相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】こないだ合コンであった子【感動】

自己紹介がすんだあたりでいきなり「あたし乾燥肌なの〜」とか言い出して太もも触らせてきた

つかスカート似合わない。なんかすごい勘違い女



そしたら「あたしの触ったからお返し〜」とか言って太もも触り返してきた。最悪。

んで「なんかここさむーい。あたし冷え性だからあったかいの好きなんだー」とか言って手まで握ってきた

で注文した酒がウイスキー。しかもストレート。んでそれに指つっこんで舐めだした。きめえ

「ゆびざけっていうんだよぉ☆」とか言って俺の口の中に指突っ込んでくるの。まじ勘弁。

俺が指舐めないと分かったとたん、ストレートのウイスキーを全部飲み干して、

「よっちゃったあ。トイレ分かんなーい。ここで出ちゃったらやあよ!やあよ!」とか言い出した。うぜえ

「トイレつれてって! 出ちゃったらやあよっ!」とか言って俺のこと連れ出して、

「さびしんぼやあよモードだからここで待ってなきゃやあよモードだよぉ☆」とか言い出してんの。死ねよもう

そしたら中で「アファーッ!」とか声を出し始めたので、「大丈夫?」って聞いてみたら、

「アッファ〜〜ン! やあよ……やあよゆうたのに」とか言っておしっこもらしてた。

「やあよもー! こんなんじゃ、みんなのところに行けないよぉアッファ〜〜ン」って泣いてるので、

とりあえず帰れば?って言ったら、「あなたの家じゃなきゃやあよ」だと。


体験談関連タグ

||

2015年7月7日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】14才の頃に処女を捨てた男との忘れられない話【感動】

<>1:VIPPER速報がお送りします:2011/10/16(日)07:43:28.63ID:2+3TCzh80<>





文才がないんで、独り言のように書いてく。









<>2:VIPPER速報がお送りします:2011/10/16(日)07:45:49.23ID:kJfMBq63O<>





おはよう








体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年7月5日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】ブラック企業【危険】

<>343:ノギス(アラバマ州):2010/02/27(土)02:24:05.72ID:GT4OZqKA<>

うちの会社w社員50名以下の中小だが、





監視カメラがあって社長が常時見てる。

ときどき社長がマイク使って注意してくる。





「おい鈴木!お前さっきから消しゴム使いすぎ!集中してないからミスるんだ!」

「田中!お前なんでシャーペンばっか使ってるんだよ。書類はボールペンで記入だろ!あほ!」

「佐藤よ!!!!お前さっきから便所行きすぎだ!!!!!!!!糖尿か!!!!!」

「チカちゃん、トイレ行ってから戻るまで18分。ウンチョスかな?wwwwひゃひゃひゃwwwwwwwww」

体験談関連タグ



2015年7月4日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】ヒッチハイク【危険】

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したが、

就職も決まっていない有様だった。

生来、追い詰められないと動かないタイプで(テストも一夜漬け対タイプだ)、

「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞かせ、バイトを続けていた。

そんなその年の真夏。悪友のカズヤ(仮名)と家でダラダラ話していると、

なぜか「ヒッチハイクで日本を横断しよう」と言う話に飛び、

その計画に熱中する事になった。



その前に、この悪友の紹介を簡単に済ませたいと思う。

このカズヤも俺と同じ大学で、入学の時期に知り合った。

コイツはとんでもない女好きで、頭と下半身は別、と言う典型的なヤツだ。

だが、根は底抜けに明るく、裏表も無い男なので、女関係でトラブルは抱えても、

男友達は多かった。

そんな中でも、カズヤは俺と1番ウマが合った。

そこまで明朗快活ではない俺とはほぼ正反対の性格なのだが。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年6月26日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】お母さんが浮気してるみたいなんです【感動】

お母さんは10代で僕を産んでくれたらしいのでまだ30代です。

おっぱいがすごく大きくて、お買いものに行くと、みんなお母さんのことを見ています。見た目も若いので、ナンパとかもされるとよく言っています。



そのお母さんが、浮気をしているみたいです。

お父さんは、単身赴任で福岡に住んでいますけど、僕の学校がエスカレーター式なので、お母さんとこっちに残りました。

今週の月曜日に学校から帰ると、パソコンで何かの作業をしていました。すっごく楽しそうな顔で操作していました。

何をしているのか聞いても、買い物とだけしか教えてくれません。気になったので、お母さんが居ないすきに見てみました。

そしたら、出会い系のページをよく見ていました。お母さんのパスワードは、お父さんの名前をもじったのばかりなので、かんたんにログイン出来ました。



お母さんはすごい人気で、50人以上の男の人とメールをしていました。内容が全部残っていて、いやらしいメールもいっぱいしていたのでショックです。僕がお母さんの下着でオナニーしている相談もしていました。



