相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】変態火星人【血縁SEX】

<>401名前:えっちな21禁さん投稿日:03/03/1021:26ID:VTkOSh/i<>

一昨日、姉キに襲われかけました。



俺は四月から高校に行くので、今、春休み中っす。

姉キは一つ上で女子校に通ってます。

オヤジは単身赴任中で二週間に一度オフクロがオヤジのアパートへ行きます。

だいたい金曜にでて土曜か日曜に帰ってきます。



オフクロがオヤジのとこ行ってるとき、姉キが家に友達呼んで酒飲んだりしてて

その日も姉キの友達と計、三人で飲んでて、これから俺の合格祝いするからって

居間に呼び出されて、お酌したり飲まされたりしてたら

俺はその場で寝てしまって、目が覚めた時に姉キの手が俺のパンツの中に

入っている状態で、姉キも寝ててビックリした俺は姉キの手をパンツ引き抜いて

自分の部屋に戻り寝ました。

こんな状態です。


体験談関連タグ

|||||||||

2014年10月19日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた2 【鬱勃起】

小学2年の時からお隣さんで、ひたすら片思いし続けていた幼馴染みの涼子。なにも気持ちを伝えられないまま、高校2年になってしまった。



そんなある日、涼子が僕に相談をしてきた。

それは、衝撃的な内容だった。



涼子が3週間前から付き合いだした、栄治先輩の為にフェラの練習台になって欲しいという内容だった。

その内容にも驚いたが、涼子に彼氏が出来たことの方が驚きだった。



僕は心の中では、涼子も僕を好きなはずだという、根拠のない自信があった。それが、あっけなく崩れ去ってしまった……。

それでも、ずっと好きだった涼子に口でしてもらえて、キスまで出来た。正直嬉しかった。でも、家に帰った後、僕は泣いた。あんなにも近くにいると思っていた涼子が、遙か遠くに行ってしまった……そう思うと、涙が止まらなかった。



そして次の日の朝、元気のない僕を心配する両親を尻目に、逃げるように家を出た。いつもより少し早めに家を出たのは、涼子と一緒にならないようにするためだ。



昨日あんな事があった後で、どんな顔をして接すれば良いのかわからない。そんな逃げの気持ちからだ。




体験談関連タグ

|||||||

2014年10月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】コスプレにはまった姉【血縁SEX】

<>73022◆nwanekiBpAsage04/03/2801:55ID:7sQ8wW3T<>

3月14日の朝、姉貴に買い物へ付き合ってくれと頼みました。

ホワイトデーなので姉貴の欲しい物をお返ししようと思っていたからです。



「姉ちゃん。ドンキ・ホーテ行こうよ」

「何しに行くの?」

「好きなもの買ってあげるから」

「ホントに!?」

「でも高いものはダメだよ(w)」

「行く行くーっ!」

こんな会話をして近くのドンキへ車で向かいました。



店へ到着すると、開店してまだ間もない時間だったのでお客の数は少な目。

二人で陳列された品物を色々と物色していると、

姉貴が「これがいいかなぁ〜」と赤と白の千鳥格子柄のクッションを手に取りました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年10月18日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】俺の妻は男経験豊富【隣の芝生】

妻は俺と知り合った時は38歳で既にバツ2でした。俺の妻への第一印象はとても大柄で、大きな胸の半分位は見えるかと思うような服で、両方の乳首はくっきりと浮いて見えました。又ローライズのジーンズを穿いていてしゃがんだり、腰を突き出すようにするとお尻の割れめも判りました。とても鮮烈な印象でした。

2〜3ことばかりしか話をしていなかったんですが、その日の夜マスの置かずにしたものでした。それから2か月位して又街でばったり会い、そこでコーヒーに誘うとOKしてくれ、メールアドレスの交換をしました。それからのオレはエッチな妄想が次々に生まれ、マスの回数はどんどん増えて行きました。我慢できズ、俺はメールを打ちました。すぐに帰ってくることはなく、諦めていた時夜遅く携帯に電話が入りました。「なにしているの?

