相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】両性具有 一人二役 【鬼畜】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月5日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【近親相姦】変態ロング動画なら完全無料で見える【血縁SEX】

変態なロング動画なら完全無料で安全に見えるんです!



ダウンロードも可能なので、何度でも見えますよ。



簡単な方法なので、良かったら見てください。



ちなみに、次のようなマニア作品がいっぱいのAVサイトです。

どんな趣味も見つかると思います♪



女子高生/素人/美少女/ロリータ/ギャル・ガン黒/お尻・アナル/

ハメ撮り/痴女/熟女/クンニ/近親相姦/妊婦・母乳/若妻/

手コキ/CFNM/センズリ/脚・足コキ/足裏/パンスト/ブーツ/

フェラ/潮吹き/オナニー/相互オナニー/立ちオナニー/淫語/

こすりつけ/乳首・おっぱい/巨乳/中出し/ニューハーフ/ナンパ/

尻コキ/ブルマ/レズ/しみパン/SM/スカトロ/M男・金蹴り/


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】祟られ屋シリーズ  和解【危険】

<>579和解◆cmuuOjbHnQsageNew!2007/11/20(火)02:19:56ID:LxBD1hJJ0<>

今夜はマサさん、キムさんの出てこない話を書きたいと思う。



この話は「傷」と「邪教」の間の話です。

この事件が切っ掛けとなって、俺はアリサと知り合う事となった。



マサさんの所から帰ってきて暫く、俺は職を失って難儀していた。

俺は「後遺症」に悩まされていて、昼間の仕事が出来ないでいた。

「修行」の結果、毎夜、「霊現象」に悩まされて眠ることが出来なかったのだ。

目を覚まして、呼吸を整えて、気を張り巡らせれば簡単に跳ね除けられる。

しかし、一旦ウトウトし出すとあちこちから湧き出してきた「魍魎」が俺の体に纏わり着き体を齧るのだ。

嫌悪感・不快感だけで実害はない。

だが、皮膚の上や下を這い回る蟻走感に全身が覆われるのだ。

想像してもらいたい。

実害がないからと言って、毎夜大量のムカデやゴキブリに素肌を這い回られる事に耐えられるだろうか?


体験談関連タグ

|||||||||

2015年1月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】『に、姉ちゃん…ぼ、僕もうダメ。出ちゃうよ』(つ)【血縁SEX】

僕は現在19才のフリーターです。僕には3才年上の兄ちゃんがいるんだけど兄ちゃんは高校卒業後すぐに家を出ていっちゃいました。親とトラブって出ていったみたいなんだけど、何があったかまでは知りませんでした。今でも親とは全く連絡をとりあってないみたいなんだけど、僕とだけは、しょっちゅうメールのやりとりをしていました。兄ちゃんは背が低くて目がパッチリしてて幼い頃から女の子と間違われるような感じでやんちゃで叱られてばかりの僕をいつも庇ってくれる優しい兄ちゃんでした。

そんな兄ちゃんが出ていっちゃってから一度も会って無かったんですが昨年の夏から2人で住むようになったんです。

僕は高校卒業後やりたい事も見つからず就職もしないで軽く引きこもり状態だったんだけど、そんな僕を見かねた父親に毎日毎日、説教されて嫌気がさしていました。そのことをお兄ちゃんに相談したら『そっちで仕事を探すよりこっちの方がバイトなんかも沢山あるから、こっちで仕事探してみたら?住むとこなら、しばらく私の部屋においてあげるよ』と言われ僕も早く家を出たいと思ってたし『うん行く!』と即答しました。お兄ちゃんは『そのかわり私を見ても引いたりしないでね。』となんとも意味ありげなセリフを残してその日は電話を切りました!(私を見てもって……外見的なもの…?微妙にお姉言葉だし…もしかしてニューハーフに?…昔からそんな要素はあったしなぁ?…)なんて思ったりもしたけど(ハハハッ考えすぎか)とその時は家を出れることに浮き足だってて、それ以上は深く考えませんでした。その夜すぐにお兄ちゃんと一緒に住むことは伏せたまま『家を出て友達のところに住ませてもらい働くことに決めたから』と親に説明したら親も意味もなく毎日ブラブラされるよりマシと思ったのか快く承諾してくれた。

数日後お兄ちゃんから手紙が送られてきて、もちろん偽名で……(笑)

『仕事の時間帯が不定期で留守にしてる時が多いからマサ(僕)くんがくるとき留守だったら困るから地図と合カギ入れとくね。来るときはメールしてね』と書かれていた。

それから何日か過ぎ、いよいよ出発前夜『あした行くから』とメールしたら『明日は朝早くから仕事で帰りも遅くなっちゃうと思うから合カギ使って部屋に入ってていいよ。1人でたどり着ける?大丈夫?』知らない街に1人で行くのは初めてで少々不安もあったけど親にも明日出発するって言っちゃてるから予定変更もできないし『うん大丈夫だよ』と返信した!

