相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】夏休み中の私は兄と…【血縁SEX】

8月の半過ぎの週末の事、私22歳(学生)は、3つ上の兄(会社員)と小旅行へ出かける事になりました。

兄とは仲が良く、よく二人で出掛けて泊まりがけの旅行もしてました。あ、と言っても、それまでは普通の兄妹…仲の良い兄妹ってだけで、近親相姦する仲では無かったんですが、その小旅行の時、私がちょっとドジっちゃったのが原因で、仲が良過ぎる兄妹になってしまいました(笑)

その日、車で2時間程行った、某有名なうなぎ店に鰻を食べに行こうって事になり、何時もの様に出掛けたのです。

お店では多少待たされましたが、美味しい鰻が食べられて満足した私達はお店の近所を散策していました。

その鰻屋さんがある町は富士山の雪解け水が豊富に湧き出ていると言う有名な場所で、その鰻屋さんも、その湧水を使っているくらいで、あちらこちらから富士山の雪解け水が湧いていて、近所を散策していると、綺麗な小川が流れている場所を見つけました。

木々が覆い日陰を作って正に清流と言った綺麗な水が流れて、この水も元は富士山からの雪解け水で、水深は30cm程で近所の子供達や家族連れが水浴びを楽しんでいました。

私達も水に浸かる事にしました。パンプスを脱ぎデニムを捲り足を浸けると「ひゃ~冷たい~!」と余りにも冷たくて悲鳴を上げてしまいました(笑)

けど暫く入っていると段々慣れて気持ち良くなってきました。

川の中を流れに逆らって上流に向かって散策して行き、途中で引き返してきました。

もう少しで元の場所に辿り着くと言う時でした…私は足を滑らせ尻もちを付いてしまったのです…

更に手を着いた所が柔らかい砂地だった為、背中までビッショリと濡れてしまい、幸い頭は濡れるのを免れましたが、日帰りの小旅行…着替えなんてありません…

タオルすら持っていないのにどうすればいいのって、もう笑うしかなかったです(笑)

笑ってばかりでは何も解決しませんので、取り合えず車へ戻る事にしました。

車は有料の立体駐車場に駐車していたので、私はそこのトイレに入って一旦脱いで絞れるだけ絞ってから車に乗る事にしました。

車はミニバンなので兄が後部座席を全て跳ね上げた状態にしてくれたので、シートを濡らす事無く済みました。更に窓にはカーテンが有る為外から覗かれる心配はフロント側から以外なく、兄も故意に見る事はしないのが分かっていたので安心して濡れた服を脱いで下着姿になりました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年11月22日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】家族相姦図1【血縁SEX】

小学2年の時に母が亡くなり父子家庭になった。俺には2こ上の姉がいてしばらくは、その状態が続いたのだがやがて時が過ぎ1年後には親父は別の子持ちの女と結婚した。まぁ、いわゆるママ母ってやつだ。親父は元々母が健在な時からほとんど俺達子供の世話などせず子育ては母にまかせっきりだったから、母親が実子でない俺達につらくあたっても、殆ど放置。



そういう訳で俺は別に厭らしい気持ちじゃなく唯一の精神的頼りの姉にすがりついて寝るのが癖になったしまったのだ。

が・・・・。小学3年まではそれで良かったのだが、同級生の中で背の大きかった俺は性的成長も早かったのか小学4年で始めての射精を経験してしまった。いつものように姉にすがりついて寝ていると、どうもチンポの具合がおかしい。ジン・・・と湧いてくるような痺れが俺のチンポに走った。俺はそのジン・・・の理由を探るため姉のお尻にチンポを押し付けてみた・・・。ジ・・ジン・・。

甘いような切ないような快感を初めて経験した。俺は姉が起きるのではないかと多少気になったが、どうやらまだ寝息をたてている。



俺は誰に教わるでもなくピストン運動の真似事をして姉のパジャマの上から始めての射精を経験した。いかんせん小4なので性に対する予備知識がないので(何かが出た!)とは思ったがトイレにかけて込んで自分の朝顔の蕾を見るとなにやら透明で粘り気をおびた

液体が先っちょから分泌されているだけでその時は精液だとは思わなかった。色もなかったし・・・。

しかし男って生き物は一度性的快感を覚えると辞められないのである。俺は床に押し付けたり自分の手でしごいたりあらゆる方法で自分のチンポをいじり倒したが結論は姉のお尻で出すのが一番気持ちが良いって事だった・・・。俺はしばらく自分のしている行為の

