相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】結婚こわい【危険】

政伸Vs美元「6・1」法廷初バトル!ドロ沼いよいよ大詰め

2012.5.422:02(1/2ページ)[俳優]



 俳優、高嶋政伸(45)と妻でモデル、美元(みをん=32)の離婚裁判で、6月1日に本人同士が東京家庭裁判所に出廷し、対決することが3日、分かった。高嶋が訴えを起こした昨年3月から1年2カ月。生活費の金額をめぐるバトルが発覚したほか、2人の夫婦げんかとみられる音声がインターネット上に流出するなど、泥沼化する裁判が大詰めを迎える。(サンケイスポーツ)



 芸能界のおしどり夫婦として有名な高島忠夫(81)、寿美花代(80)を両親に持つ政伸。その両親とは真逆で、別居中の妻と法廷対決する日がやってくる。



 関係者によると、6月1日に東京家裁で行われるのは、原告の政伸と被告の美元に対する本人尋問。これまでは書面や証拠資料を提出して裁判が進められてきたが、初めて2人が裁判官と双方の弁護士から夫婦関係の破綻した経緯などについて尋問を受けることになる。



 政伸は昨年、原因についてマスコミあての文書で「主にお互いの性格の不一致、考え方(生活観、仕事観)の相違」と説明し、修復困難として離婚を希望。美元に渡す毎月の生活費50万円などをめぐって対立してきたことも明らかになった。現在も法にのっとり、婚姻費用として毎月45万円を美元に払っている。



 これに対し、美元は証拠資料として家裁に政伸からのDV(家庭内暴力)をほのめかす夫婦げんかの音声データを提出。にもかかわらず、慰謝料など金銭的な要求を一切せず「離婚はしたくない」としており、双方の主張は平行線をたどっている。



 離婚裁判の本人尋問では通常、それぞれが感情的になるのを避けるため時間差で出廷する。今回も政伸か美元のいずれかが先に尋問を受けて退廷した後、控室などにいるいずれかが出廷することになりそう。このため、直接顔を合わせる可能性は少ないが、同じ日の対決で裁判自体は大詰めを迎えることになる。




体験談関連タグ

||||

2015年6月9日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】犬の檻(バトル3)【血縁SEX】

犬の檻(バトル1)

犬の檻(バトル2)



未央は両腕で胸を抑えながら一生懸命に、竹竿にくくり付けられたチューブの「輪っか」をかわし続けた。もちろんヤギではないのでなかなかうまくはいかない。

しかし、それも長くは続かなかった。ひとりの男の子がノズルのついたホースをもってきたのだ。

引き金を引くと水が霧のように飛び出した。暑い日差しの中で虹が見え、お互い水をかけあった。



そして、その霧は未央に向けられた。男の子がノズルを絞ると、霧は鋭く細い線となって未央の身体に当たり始めた。



「きゃああ」

顔を守ると胸が、胸を守ると股間を、股間を守ると尻が狙われる。そして、ついに左手首が「輪っか」に入ってしまい、竹を引っ張りながら、ぐるぐるひねって「輪っか」をねじると、手首が締めつけられてしまった。



『あっ!』

「やったあ」

そして続いて右手首も捕らえられた。未央は鉄格子の外の両側から、両腕を自転車のチューブで捕われ拘束されてしまった


体験談関連タグ

||||||||

2015年3月13日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】こっくりさん【危険】

こんばんは。

先に言いますが全て妄想ですwフィクションですw

特定とか怖いので勘弁してくださいw



先輩と、その幼馴染との話を。

先輩には幼馴染がいる。但し、自称だ。

彼は「広域に指定される粗暴な団体の方々」のパシリをしていた。



彼は、先輩の幼馴染と言うだけあって、性格も激似だった。

いわれの無いバトルに何度も巻き込まれた。

「第一回チキチキどっちが痛いでショー」

「は? 何すか何すかw」

ばちこーん! デコピンとは思えない音。頭蓋骨に伝わる衝撃波。首がw何で首が痛いw

「いったぁー!何すんすかw!?」

「じゃあ次オレー」


体験談関連タグ

|||||||||

2015年3月5日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】犬の檻 (バトル1)【血縁SEX】

高校2年の夏休みに。田舎にある父の実家に遊びに行った。いつもは両親といっしょなのだが、父が小指を骨折して通院しているので、自分だけが行くことになった。JRで1時間。バス停から歩いて20分。林に囲まれた道の途中に人家はない。途中の崖の向こうにJRの列車が見える。首に巻いたタオルが汗を吸ってくれる。



『久しぶり、健ちゃん、暑かったでしょ。どうぞ、上がって。』

「おじゃましまあす。」



そこには従姉妹で同じ学年の未央がいた。その日は伯父も伯母も隣町に出かけていて、家には未央一人だった。未央は白のTシャツにショートパンツ姿のボーイッシュな格好がまぶしく、可愛かった。実は、自分一人だけでもあえて来たのは、未央に会いたかったからだ。当時は女子と話すのは苦手で、ぶっきらぼうにしかできなかったが、未央には自然に接することができた。



家にあがってしばらく、エアコンの効いた応接間で、出されたジュースを飲みながら未央と楽しく話していたが、2時を過ぎたころ、近所の男の子が自転車で遊びにきた、小学生の3人組だ。



