相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】ほしのあき似の彼女【感動】

俺の高校3年間を通じての恋人は、ほしのあきそっくりだった。

ほしのあきは165cmということらしい。俺の彼女、美来は高1のときにそのくらいの身長だった。

ほしのあきそっくりというのは童顔で細身の巨乳だったということなんだ。

俺は同じクラスになった彼女が、背が高くほっそりした童顔の女の子だと感じたものの、

俺の好みではなかったので、実は全く関心がなかった。俺はきりりとしたきつめの目をした女性が好みだった。

当時でいえば女優の中島ゆたかみたいなちょっと悪女っぽい大人の雰囲気の女性に憧れていた。

だから美来のことは眼中になかった。彼女は明るく世話好きで人気があったし、勉強もよくできた。

体育の時間に女子と一緒にグランドに出たとき、彼女の胸がただものではないことに男子全員が気づき、俺の周りは

「おい、H(美来の姓)、ブルンブルン揺れてるぞ、すげぇなぁ」と言っていたが、俺は巨乳(当時そういう言葉は

なかった)にもそれほど関心がなかったので、特に反応しなかったと思う。

5月下旬の中間考査が終わった日に、俺は美来から手招きされた。それまで親しく喋ったこともなかったので、何事かわからず、

俺は彼女に歩み寄った。すると周囲に素早く目を走らせた彼女はさっと俺にメモを渡した。その場で見るのはまずそうな気がして、

何気なく歩いて廊下に出てから見た。「今日の放課後に■(地名)の●(店名)に来て下さい。どうしてもお話したいことがあります」

と書かれていた。一瞬俺ラブレターかなと思ったが、俺と親しく話したわけでもないし、彼女から俺に親しく話しかけてきたこともない。

すると彼女と仲のよいE美が、俺を・・・・と思った。というのはE美は細身のきりりとした顔立ちで、俺は好きというわけではなかったが、


体験談関連タグ

|||||||||

2015年5月13日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】SM体験談 【鬱勃起】

ちょっと前、男ばかりで西半球某所のビーチに行ったんだ。ホモじゃねえぞ。

「穴場狙い」でバカンス期を外して、有名な保養地からも離れた場所にした。

確かに安く上がったが、寂しいくらいの人の少なさだったな。




体験談関連タグ



2015年5月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】スワッピング体験談 実はエッチ大好きだった彼女のユイは先輩の巨根に何度もイカされまくる 【鬱勃起】

以前起こった衝撃的な出来事を書きます。

まずは人物紹介から。



俺(ユウキ) 24歳会社員。高身長だけどフツメン、モテない。



彼女(ユイ) 24歳で僕と同い年。清楚でロリっぽくて可愛い顔してます。学生時代に付き合い始めて3年目。

別の会社で働いています。身長は160センチないぐらい。すごく色白で、胸はDカップ。

正直、俺には不釣り合いなぐらい可愛い。



先輩(アツシ) 27歳、会社の先輩。幼い頃からサッカーしてたそうで細マッチョ。

同い年の奥さんとは付き合い始めて2年目。さわやかイケメンで昔からモテたそう。



先輩の彼女(マユミ) 27歳で同じ会社。筧美和子に似てる。もともと先輩とは同期で、部署は違いますが僕もよく知ってます。

背が高くて(167センチって言ってた)スタイル良い。Fカップの巨乳の持ち主。

イケメンの先輩と相応な綺麗な人。優しくてノリが良い。


体験談関連タグ

||||||||||

2015年3月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】便秘の妹が…【血縁SEX】

去年のまだ寒くなる前の頃の話です。

23歳の妹が週末の夜、俺の部屋にやって来た。

「お兄ちゃん、ちょっと…いい?」と、何か俺の様子を伺う様な何時もと違う感じの妹だった。

「どした?」と何時もと変わらない応対をすると、そっとドアを閉めてモゾモゾとしながら俯き加減で後ろ手に何かを隠していた。

「あ、あのさ…その…えっと…」何か物凄く恥ずかしがっている様子だった。

「なんだ、悩み事か?」と尋ねると、「ま、まぁ、悩みって言えば悩みなんだけど…」そう言ってまた黙ってしまうので、「ハッキリ言ってくれないと俺だって何もしてやれないぞ」と言うと「そ、そうだよね…あ、あの…あーっ!やっぱ無理!」と首を激しく左右に振り「でも…」と再びしゅんとしてしまい、「な、なんだぁ?」と不思議そうに思っていると意を決したのか「お兄ちゃん、お願い!コレ…してくれる…?」と差し出したのはイチジク浣腸だった。

