相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】子育てを終えた妻の衝撃的な願い 【鬱勃起】

結婚して18年、本当にあっという間だった。嫁の亜衣とは、まだ18歳で短大に入学したばかりの彼女を妊娠させてしまったことで、結婚に至った。



当時26歳だった私は、その時すでに父が興した会社の社長だった。父と母を事故で亡くしたことによりそうなったのだが、それは人生の転機だった。父が興した会社は、父が作り出した健康食品のおかげで、ほとんど何もしなくても、毎年一般サラリーマンの生涯賃金ほどの年収を私にもたらしてくれた。



そんな状況で、若い私は増長して天狗になっていた。その結果、遊びまくって18歳のまだ右も左もわからないような亜衣を妊娠させてしまった。当然、金で解決して堕ろさせようと思ったが、その時の亜衣の態度に感銘を受けて結婚に至った。



その時の亜衣は、すべて自分の不注意のせいなので、自分で解決すると言った。私に責任を追及するでもなく、お金を要求するわけでもなく、あまりに潔い態度に、私は心を奪われた。



そして、結婚して本当に良かったと思える18年間だった。息子のこともしっかりと育て上げ、息子は今年から東京の国立大学に通い始めた。そして、妻としても申し分がなかった。結婚当初は下手だった料理も、出産する頃には小料理屋で出てきてもおかしくないほど美味しくなっていた。そして夜の生活の方も、妊娠中も、子育ての期間も、しっかりと恋人として対応してくれた。

母と恋人、そして妻、すべてを完璧にこなしてくれる亜衣に、私は日々愛を深めていった。



金銭的にも精神的にも満たされた毎日を送りながら、こんな日々がこの先も続くものだと思っていた。



息子が家を出た夜、亜衣を抱いた。思春期の息子がいると、どうしてもセックスの回数が減ってしまう。私が亜衣のことを抱きしめキスをすると、妻もそれを待っていたように応えてくれた。




体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年3月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】野良猫の駆除方法【危険】

1:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/11/13(火)15:43:02ID:???

★注意★

このスレは野良猫、立ち寄り猫の駆除の方法を語るスレッドです。

哺乳類の愛玩動物については、個々の感情や信念によって

被害の受容限度や排斥行為についての感じ方等大きく異なるため、

忌避、予防といったソフト路線の人は、そういうスレを建ててください。



このスレは反社会的な餌やりババァや無責任な飼い主を元凶とする

野良猫の跋扈とそれがもたらす被害に対し、

家と家族を守る為にささやかなレジスタンス活動を選択した被害者の道標を志しています。

従って、このスレは議論の場ではありません。

立場の違う方と罵り合いや煽り合いを求める人は苦手板へどうぞ。

また、荒らしは徹底的に無視し、削除依頼しましょう。



「人間がどんな被害を被っても無条件で猫は保護すべきだ」という主張の方は、


体験談関連タグ

|||||||

2014年11月26日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】たぶん一生。【血縁SEX】

俺のペニスは早希の体の中、目一杯硬くなって、今すぐにでも弾けそう

だったけど、ガマンして腰を動かし続けた。

ペニスが早希のあそこ、膣に出はいりするたびに、ぐちゅぐちゅヤラシ

イ音がして、そのたびに早希が呻き声を上げた。

早希は四つん這いになって、俺の動きに合わせて荒い息と呻き声を上げ

るけど、決して僕の方を振り向かないし、体を硬くして、お尻も振ら

なかった。

11才、色白のお尻が汗ばんで光って、ピンク色に染まっているけど、

自分の父親に犯されいるのがつらいのか目を閉じて、眉をしかめてた。

ラブホのベッドの枕元に張ってある鏡にそんな早希の顔が写って、俺は、

ますます興奮して腰を激しく動かした。

早希が運動会に着ていったジャージがベッドの周りに俺が剥ぎ取ったま

んまの状態で丸まって落ちていて、早希が身に着けているのは、足首の

ところに絡みついてる下着と、取れかけたスポーツブラだけだった。

動きを早くして行くと、早希のあそこから30分以上前に俺が吐き出し


体験談関連タグ

|||||||

2014年10月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】そのうちな〜、あるかもしれんしぃ【血縁SEX】

週末、JK2の従妹が部屋に遊びに来た。

モールに行って遊んだり飯食った後、ドラッグストアに行ったら、妙に興味ありげに(冗談っぽく)コンドーさんにこだわるので、ノリで買ってやった。



「使わんけどぉ。ぜったい使わんし! でもな、そのうちな〜、あるかもしれんしぃ。恥ずいから買うてや〜!」

「おー、しっかり避妊せぇよ〜♪ まずいことになって泣くのは、お前とおじさんおばさんだからな〜!」



結局日曜の夕方に使ってしまった。

双方初エッチ。

今も胸が苦しくなる。愛おしくてたまらん。

(しかし、エッチの後、しばらくはフニャフニャしていたが、今は早くも、旦那を尻に敷く古女房っぽくなっているゾ♪)



