相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 3 【鬱勃起】

前回↓









天野と菜穂はベッドの近くにまで移動していた。



裸の男女がベッドの前にいる。



もうする事は一つだと、菜穂も分かっている。





今度はこっちのお口でたっぷり味わわせてあげますから






体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年6月13日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】仕事のために抱かれました 【鬱勃起】

私はインテリアデザイン事務所を経営する33才の女です。



主にマンション等の内装のデザインを手がけています。

有名な建築家の方にご贔屓にして頂いているので、不景気でも何とか仕事がまわってくる状況です。





私自身、少しだけ有名と言うか、私としては不本意ですが、「美しすぎるインテリアデザイナー」なんて特集で建築雑誌に載ったこともあります。

本来は顔でなくてデザインで特集してほしいところではあります・・・



私は仕事が一番のタイプで、Webデザイナーの彼氏はいますが、まだまだ結婚するつもりはありません。



自慢ではないのですが、スタイルもいいので口説かれる事も多いですが、遊びより仕事を優先してしまうので、彼氏一筋って感じです。

と言うよりも、セックスに興味がありませんでした。



先日、スーパーゼネコンと呼ばれる建設会社の部長さんと食事する機会がありました。


体験談関連タグ

|||||||

2015年6月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と3 【鬱勃起】

妻の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。



私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした……。でも、それは彼女の照れ隠しのようなもので、本気だとは思っていませんでした。



でも、結婚式の当日、それが本気だったことを思い知らされました。まさか、これから式を挙げる直前の控え室で、元カレの巨根に狂わされる真希を見ることになるとは、想像すらしていませんでした。



そして、真希は他人の精液を膣に入れた状態で私と式を挙げ、誓いのキスをしました。それは、私にとってはこの上ない屈辱でしたが、どうしても興奮する自分を隠せませんでした。





そして、表面上は感動的な結婚式……。私にとっては、屈辱的で泣き出したくなるような結婚式は終わりました。



でも、それはほんのスタートでした。新婚初夜、やっと二人きりになれたと思ったら、真希は着替えて出かけていきました。今日の結婚式での、純白の姿からは真逆にも思える、マイクロミニに肩出しキャミに着替えた真希は、日本に到着した元カレの黒人を迎えに行きました。



『じゃあ、ファックしてきま〜す#9825;』

と、悪びれもせずに言いながら出かける真希。彼女が、セックスのことをなぜかファックと言う理由がわかりました……。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年6月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子4 【血縁SEX】

慶太は、ネットで入手した”魔法の薬”で、ずっと恋い焦がれていた母と思いを遂げることが出来た。



そして、エスカレートした慶太は、薬の量を調整して、半分意識のある状態の母と禁断のプレイをすることを決めた。そしてそれは、最高のスタートを切ったようだった。



『凄いのね……。康太の、パパのより大きくて固いわ#9825;』

母は、慶太が顔の横に持ってきた子供とは思えないサイズのペニスをくわえた後、うっとりとした声でそう言った。

彼女の目はほとんど閉じていて、彼女がハッキリとは起きていないことを示していた。慶太は、母がさっきまでのあえいでいる時と違い、かなりハッキリとした口調で話をしたので、一瞬ドキリとした。でも、その薄くしか開いていない目を見て、ホッとして笑った。



「母さん、俺のチンポ、美味しい?」

慶太は、我慢しきれずに話しかける。

『んっ、美味しいわ#9825; んンッ! 大きすぎて、歯が当たっちゃうわね。ゴメンね』

本当に寝ているのか不安になるほど、ハッキリとした受け答えだが、やっぱり目はほとんど開いてない。



「父さんのより大きい? 固い?」

母に恋心を持って以来、慶太は自分の父親に対して嫉妬心やライバル心を持っている。


体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】母そっくりのデリヘル嬢と母子相姦プレイ 【血縁SEX】

大学に入ってすぐ、童貞のくせに熟女風俗にハマッた。

俺、高校まで男子校だったんだが、卒業した先輩から「人妻風俗はいいぞ〜」と

聞かされてて、合格して独り暮らしを始めたら絶対行く!と決めてたんだ。

先輩が愛用してたのは熟女デリヘル。

ただ、下宿に呼ぶのはなんか怖かったから、俺は最初、外で待ち合わせてラブホテルへ行くタイプのにした。

電話するときは、やっぱりドキドキした。

来た嬢は30代半ばくらいかな。

美人でも不細工でもない普通の奥さん風だ。

よく分からんから90分コースを選択。

手コキとフェラと素股で1発ずつ、全部で3発抜いてくれた。

俺が初めてだと知って、いろいろ教えてくれたし、感じも悪くなかった。

貧乳なのは俺的に残念だったけど、最初にしては当たりかな。

出費は痛いけど満足したんで、また頼もうと思った。これが全ての始まりだ。

その2週間くらい後、どうしようもなく溜まって、またデリにお願いしようと決意。

2回目で少し度胸がついたし、ラブホ代ももったいないんで下宿に呼ぶことにした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年6月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました 【鬱勃起】

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。

正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。



俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。





俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。

加奈子は大学3年生で、俺が2年生。彼女は、一つ年上でした。



でも、可愛らしい感じの彼女は、年上という感じはなく、俺は年下のような感じで接していました。

俺の人生で初めて出来た彼女でしたが、彼女は俺の前に2人と付き合ったとこがあったようでした。そして、色々と彼女の過去を聞きたがる俺と、聞かれたことには素直に答える彼女の影響で、俺の寝取られ性癖は徐々に形作られていきました。