俺は一瞬「へっ?…おま、それって…」最後まで聞く前に、こくんと頷くと「もう二週間出てないの…」その言葉に思わず「に、二週間!」と叫んでしまった。

「色々便秘薬とか試したけどダメで最後の手段と思って買ってはみたものの、自分一人だと何か上手く出来なくて…だからってこの歳になってまで、お母さんに頼むのも恥ずかしいし…」「で、俺なのか?」「うん…お兄ちゃんなら、いいかなぁ…なんて(苦笑)」まぁ確かに10歳近く年の離れた俺は妹のオムツも替えていた位だから…とは言え、今はもう成人した妹の大事な所を見るなんて…

でも、本気で悩んでいる妹を見捨てる事なんて出来ないので俺は妹の手からイチジクを受け取った。

「どうすればいい?」と不安そうに聞いてくるので、「とりあえずパンツ脱いでケツ出さないとな」と言うと、履いていたデニムのスカートを捲りパンツを脱いだ。

「そこに四つん這いになって」と指示すると、床に両手を付いて四つん這いになった。

足を少し開かせ、その間に割って入る様に座ると、アナルは勿論、割れ目もバッチリ見えて、十数年前に見た割れ目とは大分変り、縮れた毛が大事な場所を守る様に茂っていた。

俺のチンポはもうギンギンだった。

何とか理由をつけて色々やりたいと思った。

イチジクを箱から取り出しキャップを外すと妹の肛門に宛がうが、「痛い…」確かに濡れてない状態での挿入は痛いよなと思い、「ちょっと待ってな」と言い残し俺はローションを取りに行った。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年2月21日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹【血縁SEX】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。



唯一、海へ泳ぎに行った位だった。



それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。



事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。



仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…



まあ、とにかく海に行く事に決まった。



で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。



それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年1月28日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉と沖縄【血縁SEX】

<>128名前:姉と沖縄◆mV4KDr3cdc投稿日:03/08/2402:26ID:L9Vmd97F<>



先週金から月曜まで、3泊4日で姉貴と二人だけで沖縄へ旅行に行ってきました。

元々、俺と男友達の二人で行く予定だったのですが、友達がツアー直前になって原チャリ事故で足を14針縫うケガをしてしまい旅行はムリ。でもツアー代は払うから別の人探して行ってくれ。との事で姉貴を誘うことにしました。

姉貴はバツイチで10ヶ月ほど仕事はしていません。「安いツアーなんだけどさ〜・・・姉ちゃんは自分のお土産代だけあれば良いんだけど一緒に行く?」と誘ったら二つ返事でOKしてくれました。

俺は十代の頃から姉貴に対して萌えだったし、姉貴と二人で旅行なんてしたことが無かった為、ケガした友達には悪いと思いながらウキウキ気分になってました。





<>129名前:姉と沖縄◆mV4KDr3cdc投稿日:03/08/2402:27ID:L9Vmd97F<>

旅行当日、二人とも初沖縄INだったんですが、子供のようにはしゃぐ姉貴はかなり結構テンション上がってました。

那覇空港へ着いた時に、辺りを見回すとカップルとファミリーが多いこと多いこと・・・。

姉弟で旅行に来ているやつなんて居ないんだろうなと思っていると、姉貴が「私達もカップルに見えると思うよ(w)」と、俺の心を見透かしたようなセリフを言いました。

ギクっとした俺は「マジかよ?じゃあさ、カップルらしい振る舞いしてくれよ〜」と言うと「あとでね」とニコリと笑って言い返してきました。

この、「あとでね」というたった一つの言葉が、滞在中の俺と姉貴の行動に関わってくるとは、この時は思いもしませんでした




体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月11日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹二人の全裸【血縁SEX】