意味すら知らずに姉が寝静まった後、しばらく姉のお尻を借りて自慰行為にふけっていた。姉は気付いていたのかもしれないが寝苦しそうに身体をよじったりうめいたりしていたが特に咎められなかった。



しかし小5になると俺の精液も白く色づきはじめ、自身のしている行為の意味を自覚するようになってきた。

が、青い性欲と言うのはなかなか理性では抑えられないものだ。姉も中学に入り女の身体になりつつあったのも俺の性欲を促進したのかもしれない・・・。

要は俺自身を姉の中に入れたいという単純明快な欲望が支配するようになったのである。俺は小5にして160cm近くあり姉は小柄だったので余計に男女を意識するようになってしまった。俺の行為はしだいにエスカレートしはじめ姉が起きることもはばからず姉のアソコに自分の薄毛が濃くなりはじめたチンポをパジャマの上から突き立てるようになったのである。




体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月22日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】なんでこんなことを【危険】

<>9:本当にあった怖い名無し:2012/08/08(水)19:48:37.17ID:790MwQme0<>

私の友人の話。友人と私は特に仲が良いって訳でもなく、幼稚園から高校、そして就職した会社が一緒でした。

友人は私と違って快活で、正義感が強くていつも彼の周りには人が集まってきます。

そんな彼は、就職した会社でも、同期の私を含めて他の同僚とは一線を画す程の存在でした。



先輩や上司からはすぐに戦力としていろんな仕事を任されたりしました。

彼が弱点を持っているとしたら、強いていうなら彼がベジタリアンであること。

今のように、多様なライフスタイルを尊重するという時代ではありませんでした。



<>10:9:2012/08/08(水)19:50:03.00ID:790MwQme0<>

会社の飲み会や取引先との食事では、それが少しハンデになるかと思いましたが、

彼は持ち前の人当たりの良さで、その場その場を切り抜けているようでした。

しかし、社内の飲み会のとき、一人の先輩が悪ふざけをしました。



友人が席を離れた隙を狙って彼が食べている生春巻きにゴーヤチャンプルの細切りの肉を仕込みました。


体験談関連タグ



2014年11月20日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】従姉妹15歳。【血縁SEX】

年に何回か、従姉妹が家に遊びにやってくる。



昔はなんとも思わなかったが、彼女が小学校の高学年になったあたりから状況が

変わった。



その体つきが急激に「女の子」という可愛らしいものから、しっかりとした「女」になっていった。



会うたびに成長していくその発育の良さに、いけないとは思いつつも性的な興奮

を覚えた。



お互いを小さい頃からよく知っているので、俺がそんな目で自分の体を見ている

なんて彼女は全く気づいていないだろう。



ある日、彼女が久しぶりに泊まりに来た。




体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁2 【鬱勃起】

嫁と結婚して4年経ちますが、子供はまだいません。6歳年下の嫁はまだ29歳で、若々しくて可愛らしいです。

155cm45kgのロリ体系で、某クッキングアイドルに顔が似てる感じです。ただ、ロリっぽい雰囲気のわりに、胸はそこそこ大きく、エロマンガに出てくるロリキャラっぽい感じです。



そんな、言うことのない嫁なのに、最近微妙に倦怠期でした。セックスレスと言うほどではないですが、もしかしてそうなっちゃうのかな? と、少し寂しく思ってました。



そんなある日、ちょっとした出来事がありました。

嫁の下着をちょくちょく盗んでいたのが、隣に引っ越してきた家族の息子さんだったとわかったのです。



泣きながら謝る圭くんに、私は最近目覚めた寝取られ性癖を満足させようと思いました。



さすがに、エッチなことをするには至りませんでしたが、嫁は圭くんにアソコを見せてしまいました。



NTR使える寝取られサイトとか、萌えた体験談系のサイトに書いてあるような過激なことは出来ませんでしたが、私にはそれで充分でした。






体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年11月19日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】姉が血の海に【血縁SEX】

<>510:おさかなくわえた名無しさん:2007/04/19(木)21:41:38ID:DVvPn4G9<>



当方北海道在住。

東京に住んでいる姉が第一子を出産した直後、義兄が海外出張に。

当時大学院生だった私は、東京での学会参加も兼ねて姉の退院に付き合い、

そのまま姉の家に滞在することになった。

退院した日の夜、トイレにいった姉がなかなか戻ってこない。

心配になって様子を見に行ったらかすかなうめき声が聞こえる!