翌日、駅まで親父に送ってもらい電車で2時間半の兄ちゃんの住む街に到着した。僕の住む街なんかとは大違いでビルなんかもたくさん建ってて迷いながらだけど何とかマンションまでたどり着いた。

『なんちゅう豪華なマンションなんだ?名前も合ってるし間違ってねぇよなぁ?どんな仕事したらこんなとこ住めるんだよ?』と思いつつ玄関をあけると、そこには女性用の靴ばかり。『あれっ彼女か誰かの靴か?まさかそれとも?予感的中?』恐る恐る部屋の中へ…家具、香り、化粧品、ぬいぐるみ、そこは絶対に男の一人暮らしの部屋じゃない。僕は恥ずかしながらまだ童貞で女の部屋にすら入ったことがないけど、そんな僕にでも解る『ここは絶対に女の部屋だ。』

悪戯心に火がつき部屋の中を物色しているとタンスが目に入った。ドキドキしながら1段ずつ開けると女の服ばかり、下着も女物ばかりで男物の下着は1枚も無かった。ここまで来たら、ほぼ間違いないなって思ってたんだけどアルバムを発見して確信へと変わった!

さとう里香をギャルっぽくした感じの写真ばかり…。だけど面影はある『間違いない兄ちゃんだ。やっぱりニューハーフになっちゃったんだ』

『引いたりしないでね』って、やっぱりこの事だったんだ。僕は複雑な気持ちのまま兄ちゃんを待つことにした。

『考えてみれば昔から女の子っぽかったし、それなりに要素はたくさんあったからニューハーフになったって別に不思議じゃないよなぁ。まぁブサイクならともかくめっちゃ可愛いし、少しタイプ…(笑)これから一緒に生活していくのもアリかなぁ(笑)。』

『なんて呼んだらいいんだろ?やっぱり今まで通り兄ちゃん?でも見た目は完全に女だしなぁ。う#12316;ん複雑だなぁ(笑)』なんて、くだらないことを考えられるまで落ち着いてきていました。

『それにしても遅いなぁ今日1日、疲れたし眠くなってきたよ』と僕はそのままリビングで朝まで寝ちゃいました。

朝、物音で目が覚めると台所で朝ゴハンを作る女性の姿が『おはよう昨日は遅くなっちゃってメンね。いま朝ゴハン出来るから、もう少し待ってて』ある程度、覚悟はしていたものの、いざ目の前にすると緊張してしまい呆然と立ち尽くした僕に『ビックリした?詳しい話は朝ゴハン食べた後でね』


体験談関連タグ

||||||||||

2014年10月25日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた8【血縁SEX】

母の美佐恵との乱れた関係は、クローゼットに隠れた俺の目の前で、母がタケシに抱かれたことによって、さらに乱れきったものになっていた。





真剣に愛し合って、愛を深めるためのセックスだったはずが、お互いにより深い快楽を求めることが目的になってしまった感じだ。





そして母は、俺をもっと自分に夢中にさせるために、俺に対して色々なことをしてくるようになっていた。

やはり、高校生の俺が学校で若い女子に囲まれている現状が、不安で仕方ないようだ。

もっと、俺を夢中にさせたい、、、 俺を快楽という縄で縛り付けておきたい、、、  そんな気持ちのようだ。

母はネットで色々と調べて、最近では俺の前立腺を責めてくるようになっていた。



アナル自体は、母が愛撫で舐めてくれるので、それほど抵抗はなかったのだが、指を入れられた時の違和感は凄かった。





ローションをたっぷり塗った母の人差し指が、アナルに入ってくる、、、


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年10月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【浮気】浮気相手がニューハーフだった。【不倫】

<>1:名も無き被検体774号+[]:2013/06/18(火)12:51:17.78ID:qO2ykUxrO<>

浮気相手とは俺が3ヶ月、単身赴任してた北陸での出来事だった。

北陸の奴の誘いで合コンに参加して「千春」と出会ったんだ



第一印象は清純そうな感じだし、雰囲気が妙に色っぽい感じだった。

俺も結婚してるから合コンは、その場を楽しめれば良いと思ってたんだが、アドレス交換して会うようになったのが駄目だったかも



北陸を知らない俺に、休日が暇なら案内してよとメールして二人っきりで会って色んな所を案内して貰った。

その日は適当に飯を食って別れたが、色々と話してると凄く良い女だなと思ってしまって、後日に飲みに行く約束をしたんだ。



後日、俺のレオパレスに飲みに来ないかと大胆にもメールしたんだ。

俺も北陸での甘い経験をしてやると息巻いてたからな。



千春は誘いに乗ってきて飲みに来たんだ。




体験談関連タグ

||||||||||

2014年6月15日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【恐怖】祟られ屋シリーズ  転生【危険】

<>583転生◆cmuuOjbHnQsageNew!2007/11/12(月)02:42:48ID:I4yj/tj40<>

この話は長い上に後味が劇悪です。

あと、思い当たる人が居たら知らない振りと言うことで。

登場人物が多いので名前を付けますが、当然すべて仮名です。



皆さんは「生まれ変わり」を信じるだろうか?