去年、俺と彼女とでイタリアに旅行に行く計画を立ててたんですけど

そこに俺の妹達も便乗するってことになったんです

まぁ別に彼女とのエッチも飽きてるし、まぁどうでもいいやと・・・

妹は二人いて、高3と中2です。二人とも海外は初めてということもあり、

はしゃぎっぷりはすごいものがありました。

保護者の俺としては、大人しくしてほしいところもありましたが、

俺の彼女も妹達と気があったみたいで3人ではしゃぎまくり・・・

なんとかホテルにつくと、全裸のイタリア人・・・・・

えぇ・・・・何故?疑問はすぐに解けました

ホテルのプライベートビーチは水着ご法度・・・いわゆるヌーディストビーチ

おぉぉぉっと俺は心踊ったんですけど、女3人は険悪な感じ・・・

俺の彼女はなんとか説得して、ビーチへ

下だけはいてる人もいるし、全裸の人もいるしで

俺の下半身はギンギン・・・

砂浜に上がれない状態はそんなには長くはつづかなかった


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。【感動】

【重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。】2010年3月10日0:02



特定防止のため、曖昧な内容になることはご容赦ください。



30代半ばのサラリーマンです。

妻は30歳前後、結婚数年目、子供はいません。



最近、体の不調を感じ検査したところ、ある進行性の疾患に冒されていることが分かりました。

徐々に身体の機能が失われていき、発病から数年、遅くとも10年で死に至ります。

今の医学では、延命はできても、治癒は不可能です。



これが癌のように治癒の可能性があり、だめな場合は2〜3年以内で死に至る病気の場合は、妻に看取って貰いたいなという気があるのですが、私の病気の場合はそれを望んではいけないように思います。

もし、私が10年生き延びてしまったら、妻は再婚は困難になり出産はできなくなるからです。

妻はかなり美人なので今なら再婚相手には困らないでしょう。

ですので、今のうちに離婚した方が妻のためだと思います。


体験談関連タグ

|||||||

2014年11月3日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【人妻】ネットで知り合った高校生に妻を抱かせて  Ⅱ【隣の芝生】

妻:「高校生に抱かれるなんて・・・」

私:「そうだな!でも凄い物持ってたな」

妻:「え~あんな大きさ初めてだわ」

私が物凄く興奮した事を言うと、妻はクスクスと笑い”本当おかしな人”と言った。

”お前はどうなんだ!”と聞くと”私も凄く興奮したし、あんなに感じた事無いかも・・”とご満悦。高校生の彼は、その後も何度もメールをくれ、ヤリたいアピールだった。

童顔な妻は31・2歳に見える位(実際は40歳)で、大人の女性としても魅力的だったんでしょう!

そんな顔からは想像もつかない淫乱な女性を経験した彼は、今後普通のSEXでは満足出来る筈もありません。

そんな訳で、月日が過ぎ学生の夏がやって来たんです。

夏休みに入って間もなく、彼がメールをくれました。

家族が8月初旬に海外旅行に行くと言うのです。

折角の海外旅行を棒に振って待つ彼に、行けないとは言えなかった私達は、彼の家に向かう事になったんです。

薄い半そでブラウスにタイトスカートを履き、大人の女性を演じている。透けたブラウスからは黄色いブラジャも

見える。それだけでも色気が漂っているが、タイトスカートから伸びるムチムチの太腿がエッチな女性を感じさせていた。

今日の妻は黄色い透け透けTバックパンティ。きっと彼も喜ぶと思い私が購入した物だった。

本当は、エッチな道具を装着し彼の目の前で披露と行きたかったが、何せ遠い事もあり、それは断念したのだ。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年9月25日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】妹と海水浴【血縁SEX】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。

唯一、海へ泳ぎに行った位だった。

それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。

事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。

仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…

まあ、とにかく海に行く事に決まった。

で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。

それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。

そこで早速その知人に連絡すると、今年は忙しくて別荘には行っていないとの事だった…が、知人は折角だからと自由に使ってと快く貸してくれた。

俺は直ぐに知人宅へ伺い別荘を借りる上での場所や注意事項、万が一何かが起きた場合の対処に管理会社への連絡等など、色々と至れり尽くせり、やってもらった。

翌日、2泊3日の予定で俺達は知人の別荘へ向かった。

途中買い物がてら昼飯を食べて13時頃別荘に着いた。

その別荘は管理地内にあり部外者は簡単に立ち入る事が出来ないプライベート別荘地であった。

そして知人の別荘に着くと、なんと裏庭が海!しかも完全プライベートビーチ!岩山に挟まれた幅約100メートル程の白いビーチが別荘の裏に広がっていた。別荘から岩山に向かってそれぞれフェンスと垣根で仕切られて中に入るのも中を覗くのも簡単に出来なくなっていた。

また、そのフェンス沿いを監視するカメラも設置してあり不審者らしき者が映ると直ぐ様、管理棟からパトロール隊がやってくると言う、そんなセレブな所がこの日本にあったとは驚くばかりであった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