相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】限界集落の須田君【血縁SEX】

須田浩二君のこと覚えてるかしら。

なおぼんの拙著「限界集落」でいい目をした大学院生ですね。

須田君が、農家の安井さん宅に住み込んで、お仕事を手伝いながら修士論文を仕上げたらしいの。

安井佳代さんが、お母さんのあやのさんと二人で田んぼと畑をきりもりしてるの。

娘さんの雅美さんがいるんだけど、神戸の大学に行っててそこにはいないんだって。でもね、お母さん、雅美さんと須田君を娶せたらしいのよ。

須田君が娘婿になって農業を継いでくれたら安井家は安泰よね。

須田君もそのことはわかってるから、大いに乗り気でさ、雅美さんと意気投合しちゃったってわけ。あたしの悪友の谷口氏の言った通り「親子丼」になったんだ。

昨日、須田君が婚約の知らせを持ってあたしたちのたまり場「あかべこ」にやってきたんだ。

※「あかべこ」は京阪六地蔵駅前の居酒屋(?)みたいな汚い飲み屋。あたしに会いたかったらそこにおいで。「え、この子?」

彼の差し出した写真を見てあたしは、びっくり。だってKちゃんにそっくりだったから。

ま、他人の空似だろうけど。

※Kちゃんは、あたしに将棋を教えてくれてる、中三の女の子で、その代わりにお勉強をみてやっているんだ「須田君、あずみちゃんとはどうなったの?」

「別れたよ。あいつ、信州の実家に帰ったんだ」

「へえ。おっぱいの大きな子だったのに」

「ただのデブだよ」


体験談関連タグ

|||||||||||

2018年1月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【レイプ】小5夏の屈辱体験談【鬼畜】

小5の時に、Sという悪ノリの男子がいた。

事件は夏の日の照りつくプールが体育の時間で行われた。

学校にプールがないため、近くの市民プールまで歩くという非常に迷惑な授業である。しかし子供ながらプールが近づくと、嬉しい声が飛ぶ。Sも猿のようにキーキーはしゃいでいた。

プールの行く間にSは一人の女子をからかっていたのだ。行列の後ろでSと女子の痴話喧嘩が聞こえ、先生(女)も度々注意した。

男子と女子が水着に着替え、準備体操の始まる前によせばいいのにSがまた女子をからかった。

何でも、デブッチョだの、ブタだのと女子にタブーな禁句を連発した。

頭にきたのか、その女子が反撃したのだ!まず、いきなりSの海パンをずり下ろし、「キャハハハ!丸見え!」と全クラスの女子に男の見られてはならないモノをオープンさせたのだ。

顔を真っ赤に猿のようになり、Sは恥ずかしさとプライドと「何すんだ!デブ!」と急いで海パンを戻そうとしゃがんだら第二の反撃が始まった。その女子にドンと突き落とされ、尻の穴とおちんちんが、見えてしまい奈落のプールへと沈んだ。海パンは、その女子が、自分の水着の中へ隠してしまいSは、泣きながら先生(女)に助けを求めその女子から海パンを返してもらったのでした。とんだ屈辱の体験談の話でした。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2018年1月3日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【近親相姦】義姉とスリルを求めて【血縁SEX】

