相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ 【鬱勃起】

嫁の景子とは結婚して4年経つが、結婚が早かったこともあって、まだお互いに29歳だ。子供もなく、作る予定もなく、二人で楽しく毎日を過ごしている。



景子とは、大学時代から付き合っているので、そこから数えるともう9年も一緒にいる。それでも俺は景子に飽きることもなく、いまだ週に2〜3回はセックスもしている。



景子は、夫補正がかかっているかもしれないが、かなり美人だと思う。黙っていると、ちょっと冷たい感じに見えるのが玉に瑕だ。

それに、怒ってにらんでいるときの顔は、北川景子にそっくりに見える。



そんな景子なので、昔からとにかくよくモテていたそうだが、なぜか年下の女子に惚れられることが多かったそうだ。レズっ気のない景子なので、告白されても応えることはなかったそうだが、そういうファンの後輩女子のガードがキツくて、男っ気のない中学高校時代を送ったそうだ。



その反動で、大学に入ってしばらくはコンパ三昧だった景子だが、意外なことに俺と大学2年の終わり頃に付き合いだしたとき、まだ処女だった。意外と古風なところがある景子は、俺と付き合いだしてからも、1年もセックスをさせてくれなかった……。



そして、黙っていると気の強い感じに見える景子だが、ほとんど俺の言いなりみたいな感じだ。セックスも、コスプレや大人のオモチャなどは経験済みだ。

ただ、景子は羞恥心がちょっと強すぎるのか、セックスにあまり没頭できていない感じがあるのが、唯一少し不満な点かもしれない。だがそれも、最近急速に変わってきた。






体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】ちょっとオカシイ姉【血縁SEX】

うちの姉はちょっと変わってる。てかかなりオカシイ

顔普通。身長低め。体細め。でも胸は気持ち悪いくらいデカイ(今Iカップ)

とスペックはまぁまぁに見えるが、性格がキチガイじみている



・電車で尻を触られてる時、仕返しにと屁をこくがみもでる

しかも「この技の弱点はオムツをしなければならないこと」と反省する

漏らす前提かよ…(‘A)



・坂道で自転車前輪のブレーキがキレる。目の前には民家

なぜか後輪ブレーキを使わず自転車を捨てて空中に飛び上がり、向かいにあった

民家にヘッドスライディング

民家のドアは壊れたが姉は無傷だった…(‘A)



・高校の頃、親父に大学帰りの姉を頼むから迎えに行ってくれと頼まれる

駅と家の中間地点の自販前で待っていると、前方にイルミネーションが見えた


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月13日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】一度だけの記憶に残るセックス【血縁SEX】

俺が高校生の時に中一だった妹にエロいアルバイトをさせたことがある。

別に風俗などで働かせたりした訳ではない。

俺から小遣いを渡して妹にエロいことをさせてもらっていたというコトだ。



漫画を借りに妹の部屋に入ったときに部屋の机の奥にエロ漫画が隠してあるのを見つけたのがキッカケ。

ガキだと思っていた妹がそんなことに興味があるとわかってスゲー興奮した。

ちょっとオタク気味だった妹はいつも「漫画を買うお金が欲しい」と言っていた。

確かに親にもらう小遣いでは全然足りていない様子、俺はバイトをしていたので小遣いには結構余裕があった。

そこで俺は思い切って「小遣いやるからオッパイ見せろよ〜」と冗談交じりに言ってみた。

最初は妹も冗談だと思ったらしく「やだぁ、お兄ちゃんの変態っ」とか言って笑っていたが具体的な金額を俺が言うと黙って自分の部屋に戻ってしまった。



その日の夜、俺の部屋に来た妹はいくつかの条件つきならオッパイを触らせると言ってきた。

・キスはしないこと

・直接は触らないないこと

・親やお互いの友達には絶対に秘密にすること


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年4月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】会社の飲み会でマネージャーを持ち帰った話【隣の芝生】

<>481 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 21:40:40 ID:ZNLZLxwZ0 [1/6]<>

一昨日の飲み会で39歳女上司正子マネージャーを持ち帰った。化粧ッ気の無い、童顔といえば童顔薄化粧のためか39には見えない。その日の正子マネージャーの服は、屈むと胸の谷間が見える結構胸の所が大きく開いたノースリーブのワンピース。一次会は、マネージャー以下女性5人に男性4人マネージャー以外の女性は20代と若いノースリーブにショーパンの女性もいて目の保養にはなったが、正子マネージャーのなんともいえない、純真さというか男をあまり知らない初心さのようなものを感じ、隣に座った俺は、ずっと胸の谷間を凝視していた。9時まで飲み2次会のカラオケへカラオケでも正子マネージャーの隣に座り腋の隙間から見える黒いブラとハミ乳を見ながら正子マネージャーに色々な酒を勧め結構酔いが回り眠りに付きそうだった。