一人でオナニーでもしてるの?」と衝撃的な言葉が。「今夜一緒に過ごす?おめこさせてあげてもいいよ」と。

酔っぱらった口調で話していました。「これから、あんたのところへ行くよ。場所を教えて?」と。デンワを切った後、1時間位して俺の部屋に来ました。立っているのがやっとでふらふらとした足取りでした。来るや「ちょっと、汗かいちゃったからシャワー使わせてよ」と一方的な言葉。俺はお酒を飲みながら待っていると、なんと彼女はバスタオルを巻いただけで、大きな胸をお尻が半分見え隠れしていました。実は俺はその時まで女性との経験はなく童貞でした。俺がじろじろ見ていると「見たい、私のヌードが?」というやぱらりとバスタオルを取ると豊満な肉体は想像以上のものでした。何よりもびっくりしたのは彼女には陰毛が全くなくツルツルでした。彼女は「やはり、びっくりしたのね。もう4か月位前から、ここはツルツルなのよ。前の彼がきれいに剃ってくれたの。クン二する時毛があると邪魔だからって・・」。それより、さっき電話で言ったようにおめこする?遠慮しなくていいわよ。私ももう3か月位、チンポ味わっていないから。しようよ。どうせ、もうちんぽピンピンに立っているんでしょう?脱ぎなさいよ。と彼女は俺のペニスを握り、咥え、手でしごいてくれて会えなく、一回目の射精は彼女の喉の奥に出した。初めての体験を彼女は見逃さなかった。「あんた、女性との経験はないのね。めずらしいわね。じゃあ私が筆おろしをしてあげると、両方を脚を開き仰向けになった。俺は彼女の上に乗り、ちんぽを彼女の股間に持っていった。彼女は俺のペニスを握り自分の秘部にあてがった。腰を突き出すと、なんの抵抗もなく根元まで吸い込まれるように俺の勃起したペニスは見事に埋まってしまった。夢中でこそを動かすと、あっというまに2度目の射精をしてしまった。それから彼女は俺と住むようになった。あけっぴろげな妻は二人きりの生活なので、誰にかばかることなく、セックスした夜などは翌日布団を出る昼ころまでお互い全裸のままで愛欲を貪り合っている。実はそれから俺の陰毛も全くなく、妻がきれいに剃りあげてくれている。フェラをするのに毛が口に入らなくていいからと。

体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月17日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】まさかあ そんなんこと【隣の芝生】

私38歳、妻35歳。6月まで幸せな結婚生活でした。そう、義弟と飲みに行って話しを聞くまでは。

義弟の話によると、11年前、私と婚約中、妻の親戚筋の結婚式の為、横浜に行ったそうです。3次会の帰り、二人もかなり酔ってホテルに戻るときに、義弟が、すれ違った女の子に、酔った勢いでおしりを触ったそうです。そのあといろいろ、卑猥な暴言を吐いたそうなんですが、しばらくして、その仲間らしき、男たちが数人追いかけてきて、義弟を袋叩きにしたそうです。そして、妻とふたり、ワゴン車に乗せられて、どこかの民家につれていかれたそうです。

義弟は柱に縛られたそうです。お前が俺の仲間にえっちなことしたんだから、「お前のおくさんにもお返しさせてもらうぜ」と、言われたそうです。

そして、妻に対して、鼻をつまんで、苦しくて口を開けたときに

無理やり、ペニスを挿入したそうです。そして、髪の毛をつかんで、激しく頭を前後させたそうです。妻はうめき声と嗚咽がこぼれてきたそうですが、激しくつづいたそうです。しばらくして、男が妻から、離れると口からドロドロと精液があふれてきたそうです。

その間に次の男が交代に挿入してきたそうです。7.8人目あたりで、かなり、精液を飲んだらしくむせていたそうです。

たぶん、私とも、フェラはなかったのではじめての経験でしょう。

そして、みんなで妻を押さえつけて、ひとりが、パンストを脱がしはじめたそうです。「ひいい」と妻の悲鳴とともに、全ての下着も剥ぎ取られ、「ぎゃああ」という悲鳴のあとに、「痛い 痛い ひいい」という妻の声が響いたそうです。何人目かの相手の時に、

「○○見ないでえ」 という妻の泣き声に兄弟ということが、ばれたそうです。姉の犯される姿をみて、義弟は勃起していたそうです。誰かに「こいつ、姉の姿見てたってるよ。」といわれて、パンツを脱がされてしまったそうです。妻の犯される姿をみて、さらにビンビンになっていたそうです。あとで、妻から、姉の犯されている姿を見て勃起するなんて最低といわれたそうです。

誰かに「お前もしたいだろ」といわれて、無理やり妻と結合させたそうです。「やめてえ。 ○○ けだもの」となきさけだのがなおさら興奮して、何回も妻の中に出したそうです。

その後も妻は何回もいろいろの人の相手をしたそうです。

「おまえ、弟のも口で奉仕したれや」といわれたそうです。妻は拒否すると、おしりになにかを入れられたそうです。「抜いて、痛い わかりました」といい義弟のペニスを口くわえたり、手でしごいたりしました。下半身は、精液とおしっこと血でめちゃくちゃだったそうです。

しばらくして、妻と会ったとき、あなたの赤ちゃんができたの。でも、しばらくは、二人っきりでいたいからとの言葉に、俺は信じて、子供をおろすことに同意したんだけど。今から考えると、弟の子か他人の子だったのかもしれない。妻の乳首の変形してるのは、そのためか?

