相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】携帯電話【危険】

<>247名前:携帯電話◆oJUBn2VTGE[ウニ]投稿日:2009/06/07(日)00:26:20ID:PyPRRLYk0<>

大学二回生の夏だった。俺は凶悪な日差しが照りつける中を歩いて学食に向かっていた。

アスファルトが靴の裏に張り付くような感じがする。いくつかのグループが入口のあたりにたむろしているのを横目で見ながらふと立ち止まる。

蝉がうるさい。外はこんなに暑いのに、どうして彼らは中に入らないのだろうと不思議に思う。

学食のある二階に上り、セルフサービスで適当に安いものを選んでからキョロキョロとあたりを見回すと、知っている顔があった。

「暑いですね」

カレーを食べているその人の向かいに座る。大学院生であり、オカルト道の師匠でもあるその人はたいていこの窓際の席に座っている。指定席というわけでもないのに、多少混んでいても不思議とこの席は空いていることが多い。

まるで彼が席に着くのを待っているように。

「ここはクーラーが効いてる」

ぼそりと無愛想な返事が返ってきた。

それからまた黙々と食べる。

「携帯の番号教えてください」

「なぜか」

PHSを水に落してしまったからだった。アドレスが死んだので、手書きのメモ帳などに残っていた番号は問題なかったが、そうでないものは新たに番号を訊き直さなければならなかった。

師匠の場合、家の番号はメモしてあったが、携帯の方はPHSにしか入っていなかったのだった。


体験談関連タグ

|||||

2015年8月17日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】メンヘラと一年付き合って別れた【感動】

<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:05:44.36ID:Vl8vseBd0<>

そのメンヘラ可愛かった?

セクロスは何回やった?

メールとか頻繁に来るの?





<>8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:06:57.25ID:QJ2pvmlF0<>

4

普通に可愛かった

わからない15回ぐらい

電話ならしてないとファビョりだす





<>6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:06:52.43ID:IMAwrFC1O<>

うん、お疲れさま


体験談関連タグ

||||||||

2015年8月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】マネキン【危険】

私には霊感がありません。

ですから、幽霊の姿を見たことはないし、声を聞いたこともありません。

それでも、ものすごく怖い思いをたった一度だけ、中学生の時に体験しました。

その話を聞いていただきたいと思います。

 

14歳のころ、父を亡くした私は、母の実家に引っ越すことになりました。

母方の祖父はとうに亡くなっていたので、祖母、母、私と、女3人だけの暮らしとなります。

私は、親が死んだショックから立ち直れないまま、新しい環境に早急に馴染まなくてはいけませんでした。

不安はあったのですが、私の身の上に同情してか、転校先の級友も優しく接してくれました。

特にS子という女の子は、転校してきたばかりの私に大変親切にしてくれ、教科書を見せてくれたり、話相手になってくれたりしました。

彼女と親友になった私は、自然に周囲に心を開いてゆき、2ヶ月もたつころには、みんなでふざけあったり、楽しく笑いあったりもできるようになりました。



さてそのクラスには、F美という、可愛らしい女の子がいました。

私は彼女に何となく心惹かれていました。

もちろん変な意味ではなく、女の子が見ても可愛いなと思えるような、小柄できゃしゃな感じの子だったので、同性として好意を持っていたのです。


体験談関連タグ

|||

2015年8月9日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】ネコが飼い主を殺そうとしているサイン【危険】

自由気ままに行動して愛らしいネコですが、かわいらしく思えるネコの行動の中には飼い主を殺そうとしている事を表わす行動があるそうです。普通に考えるとツメを出し、キバをむき出しにしている姿を想像してしまいますが、実は普通では気付かないような行動こそ殺そうとしているサインのようです。



では、どのような行動をすると殺そうとしているのか見てみましょう。



詳細は以下より。





HowtoTellifYourCatisPlottingtoKillYou



■あなたの上で体をコネコネしている

これは愛情の表れのように思うかもしれませんが、弱点を探しています。



■猫用トイレの砂を必要以上に掘る

これは遺体を埋めるための練習をしているようです。




体験談関連タグ

|

2015年8月3日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】チビの思い出【感動】

<>140:長いです…:2011/07/10(日)20:39:10.61ID:L1g49JmmO<>



夏になると亡くなった虎猫を思い出す。



思い出投下します。





数年前の7月、近所の道路脇でぐったりしていた子猫を拾ってきた。

汚れた外見から、家族全員に反対されたけど『私が世話とか全部するから、お願いします!』と父親に土下座して飼育許可をもらった。



痩せて汚れて、顔が目やにと鼻水でぐちゃぐちゃだったけど、きちんと洗って脱脂綿で汚れを拭き取ったら、灰猫が虎猫になったw



『1週間保てば良い方だ。』

『バイ菌の塊だ。ノミの巣窟だ。』とか色々言われたけど、毛繕い、トイレ、餌、風呂を徹底的に管理して世話したら、普通の虎猫になった。

(私以外の家族はノミに刺されまくりだったけどw)


体験談関連タグ



2015年7月31日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】冬のキリギリス-2 【感動】

<>14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2015/02/06(金)08:25:33.09ID:U9/YhAAy0.net<>

