相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】初めて出来た彼女が非処女だったwwwwwwwwww【感動】

<>1:以下、VIPPER速報がお送りします:2011/05/17(火)22:52:55.15ID:fF5I0COW0<>





彼女は好きだ

しかし心が納得しない

お前ら、処女厨の俺を納得させてくれ









<>2:以下、VIPPER速報がお送りします:2011/05/17(火)22:53:33.28ID:h70IWUq40<>





海よりも深い寛容な心を持て




体験談関連タグ

||||||||||||

2015年3月30日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】今日の昼、義妹のオナニーを目撃した【血縁SEX】

300:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木)19:07:07.03

今日の昼、義妹のオナニーを目撃した。

でも服着てたし、俺のTシャツに顔うずめてた形跡あるし、

うちら夫婦のローター使ってるし…すげー気まずかった…



これ嫁に絶対言わないほうがいいよね???



301:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木)19:15:31.29

くわしく





302:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木)19:32:51.05

えっとね。

俺32歳。義実家に同居中〔3世帯〕。リーマン。

義理妹23歳。販売員


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月28日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹のおし●こ苦すぎワロタwwwwwwww【血縁SEX】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:16:17.58ID:vT83z+OU0<>

胃液みたいな苦さで萎えたでござる。



<>20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/11/03(土)11:22:25.96ID:XcqC86b6O<>

妹にどう頼んだ?



<>23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:23:25.23ID:vT83z+OU0<>

20

妹が俺に飲ませたがるから、いいよって。



<>38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:41:16.11ID:5uIvfU6U0<>

ウ●コも苦いよな



<>41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:43:29.29ID:vT83z+OU0<>

38


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月27日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕4 【鬱勃起】

些細なきっかけで、大切な彼女の真希が、他人に抱かれるのを見たくて仕方なくなってしまった。そして、ネットで単独男性を探し、僕よりルックスが劣る土方さんを選んだ。

自分より劣る人間に、どこに出しても恥ずかしくない自慢の真希を抱かせて、優越感を感じる予定だった。



でも、土方さんはすべてにおいて僕なんかでは太刀打ちが出来ないほどの完璧な男だった。ルックスだけなら僕の方が少し上かもしれないが、それも今となっては思い過ごしに思える。





#8212;#8212;真希は、自分の意思で土方さんの精液を膣中で受けとめた。

「真希ちゃん、最高に気持ち良かったよ。でも、平気だったの?」

土方さんはそんな事を言うが、口調も表情も冷静そのものだ。



『多分、大丈夫です』

真希はそう言いながらも、少し自信がなさそうだ。本当に大丈夫なのかな?と、僕はかなり不安を感じる。真希が、僕の馬鹿な欲望のために妊娠してしまったら、いったいどう責任を取ればいいのか……。



「大丈夫だよ。私はパイプカットしてるから」

土方さんは、少し微笑みながら言う。パイプカットとか、ネットとかではよく見るワードだが、実際にやっている人を見たことがなかったので、結構驚いた。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年3月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】都市伝説の真実【危険】

高校の同級生にKって奴がいた。



俺とKはオカルトや都市伝説好きで

意気投合し、二人でその手の雑誌やサイトを良く見ていた。



最初の内はお互いの感想を言い合うだけだったが、

やがて、便乗して「やっぱあそこはヤバイ」とか

「○○だろ有名じゃん」と煽る内容を書き込むようになり、



ついには、二人でオリジナルの話しを作るようになった。



奴には文才がありもっともらしい嘘を書くのが得意だった。

俺は文才は無かったのだが、評論にはそれなりの自信があったので、



自然と「二人で話し合った内容をKが文章に起こし俺が読む。


体験談関連タグ

||

2015年3月25日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間 【血縁SEX】

僕は高校2年生で、エスカレーターで大学も行けるので、気楽に毎日遊んでいる。

家も、そこそこ裕福で、本当になにも不満がない毎日だ。ただ、少し奥手なので、彼女はまだいない。

でも、趣味のクライミングやビリヤードをしてる方が、女の子とデートするよりも楽しいと思うので、焦ったりはしていない。



そして夏休みの今、恒例行事の家族旅行に来ている。母の弟の家族と合同で、軽井沢のロッジを借りて1週間も過ごす。

テニスをしたり、サイクリングをしたり、川で遊んだりで、けっこう楽しいイベントだ。

いつもは、僕の弟も行くのだけど、今回はゴルフ部の合宿があるみたいで、僕と両親だけだ。

母の弟家族は、一人娘の愛花ちゃんと3人だ。愛花ちゃんは、6年のはずだ。ほぼ一年ぶりなので、きっと凄く成長していると思う。



昔から一緒に遊んでいるので、従姉妹と言うよりも、兄弟みたいな感覚だ。会うのが楽しみだ。



そして、現地集合で合流すると、やっぱり愛花ちゃんは凄く成長していた。5年から6年への一年は、ビックリするくらい変化があった。





髪も伸びて、背も伸びて、愛花ちゃんが急に大人になった感じがして、少しドギマギした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年3月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】子育てを終えた妻の衝撃的な願い 【鬱勃起】

結婚して18年、本当にあっという間だった。嫁の亜衣とは、まだ18歳で短大に入学したばかりの彼女を妊娠させてしまったことで、結婚に至った。



当時26歳だった私は、その時すでに父が興した会社の社長だった。父と母を事故で亡くしたことによりそうなったのだが、それは人生の転機だった。父が興した会社は、父が作り出した健康食品のおかげで、ほとんど何もしなくても、毎年一般サラリーマンの生涯賃金ほどの年収を私にもたらしてくれた。