体験談関連タグ

||||

2014年10月17日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】我が妻の性態【隣の芝生】

私30歳、妻32歳。結婚して2年が過ぎようとしています。私はサラリーマン、妻は有名国立大学の教育学部を卒業して中学の英語の教師をしています。私は婿養子です。妻の母と私達夫婦の3人暮らしです。身長も妻は1m65cm私は168cmです。

妻は近所の人たちからすごく美人で頭の良い人、男性からはお酒の席などでは男の性欲をそそると言われています。

確かに胸も89cmお尻は90cmあり、休日ジーンズなど穿いている姿は大きなお尻にジーンズが食い込んでおり、胸も揺れる位あります。私はというとやや細身で草食系の体型です。私だけが知っている妻は・・・実は私が初めての男性であるのですが、学校で教えている妻はどうだか分りませんが、夜の生活は妻主導なんです。私は夜お酒を飲むとすぐ眠くなり先に寝てしまうのですが、お風呂から上がった妻は寝ている私の顔の前にしゃがむようにして大股開きで私の口の前に彼女のあそこを広げて腰を下ろすんです。もちろん其の時はパンティーは穿いていません。というより彼女は結婚してからお風呂からあがるとブラもパンティーも付けません。セックスしようと思った夜は必ず全裸で私が寝ているベットに入って来ます。

布団に入るとそんな時はまず私のあそこを触って来ます。そして大きな胸を私の口元に持って来て舐めてくれと言うんです。

その後自分から身体を反転して69の体位になり私のペニスを口に含み、彼女の下半身を私に摺りつけます。すなわち彼女のあそこを舐めてほしいということなんです。妻の陰毛はおへその下の縦に幅2cm位で縦長に少しあるだけです。妻がお風呂で処理しているんです。というのは中学へ行く時には先生らしい服装で出かけるのですが、下着は純色の赤や黄色紫と言ったTバックか、ナイロンの薄い透けて見える小さなパンティーを穿いています。誰も信じられないでしょうね。

セックスの時も卑猥な言葉の連続です。自分からよつんばになったり、夏の暑い夜など、今夜はベランダでしてと全裸になって外ですることもしばしばです。婚約した後ドライブをしていた時にも運転している私の股間をずっと触っていました。

途中わき道に逸れ、空き地でカーセックスを要求されたことや、昼間車の中でフェラをされたことなど数えきれません。

妻がいいました。少なくても週に3回はエッチしてと。その上、彼女は私が知らないと思っているのか、セックスしない日の夜中、自慰行為を何度もしているのを知っています。一緒にレンタルビデオ屋さんに行って妻が選んだエッチビデオを私がカウンターでお金を払って家に帰ると一緒に見ようと言って見ています。時には興奮したのか「私にも同じようなことをして」と自分で全裸になって腰を突きだすこともあります。先日はネットで購入したといって箱に入ったバイブレーターを2本私の前に差し出し、「これを使ってして・・・」という有様です。妻が生理の日はゆっくりと眠れると思っていたら、私のペニスを口に含み射精した精液を飲みます。夜義母さんを含めて食事をしている時にでも「貴方、食事が終わったら、お風呂に入ってね。今夜は早く寝ましょう」と義母のいる前で言うんですから。休みの日などベットを出るのが昼前になったことも再々です。それに洗濯したのを見た義母も透け透けのパンティーや純色のTバックを見てなんと思っているのかひやひやものです。

体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月17日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】姉貴と温泉旅行【血縁SEX】

