相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】オカルト体験談【危険】

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

これは母から聞いた話なんですが

結婚前勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事していました。

目の前を毎朝御近所のおじいさんが通り、お互い挨拶をかわしていました。

ある日は果物や家でとれた野菜など差し入れてくれる日もあったとか。

母はそのおじいさんと仲良しだったみたいです。

おじいさんが来るとき、さくさくと雪を踏む音が聞こえてくるので

いつも窓を開けて挨拶していたそうです。

でもある日おじいさんは顔を出しませんでした。

家族の人に聞くと、「山に行ったっきり帰ってこない」と。

捜索願いも出され、母も事務所の人たちもとても心配していたそうです。



二日後の朝、いつものようにさくさくと音がするので

おじいさんが戻って来たんだと思い母は窓を開けて顔を出しました。

事務所の人たちも窓のところに寄ってきました。


体験談関連タグ

|||

2015年8月16日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】腕を這うもの【危険】

 この実話は怖いというかキモイというか…虫の嫌いな方は読まない方が良いかも知れません。



 僕の実家には花壇を造るような庭が無かったので、僕の母はプランターに様々な植物を植えて楽しんでいました。

 僕もたまに植物の手入れを手伝いました。僕の好きなクチナシの花は春先や初夏には葉に蝶の幼虫が付くので箸で摘んで駆除したりしていました。



 さて、それは今から十数年前の異常に暑かった夏の夜の出来事です。

 その日の夜も気温が下がらず、茹だるような熱帯夜でした。でも僕はエアコンが苦手なので窓を開けて網戸にして汗だくになりながら寝るのです。

 僕は暑さに辟易しながらも、窓の外のすぐ近くに置いてあるプランターのクチナシの花から漂ってくる甘い香りを嗅ぎつつ、いつしか眠りに落ちていました。

 

 どのくらい寝た頃でしょうか。

 僕は自分の体に何かの感触を感じて眠気が覚めました。

 まだ眠くて朦朧としながらも感触がどこから来るのか意識を集中し、その感触が左腕なのだという事に気が付きました。

 そして僕は慄然としました。半袖パジャマから出ている左腕。その左腕を誰かが触れている感覚がするのです!

 まるでヒンヤリとした女の指先で触れられているような感触…。そしてその感触が徐々にゆ〜っくりと動かされるのを感じて鳥肌が立ちました。




体験談関連タグ

|

2015年7月30日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】小学5年生の妹のオナニーがすごくて 【血縁SEX】

僕には11才離れた妹の優奈(小学5年生)がいる。

去年の夏のある日曜のこと。



僕は毎週日曜、いつも朝からパチンコ屋に並んで(朝8時半から)

パチンコを打つのだが、その日は体調が悪く部屋でずっと寝ていた。



妹は日曜はいつも遅くまで寝ていて朝10時くらいにしか起きてこないと

母親が言っていた。



その日はうちの両親が朝早くから出かけると言っていたので今は

優奈と二人っきり。



10時になり優奈が起きたらしく、一階へ降りていった

(僕と優奈は隣同士の二階の部屋)。




体験談関連タグ

||||||||||

2015年7月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【浮気】嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【不倫】

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。



知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。

お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。



お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。



嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。



お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。



嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に

お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・



お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。


体験談関連タグ

|||||||

2015年5月31日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【泣ける】あなたといて本当にしあわせだった。【感動】

☆嫁をいとおしく思う瞬間Part3☆





275:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木)00:40:36

ここ読んでたら夫に会いたくなった。

会いたいよ。声が聞きたいよ。顔がみたいよ。抱きしめたいよ。

あなたのパジャマ、もう匂い消えちゃった。

あなたのそばにいきたいの我慢するのはもう限界かもしれない。

私が会いにいったら、いつもしてくれたように頭を触って名前呼んでね。

私もいつものように、あなたの大きな厚い手をほっぺに当てて目を閉じるから。

あなたといて本当にしあわせだった。





276:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木)06:26:43

275


体験談関連タグ



2015年5月27日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】HITMANのショートケーキ【感動】