従妹が小さい時から、妙に気があって懐かれていた。

理想的な性格の子だなぁって思ってた。

好きだったけど、良いのかな、従妹とこんなことになってしまうのは。

向こうの親に何て言ったら良いのか。

体験談関連タグ

||

2014年10月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】祟られ屋シリーズ  シャンバラ【危険】

114:シャンバラ◆cmuuOjbHnQ:2008/10/18(土)05:59:23ID:???0

そこはキムさんの持ちビルの一室だった。

照明は落とされ、明かりは蝋燭の炎だけだった。

ガラス製のテーブルの上には注射器とアンプル、アルミホイルを巻かれたスプーンが置かれていた。

キムさんが「大丈夫か?注射にするか?それとも、もう一度鼻から行くか?」と声を掛けてきた。

俺は、朦朧とする意識で「注射で」と答えた。

塩酸ケタラール・・・2005年12月に麻薬指定が決定され、2007年1月1日より施行されたが、この時点では合法な麻酔薬の一つに過ぎなかった。

時間感覚が消失していたが、その30分ほど前、俺はアンプルの液体を蝋燭の炎で炙って得られた薄黄色の針状結晶を鼻から吸引していた。

テーブルの上でテレカで砕いた結晶を半分に切ったストローを介して一気に吸い込むと鼻の奥に強烈な刺激が走り、やがて俺の意識はブラックアウトした。

朦朧としながらも意識を取り戻した俺に、キムさんはアンプルから吸い上げた薬液を注射した。

シリンダーが押し込まれると、ゴォーッという大音響と共に俺は深くて暗い穴の奥に吸い込まれて行った・・・



俺がケタミンという、マイナーなサイケデリック系のドラッグを試したのは「仕事上」の必要から、擬似的な臨死体験とも形容される幻覚体験を得るためだった。

薬物による幻覚体験の中で意識を鮮明に保つ必要があったのだ。

事の発端は、キムさんが知り合いの女霊能者から請けた仕事だった。


体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月27日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】DQNの手でヤリマン化した幼なじみ【鬱勃起】

高校1年の時の話です。

当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。

告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。

少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。

家は隣で小中と同じ、成績の良い彼女と同じ高校に進学するために必死で勉強したものです。

誕生日に叔父からプレゼントされた双眼鏡で、受験勉強の合間に屋根裏部屋に昇って彼女の部屋を覗き見していた事もありました・・・。

レイコは結構可愛くて、眼鏡がとてもよく似合う女の子でした。

3回くらい告白された事があるとか、彼女の友達が言っていたのを覚えています。

1回目は小学生の時、2回目3回目は中学生の時と。

引っ込み思案な彼女は全てお断りしていたそうですけど。

僕とレイコが付き合っていた事を知っている人はあまりいなかったと思います。

5月に入った辺りの事です。放課後、レイコとゲームセンターで遊んでいるとAに声をかけられたのです。

「久しぶりだなぁオイ」

Aは近所に住んでいた素行のよろしくない男でした。僕より5歳年上で小学生の時から彼を知っていますが

弱い者イジメと暴力が大好きで、僕も何度か被害に遭っていたものです。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】豆。ゼッタイ。【危険】

29:えっちな名無しさん2011/02/0116:43:32

覚せい剤やめますか。それともいんげん豆ですか。

 

 

覚せい剤の話じゃないけど、このコメントにバカ受けしてしまったので、自分の昔の話してみたくなった。

体験談としてはインパクト弱いかも知れないけど、ドラッグはほんと怖かったです。



昔の話です。

彼女が大麻吸わされた。



まじめな子だったから証言を信じたけど、断じて積極的に吸ったわけじゃないと。

元遊び人だった彼女の上司が、飲み会のおふざけが高じて、売人から買ってきたらしい。

で、こっそり何人かで吸い始めた。

辞書みたいな薄い紙をタバコ状にする方法も知ってて、みんなにすすめてたと。

世間知らずの彼女は何もわからず、半ば無理やり乗せられてしまったようだ。


体験談関連タグ

||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【人妻】花火大会のあとに…【隣の芝生】

この時期になると思い出すので書きます。私は早紀と結婚して三年になります。そして屈辱を味わうことになったのは結婚して一年たった頃です。ちなみにわたしが26歳、妻の早紀が24歳でした。