メールだけだと思ったら、1人の男の人と木曜日に会う約束をしていました。下着の色とか服とかホテルまで指定していて、ショックがおおきすぎて震えました。



いろんなとこで相談したのですが、釣りっていわれて相手にしてくれませんでした。童貞野郎っていわれましたけど、僕は童貞なので仕方ないです。




体験談関連タグ

||||||

2015年6月22日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】【グロ注意】旦那が嫌いでたまりません【グロ注意】【危険】

グロ注意 グロ胸糞耐性の無い方はここで引き返してください

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


体験談関連タグ

||

2015年6月21日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも 【血縁SEX】

僕は、大学2年でまだ19歳です。

中高と男子校に行ってしまったので、女の子とは本当に縁のない日々を送っていました。



それが、今年の夏、一気に色々な体験をする事が出来ました。きっかけは、夏休み前にかかってきた、叔母からの電話でした。

叔母さんは、僕が赤ちゃんの頃にオムツを替えてもらったり、まだ僕が小さい時にも色々なところに遊びに連れて行ってもらったりで、すごく仲が良いのですが、頭が上がらないところもあります。



そんな叔母に、従姉妹のほのかちゃんの家庭教師を任命されました。でも、それはただ働きと言うことではなく、ちゃんとした報酬ももらえる、バイトみたいな感じでした。叔母さんは、そう言うところはきっちりとしてくれるので、貧乏学生の僕にはありがたい申し出でした。





そして、久しぶりに叔母さんの家に行き、ほぼ1年ぶりくらいにほのかちゃんに会いました。ほのかちゃんは、5年生にしては落ち着きが有る、妙に大人っぽい感じの美少女に成長していました。

僕の中では、ほのかちゃんは真っ黒に日焼けをして、刈り上げ頭のボーイッシュすぎる女の子というイメージだったので、驚きました。



『お兄ちゃん、久しぶり#12316;!! 元気だった!?』

ほのかちゃんは、見た目こそ美少女になっていましたが、中身は元気でボーイッシュなままでした。

『よかったわね。ずっとお兄ちゃんお兄ちゃんって言ってたもんねw』


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】夏休みのバイト【危険】

去年の夏休みにしたバイトの話



去年の夏休み前、俺と友人A、Bが大学の掲示板を見ていると、変なバイトの募集チラシがあった。

内容は、「日給8000円、避暑地の別荘の引越し作業、

3泊4日の泊り込みで食費と交通費は別途支給」というものだった。



俺が「これけっこうおいしくね?」というと、Aが「チラシの感じだと宿泊先もこの別荘だよな?

楽そうだし電話してみね?」と返してきた。

Bも「別荘地で過ごせて金ももらえるのか、おいしいじゃん」とノリノリで、

3人ともたいして深く考える事もなく連絡先に電話してみる事になった。



電話をするとそこは別荘地の管理事務所?のような場所で、

なぜか俺達は面接も何も無しに即採用された。

この時、少し怪しいと感じるべきだったかもしれない。




体験談関連タグ

||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】( ^ω^)がひどいイジメにあっているようです【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/23(木)04:14:51.40ID:NCdzsI790<>

( ´ω`)「……」

紫苑「黙ってたら、わからねんだよ」

( ´ω`)「……」

紫苑「お前は俺が犯人だ、とでもいいたいのか?」

( ´ω`)「ぼ、僕はそんな事言ってな……」

紫苑「言ってるじゃねぇかよ、このやろ。また殴られてぇのか?」

血走る紫苑の目と対照的な廃人のようなぶーんの目







<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/23(木)04:15:13.94ID:NCdzsI790<>

別附第二小学校 第4学年2組

2005年6月3日

ぶーんの教科書と財布が無くなるという事件が起こった


体験談関連タグ

|||||

2015年6月10日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】女性が幸福になる方法【危険】

女性の長生きのためにも夫は早く始末しましょう。

いいですか、みなさんの幸福のために覚えてください。

食事の塩分を強くしてください。

糖分も同じくです。

脂肪分もたっぷり・・・。

アルコール分も大切です。

夫が飲んで帰ってきたら「シメタ!」と思ってください。

そして「外のお酒も美味しいでしょうが、私のお酌でもう一杯」

敵は肝臓です。酒を切らせてはいけません。

夫を寝不足にします。必ず熟睡している夜中に起こして下さい。

寝る前に水分を沢山採っておけば、夜明け前に目が覚めるので、トイレに行く時に踏んずけるとかで起こす。

趣味があったらとりあげましょう。

「バブル後の日本に趣味をなんか楽しむ余裕はない!」

ストレスをためさせる。

「夫の話を聞く必要はありません」


体験談関連タグ



2015年6月6日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

このページの先頭へ