相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】八尺様【危険】

八尺様



親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。



農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、高校になってバイクに乗るようになると、夏休みとか冬休みなんかにはよく一人で遊びに行ってた。

じいちゃんとばあちゃんも「よく来てくれた」と喜んで迎えてくれたしね。



でも、最後に行ったのが高校三年にあがる直前だから、もう十年以上も行っていないことになる。

決して「行かなかった」んじゃなくて「行けなかった」んだけど、その訳はこんなことだ。



春休みに入ったばかりのこと、いい天気に誘われてじいちゃんの家にバイクで行った。

まだ寒かったけど、広縁はぽかぽかと気持ちよく、そこでしばらく寛いでいた。



そうしたら、




体験談関連タグ

||||

2015年7月16日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】【朝日新聞】「『ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実』日本語版出版…準強姦致死罪などに問われた受刑者は日本に帰化した在日韓国人。彼を生んだのは日本社会そのもの」 【危険】

<>1:パロスペシャル(愛媛県)@\(^o^)/:2015/06/12(金)00:15:24.69ID:jiFb4zqS0.net<>

ルーシー・ブラックマンさん事件「15年目の真実」とは



■著者に会いたい「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」

《リチャード・ロイド・パリーさん(46)》



2001年、英国人女性ルーシー・ブラックマンさんが遺体で見つかった事件。発覚当時から事件を

追い続けた英国人ジャーナリストが、手記をまとめた。当時は英インディペンデント紙の特派員。



「記事になる話」としか思わなかった。だが、世の関心が薄れても、次第に夢の中にまで事件が出てくるほど

入れ込んだ。イラク戦争の取材中も頭を離れることはなかった。「ただの犯罪の話ではない。

私がよく知る日本と英国という二つの社会が交わる物語だと思った」



初来日は16歳の時。クイズショーで優勝して得た日本旅行だった。ヨーロッパとは全く異質の文化に

魅了され、英国の大学卒業後、日本で暮らすように。事件が起きたのは、日本を「第二の家」と思い始めた


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月23日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】バレンタイン【感動】

風雪は午後になるともう凪いで、それでもちらちらとまだ落ちかかる雪のひとひら、ひとひらの間から、微かに日の光が射すほどになった。久しぶりの登校日がこの日とは、受験生にもささやかな温情というやつなのだろうか。いや、単なる偶然に違いない。



チョコレートはこないだの日曜日に用意していた。ずいぶん長いこと迷った末、チョコでもセーターでもマフラーでも、何にしろ手作りというのはやめておくことにした。向こうが仕切りもしていないのに、いきなり全力でぶつかっていってはこっちが転けるのが目に見えている。ましてやこの時期だ。さりげなさが勝負であろう。これが勝ち負けかどうかはともかくとして。この田舎町で手に入る中では最高の、でもまあメリーさんのチョコレートに、ラッピングだけは気合いを入れてくすんだローズのリボンを淡いグリーンの包装にめぐらせた。使い古しのリボンで何度も練習してから本番に臨んだものだ。問題はチョコに付けるカードだ。猫の形の白いカードに、さて何て書いたらいいんだろう。勇気が出ない。いっそカードなしでチョコだけ渡してしまおうか。でもそんなのって卑怯じゃない?もらった方が困るんじゃない?手が震えて字が書けない。書き出しだけで3枚も書き損じてしまった。こんなことしてたら一生チョコなんかあげらんない。もう卒業なんだから、これが最後なんだから、チョコくらい渡したいじゃない?ええい。膝まで震えてきた。ああもう、カードはなしだ、なしなし。



登校日の連絡事項も終わり、どうせ私大受験組はいないので、どの教室もまばらだった。久々に顔を合わせた友人たちとの情報交換も終わり、「帰り、どうする?お茶してく?」という声がかかったが、既に頭はチョコレートでいっぱいだ。首を横に振り、廊下に出て気配を窺う。彼のクラスは隣の隣だ。まだ人が出てきていないようだ。一旦教室の前を通り過ぎ、トイレに寄るふりをして出てくるタイミングを計る。まさかよそのクラスの中で声をかけるわけにもいくまい。を。出てきたでてきた。ラッキー。一人で帰るみたい。目の前を通り過ぎ、階段を降り、昇降口に向かう彼を追いながら、足がもつれて階段から落ちそうになる。