ではお言葉に甘えて…

泣ける話ではないと思いますf^_^;ただ僕自身どうすればいいのか迷っている話です

あの日とは一昨年の夏の終わり頃、当時アルバイトから帰って来たら姉が「来週3泊4日で温泉旅行行こうよ?」と言ってきた。

会社の同僚行く予定だったが同僚が行けなくなったとの事で俺を誘って来た。

まぁバイトは休めるしいいよと返事。姉は「やったぁ!」と少し跳ねながら喜んでいた。

で、旅行当日。場所は東北の秘湯って感じのところ。電車を乗り継いで行くので結構時間がかかりそうだ…姉は早朝から弁当を作っていた。

そういえば姉と二人で出掛けるのは初めてだなぁとなんか不思議な感覚だった。普段すごく仲いいのにどこも行った事なかったから‥

内心少し楽しんでた。

で、片道7時間かけてついたのは想像どおり自然に囲まれた温泉旅館だった

まだ夏休みの時期だが客は少ないようでかなり静かだった。

部屋に通されしばし休憩していると仲居さんが来て食事、風呂等の説明をしてくれた。

外はまだ明るいので仲居さんに遊べるような場所ないか?と尋ねたがやはり自然に主体のようで何もないらしい。

でも散策道や河原があるので散歩するのも楽しいですよと言われ食事までの時間潰しに散歩する事にした

旅館の売店に懐かしいラムネが売ってたので二本買って散歩に出た。

歩いて行くと浅い河と河原があった。靴を脱ぎ姉と子供みたいにはしゃいでた。凄く楽しかったと記憶してる…


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月17日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】カットモデルの後・・・【隣の芝生】

私の携帯に見覚えのない着信番号がはいっていたので得意先かもしれないのでかけてみた。相手は私が18~20歳ぐらいまでよく遊んだ友人でした。っといっても私の結婚披露宴で最後に会ったので7年ぶりでした。

「幸子さん仲良くしてる?再来週、美容院オープンすることになってよかったら幸子さんにカットモデルを頼みたくって・・・」っていきなり言ってきた。 「店オープン前に幸子さんの綺麗な長い髪をカットしったいな~っと思って」と言ってきた。でも嫁は結婚後長かった髪の毛切って肩にかかるぐらいしかないって言ったら「切ってしまったんか~それでもいいよ!幸子さんを見違えるほど綺麗にするから」って言ってきた。

私は実は断髪フェチだったので相談もしないでOKしてしまった。カットの様子を映像と写真撮影もすると言うので写真とDVDに焼いてくれるならと条件をだしました。

当日、友人の美容院へ幸子と送って行った。送る途中幸子は自分の髪を何回も触って溜息をついていた。「切るの嫌ならやめる?電話して断るけど?」って言うと幸子は「いい ちょうど切ろうと思ってたし」と言ってくれた。

店について友人が 「お前も付き添うか?」って言うので一緒に店内に入った。

友人はとりあえず幸子の要望を聞いてからシャンプー台に行きシャンプーをしてカット台へ座らせた。店の奥から何やらいろんな道具を乗せたワゴンを出してきた。よく見るとバリカンもあった。ええ~バリカン?・・友人を呼んで奇抜な髪型は止めてくれと言っておいた。

さっそく幸子にケ−プを掛けコ−ムで幸子の髪を梳いて上部の髪をクリップで留めていった。友人は幸子の耳元で何か囁いてからいきなり耳下ぐらいでばっさり切った。鏡に映る幸子は目をつむったままだった。友人は後ろに回り襟足にコ−ムを下から髪をすくい適当に切り始めた。

床には幸子の髪の毛が山のように積もっていた。

あっという間にショ−トヘア−が完成した。幸子の表情は微妙だったけど幼くなって可愛いと思った。

そろそろ終わるころに会社から呼び出しの電話がはいってきて友人に言ったら幸子さんは終わったら送って行くから会社に行けよって言われて私の耳元でちゃんと抱いてから返すから・・・冗談 冗談・・・と言って笑ってまたカットの準備を始めた。

店を出ろうとした時、友人は幸子の襟足にバリカンをあてて刈り上げ始めた。もう時間がないので私は会社に向かった。

やっと会社の用事が終わったので20時過ぎに帰宅したが幸子がまだ帰っていなかった。友人に電話をかけようとした時にガチャっとドアの音がした。玄関にすっかり変わった幸子恥ずかしそうに立っていた。前髪はおでこが半分以上出て耳周りや襟足もすっきり刈り上げて別人のようだ。出かける前の幸子の面影がぜんぜんなかった。って言うより私の髪より短い!