妻の容姿は可愛いとも美人ともとれる顔で、色白で小柄ながらEカップあります。まぁ、普通に街にいたらやりたいと思うタイプです。

あの日私たちは私の友人カップルと浴衣で花火大会に行きました。特に何が起こるでもなく、ただ花火を見て過ごしたのですが、その友人(達也)が飲みに行こうと言い出し、何故か着いたのは一応共通の友人の昌樹の家…(実は達也が昌樹の誘いを断って、可哀想だからあとでみんなで飲みに行くよと言ってしまったらしい)

しかし、昌樹は根っからのキモ男で外見も中身もひどい…見るからにスケベなのだ…。

それよりも昌樹は私が早紀と付き合う前から、「早紀ちゃん超かわいい!マジあのおっぱい揉んでみて~」と散々言っていたので絶対に会わせたくなかったのである。当の早紀は何も知らないが…

しょうがなく飲み始め、みんなが少し酔ってきた頃、当然のように昌樹が下ネタを挟んでくるようになった。相手にしないつもりでいたが、何故か達也がノリノリだ…達也も彼女(陽子)に対してあまり性の対象として見れないと漏らしていたから、恐らく達也も早紀を目当てにしているのだろう。二人とも早紀ばかり見ているのがバレバレだ。

嫌な気持ちだが少し優越感もあった。その後スポーツゲームをすることになり、負けたら勝った人の言うことを聞くというベタな罰ゲーム付きで始まった。速攻で私は負けドラッグストアで昌樹の頼むものを買ってくるという罰ゲームをくらった。その後陽子も負けたので結局二人で行くことに…

歩いて片道15分くらいの所にあるのだが酔っているためにスローペースだ。

選ぶのにも時間がかかり結局一時間程して帰宅。すると「遅いよ!もう帰るか?」と達也。また外に出るのかと思いながらも解散。数日経って早紀が謝ってきたのだが、あの私のいない一時間のあいだにまだゲームは続いたらしい。一回五分程のゲームで何故か早紀だけずっと対戦していて男同士が対戦することはなかったらしい。当然早紀は全敗だ…

罰ゲームの内容は浴衣の上から早紀のEカップの胸を揉む事から始まり、上半身裸で後ろから生乳を激しく揉まれる・上半身裸でフェラ・さらにはパイズリまでやらされたらしい…「断れよ!」と言いたいとこだが、早紀はぐいぐい来られると断れないタイプなので…

結局その後、二人を気持ちよくするという罰ゲームでベッドに寝かされ、射精するまで激しいピストンを二人分受けたらしい。昌樹は出し終えたあと、「マジ夢みたい!早紀ちゃんとセックスできたからもういつ死んでもいいや!」と言っていたらしい。

私はその話しを聞いて呆然とするしかなかった。

体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【レイプ】パート従業員 菜生 【鬼畜】

私は秘書を派遣するような自営の仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。

募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。

面接の際には、やはり

「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」

と思い、そういう観点から選考を進めました。

まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。

3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「菜生さん」と言う34歳のロングヘアの方に仕事を手伝ってもらうことにしました。



最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。

特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。

「プロのモデルさんを頼まないといけないな」

と思っていたところ、彼女が

「私でできることなら協力しますけど・・」

といってくれたのです。

別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月5日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【恐怖】六本木集団暴行事件の裏話【危険】

【2ch】六本木で関東連合の在日藤本亮介(鄭亮介)目出し帽10人組に殺害される!現場はロアビルのクラブ「フラワー」、被害者は渋谷ガールズ焼肉「雌牛」経営、山口組襲撃事件の報復か!

12.09.03



1:そーきそばΦ★:2012/09/03(月)00:57:34.16ID:???0

東京都港区六本木の雑居ビル2階の飲食店で2日午前3時40分ごろ襲われた男性は、中野区上高田、飲食店経営、藤本亮介さん(31)と分かった。



目出し帽姿の男約10人に金属製の棒で顔や頭を殴られ、病院で死亡が確認された。他に友人2人も殴られ軽傷。警視庁捜査1課と麻布署は、藤本さんを狙った計画的な犯行の可能性があるとみて、交友関係などを捜査している。









捜査関係者によると、検視の結果、藤本さんの死因は顔や頭を殴られたことによる頭蓋内損傷とみられる。藤本さんは午前1時ごろから店の奥の席で、友人の男女5人と一緒に酒を飲んでいて、駆け寄ってきた男らに突然襲われた。男らは無言で殴り続けた後、車で逃走したという。





当時、店内では音楽イベントが開かれ、店員や客ら約300人がいたという。現場は、東京メトロ六本木駅近くの繁華街の一角。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年6月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 3123

このページの先頭へ