ニート生活に終止符を打ちようやく見つけた仕事は、大型スーパーの園芸コーナーで時給850円のバイトだった

土や鉢などの荷物を運ぶ肉体作業がほとんどだが、コミュ力ゼロで人見知りの激しい俺には適した仕事だった

ある日一組の家族連れが車で買い物にきた。そのファミリーの父親は俺の中学時代の同級生だった

勉強もスポーツも出来ない暗いダメ男で、クラスで下の地位だった俺でも馬鹿にできる数少ない奴だった

その最底辺だった奴が地味だが優しそうな奥さんと5歳くらいの女の子を連れていた

なんでもマンションのベランダでガーデニングをしているらしい

「次は何植えよっか?」「チューリップ!」「パパは枝豆がいいなあ」「ダメ!」と楽しそうに話していた

俺は店長に「頭痛と吐き気がするのでちょっと休ませて下さい」と休憩をもらった

でも、それは仮病じゃなかった。本当に気持ち悪くなりトイレで少し吐いた







<>15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2015/02/06(金)08:27:44.18ID:U9/YhAAy0.net<>

無職の行く末


体験談関連タグ



2015年7月24日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】狂った歯車 【鬱勃起】

高校3年の時期に、僕の幼馴染は最悪最低の男に堕とされてしまった。

僕をゴミの様に扱う最悪最低な男に騙されて・・・・・。



今思うと、僕が第一志望の高校に落ちていなければ、人生の歯車が狂うことはなかったのかもしれない。

いや、なかったのだろう。

すべてはあの高校に入学したことが間違いだった。



僕は生まれてこの方、勉強だけで生きてきた様な男だった。

運動能力もなく、決して容姿が良いわけでもないため、

勉強だけは人より頑張ってきたつもりだった。

ガリ勉とバカにされても勉強だけは将来のために頑張ってきた。

そして本来なら県下で一番偏差値の高い高校へ入り、エリートになるべき男だった。

しかし、結果論、僕はあろうことか第一志望の高校へ落ちてしまいあの忌々しい高校へかようこととなった。

と言うのも、僕の住んでいる県は高校の数が少なく、公立は第一志望を落ちてしまうと、定員割れしている他の偏差値のあまり高くない公立に入るか、他の私立に入るかしか選択肢はなかった。

そして第一志望に落ちた僕が高校に通うにはどうしても金銭的に公立に行くしかなく、あの高校へ行くこととなった。


体験談関連タグ

||||

2015年7月24日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】55歳美人秘書がマザー2クリアしたよ!!【感動】

<>1名前:1[]投稿日:2008/04/11(金)20:15:19.80ID:dNiF2ko90<>

すごく嬉しい。

物凄く嬉しい。

人ごとであるが我がことのように嬉しい。





<>6名前:1[]投稿日:2008/04/11(金)20:17:49.59ID:dNiF2ko90<>

さあサマーズにやってきましたたくや一行。おしり、ペンペーン!



たくや

ごろこ

しんご



何故か55歳美人秘書はツーソンで山のようなぬいぐるみを購入、エスカルゴ急便に備蓄していたため常に四人パーティ。




体験談関連タグ

||||

2015年7月23日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】『嫁ちゃんレシピ』【感動】

298名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2010/09/20(月)23:52:00

八年連れ添った嫁に先立たれて早二年が経った。最近ようやく嫁の荷物を整理し始めたのだが、思い出が詰まりすぎてて捗らない。

生前、子供に恵まれなかった為に猫を2匹飼ったのだが、この猫達は嫁が大好きだった。寛いでいる時も寝る時も常に嫁の横から離れなかったんだ。

嫁がいなくなってからは大変だった。飯は食べない、トイレはしない、動物病院通いを余儀なくされた。

だが、ある日、2匹の猫が嫁の愛用していたソファーを見つめニャーニャーと鳴いたんだ。そしてグルグルと喉を鳴らし始めた。

俺はその光景を黙って見ていたんだが、突然猫達の飯が入った瓶が倒れた。

平らな場所にしかも太くて高さのない瓶が風もないのに。

俺は何故だかよく分からないが飯をやらなきゃと思い、容器に飯を入れた。

そしたら、猫達は嬉しそうに飯をガツガツ食べ始めて、その日から毎日ちゃんと食べるようになったんだ。

今迄誰にも言えなかったのだが、あれは嫁が現れたんだよな?

そう信じて良いんだよな?





299:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/21(火)00:03:37

298


体験談関連タグ

|

2015年7月22日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】女は恐ろしい生き物【危険】

ファミレスでバイトしてるんだけど昨日の深夜にすごい客(女3人)が来てた



A:ギャル曽根似

B:友近+10キロ

C:安めぐみ似で美人ではないけど可愛い雰囲気



A「この前のクラスの飲み会楽しかったねw」



B「ねー!Cは何で来なかったの?w」



C「え…?飲み会あったの?」





B「木曜の夜だよw」




体験談関連タグ

||

2015年7月22日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 17612345...102030...最後 »

このページの先頭へ