俺36歳 嫁K34歳 結婚11年 子供無し

義姉ゆか35歳 旦那36歳 子供3人俺とゆかは俺が19歳ぐらいの時から顔見知りで、嫁と知り合って付き合うようになって姉がゆかであると知って驚いた。ゆかは身長150半ばで巨乳Fカップ(知り合った頃はもっとデカかったと思う)ややポチャ(デブではない)嫁は身長160後半胸はCカップ 痩せ型顔は姉妹とも純日本人だがハーフ系の顔立ちでキレイだ。ゆかと初めて関係を持ったのはゆかの長男Hが1歳になった頃、嫁の実家(ゆかの実家でもある)で俺、ゆか、Hのが3人だけで過ごす機会があった時、タンクトップにハーフパンツ姿のゆかの胸チラを覗いてるのがバレて、気まずくなるかと思いきや、顔を赤らめはにかみながら、ホレホレ~とかいいながらわざと胸元を見せ付けて来た。ゆかはふざけているつもりだったろうけど俺は我慢できずタンクトップの胸元に手を突っ込み、どれどれ?!とブラの上から巨乳を揉んだ。最初はゆかも軽く抵抗したがブラをずらし生乳首をいじったりしているうちに抵抗しなくなった。リビングではさすがにまずいので2階の部屋に移動しお互い裸になり体をまさぐり合った。乳首を舐められながらのパイズリはイキそうなくらいヤバかった。ゴムは無かったのでお互い気にせず生で正常位挿入、ゆかは奥をグリグリやられるのが好きらしく潮をふきながらいった。騎乗位、バックとそれぞれの体位で1回ずついかせ最後はまた正常位で突きまくって俺がイキそうと伝えるとゆかは俺にキツく抱きつきディープキス、更に腰をクネクネ動かしたきてたまらずそのままゆかの子宮の奥に中出し。ゆかも体をピクピクさせてエロい顔でイッていた。さすがにその日は誰か帰って来るとまずいので普通に過ごしたがその日から嫁とゆかの旦那の隙を見てはヤバい事をしまくっている。嫁の実家でが多いが隠れてキスはもちろん、みんなでテレビを観ながらコタツの中で手マン手コキ、夜中にトイレでフェラ、声を押し殺して立ちバックでセックス、など。ちなみに初めて関係を持ってから2人目の子供ができるまでほとんど中出しだったので2人目の子供は俺の子だ。ちなみに3人目の子供はゆか曰わくはっきりとは断定は出来ないけど多分旦那の子らしい。今では俺もゆかもバレそうなスリリングな環境でのセックスじゃないと快感を得られなくなっていて、俺の嫁やゆかの旦那の寝ている同じ部屋での中出しセックスにハマっている。いつかバレそうだし、ゆかの4人目の子供が出来そうだがこの快感は止められそうにない。 

体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2017年12月28日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】従姉妹にやられました【血縁SEX】

小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。

家には、小学6年の従姉妹のミキしかいませんでした。

すぐに帰るつもりでしたが、ミキがちょっと上がってと言うのでお邪魔しました。ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。

ミキは僕の短めのショート半ズボンから出た脚を見ながら

「半ズボンがむかつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがむかつく」というのです。

「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。

ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段は脚を出す事はありません。

その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はちきれそうで僕よりかなり太い事は確かでした。

ミキは怒って

「自慢な訳、私をからかいたくて半ズボン

はいてんの、男が脚が綺麗でうれしい、それより体、貧弱なんじゃないのそんな脚してるし」

と言ってきました。

「確かに僕細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら

「自覚した方がいいよ、させてあげる、私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ勝負する事になりました。

ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】童貞に風俗行けとか言う奴は何なの?【感動】

高齢童貞にとってS○Xはもはやそんなに軽いものじゃないんだよ!



<>1名前:名無しさん@涙目です。(大阪府)[]:2011/03/28(月)20:29:53.07ID:uyxEJfNY0●?2BP<>(6566)

結婚しているフリをしていた童貞男 初体験時に震える



 マキは恋愛問題に詳しいカウンセラー。

メールで女性の恋愛相談に応じているうち、

いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるように。

今回紹介するのは26歳・アルバイトの女性からの告白だ。



 バイト先のお客さんに口説かれたんだけど、彼の左手には指輪が。

不倫はバツだけど、あんまり「好きだ」っていうから1回だけのつもりでホテルへ。

でも様子が変。顔色も悪いし、震えてるし。「どうしたの?」って聞くと「実は初めてなんだ」って。

誘ってきたクセに童貞だったの。




体験談関連タグ

||||||||||||

2015年8月17日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】ぷるーんじゅーす【感動】

330:(‘A):04/03/2710:19

おい リアルでなけるぞ。俺は今泣きながら書いてるけどよ。

明日彼女の誕生日だからプレゼントを買ったのよ。給料ちまちまためてよ。

ついでにプロポーズしようと思ってよ。指輪を買ったんだよ。

17万(税抜き)もしたんだ。俺にしたら大金さ。

で、さっき「天気いいから景色いいところにいきたい」と呼び出されてな。



「好きな人ができたから別れてほしいの。ごめんなさい」



俺の聞き間違いか?俺はついに幻聴までも聞こえるようになってしまったのか?

