相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】合コンに行った彼女が巨根3人にまわされる 【鬱勃起】

自分には付き合って半年の彼女がいます。名前は純子といい、27歳です。イメージし易いように身体のサイズを書きますと、163cm48kg、胸はEカップでむっちりした体型ですがスタイルもよく、まあまあ美人な方だと思います。



純子とは知人の紹介で知り合って、割と早く意気投合してすぐに付き合いました。最初のデートでセックスをして、それ以来毎週のようにお互いの部屋を行き来していました。



ある金曜日の夜、純子から友達と飲むから今日は会えないと連絡がありました。自分は暇になったので自分の部屋で1人で過ごしていると、22時を過ぎた頃に友人から電話がありました。



「おー久しぶり、おまえ今何してる?」

「別に何もしてないよ、そっちこそどうした?」

「おれ今○○で飲んでるんだけどさ、おまえの彼女純子ちゃんだっけ?合コンみたいなことしてるぞ」

「え!?マジ?」

「マジマジ、おれ相手の男連中知ってるけど結構遊んでるって有名な奴らだぞ。おまえ合コンしてること知ってるの?」

「全然知らないよ」

「相手の男達◇◇会社のサッカー部で、しょっちゅうヤリコンとかしてる奴らだよ。純子ちゃん達絶対狙われるぞ」

「マジで?何人で飲んでる?」

「3対3、6人だね、純子ちゃん結構酔っ払ってるぞ、楽しそうに笑ってるし。おれもう店出ちゃうからおまえ何とかしろよ」


体験談関連タグ

||||||

2014年11月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】姉との体験【血縁SEX】

明日俺は実家に帰るから、よければ姉とやれる。

今回は、生理じゃないから、いろいろとできそうだな。

もしできたら書く。

帰省してかえってきて、落ち着いたので書こうと思います。

姉との関係は、小さいころから喧嘩もあまりしたことがなく、ものすごく仲がいい。

普通に一緒に買い物したり、デートしたりなどなどいろいろしていて、兄弟は仲が悪いというのは俺と姉にはあてはまらない。

普通に休みの日とか、部屋に遊びに行けそうになると、喜んで行くほどで今年に入ってから何度か遊びに行っている。

帰ったら、夜は必ずやっている。たまに生理のときがあり、必ずというわけではないけれども、できるときはやっている。

体をあわせるまでになったのは、姉が言うには、「○○(俺の名前)くんと一緒にいるのが一番楽しいし、話はとぎれないし

今までで付き合った彼氏なんかよりも、何倍もいい」という。俺も姉のことが大好きだ。

俺は「○○が姉でよかった。頭もいいし、優しいし、綺麗だし、本当に才色兼備で、お嬢様学校の生徒会長みたい」

といっったら、姉はものすごく嬉しそうな表情を浮かべた。

そのような言葉を軽く挨拶みたいに、いつも交わしていると、俺が中学生だったときもあり、Hな話をいつもするようになった。

俺は女性の体がどうなっているのかが気になってしょうがなかった。

そのうち、胸もさわったり、なめたり、いろいろとエスカレートしていった。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月11日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】日本一の投手ダルビッシュ(でも負け組)【感動】

ダルビッシュと紗栄子が復縁?5時間の及ぶ密会とデート!



離婚は避けれないと報道されていたふたり。

離婚が避けれない理由は、紗栄子が栄養管理をした料理などを作らず、プロ野球選手の妻として失格のため。

一方の紗栄子も、ダルビッシュの女性関係に不満をもっていると報じられました。

離婚が決まらない理由は、紗栄子が要求している常識範囲外の高すぎる慰謝料。

そんなふたりがついに、ふたりきりで密会をして話し合ったようです。

密会でお互いの気持ちのすれ違いが解消されたのでしょうか?

