も後でいいから、お兄ちゃん先にどうぞ」と二人で入浴を押し付けていた。

すると「どっちが先でもいいか早く入ってよ~片付かないでしょー…なんなら一緒に入ってくれれば早く片付くんだけど」と言っていた母親の言葉も右耳から左耳へ通過していた。

キッチンから片付けの音が聞こえなくなったと思ったら、いきなりテレビの前に仁王立ちし鬼の形相並みに俺達を睨みつけて来た。

こうなるとヤバイ事を知っている俺達はとたんに「お、お兄ちゃん、お風呂入ろう!」「そ、そうだな!」と逃げる様に浴室へ向かった。

洗面所兼、脱衣所の扉を閉めて二人でホッと胸を撫で下ろし一息ついた。

そして、「レイナ先入っちゃえよ、俺は一旦部屋に戻るから」と言って、扉を開けると、そこには仁王立ちの母親が睨みを利かせて立っていた。

俺は慌てて扉を閉めて「ダメだっ!かあさんが見張ってる…」と言うと「じゃあ、入るしかないね」と妹が冷静に答えるので、まさか高2にもなって中3の妹と一緒に風呂に入るとは思わなく、なんか照れくさい様な恥ずかしい様な感じで、戸惑っていると妹は淡々と服を脱ぎ、あっと言う間に下着姿になってしまった。

その姿を呆然と見つめていると、「入らないの?」と声を掛けられ、はっ!とした俺は「あ、ああ…入るか…」と出来るだけ妹を見ない様に服を脱いだ。

早々と裸になった妹は浴室の扉を開けて中に入っていった。その後を追う様に俺も入り扉を閉めた。

妹はシャワーノズルを片手にしゃがみこみ、お湯の温度を調整していた。

丁度良い湯加減になったのを確認すると、スッと立ち上がり俺に湯加減を確かめる様に促して来たので確認し丁度良い事を伝えた。

すると俺の身体にシャワーの湯を浴びせて来て「洗ってあげるよ」と言うので何か恥ずかしかった俺は「さ、先にレイナの身体を洗ってやるよっ!」と半ば強引にシャワーノズルを奪い取るとレイナの身体を濡らした。

そしてスポンジを手に取りボディーソープを含ませ泡立てると、まずは背中から洗い、両腕、脇の下、脇腹、尻、両脚と下がって行き、最後残った前面部分の首から下を洗う為、レイナの右側に立ち、左腕をレイナの右脇の下を通し背中を押さえる形で洗い始めた。

そして意外にも大きく育ったオッパイを見て「レイナ随分大きくなったなぁ♪」と言いながらスポンジでオッパイの外側から中心に向かって円を描く様に洗った。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 3112345...102030...最後 »

このページの先頭へ