俺は何となく、そんな事もあるかも、と思っていただけだった。

その日、俺はマサさんとコンタクトを取るために某所に向かっていた。

高速に乗るまで1時間、高速にのって3時間ほど。

その日の朝まで、俺はある「女」と2週間ほど潜伏していた。

落ち合ったマサさんは、韓国と日本での調査の結果と1枚の黄色く変色したモノクロ写真を出した。

俺の背中にぞくっと冷たいものが走った。

その写真の女は俺がガードしていた「女」、ジュリーこと姜種憲(カン ジョンホン)に瓜二つだったからだ。






体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月1日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】夫が男の娘と浮気してたwwwwwwwwww 【鬱勃起】

なんかもう………脱力……………。



私→26歳接客業主腐

夫→25歳技術職非ヲタ



夫とは大学の同期です。

5年の交際の末、今年の頭に入籍。

夫の親族に結婚を反対され、式は挙げていません。



誰もが羨むラブラブカップル(笑)

でした。数日前までは。



付き合うと同時に彼の暮らしている1LDKのアパートで同棲を始めました。

ていうか、私が転がりこみました。




体験談関連タグ

||||||||

2014年1月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】変態マニアAVを無料+安全に見る方法 【鬱勃起】

有料のフェチ・マニアAVサイトの動画を完全無料で見る方法を発見しました!



しかも、安全な方法で何度でもですよ!



そんなウソみたいな方法が、本当にあったんです。

(既に知っていたら、ごめんなさい。。)



簡単な方法なので、良かったら見てください。





ちなみに、次のようなマニア作品がいっぱいのAVサイトです。



どんな趣味も見つかると思います(笑)



女子高生/素人/美少女/ロリータ/ギャル・ガン黒/お尻・アナル/


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月4日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】ニューハーフに寝取られ【隣の芝生】

私は39歳、妻は37歳で結婚して10年、子供は小3と小1の普通の家庭です。

妻は専業主婦で子育てに専念している普通の女性です。 性生活も地味で、結婚以来

妻から求めることはなく、内容も私の一方的なものでした。 最近は月に一度あるかどうかに減っていますが、特に仲は悪くなく円満な夫婦でした。

妻に少し変化を感じたのは子供が小学校に上がってからです。 友達と昼間に出掛けたり、

友達が家に遊びに来る機会が多くなって、着るものとか身だしなみも気を使うようになったと思います。 

元々美人系でスタイルの良かった妻です、ヘアスタイルや化粧まで少し変わると、仕事中心で家のことに無頓着だった私でも気付きます。 それでも子育てが一段落して、妻が綺麗になることは良い事かな程度に思っていました。

しかしある時、脱衣かごの中で妻のピンクの下着を見たときは少し驚きました。 それまで妻は白かベージュ系の下着しか着けずセクシーなものは嫌がっていました。

それからこっそり妻の下着などが入れてありそうなところをチェックしました。 出てきました、奥の方からカラフルなビキニやTバック、スケスケのスリップのようなものまで今まで見たことがないものばかりでした。  その時私は妻が浮気をしているのではないかと確信しました。

その夜私は妻を求めました。 いつもの一方的なセックスではなく、妻を責めるように時間をかけて徹底的に下半身を愛撫しました。 

妻は逃れるように「今日はどうしたの、ダメダメ」と言っていましたが、大洪水状態になり、最後は「アー、ダメー」と言いながら下半身を痙攣させながら逝ってしまいました。

そんな妻を見るのは初めてでした。 興奮した私は、すぐに妻に挿入し突きまくりました。

いつもは無言のセックスなのに、「感じるのか?、エッチな身体だな?、誰がこんな身体にした?、どこが感じるんだ?・・」など言葉攻めにしながら突きまくった。 妻は「アーアー」としか言わず、最後は顎をガクガクさせながら逝った。 「今日のあなたはどうしたの」と言われたが、その日は二人ともそのまま眠った。

私は妻が激しく感じたことに驚いたし、同時に凄い嫉妬感を感じ、何とか浮気の事実を確認しようと思いました。 

私は会社を休んで妻の行動を監視しました。 といっても一人で出来ることは知れています、分譲の一戸建てなのですが、かなり離れたところから玄関の出入りを見る程度です。

最初の日は、12時頃女性二人が訪ねて来て3時前に帰りました、妻は外出はしませんでした。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年10月30日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 212

このページの先頭へ