加奈子は、バイト先のファミレスで、何度も店長にホールに移って欲しいと言われるくらいにルックスが可愛らしい子でしたが、恥ずかしがりで人見知りだったので、キッチンから移動することはありませんでした。

彼女の、整形疑惑が出るほどにぱっちりした二重まぶたと整った顔立ちは、少し外国の血が入っているんじゃないのかな? と思うほどでした。今でこそ増えたハーフタレントみたいな感じで、今でいうと、ダレノガレという子をもう少し日本人寄りにした感じの顔でした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年6月7日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】ロールス・ロイス専門店の社長が殺されかけた話し【危険】

この お話は、私の体験談である。





今から十数年前、

まだ、シーザー始めて、まもないころ、、

ある年の1月、、

1月は、正月休みがあるため、営業日が少なく、

売り上げに苦戦する。



しかも、この月の27日には、私の結婚式が ひかえていた。

結婚式は両親のたっての希望で、田舎(大分県)で

行なうことにしていたため、衣装合わせや なんやらで、

早めに帰郷する必要があった。



ますます、実働日数が少ない。


体験談関連タグ

||||

2015年6月4日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び4 【鬱勃起】

麻由香は、とっさに夫の浩介にキスをした。それは、ハプニングとはいえ、夫の友人の幸雄の精液を、浩介に舐めさせてしまったからだ。

夫は、麻由香の口の端についていたそれを、ヨーグルトと間違えて舐めた。麻由香は、酔いに任せて犯してしまった過ちが露見しないように、あわてて夫に唇を重ね、その口の中の幸雄の精液を吸い取るようにキスをした。



それは、愛情の発露というよりは、証拠を隠滅したいというよこしまな思いからのキスだった。でも、浩介は麻由香の積極的なキスに、久しぶりに火がついていた。

「ベッド行こうか?」

浩介は、照れくさそうに言う。その言葉を、麻由香は信じられない思いで聞いていた。





半年近くも夫に抱いてもらえず、はしたないオモチャを買ってまで欲求不満を解消していた麻由香にとって、その言葉は涙があふれそうになるほど嬉しいものだった。それでなくても、さっきの幸雄との過ちで、身体が燃え上がってしまっている麻由香は、夫の腕に自らの腕を絡みつかせ、

『はい!』

と、全身で喜びをあらわしながら返事をした。

(私、バカだった……。初めからこうすればよかったんだわ)

麻由香は、腕を組まれて照れくさそうな顔をしている夫を見て、心から反省した。



そして、そのまま寝室に行き、電気を消すともつれるように抱き合い、ベッドに寝転がった。すると、浩介がいつになく荒々しいキスをする。麻由香は、そんな夫のいつもと違うキスに、胸がドキドキしていた。麻由香は、夫が自分に興味がなくなってしまったと思い落ち込んでいた。それが、こんなにも荒々しく自分を求めてきてくれるのは、心の底から嬉しいことだった。


体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった4 【鬱勃起】

息子と行ったスキーで泊まった旅館は、秘境の隠れ宿みたいな宿だった。そして、そこでは私の人生において経験もしたことのないような官能的な時間が待っていた。



私は今、10歳も年下の景子ちゃんに正常位で繋がりながら、旅館の若女将にアナルに指を差し込まれている。こんな風に、一晩にして3人の女性と関係を持つなんて、当然のことながら経験はない。

私は、すでにもう何度も射精をしているのに、若女将のアナル責めの影響もあるのか、ガチガチに勃起したままだ。



そして、景子ちゃんが驚くほど整った美しい顔で私のことを見つめてくる。私の人生では、今までほとんど経験がないことだが、私のことが好きだという思いがこもった目で私を見つめてくれる。





そして、上になっているのは私なのに、さっきから腰を振っているのは景子ちゃんだ。景子ちゃんは、さっきの明奈ちゃんへの責めでよくわかったが、清楚系な見た目に反してドSだった。それなのに、今は正常位の下側で、必死で腰を振ってくれている。私にご奉仕をするように、なまめかしく、そして激しく腰を振る彼女。



『パパさん、気持ちいいですか? 私のおまんこ、気持ちいいですか?』

泣き顔にも見えるような、切なそうな顔で聞く彼女。私はこんなにも美しい女の子に好かれているというだけで、舞い上がりそうな気持ちだった。そして、今まで経験した中で一番気持ち良いと答えると、

『嬉しい! 大好きです!』

と言いながら、景子ちゃんがキスをしてくれた。でも、同時に私のアナルに指を突っ込んでいる若女将が、

『ゴメンなさいね、緩くて』


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年5月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】パチンコ店員・大野優衣の浮気セックス 【不倫】

少し前の話になるが・・・。



今頃は他の男と付き合ってるかな。



彼女のパチンコ店員の大野優衣とサークルに入って1年以上になった時の話。

みんな自由な組み合わせでバトミントンをする。



毎週金曜夜の3時間なので半分参加して、後半はしゃべっているカップルも多い。



最後はみんなでファミレスなどへ行き晩ゴハンを一緒に食べる。

最近気になるのは優衣が後輩の男とよくしゃべること・・・。

優衣は色黒で顔は濃く(眉毛も太い)、お尻はがっしり大きい感じ。



優衣とバトミントンをして「あ〜、今日は試合これくらいにしようよ」と言われ、優衣はトイレに。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年5月18日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

このページの先頭へ