仲良くふたりでショッピング姿が目撃され復縁? → 紗栄子の噂



以下引用

6月中旬の六本木ヒルズで一組のカップルがショッピングを楽しんでいた。

あるファッションブランド店での話

「ねぇ、これいいんじゃない?」と彼が黒いチュニックを指せば「あ、かわいい!これにする!」と無邪気な笑い。

次々に彼女がお気に入りを見つけていくのを。彼は満足げに見つめていた。


体験談関連タグ

|

2014年11月10日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】風呂に入ったことがきっかけで・4【血縁SEX】

姉との関係は半年後くらいに、一度舐めて欲しいと言われたくらい。

バイブは壊れて捨てたらしい。

お互いにイカせて終わり。

そんな関係が、2年は続く。

しかし、姉から自分の気持ちと将来のことを本気に考えた時、結婚を考えて付き合うか普通の姉弟に戻るか相談された。

就職して気付いたが、なかなか女性と出会える機会がない。

今後、姉ほど理解し合える人が現れるかどうか自信はなかった。

それは姉と同じだった。



ある休みの日、話があると両親と居間で話した。

報告すると、驚きと喜びの中に少しだけ複雑さが混ざっていた気がする。

特に父はかなり黙っていた。

その日の夜に、翌週に正装して挨拶するよう言われた。

固い人なのは知っていたので快諾した。

いつもより会話のない、重い一週間だった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年11月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】社長が嫁との子供が欲しいらしい 2 【鬱勃起】

前コピペの続き













678:25◆W5wNclw7ro:2012/09/30(日)16:17:15.34

気持ちを落ち着けさせようと大変でした。

社長から話を聞いた後も1人で1時間ほどマックで想像を繰り返してましたし。







金曜に社長の会社に訪問に行きました。その場では嫁のことが話題に出ることもなく。

仕事をしている時はお互い真剣で。。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 バッドエンドルート2 【鬱勃起】

先輩の部屋で見せられた動画は、僕にとってあまりにも辛すぎる現実だった。

小学2年の時から、家も隣でずっと仲良しだった幼馴染みの涼子。僕は、ずっと彼女が好きだった。



優柔不断の僕は、結局彼女に気持ちを伝えることが出来ず、涼子は栄治先輩の彼女になってしまった。

でも、あきらめきれない僕は、先輩から涼子を奪おうと思った。





そんなある日、先輩に見せられた動画は、僕の心を折ってしまった。



「続き? あるよ。再生するか?」

先輩は、ニヤニヤしながら言う。

「お願いします……」

僕が言うと同時に、先輩の母親が帰ってきてしまった。



「悪いな。コレ、貸してやるよ。ネットにアップするなよなw」


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】姉に惚れられてしまったんだが【血縁SEX】

姉に惚れられてしまった。



大好きだった彼氏に浮気された上に、相手の女に彼氏を寝取られた姉

姉は仲間由紀恵似の美人で今時珍しくクソ真面目で一途な感じ

自慢の姉なだけに可愛そうで、弟としてちょっとした悪戯心とサプライズの気持ちで

慰めるパーティーをしたんだよね



姉が居ない間に俺の部屋を掃除して飾り付けして

ケーキを買ってきてさプレゼントも用意したりして

変な気持ちは一切無いの本当、照れ隠しというかね

振られた姉を茶化してすこし元気をつけて欲しかったからさ



初恋の相手は姉だったけどソレは小学生低学年の時の話しだし

女性として性的に意識した事は一切無い

実際下着姿とかで歩かれると微妙な感じさえするしね


体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉「結婚しよう!」 俺「……【血縁SEX】

143:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/14(水)17:04:16.94

俺「やっぱり、俺はここの子供じゃなかったのか……」

姉「結婚しよう!」

俺「……(;゚Д゚)」

姉「子供つくろう!」

俺「……(;◎Д◎)」



今までの人生で一番混乱した日だった。懐かしい。



144:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/14(水)17:06:20.45

>>143

もっとkwskしてくださいお願いします



145:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/14(水)17:26:31.73

俺はヘルスの従業員


体験談関連タグ

|||||||

2014年11月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。【感動】

【重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。】2010年3月10日0:02



特定防止のため、曖昧な内容になることはご容赦ください。



30代半ばのサラリーマンです。

妻は30歳前後、結婚数年目、子供はいません。



最近、体の不調を感じ検査したところ、ある進行性の疾患に冒されていることが分かりました。

徐々に身体の機能が失われていき、発病から数年、遅くとも10年で死に至ります。

今の医学では、延命はできても、治癒は不可能です。



これが癌のように治癒の可能性があり、だめな場合は2〜3年以内で死に至る病気の場合は、妻に看取って貰いたいなという気があるのですが、私の病気の場合はそれを望んではいけないように思います。