あわててドアを開けたら床が血の海!姉が大出血していた。

あまりのことに声も出ずに立ち尽くす私に姉が一言「病院行くわ」

意外と元気そうだったので私もちょっと落ち着いて、とりあえず

床を拭いて姉の着替えを持ってきて、救急車呼ぼうとしたら

姉が「恥ずかしいからやめて」と言うのでタクシー呼んだ。

生まれたての赤ちゃんは姉が仲良くしてるお隣の家に預けた。

タクシーの運転手さんが中年のおばさんで、訳を話すと病院まで


体験談関連タグ

|||

2014年11月18日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】友達の母親と俺の母親②【血縁SEX】

俺のお袋をおもちゃにして童貞を捨てたTとY。なんだか急におとなびて見えた記憶がある。お袋は次の日は何もなかったかのように起きてきて「ああ~良く寝たわ。お酒飲むと眠くなるのよね~。たまにはいいか(笑)」と言いながら、朝ご飯を準備した。学校へ行こうと思うと玄関からTとYの声がしてお袋と話している。「今日は二人とも早く起きちゃって、一緒に行こうと思って迎えに来たんです」と言う声だ。俺が玄関に出ると二人ともにやっと笑って、昨日の余韻を楽しみ化のようにお袋の顔を覗き込んでいた。「お前のかあちゃん、すごく気持ちよかった」「もう一回やりたいな」学校へ行く間中、二人はお袋の体がいかに気持ち良かったかを何度も語った。俺は「俺だけ童貞なんだぜ。次はTのお袋だからな。やらせろよ!」とTに迫った。Tは1週間後の金曜日ならお袋は友達とお酒飲んで帰ってくるから、その時にやろうという約束をして別れた。金曜日の晩、俺はTの家に泊まりに行くと嘘をついてTの近くの公園でその時を待った。夜の十時過ぎ、携帯が鳴った。「ママ、もう寝ちゃったよ。いつでもOK」Yと俺は全力で自転車をこいでTの家に向かった。玄関を入るとリビングのソファで毛布にくるまれたTの母親がすやすや寝ている。「この前より多めの薬を飲ませたから大丈夫だと思うよ」とT。三人でベッドルームへと運んだ。ベッドルームはWベッドが真ん中に置かれて間接照明と直接勝目と上手く配置されていて