「お姉ちゃん、遊ぼう。」

田舎の農家は近所付き合いがさかんで、近所の子供が遊びにくることもよくある。



『ごめん。今日はお客さんだから。そうだ、お姉ちゃんと庭で遊ぼっか?』



『健ちゃん。ごめんね。ちょっと子供たちの相手をしてくるから。2階でテレビでも見て涼んでいてね』


体験談関連タグ

||||||

2015年2月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】どうしてこうなってしまった【感動】

★☆☆☆☆どうしてこうなってしまった・・・,







レビュー対象商品:

ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル(通常版)









具体的にどこがどうダメかは他のレビューしている方たちがとてもわかりやすく書いているので割愛します。

代わりにこのゲームが発売される前の期待感を裏切られた事について書きます。








体験談関連タグ

|||

2015年1月29日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】さっき見た夢が怖くて寝れなくなった【危険】

気づくとそこは、自分の家のリビング。俺を抜いて12人のすごい懐かしい友達がいる。



その中ですごい昔に自分に気を寄せてくれている女の子がいるんだけど、その人がすごい自分勝手。



みんなの気を引こうとして、どっかに隠れたり、わざと怪我したり



そのうち皆別の話をし始めるんだけど、相変わらず俺は、何で自分の家でこんな事が起こってるのか謎の状態。



そしたら「寝よう」って事になったんだけど、その時俺の携帯に新着メール。



見たらその自分勝手な女の子からだった。何かな?って感じでメール見て



「どこにいると思う?」という飾りっ毛のない文字。



俺は、またかよこいつって思いながらトイレの流れる音がしたから、勝手に少ししたら帰ってくるだろうって気持ちになってた。


体験談関連タグ

||

2014年12月9日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】後の怪物【危険】

お昼時のお蕎麦屋さん

店員:20代前半の可愛いお姉さん、低身長巨ヌー

来店した家族:両親は40代、子(男)は小学校の高学年くらい?子は顔つきからして障害がある感じだった。



店員「では、お席にご案内いたします」

子「…」無言で店員の手を握る

親「こらっ!すみません」

店員「ウフフ、じゃあ一緒に行こっか〜」

親子を席に案内すると

子「…」無言で店員に抱きつく

親「!もう!!本当に申し訳ないです」

店員「いいえ〜お子さん可愛いですね〜」

男の子を抱き返して頭ナデナデ



文章では伝わりにくいけど、子の言動にハラハラしてる親に対して、店員さんが全然動じずに始終ニコニコしてて何だかじ〜んとしてしまった。


体験談関連タグ

|||||

2014年11月25日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】居間でしていた俺が悪い…VS姉【感動】

居間でオナって姉に見られて、結果、野外オナニーしているとされた俺です。



遅くなってすみません。結果報告を書こうかと思います。



書き出しに姉のスペックを。



姉・22歳。都内某所のこ洒落た洋服屋で働いている。胸はまったく無い瘠せ型のチビッ子だが、中島美嘉に似ていると思う。ガサツだけど性格は優しい。



とりあえず、こんな感じ。昨夜、店が終わって姉が帰ってきた所でバトル開始。姉の部屋に入り、相談に乗ってほしいと持ちかけた。



相談は姉が勘違いしている俺の性癖「野外オナニー」をどうしても止められそうにもない、という内容にしました。



これで「止められそうにない」→「だからせめて姉ちゃん協力して」→「姉の前でオナニー」→「欲情した姉とエッチ」と、いう流れを狙ってみたわけです。



手始めに、まぁいろいろと世間話をして場を濁し、姉にコロナビール一本飲ました所でバトル開始です。


体験談関連タグ

|||

2014年10月7日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】恐怖のぺ二バン・スクーター【危険】

「おい…マグナキッドよ…俺のDN−01に付いて来れるか?」

「だっ!誰だ!」マグナキッドが振り向くとそこには、ペ二バンを頭に被り誇らしげにDN−01に跨りながらマグナキッドを変態面で二ヤリと見ている田口(自称)がいた。

田口は左手で頭に被ったぺ二バンをすりすりしながら「お互いホンダのネタバイク同士ここでケリをつけようじゃないか。先に頂上に着いた方が勝ちだ、良いかな?」

マグナキッドは夜空を見ながら「ふっ…構いませんよ…そんなペ二バン・スクーターで俺に挑戦してくるとは良い度胸ですね、思い知らせてあげますよ」



そして二人の熱いバトルが始まった!

「ブビ!ブビ! おいマグナキッド、俺が石を投げてその石が地面に落ちた時にスタートで良いな?」

「ポポポポーン! えぇ大丈夫ですよ、さっさとして下さい」

空中に投げられた石が地面に落ちる…カチン!

ブビブーーーー!ポオーーーーーン!

二台のマシンがフルスロットルで発進する。

「ふ、馬鹿めスクーターに負けるなんて俺のプライドが許さん!俺のマグナ50の野生プライドを舐めるなよ!」

「甘いは!俺のスクーターの野生とペ二バンを舐めるなよ!」

コーナーが迫ってくる!「行きますよ!田口さん!」マグナキッドのバイクが可憐にフルバンクを決めてコーナーを駆け抜ける。

「温いわ!」田口のDN−01がステップがガリ!ガリ!と地面を擦る。


体験談関連タグ

|||||

2014年9月19日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】彼女が親戚だった…【血縁SEX】

とりあえずスペック



俺、168.8cm57kg



26歳になるオタ

さらにプオタでもある…



中卒だけど、仕事はホテルで調理してる

ちなみに顔は、櫻井翔に似てると言われたw





彼女、164cm体重は多分50kgくらい



23歳




体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月13日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 41234

このページの先頭へ