もし、私が10年生き延びてしまったら、妻は再婚は困難になり出産はできなくなるからです。

妻はかなり美人なので今なら再婚相手には困らないでしょう。

ですので、今のうちに離婚した方が妻のためだと思います。


体験談関連タグ

|||||||

2014年11月3日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】千夏との思い出…その1【血縁SEX】

一昨年の夏休みの事、俺はバイト先の慶子ちゃんをリゾートホテルのプールへ誘おうと必死で稼いだバイト代を注ぎ込んで、某旅行会社のネット販売の格安チケットを購入した。格安とはいえリゾートホテルの宿泊チケット二人合わせて5万円程…慶子ちゃんとは友達以上、恋人未満な関係で、2人だけでデートはするものの、キスすらしたことなく、せいぜい手を繋いで歩くくらいで、それ以上の関係にはなってなく、それは俺がはっきり慶子ちゃんに告白していないのが原因であるのが分かっていた。だからこそ、勇気を振り絞って告白して、リゾートホテルのプールへ誘うつもりだった…が、彼女の予定も聞かず、期間限定特別料金、早い者勝ち!の文字に気持ちが先走り、ホテルのチケットを購入してしまったのが運の尽き…告白は成功したものの、ホテルでの宿泊は断られてしまった…だが、単に嫌だったからではなく、どうしてもその日だけは空けられない大事な家族との約束があったからだ。だから、慶子ちゃんは本当に申し訳なさそうに何度も誤っていた。そして、この埋め合わせは必ずすると約束までしてくれた程だ。

まぁ、晴れて恋人同士になれただけでもOK!だったかな…それにキスもしたし♪

でもなぁ…この宿泊チケットを無駄にしてしまうのは余りにも勿体無さ過ぎる!!友人に半額でもいいからと売り込んでみたものの、全て断られてしまった…

それにもう日が無い…翌日からの二泊三日しか使用できないのだった…

そんな事を考えながら自室のベッドで、「はぁ~」とため息をついていると、突然、部屋の扉が開くと「じゃーん!見て!見て!可愛いーでしょー♪この水着~」と、高校2年の妹が騒がしく入ってきた。

黄色を基調としたワンポイントの柄の入ったビキニの水着を着て、目の前でくるっと一回りして見せる。上下共に紐で結ぶタイプのビキニの水着で、確かに可愛いと言う表現があっているようだった。

「なんだぁ、買ったんか?」そう聞くと「うんっ!お小遣い溜めて買ったのだぁ♪」と嬉しそうに答えた。が、次の瞬間「なのに、なのに…皆ってば私一人ほったらかしで彼氏と海だ!プールだ!って、『千夏も一緒に行く?』なんて、嫌味にしか聞こえない気遣いして、うん、行く!なんて言える訳ないじゃん!キィー!」と、地団駄を踏み悔しがっていた。

「そっか~千夏も泳ぎに行けないんかぁ~」「千夏も~…って、お兄ちゃんも行く予定があったの?」「ん~…予定と言うか、つもりと言うか、希望と言うか…」「はぁ~?」訳分からない顔をしている妹に説明した。「バイト先の慶子ちゃんとリゾートホテルのプールへ行きたいなって、いままで有耶無耶な関係だったのをハッキリさせようと勇気を出して告白したわけさっ!」「うん!うん♪」と興味津々に聞いてくるので「それでな、告白は成功!」「マジッ!やったぁー♪おめでとう!♪」パチパチと乾いた音をさせて拍手をする。「お、おう、サンキューな…そんでな、その勢いで、一緒にプールへ行こう泊りで…って言ったら、」『えー!ホントにぃ~!嬉しい♪行きたい!で、いつ?』「って聞くから、○日から…つまり、明日からの、二泊三日でって答えたら、その日はどうしても外せない大事な家族との約束があるって言うのさ…」最後は暗い表情たっぷりで説明を終らせた。「ふぅ~ん、そっかぁ~それで、お兄ちゃんも行きそびれた…と」ちょっと同情します。みたいな口調で言ってきた。「まぁな…」それに素っ気無い返答をした。「ねぇねぇ、そのホテルのチケットって幾らしたの?」急に慰めの言葉でも掛けてくるのかと思ったら、いきなりチケット代を聞いてきたので、「ん~?5万くらい…」正確には税込みで52,500円なんだけど、細かい事は言わなかった。すると、「えーっ!5万もしたの!?それで、どうしたのチケット?誰かにあげちゃったとか?」なんて聞いてくるから、「いや、あげはしないけど売るつもりで話したら、全て却下!いまも俺の手元にあるっちゅーわけぇ~」と答えながら、ヒラヒラとチケットを千夏に見せてやると、スッと奪い取る様に俺の手から取ると、そのチケットに書かれているホテル名を見て、「えっ!○○リゾートホテルなの!?マジっ!」