俺は冷静に判断して、頭沸騰するほど一瞬で考えてこう言ったよ。



「そんなことでいちいち呼び出すんじゃねーよ。

ちょうど俺も別れたかったからお前から言ってくれてすっきりしたよ。

お前知らなかっただろうけど俺今まですげー浮気しててよ、いろんな奴と出会ったよ。


体験談関連タグ

||||||

2015年8月9日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】デブな旦那をもつ 嫁の本音【感動】

<>622可愛い奥様sage2011/10/20(木)17:02:59.02ID:xki9Fb9g0<>

祖父母が農業をやってるので手伝いに行くんだけど、旦那を初めて連れてった

もちろん手伝わせるためだけど、全然嫌とも言わずに黙々とやってくれた

あと、脱穀した米を入れる袋って30kgぐらいあるんだけど、ひょいっと持ってトラックまで運んでくれた

なんか自分がバカみたいだけど、気は優しくて力持ちってめちゃくちゃかっこいいとか思って一人でにやにやしてしまった



ムーミンみたいな体型だし、世間でいうイケメンじゃないけど

かっこいいしプニプニしてて好きなんだー



<>623可愛い奥様sage2011/10/20(木)17:52:42.18ID:QewfJ7a00<>

うちの旦那様もぷにぷn……よりももっとすごいw

毎晩寝る前にお布団の中で腕枕抱っこしてくれるけど

くっついてると胸の肉で鼻と口が塞がって呼吸が……っw

それでも懲りずに毎晩抱っこしてもらってます

癒されるー


体験談関連タグ

|

2015年7月21日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】職場の女が【危険】

<>599名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]投稿日:2011/07/12(火)10:37:47.68ID:AKjbpzX9<>

職場のデブス女が、女性陣から大人気のイケメンと付き合いだした。

最初にデブス本人から聞いた時は「嫌われすぎて痛い妄想するようになっちゃったんだなー、可哀想に」

と思ったけど、二人で手を繋いでデートしていたのをみんなが目撃し、本当のことだったと判明。

当然、どういうことだとデブス女に女性陣全員で問い詰めた。

イケメンさんが同情して付き合ってあげてるのかと思ったら、なんとデブス女の方から告白してOKをもらったらしい

ふざけんな!おこがましいことしてんじゃねえ!とみんなで責め立て、最初は「別れたくない」「彼は私のことを本気で好きだと言ってくれてる」

と気持ち悪い顔と声で泣きじゃくってたデブス女を諦めさせ、別れを切り出させた。

同僚の一人が「あんたのせいでイケメンさんは、自分自身の価値も、自分にふさわしい女も知らずに死ぬことになるかもしれないんだよ!」

と言った後に黙りこくったから、相当その言葉が効いたみたい。

今、イケメンさんは会社で評判の美人さんと付き合っててみんなホッとしてるけど、一時はどうなることかと思ったよ……

イケメンさんは体に障害があって自分に自信がないからって、デブスがその弱みにつけこみ、堂々と告白して付き合ってたのが本当に神経わからなかった。

そして、デブスが未だに会社に居続けてるのも神経わからん!

体験談関連タグ

|||

2015年7月17日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】美形は喪の人生逆転のための道具じゃない【感動】

喪男・喪女に好かれて鬱な地味系イケメン・美人



<>1:マジレスさん:2011/03/07(月)18:33:12.31ID:e/mozbw4<>

喪男・喪女は派手なイケメン・美人には「どうせ相手にされない」と敬遠するが

地味系のイケメン・美人には「この子ならいけるかも!」と思い込み、図々しく近寄って来る。

そんな被害に逢ってる地味系イケメン・美人が愚痴るスレです。



<>4:マジレスさん:2011/03/08(火)03:23:41.91ID:5eE86HHc<>

ちょっとわかる

自分に自信が無いからナメられるんだよな



<>8:マジレスさん:2011/03/08(火)14:06:35.43ID:+Gnlt3GE<>

俺もめんどくさそうな女子に好かれる

ちょっと構うと調子に乗って

ちょっとスルーしただけで喚いてくる


体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月24日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】木嶋佳苗 死刑【危険】

<>852:名無しさん@12周年:2012/04/13(金)13:43:00.28ID:4sXL1a+F0<>

木嶋佳苗はお前らの大幅劣化版みたいな奴にもすごく優しかったんだぞ?





・東京都千代田区の持ちビルで母・兄と3人暮らし

・肩書きは「不動産管理会社社員」だが、親が作った同族企業に所属しているだけで勤務実態無し

・家族全員、ほとんど働かなくても不動産の家賃収入で暮らしていける環境

・趣味はプラモデル

・植毛手術をうけていた

・池袋のファッションヘルスに通っていた

・結婚相談所で女性と会っていたが、説教をするので誰ともうまくいかなかった

・結婚相談所がうまくいかないので出会い系サイトで婚活を始め、木嶋容疑者と出会った

・出会い系サイトについて、木嶋容疑者とのデートについてなど、なんでも77歳の母に相談していた

・服装に関心が無く、77歳の母にすすめられてデート服を買っていた

・鞄を持たず、紙袋を使用していた


体験談関連タグ

|||||

2015年6月6日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 2712345...1020...最後 »

このページの先頭へ