幸子が友人から預かってきたっと紙袋をもらった。多分 中身は約束のDVDと写真だとおもった。幸子はすぐにお風呂に入りなかなか出てこない。あれだけ髪短く切ったらシャンプーも楽になってるのに遅いと思った。幸子が寝た後にDVDを見てびっくりした。前半~中盤は幸子のカットの映像だがその後が・・・・カットが終わってからケ−プをはずして着てる服まで脱がしてキスをしている。一瞬 嘘やろ、何が何だか解からなくなった。

なんと友人と幸子がSEXしてる映像だった。幸子をシャンプー台に寝かせ友人が上に乗り腰を激しく振っていた。あいつ冗談って言ってたのに・・・でも、よく見てると幸子の様子がおかしい。無理矢理やられてる感じがしない。だってフェラチオしたり 友人の上に乗ってるし・・・なぜか見てるうちに私のちんぽが固くなってきた。友人は幸子のオメコに指で攻めまくりその後舐めまくり幸子も「早く入れて~中出ししてもいい~はやく~」って叫んでる!幸子がこんなに淫乱女とは思わなかった。

その後寝室に静かに入り私も幸子を抱いてやりました。友人に負けないように激しく朝まで・・・・・・


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】ブスな妻だけど・・・【隣の芝生】

私の妻30歳は、世に言うブスかも知れません。

でも、性格も良くスタイルは抜群なんです。

後ろ髪美人何て、良く言うけど、まさに妻はその部類でしょうか?

髪も長く綺麗なストレート(ちょっと茶髪)胸は大きくGカップ!でも腰もクビレていて

お尻も形が良く、大きい。アソコも綺麗で凄く敏感でエッチだ!それでいて毛が薄い。

ただ、顔だけが、イマイチ・・・残念。「今の見たか!凄ぇ~イイ体だと見入ったら、超ブスだったよ!」

「本当!何であんなブスにあの体なんだ!・・・」

直ぐに妻の事だと分かりました。

こんな会話を私は何度も聞いたことがありました。

私は、普通よりちょっといい男?みたいです。(同期の女の人に言われます)

妻と知り合ったのが、3年前でした。私も初めは彼女の後姿に惚れたんです。

顔見て、ちょっと引きましたけど・・・。

でも凄く気が利いて素直で良い子だったんです。何度か食事とかしていたら、突然の告白!!!

驚きましたが、何だか彼女と居ると安心するので、付き合う事にしたんです。

彼女は、夜の方(毎日でもOK)も凄く良くってフェラも上手く、アナルまで吸い付いてくれます。


体験談関連タグ

|||||

2014年10月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】弟【血縁SEX】

 あたしが高3のとき、受験勉強のストレスから部屋でAVを見て、オナニーをしていたら、弟に見られてしまいました。

 すると、弟はいきなり部屋に入ってきて、あたしをベッドに押し倒し、Dカップのあたしの胸を揉んできてました。

 最初はめっちゃ驚いたけど、弟のズボンの前が盛り上がっているのを見て、あたしも興奮してきちゃって、アソコがぬれちゃいました。あたしはすでにバージンじゃなかったし、中3のとき彼氏と初体験済ませてから、高校時代にはずいぶんエッチしてました。

 そのあと、あたしは弟とディープキスして、弟のズボンを脱がして勃起している弟のあそこをフェラしてあげました。それがすごく感じたらしく、「姉ちゃん、もう出ちゃうぅぅ」っていいながら、口の中に精子をいっぱい出されちゃいました。それをごくっと飲んであげました。

 そして、今度あたしが弟に入れていいよといったら、Hが初だったらしく、少し戸惑ってあたしのきれいなピンクのアソコに挿入してきました。あたしはゆっくり腰を動かしました。

 あたしは気持ちよくなって「はぁん、はぁん」いいながら、もっと激しくピストン運動。弟がすぐに「いく。」と言ったので、あわてて抜いて、また口でしてあげました。2回目なのにいっぱい出ました。3回目はコンドームを被せていろいろな体位を教えてあげました。長持ちしたので、今度はふたりでいっちゃいました。めっちゃ気持ちよかったです。

 今まで弟とやっちゃうとは思ってもみなかった。

 今では、あたしが大学に受かって、弟が中3で受験勉強です。勉強は教えられないけど、毎日学校から帰ると両親がいないときにやってます。最近では弟もめっちゃエッチのテクが向上し、長持ちするようになったので、エッチするのが楽しみです。

 ふたりでストレス解消に、気持ちよくなってます。弟はタフで、最低2回は発射するし、若いから回復も早いので、私がぐったりしちゃいます。

体験談関連タグ

||||||

2014年10月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