<>482 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 21:53:53 ID:ZNLZLxwZ0 [2/6]<>

12時カラオケも終わり、各々帰ったが正子マネージャーが酔いが回りグッタリとしていたので、俺が肩を支え周りからは後輩たちに「先輩マネージャーお願いします」の一言を残し帰っていった。先輩といっても後輩と2歳違い、マネージャより14歳も若い。内心、しょうがないなぁと思いながらも目は笑っていたに違いない。マネージャーに「マネージャータクシー乗りますか?」と聞いても返事が無い。しょうがないのでとりあえずタクシーに乗せ俺のマンションヘと持ち帰った。タクシーに乗ってる間、俺の肩にずっともたれかかって寝ているマネージャー15分ほどでマンションに着き、マネージャーを抱えマンションへと入った。



<>483 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 22:15:28 ID:AThfuEnH0<>

紫煙



<>484 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 22:17:18 ID:ZNLZLxwZ0 [3/6]<>

酔いが完全に廻ったのか、グッタリとして手足をダラ~ンと伸ばしきって俺に身を預けているマネージャー。部屋に入り、ソファに寝かせるとワンピースが肌蹴太股までずり上がり太股の奥の黒い下着と白くスレンダーな太股が目の前に俺は時間を忘れずっと見ていた。すると寝返りをうって向きを変えたマネージャーを見て我に帰り、冷蔵庫から冷えた水を出し一気に飲んだ。冷静さが戻ると、逆にこのチャンスを見逃すのかという心の誘惑が体を動かし、気がつけばワンピースの背中のジッパーを下ろしていた。



<>485 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/06/16(水) 22:24:02 ID:hT5wvlmQO<>

梅雨のジメジメの中、妄想乙




体験談関連タグ

||||||||||||

2014年1月28日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】会社の飲み会でマネージャーを持ち帰った話【隣の芝生】

481 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 21:40:40 ID:ZNLZLxwZ0 [1/6]

一昨日の飲み会で39歳女上司正子マネージャーを持ち帰った。化粧ッ気の無い、童顔といえば童顔薄化粧のためか39には見えない。その日の正子マネージャーの服は、屈むと胸の谷間が見える結構胸の所が大きく開いたノースリーブのワンピース。一次会は、マネージャー以下女性5人に男性4人マネージャー以外の女性は20代と若いノースリーブにショーパンの女性もいて目の保養にはなったが、正子マネージャーのなんともいえない、純真さというか男をあまり知らない初心さのようなものを感じ、隣に座った俺は、ずっと胸の谷間を凝視していた。9時まで飲み2次会のカラオケへカラオケでも正子マネージャーの隣に座り腋の隙間から見える黒いブラとハミ乳を見ながら正子マネージャーに色々な酒を勧め結構酔いが回り眠りに付きそうだった。





482 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 21:53:53 ID:ZNLZLxwZ0 [2/6]

12時カラオケも終わり、各々帰ったが正子マネージャーが酔いが回りグッタリとしていたので、俺が肩を支え周りからは後輩たちに「先輩マネージャーお願いします」の一言を残し帰っていった。先輩といっても後輩と2歳違い、マネージャより14歳も若い。内心、しょうがないなぁと思いながらも目は笑っていたに違いない。マネージャーに「マネージャータクシー乗りますか?」と聞いても返事が無い。しょうがないのでとりあえずタクシーに乗せ俺のマンションヘと持ち帰った。タクシーに乗ってる間、俺の肩にずっともたれかかって寝ているマネージャー15分ほどでマンションに着き、マネージャーを抱えマンションへと入った。



483 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 22:15:28 ID:AThfuEnH0

紫煙



484 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 22:17:18 ID:ZNLZLxwZ0 [3/6]

酔いが完全に廻ったのか、グッタリとして手足をダラ~ンと伸ばしきって俺に身を預けているマネージャー。部屋に入り、ソファに寝かせるとワンピースが肌蹴太股までずり上がり太股の奥の黒い下着と白くスレンダーな太股が目の前に俺は時間を忘れずっと見ていた。すると寝返りをうって向きを変えたマネージャーを見て我に帰り、冷蔵庫から冷えた水を出し一気に飲んだ。冷静さが戻ると、逆にこのチャンスを見逃すのかという心の誘惑が体を動かし、気がつけばワンピースの背中のジッパーを下ろしていた。



485 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/06/16(水) 22:24:02 ID:hT5wvlmQO

梅雨のジメジメの中、妄想乙


体験談関連タグ

||||||||||||

2013年4月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