階段を降りきって右に曲がり、廊下を抜けると昇降口だ。彼が靴箱を開けている横顔がふいに目に飛び込んできて心臓が止まりそう。あ。



黒の。

ゴム長。



雪国とはいえ黒のゴム長を履く高校生男子は今どき少ない。しゃれっけのあるやつなら革のブーツ(但し防寒仕様)、体育会系ならスノトレが定番だ。だからといって彼をダサいと言い切るつもりはないが、ふと我に返るには十分なインパクトがある。長靴の、右足の後ろっかわに泥はねがついている。う〜ん。リアル。そういえば、と、夏の頃を思い出す。夏には彼はバイクで通学していた。彼がヘルメットを手に駐輪場まで歩き、鞄をバイクにくくりつけ、エンジンをかけてから、前髪をかき上げてヘルメットをかぶり、バイクにまたがって去る一連の動作を、毎日、廊下の窓から見ていた。バイク雑誌を見て彼のと同じバイクを見つけたときは嬉しかった。ヤマハのDTだった。そっかー。オフロード好きかー。でも、考えてみればヘルメットはフルフェイスだったのだし、オフロードに乗りたくて乗ってたってわけでもなかったのかも知れない。たぶん、通学路が国道からずいぶん引っ込んだ悪路なのだ。ということは駅からも遠そうだ。冬のこの時期はさぞ大変だろう。そうか。それでゴム長か。



いや、そんなことを考えてる間にチョコだ。チョコを渡さなくては。渡して、そうして、それから。




体験談関連タグ

|

2015年4月17日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】変態ロング動画なら完全無料で見える【血縁SEX】

変態なロング動画なら完全無料で安全に見えるんです!



ダウンロードも可能なので、何度でも見えますよ。



簡単な方法なので、良かったら見てください。



ちなみに、次のようなマニア作品がいっぱいのAVサイトです。

どんな趣味も見つかると思います♪



女子高生/素人/美少女/ロリータ/ギャル・ガン黒/お尻・アナル/

ハメ撮り/痴女/熟女/クンニ/近親相姦/妊婦・母乳/若妻/

手コキ/CFNM/センズリ/脚・足コキ/足裏/パンスト/ブーツ/

フェラ/潮吹き/オナニー/相互オナニー/立ちオナニー/淫語/

こすりつけ/乳首・おっぱい/巨乳/中出し/ニューハーフ/ナンパ/

尻コキ/ブルマ/レズ/しみパン/SM/スカトロ/M男・金蹴り/


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】ボクの青い秘密の小窓【危険】

流れ変えに、私の痛い修羅場未満過去。

ある意味自業自得な黒歴史です。



自分…美佐子(当時24歳)

元彼…宏明(当時43歳)