高級ホテルのようだった。ベッドの真ん中に、Tの母親を横たえるとTは「俺はいいから・・・」と言って自分の部屋に入った。

残された俺とYは、ゆっくりと母親の服を脱がしにかかった。上は薄手のセーターにピンクのブラウス。下はズボンだった。まずはセーターから脱がす。ゆっくり、下からまくり上げ、ブラウスのボタンを外すと、白い肌に薄いピンクのブラジャーが出てきた。綺麗なレースの縁取りで品の良さを醸し出している。苦労してセーターを取ってブラウスをはだける。下は濃紺のズボンだけ。それが厭らしく映り俺は完全に勃起状態になった。ブラウスも脱がし、ズボンに取り掛かるが、お尻が大きいのか引っかかってなかなか下せない。Yが焦って太ももを抱えて思いっきり足を上に引き上げるとつるっとズボンが脱げた。パンストとピンクのパンティが出てきた。アンダーヘアの黒い影はない。パンストをお尻からくるっと向くとそこには下着だけのTの母親の見事な熟した下半身が露出した。細いウェストにしっかり張り出た骨盤と意外にもぽってりとした恥丘。太ももも予想よりもムチムチで色っぽさがにじみ出ている。そっとブラのホックをはずし、胸を全開にした。真っ白な肌の豊満なおっぱいは自重で少し横に向いている。その上に茶色を濃くしたような乳首がひっそりとたたずんでいる。おっぱいフェチのYは早速乳首を舐め始めた。おれは、ピンクのパンティを取り去ろうと後ろに手を回し、そっと下にずらした。俺は息をのんだ。徐々にあらわになってきた母親の恥丘には毛が一本もなかった。だから薄いパンティでも黒い影が映らなかったのだ。驚きながら俺はゆっくりと股を割った。そこからはお袋とは違うにおいが漂ってきた。何か少し酸味のあるでも甘いようなむせ返るような柔らかい香りだ。お袋に比べて多少色素が沈着し黒ずんではいる。しかも右側の大陰唇がやや大きく多少グロティスクな感じも受けた。おれは右手の人差し指と中指でそっとビラビラを広げた。ンウチャと言うような音がしてだらしなくあそこは開いた。と同時に入口がキュキュと動いたような気がした。Yが乳首を舐めているのが気持ちがいいのだろうか。俺は陰部の上部にある小さな突起を舐めてみた。少し小便くさい気もしたが、かまわず舐めた。しばらくするとその突起は小さくも固くしこりだし、陰部からはあふれるような透明な愛液がしみだしてきた。Tの母親も「ん、ん」とか「は・・」と言う小さな声を出し始め、舐めるのが難しくなるほど腰を動かし始めた。指を入れると入口はキュキュと振動し中へ中へと指を吸い込んでいく感じを受けた。俺は我慢できずにズボンを脱いでペニスを引きずり出し、母親の中心部めがけて突き立てた。「ああ。。ん」とうっすら目を空けた母親であったが、もう俺は止まらない。遮二無二腰を打ち付け続けた。すでに家でオナニーをして一回抜いているのでわりに余裕があったはずだが、やはり初体験だ。膣の動きに我を忘れ、あっという間に射精してしまった。Yは飽きずにまだ乳首を責めている。「Y、お前はどうする?」と聞くと口の周りに涎を一杯にして「お前のあれを拭いておいてくれよ。綺麗になったら入れるから」と言ったので俺はティッシュでゆっくり膣の入り口を噴き上げた。その時に、アナルが盛り上がったような気がしたらいきなり太い大便が出てきた。ええ!目の前でTの母親が大便なんて・・・こんなきれいなお母さんが・・・俺はショックであったが、慌ててトイレットペーパーを取りにトイレに走った。部屋に帰るとYが携帯で動画を撮っていた。「おいどうするつもりだ」と聞くと「楽しみができた。俺に良い考えがあるんだよ。Tには内緒だぜ」と俺に命令した。しっかり大便を処理した後、Yが、「お前アナルに入れてくれよ。俺はオマンコに入れるからさ。サンドイッチやろうぜ」と言う。俺は「そんなの嫌だよ」と言いかけたが、あの盛り上がったアナルに入れたい。Tだって俺のお袋のアナルを犯したじゃないかと思い直し、実行した。既に俺のペニスは準備態勢が整っていたのでまたTのローションを借りてアナルに塗りこんでそのまま挿入した。挿入した後Yが母親を抱きかかえ仰向けの姿勢にした。Tの母親はアナルを串刺しにされ、オマンコは天井を向いている形になった。Yはおもむろにペニスに手を添えゆっくりと挿入した。薄い肉癖一枚で俺とYのペニスはこすれあい変な気分であったが、母親は徐々に感じ始めたのか、アナルがヒクヒクと動き始めた。俺は一番下になっているので腰は動けないが、アナルの動きだけで逝きそうになる。Yは真っ赤な顔して腰を振っている。その時だ。「ああん。もう駄目よ。あなた。もうやめようよ。」とうわ言のように母親が声を発した。俺とYは思わずじっと身を止めた。Yが「大丈夫みたいだ。起きてないよ」と言った瞬間、「んん~。止めないで、動いて。もっともっと…部長」と言い始めた。部長って?ええ?誰だ?と思ったが、その瞬間アナルの締め付けが急に激しくなり、俺は果ててしまった。Yは真っ赤な顔をして頑張って腰を打ち付けている。「ん。ん~ん。ああ、気持ちいいわ、部長。もっと・・・ん、ん、ん」その声に合わすようにYは腰を打ち付けたパンパンパンパン夜更けの静かな寝室にその音だけが響く。放出した後もアナルの締め付けは続いていた。俺のペニスは再び固さを増した。Yは限界が来たのか

「ああ」と言って中で果てたようだ。「Y.俺も動かしたいからさ、体入れ替えるの手伝ってくれよ」とYに頼んでバックの姿勢となった。

自由に動けるようになった俺は、調子に乗って腰をアナルに打ち付け始めると「部長、そこ気持ち良い。もっと深くああ~」と母親がまた声を上げた。俺は「T君。気持ちがいいのか?」と低い声で冗談ぽく声をかけた。すると「はい。とても気持ちがいいです。もっとお願いします。いつものように陽子と呼んでください」というので「陽子。陽子」と呼んだが経験のない俺にはそれが精いっぱいだった。ただ、陽子と呼ぶとアナルが反応してきゅっと閉まるのがわかったので「陽子陽子陽子」と連発した。そのたびにアナルが締り、まるで指で搾り取るような動きで俺のペニスを絞り上げ、あっという間に俺は三度目のエクスタシーを迎えた。