俺には歳が六つ離れた妹がいた。

俺は小学校の頃からずっと体育5とかで元気だけが取り柄みたいな子供だったんだが、妹はちょっと体が弱くて少し体調を崩すと何日も熱で寝込んじゃうくらいだった。

そんな事もあってかお互いケンカもほとんどなく本当に仲良く楽しく暮らしていた。

結構妹に甘くて、いつも何か頼み事されたら断り切れないでそれを聞いてしまう。



例えば、苺のショートケーキがおやつに出たら、出た瞬間にはもう妹が顔で合図してくる。

俺も馴れたものでそれだけで「はいはい・・・・・・」って感じで聞いてしまう。

そしたら妹は、たった一つの苺で大はしゃぎする。あれを見たら苺の一つや二つなんかまじで安いもんだって思った。

本当にそんな何でもない日々を過ごしていた。

でもさ、現実なんて本当にもろいもんだった・・・・・・。



俺が高校2年生の時だった。

その日の朝もいつもと変わらない朝のはずだった。

いつもの目覚ましで起きて、いつもの制服に着替えて、いつもの道を通って学校に行く。

そんな何でもない日だったはずなのに、朝起きたら両親がやたらと騒いでいた。


体験談関連タグ

|||||||

2015年5月4日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】空の上でも洗濯【感動】

70:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/21(日)14:24:17

昨日娘と墓参りしてきた。

ピーカンで気持ちよかったぜー。

晴れてるときは洗濯三昧で、

シーツからタオルケットから枕カバーからパジャマから洗いまくっては干しまくってた嫁だったから

きっと空の上でも洗濯してるんだろうなーとか思いながら、

シュウメイギクって花を供えてきたよ。



今日は雨だ。

コーヒーでも飲みながらのんびりしてるかね、嫁。

娘は彼氏とデートだってさ。



嫁が逝ってからもう8年、娘も大学生だ。

いい子に育ったよ。彼氏もいいやつだ。

俺の勤めもあともう少し。


体験談関連タグ

|

2015年4月27日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子3 【血縁SEX】

慶太は、ネットで入手した魔法の薬で、大好きな母と結ばれることが出来た。そして、母がリビングでオナニーをしている姿までwebカメラで盗み見たことで、慶太の心は決まった。今日は、母にバレるのを覚悟の上で、極限まで薬を薄めようと……。





そんな決意を胸に、慶太は学校が終わると寄り道もせずに真っ直ぐ帰宅した。

『お帰りなさい! 早かったのね?』

母は、いつものセーターにエプロン姿ではなく、長袖のカットソーにジーパン姿だった。こういう若々しい格好が、本当に様になる。そして、ほどよく身体にフィットしたカットソーは、彼女の肉感的な身体を強調している。



「あれ? 出かけるの?」

『そう! これから、康太とデート!』

母はそう言うと、康太の腕に自分の腕を絡ませた。母のふくよかな胸が腕にあたり、康太は一瞬身体を離そうとした。でも、昨日康太は母のすべてを知った。もう、恥ずかしがることもないと思い、そのまま母の好きにさせた。



『どうする? 何食べる?』

母は、本当に楽しそうだ。こんな無邪気な笑顔を見せられると、反抗期など吹き飛ぶと思う。実際、康太は反抗期もなく、母のことが大好きなままだ。



そして、二人で回転寿司に行き、お腹いっぱい食べた後、二人でカラオケに行った。同級生などに話を聞くと、家族でカラオケなんてあり得ないとか言われる。まして、母親と二人きりで行くなんて、狂気の沙汰だと言われている。でも、康太にとっては最高の時間だ。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】嫁が勝負に負けて僕の親友に手コキした完 【鬱勃起】

中2の夏から、ずっと一緒にいる妻の果穂。本当に、僕にはもったいないくらいの素敵な嫁だ。目元は吉高由里子にそっくりだし、何よりもFカップの美巨乳が最大のウリだ。



そんな自慢の嫁なのに、些細なきっかけで果穂が他の男に抱かれるのを見たいと思ってしまった。そして僕は、親友の山川に協力してもらうことにした。

彼に頼んだのは、気心の知れた親友だからという理由だけではなく、果穂の初恋の相手が山川だからだ。そんな山川だからこそ、果穂を抱かせたい……。そんな歪んだ感情を持ってしまっていた。



とは言っても、果穂の初恋の相手が山川だったというのは、僕の主観だ。でも、間違いないと思っている。僕は一目見たときから果穂のことが好きだったので、いつも彼女のことばかり見ていたから、よくわかる。





そして、いま僕の目の前では、上半身裸の果穂が、山川のペニスを手コキしている。僕は、妄想の中でこんな場面を思い描いていた。でも、リアルは妄想をはるかに凌駕していた。



山川は、果穂に手コキをされて本当に気持ちよさそうにしている。果穂も、すでに胸を隠すことをあきらめて、おっぱい丸出しで手コキを続ける。山川は、そんな果穂のおっぱいをニヤけた顔で見つめている。



Fカップなのに、重力がおかしくなっているのかと思うくらい、垂れずにツンと上を向く果穂のおっぱい。乳輪も乳首も小さく、そして綺麗な薄ピンク色だ。



すると、


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年4月5日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】妹とソファー 2【血縁SEX】

<>86名前:イラストに騙された名無しさん[sage]投稿日:2009/06/01(月)18:16:39ID:YC18UPPA<>

夜更かししたせいか、昼過ぎに起きてきた妹がドン兵衛作り始めた。

寝起きにウドンですかと眺めてたらポットのお湯が空だったらしく、ポットとドン兵衛持って台所に行った。



戻ってきた妹はそのまま俺の座ってるソファーに寄りかかってウトウトしはじめた。

因みに、ポットは空のまま、ドン兵衛には並々と水が入ってた。

寝惚けてらっしゃるのね…



<>88名前:イラストに騙された名無しさん[]投稿日:2009/06/01(月)21:01:16ID:67f4BtkC<>

先週、俺が夜11時頃に家に帰ってきて、リビングのテーブルで一人夕飯のカレーを食っていた。

すると、部屋で寝ていた妹がリビングに現れ、突然パジャマのズボンとパンツを下ろした。



突然の事で呆気に取られてそのまま観察していたら、ソファーの座る所をぴしぴし叩いた後に、当然の様に生尻でソファーに座った。

俺はそこで我に返り、「まてまてまて!」と妹の腕を取り立ち上がらせた。

「トイレはあっち!!」


体験談関連タグ

||||

2015年3月23日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 6312345...102030...最後 »

このページの先頭へ