元彼の元彼女(たぶん)…クミ、ジュン、タエetc

ちょっとフェイクあり。



ある趣味の会で知り合った宏明。

趣味は日本の古典文化系ってことで、年齢が上で経験や技術があるほど尊敬され

カッコよく見える…という状況でした。

宏明はスマートでほどよく枯れてて、イケメンじゃないけど普通にハンサムレベル。

見た目もまあ30代くらいにはなんとか。そして渋い雰囲気。

涼やかに淡々と作品を仕上げていく宏明にぽーっとなって、私の方から好意を示した。

そのうち宏明の方から「帰りにお茶でも…」「食事でも…」「今度映画でも…」となって


体験談関連タグ

|||

2015年1月15日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『アケミちゃん』【危険】

祖父の遺品

3年前くらいなんだけど、半ボケの80歳を迎えた祖父が亡くなった時の話。

頑固な爺さんで、絶対に息子夫婦の世話にならないと言って、築70年くらいの家でずっと一人暮らしだった。



家を取り壊すからってんで、遺品とかの整理をしにボロ屋に行ったんだよ。

庭なんか荒れ放題。荷物を外に出す時に草が邪魔だってんで、適当に雑草とかを始末しようとしたんだ。

そしたら、石に足をぶつけて転んでしまった。



なんだよもぅ、とか思って、地面からひょっこり隆起してる石を見るとさ。

なんか、石なんだけど耳みたいのがついてるんだよ。よく見ると耳どころか顔までついてる。

掘り返してみたら、すげぇ古いお地蔵さんが出てきた。

それも一体じゃなくて、六体(もっと掘ったらまだあったかも)。



そんなに広くもない庭からごろごろ出てきたんだ。

うへぇと思って、家族全員で気味悪がってたんだが、


体験談関連タグ

|||||

2015年1月11日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】俺の姉【血縁SEX】

俺の姉は、三つ年上でとっても綺麗で優しい姉さんだ。

今のところ姉には彼氏がいないみたいだった。

姉が短大生2年生で俺が高校二年の夏休みのことだ。

俺は、部活動とか面倒だったのでやっていなかったので家でごろごろしていた。

そんなある日、夜の9時を回ったころだと思うが、姉が白のヒラヒラのミニスカートにベージュのパンストという格好で玄関に向かっていった。

「姉ちゃん、どこ行くの。こんな時間に。親父に怒られるぜ。」後を追いかけ玄関ににいる姉を見た。ちょうど、姉はブーツを履くのに前屈みになっていた。

「!っ。」

白のヒラヒラのミニスカートの裾から見える姉のお尻。パンストからはノーパンのパイパンのワレメがしっかりと見えていた。しかも、うっすらと濡れている様だった。

姉はブーツを履き終えると、俺のほうを向き

「友達の所に行ってくるからね。」

見えたことに気が付いていないようだった。

「ウン。わかった。気を付けてね。」と言うと姉が玄関を出て行った。

姉が帰宅したのはその3時間後くらい経ってからだった。

俺は姉のあの光景が頭から離れず、悶々としながら起きていた。「何で、ノーパンだったんだ?何しに行ったんだろう。」その答えは次の日の朝に分かった。

朝起きて、姉の部屋の前を通り過ぎようとした時、姉の部屋の扉が少し空いていた。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月16日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉に惚れられてしまったんだが【血縁SEX】

姉に惚れられてしまった。



大好きだった彼氏に浮気された上に、相手の女に彼氏を寝取られた姉

姉は仲間由紀恵似の美人で今時珍しくクソ真面目で一途な感じ

自慢の姉なだけに可愛そうで、弟としてちょっとした悪戯心とサプライズの気持ちで

慰めるパーティーをしたんだよね



姉が居ない間に俺の部屋を掃除して飾り付けして

ケーキを買ってきてさプレゼントも用意したりして

変な気持ちは一切無いの本当、照れ隠しというかね

振られた姉を茶化してすこし元気をつけて欲しかったからさ



初恋の相手は姉だったけどソレは小学生低学年の時の話しだし

女性として性的に意識した事は一切無い

実際下着姿とかで歩かれると微妙な感じさえするしね


体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【浮気】今から浮気しますw 【不倫】

結婚してから刺激がない。

毎日退屈。

嫁さんの事を嫌いになったわけじゃないけど、

なんだかなぁー。



こいつらって・・・・。

何考えて生きてるんだ?

バカか?アホか?それともこれが正常なのか?

そう思ったが暇つぶしにイタズラで返事を送ってみる。



「いくつ?」

「17」

「どんなことしてくれるの?」

「手とか口ならいいよ」

「いくら?」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月18日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】妻を上司のオカズにさせる夫【隣の芝生】

妻は露出癖がある訳ではないのですが、結構無防備なんです。

ノースリーブの服を着れば横ブラが見えますし、

少し前かがみになれば胸元が露になります。

ブラウスも薄地なので、ブラの色や形がくっきりしています。

スカートはそんなに短くないのですが、腰骨が出ているせいか座るとかなり短くなります。

以前、単身赴任をしている上司を自宅に招き、妻の手料理をご馳走しました。

実はこの上司は、かつての妻の上司でもあるのです。

そう、私と妻は職場恋愛をしていたのです。

友人に聞いたところ、この上司は妻をそうとう気に入っていたようです。

実は昔、この上司が酔ったときに妻とやりたいと私に言った事があります。

上司は寄っていたので覚えていませんが、私ははっきりと覚えています。

両手を前におき、バックから突くマネをしていました。

そんな上司を自宅に呼んだのは、ちょっとした計画を思いついたからです。

その計画とは「妻にセクハラをさせる」というものです。

当日、妻はワンピースを着ていました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月5日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