ティッシュで自分のものをふき取ると落ち着きが出てきた。Yが「部長ってなんだろう?まさか浮気してるのか?」と「部長って・・・パート先の部長かな?」と俺。Yが「そうかもね。一度調べてみるか」と相槌を打つ。ベッドには白い肌がほんのりピンク色になって

うつ伏せに寝ているTの母親がすやすや寝息を立てて寝ている。俺とYはまたゆっくり服を着せて、Tのいる部屋に向かった。

続く

体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月17日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁 【鬱勃起】

こんばんは。

35歳の自営業者で、29歳の嫁と仲良く暮らしています。子供はまだで、楽しく2人で暮らしてます。



結婚して4年経つので、若干倦怠期かもしれません。

最近では、オナニーをすることも多くなりました。とは言っても、結婚して一緒に暮らしているので、動画とかでオナニーをするのは難しく、テキスト系のサイトばかり見てオナニーしてます。



萌えた体験談サイトなどを見てオナニーをしているうちに、NTR使える寝取られサイトというサイトで、寝取られ性癖に目覚めてしまいました。



それからというもの、寝取られ系の話を見るたびに、嫁を重ね合わせています。とは言っても、東京在住ではないので、カップル喫茶とかハプニングバーなどもなく、掲示板で出会いを求めるのもリスキーだなと思うばかりで、行動できないでいました。



もっとも、そう言う環境が整っても、嫁が同意してくれるはずもないので、妄想するだけで我慢してました。





そんな中、マンションの隣に引っ越してきたファミリーの、息子さんが気になりました。ちょっと陰気な感じで、挨拶は会釈だけみたいな、コミュニケーション能力が欠如している感じでした。




体験談関連タグ

||||||

2014年11月16日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】苺のショートケーキ【感動】

俺には歳が六つ離れた妹がいた。

俺は小学校の頃からずっと体育5とかで元気だけが取り柄みたいな子供だったんだが、妹はちょっと体が弱くて少し体調を崩すと何日も熱で寝込んじゃうくらいだった。

そんな事もあってかお互いケンカもほとんどなく本当に仲良く楽しく暮らしていた。

結構妹に甘くて、いつも何か頼み事されたら断り切れないでそれを聞いてしまう。

例えば、苺のショートケーキがおやつに出たら、出た瞬間にはもう妹が顔で合図してくる。

俺も馴れたものでそれだけで「はいはい・・・・・・」って感じで聞いてしまう。

そしたら妹は、たった一つの苺で大はしゃぎする。あれを見たら苺の一つや二つなんかまじで安いもんだって思った。

本当にそんな何でもない日々を過ごしていた。

でもさ、現実なんて本当にもろいもんだった・・・・・・。



俺が高校2年生の時だった。

その日の朝もいつもと変わらない朝のはずだった。

いつもの目覚ましで起きて、いつもの制服に着替えて、いつもの道を通って学校に行く。

そんな何でもない日だったはずなのに、朝起きたら両親がやたらと騒いでいた。

朝からうるせぇなぁとか思いながら両親が騒いでる居間に行くとそこで顔面蒼白の妹が横になって呻いていた。


体験談関連タグ

|||||||

2014年11月14日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】俺だけのかあちゃん4 【血縁SEX】

素っ裸で土下座してる母ちゃんを見て、正直俺は複雑な心境だったよ。今まで特に親子だなんて意識してなかったし。

それまで当たり前だった存在が別の物に変化するってのは、現実味が無いことなんだよね。

だけど自分の言いなりになる女、既に味見したけど美味かった女が手に入るってのは、確かに魅力的な話だった。



「俺が全て決めちまっていいのか?」



「そうよ。大まかなルールは全てあんたが決めてくれればいいの。任せるところは任せてくれたら嬉しいな。でも私にも出来ないことはあるからね?」



母ちゃんは体を起こしてすらすらと俺の問い掛けに答えたけど、いったん言葉を切ったんだ。

俺の顔を真剣に見つめてる。



「あんたの子供を産むことは、止めたほうがいいと思うの。あんたの気持ちに負担をかけたくないから」



母ちゃんはそこらへんまで真剣に考えてたんだ。




体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月14日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