そんな状況で、若い私は増長して天狗になっていた。その結果、遊びまくって18歳のまだ右も左もわからないような亜衣を妊娠させてしまった。当然、金で解決して堕ろさせようと思ったが、その時の亜衣の態度に感銘を受けて結婚に至った。



その時の亜衣は、すべて自分の不注意のせいなので、自分で解決すると言った。私に責任を追及するでもなく、お金を要求するわけでもなく、あまりに潔い態度に、私は心を奪われた。



そして、結婚して本当に良かったと思える18年間だった。息子のこともしっかりと育て上げ、息子は今年から東京の国立大学に通い始めた。そして、妻としても申し分がなかった。結婚当初は下手だった料理も、出産する頃には小料理屋で出てきてもおかしくないほど美味しくなっていた。そして夜の生活の方も、妊娠中も、子育ての期間も、しっかりと恋人として対応してくれた。

母と恋人、そして妻、すべてを完璧にこなしてくれる亜衣に、私は日々愛を深めていった。



金銭的にも精神的にも満たされた毎日を送りながら、こんな日々がこの先も続くものだと思っていた。



息子が家を出た夜、亜衣を抱いた。思春期の息子がいると、どうしてもセックスの回数が減ってしまう。私が亜衣のことを抱きしめキスをすると、妻もそれを待っていたように応えてくれた。




体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年3月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】「○○営業所の佐藤さん【感動】

当時、俺は入社2年目、相手は3つ先輩の営業事務。当時勤めてた会社は関東に幾つか拠点があり、その中でも「○○営業所の佐藤さん(仮名)」と言えば誰でも名前を知ってるくらい綺麗な人だった。

割りと上品ぽい雰囲気で、目立つような派手さはないが、話し掛けると後輩にも笑顔で優しく接してくれた。

俺は当時学生の彼女がいたが、飲み会とかで誰が好みか議論になると「おれは断然佐藤さんがいい!」「じゃあアタックしろよ、絶対無理だから」「えー、そうかなー」とか言って楽しんでた感じ。恋愛感情には至らなかった。

その話は本人にも伝わったけど、実際は彼氏いたし、まぁ俺もたまに話してホンワカした気持ちになる程度だった。所謂『高嶺の花』という感じ。

そして、俺が2年目の終わりの3月に、佐藤さんは寿退社することになり、その送別会での事だった。



<>624名前:えっちな18禁さん[]投稿日:2008/06/21(土)17:34:09ID:sBidbTNxO<>

佐藤さんの彼氏は、会った人に言わせると俺に似ているらしかった。

酔った勢いもあって

「佐藤さん、もしもっと早く知り合ってたら、自分が佐藤さんと付き合ってたかもしれませんよね!」

そしたら「そうだね」なんて言うものだから社交辞令とはわかりつつも、送別会では最後まで

「あ〜、もっと早く知り合ってれば〜」

ばっかり言って、まわりから「何勘違いしてんだ。馬鹿じゃない」とかいじられながら、雰囲気としては楽しくお開きとなった。



スタートが遅くて、店を出た時は電車はなかった。当時は今ほど飲酒運転が騒がれてなかったこともあり、帰る方向が同じ同士で何台かのクルマに別れて帰ることになった。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年3月17日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】最後のKISS☆大切にしてっ!【感動】

俺が中3の頃。初めて付き合った藍っていう彼女がいた。

藍は俺より身長が低くて女子にも男子にも人気のある子だった。

俺と藍は幼なじみで小さい頃いっしょに遊んだりお風呂も入ったりしてたから別に女という感覚で接していなかった。

4歳ぐらいの頃。いきなり藍が大きくなったら健(俺の事)と結婚すると言っていたらしい。

俺はあんまり覚えてなかったけど藍が死んでしまったあとで母に聞いた。

小学校は藍が俺より一ランク上の小学校行っちゃったからどんな生活をしていたのかは分からないが俺は普通の小学生らしい(?)暮らしをしていた。

中学になって友達に誘われ受験をする事になった。

まぁ俺の将来にも役立つと思うしその中学を受けた。

試験日当日。試験場所で見覚えのある顔をみたがもう6年ぶりぐらいだったから全くその人の事

が思いだせなかった。そしてその人の明るい笑顔が俺の下へ降り注いだ。

その人のせいか分からないけどそのテスト用紙に溢れるほど書かれた問題はすらすら解くことができた。そして合格できた。

結果発表の次の日。家でお祝いをした。

俺のためにここまですごい事をしてくれたのは生まれて始めてだったからすごくうれしかった。

その日お祝いも最後に差し掛かったころ俺に明るい笑顔をくれた人が僕の家にやってきた。

母が「幼なじみの藍ちゃんと同じ学校に行けて良かったね」


体験談関連タグ

|||

2015年3月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】おまえら、いまなにしてるの?【感動】

クリスマスイブだな、浮かれやがってクソが

平日なんだから働けよ、つーか残業なしどういうことさ

いっつもサビ残させんのにさおめーらはいつからメリケンになったんだよ

じじいどもケーキ予約してる自慢すんじゃねーよ

俺がひそかに惚れてる会計課の曜子ちゃんあんなにおしゃれしてどこ行くんだよ

派遣(笑)のイケメン彼氏とデートかよ

マジ憂鬱だわ

デパ地下でメシ買ってエビス飲むいつもの食事だよ俺は

たけー給料貰ってもブサメンの使い道なんかしれてるよな

家族はいねーし友達もオタクだけ

アニメが趣味で声優オタ完全に終わってる

俺、35だよ来年なのに童貞

どうすんだよこれ

年収2000万あっても結婚どころか女とろくに話せないよくそが

婚活(笑)して条件クリアしても写真みた時点でお断りだよ、まじワロタ


体験談関連タグ

|||

2015年3月10日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

このページの先頭へ