と、本気で驚いていた。「ここって超~人気のリゾートホテルじゃん!よくチケット買えたじゃん!?しかも格安でっ!凄い!」「そんなに凄いのか?」と、そのホテルがどれだけのものか知らない俺は千夏の驚きようを見て逆に驚いた。

「凄いなんてものじゃないよ~恋人と一度は行って見たいランキングでは常に上位に位置するリゾートホテルだよ~いいなぁ~私も行きたいなぁ~♪」と、チケットを握り締めウットリとした目で遠くを見つめる様に呟いた。「相手が俺でよければ一緒に行くか?」と、どうせ後は捨てるだけのチケットだから、千夏さえ良ければ連れて行っても良いと思い尋ねた。すると、「えっ!マジっ!?いいの?」「ああ、千夏さえ良ければ連れて行ってやるぞ」と、ごろ寝していたのを止め、ベッドの端に座りなおして妹に答えたら、「ヤッタァー!♪お兄ちゃん、ありがとー♪大好きぃ~♪」と、突然飛びついてきたものだから、そのままベッドに押し倒される格好になった。

それから直ぐに出掛ける支度をして、その日の夜に母親に事情を説明して2人で出掛ける事を申し出ると、あっさり許可が出た。が、その後は「羨ましいわ~」「いいわね~」「お母さんも行きたいわ~でも、仕事あるし…」と、嫌味をたっぷり聞かされたが…

翌日、10時頃家を出て電車を乗り継ぎ、途中で昼食を済ませると、13時過ぎに現地へ到着した。チェックインを済ませると、ホテルの係員が部屋まで荷物を持って案内してくれた。部屋の前まで来ると、後は自分達でやるからと帰させた。部屋は7階の西側の角部屋で扉を開けると、真っ先に妹が中へ入って行く、すると突然「えーっ!ナニこれーっ!」と、叫び声が聞こえてきた。何事かと思い、直ぐに妹の傍へ駆け寄ると「ベッドが一つじゃん…」とポカンと口を開けた状態で言ってきた。それを聞いた俺は「なんだ…」とポツリと呟いた。「お兄ちゃんのエッチィー!慶子さんと、あんな事や、そんな事や、こんな事するつもりだったんでしょ!?」とムキになって聞いてくるから「当たり前だろ!そのつもりで、このホテルのチケット買ったんだから!」と言い返すと「キャー不潔~」と自分の身を守る様に両腕を前で盾の様にガードする格好で左右に身体を振ってからかってきた。「アホかっ!」俺はちょっとキレかけて少し強い口調で言いながら持っていた荷物を乱暴に降ろした。「えへっ♪冗談だってばぁ~怒っちゃヤダぁ~♪」俺を怒らせてしまったと思ったのか、急に態度が変わり猫なで声で甘えるように俺の機嫌を伺ってきた。

まぁ、本気で怒ったわけじゃないから、「別に怒ってねーよ!」と言い、少し疲れてたので、そのベッドに横になって休んでいた。

すると千夏が、「ねっ!泳ぎ行こうよっ!♪」と、横たわっていたオレの腕を掴むと起こそうとしてきた。それにしても着替えるのが早い事に疑問に思った俺は思わず聞いてしまった。「着替えるの随分早いなぁ?」すると「だって家から着て来たから♪」と無邪気な笑顔をして、まるで小学生の様な屈託無い笑顔で答えたのを覚えている。

それから俺も水着に着替えて部屋に備え付けられたガウンを羽織りプールのある方へ向った。ここのホテルの利点は部屋からプールまで、逆にプールから部屋までを水着のまま行き来出来ることだ。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年11月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