相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】ボールプールのバイト娘・安奈と器具庫で(完結版) 【不倫】

とある大型スーパー(このスーパー自体は夜11時まで営業)のテナントに入っているボールプールを子供と利用して半年くらい経ちます。



そこで仲良くなったのがバイトの安奈(あんな)さん(だいぶ若い子)。



髪の長さは胸くらいまでで髪色はいい感じに茶髪(少し地味目なところが良い)、後ろでしばっている時もあり、笑うと歯並びの良い健康的な前歯がずらっと見えて、はにかむとすごくかわいらしい女の子です。



いつもパリッとした紺色のジーパンをはいてるのが印象的です。



バイトの仕事内容はボールプール・遊具の受付、メンテナンス・風船の補充・販売や遊具・床の清掃、帰りに子供達に渡す折り紙の製作などをしてるみたいです。



毎週土日は必ずそのボールプールへ子供と行って安奈さんのいる時は長居をして安奈さんとおしゃべりして楽しんでいました。



あまりに良く行くので僕はすぐに安奈さんに顔を覚えてもらい、半年以上経った今では彼氏のことで相談を(メールで)受けたりする仲にまでなりました。



夜8時まで営業ということもあり、土・日曜の夜7時くらい(日曜夜7時くらいは翌日月曜が子供は学校、親は仕事があるので特にガラガラに)になるとボールプールに子供を連れて遊ばせるお客さんは全くいなくなると安奈さんに話の中で教えてもらいました。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年5月7日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】妹の病院での恥ずかしい話【血縁SEX】

2〜3年前の話ですけど、妹との話。

もしかしたらジャンル違いかもしれないが

妹との話なのでここで書かせてもらいます。



これはオレが19歳で大学1年の時で

妹は16歳の高校一年だった。

オレは地元の大学に通ってたので実家からで

家族4人で暮らしてたわけだが

あるとき親父が半年間の単身出張、

母親が祖母の入院の看病で田舎に戻り

それが偶然かさなって3ヶ月だけ

2人きりで生活する事になっていた。

とはいってもオレは大学生だし

妹は歳のわりにしっかりしていたので

特に何も問題なく過ごしていた。


体験談関連タグ

|||||||

2015年3月29日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】最後のKISS☆大切にしてっ!【感動】

俺が中3の頃。初めて付き合った藍っていう彼女がいた。

藍は俺より身長が低くて女子にも男子にも人気のある子だった。

俺と藍は幼なじみで小さい頃いっしょに遊んだりお風呂も入ったりしてたから別に女という感覚で接していなかった。

4歳ぐらいの頃。いきなり藍が大きくなったら健(俺の事)と結婚すると言っていたらしい。

俺はあんまり覚えてなかったけど藍が死んでしまったあとで母に聞いた。

小学校は藍が俺より一ランク上の小学校行っちゃったからどんな生活をしていたのかは分からないが俺は普通の小学生らしい(?)暮らしをしていた。

中学になって友達に誘われ受験をする事になった。

まぁ俺の将来にも役立つと思うしその中学を受けた。

試験日当日。試験場所で見覚えのある顔をみたがもう6年ぶりぐらいだったから全くその人の事

が思いだせなかった。そしてその人の明るい笑顔が俺の下へ降り注いだ。

その人のせいか分からないけどそのテスト用紙に溢れるほど書かれた問題はすらすら解くことができた。そして合格できた。

結果発表の次の日。家でお祝いをした。

俺のためにここまですごい事をしてくれたのは生まれて始めてだったからすごくうれしかった。

その日お祝いも最後に差し掛かったころ俺に明るい笑顔をくれた人が僕の家にやってきた。

母が「幼なじみの藍ちゃんと同じ学校に行けて良かったね」


体験談関連タグ

|||

2015年3月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】こないだ逝った親友の日記を一部晒す【感動】

※()内は筆者の姉による注記

※筆者は咽頭ガンで先月死去(医者からはポリープだと説明されてたそうだが、おそらく自分がガンだということには気付いていたと思う)

※故人が9月頃「傑作だから俺が死んだら好きにさらせww」とメールで送ってきたものなので、了解はとれています。







4月27日 水曜日 はれ



 夕方、親父がまた病室にやってきた。いちいち数えていないが、今月これで何度目かわからない。



 この親父というのが実にどうしようもないやつで、オレはこいつのせいでどれだけ割を食ったかわからない。オレが小さいころなんかはひどかった。授業参観に仕事着のまま現れなかなか手を挙げないオレを野次ったり、大事にしていたプラモデルを勝手にカスタムしたりなんてこともあったな。はす向かいの奥さんや四件隣の娘さんには顔を合わすたびセクハラをしまくり、近所からの評判も芳しくなかった(もっとも本人にはどこ吹く風で、オレやフサヱ(母親)が気をすりへらすばかりだったが)。んで、オレが親父をなじると、ヤニで黄色くなったきたねぇ前歯をニカッと出して、

「へへ、てめえ言うようになったじゃねえか」

とへらへら笑うのだ。

 そういやこんなこともあったな。勉強のできないオレが珍しく社会のテストで百点をとった時のことだ。愛らしかった当時のオレはぴょんぴょん撥ねながら家に帰り、じっつぁま、ばーちゃん、フサヱ、ねーちゃん、ルドルフ(犬)、忠蔵とウメ(金魚)に見せて回った。んで、店に出ている親父のところにも行った。そしたら、

「そんなもんで調子に乗ってんじゃねえ!」


体験談関連タグ

|

2015年1月6日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】お母さんと入浴し・・・【血縁SEX】

お母さんは40代、元実業団バレーの選手で全日本のメンバーでした。

今はリポーターなどをしているN・Mさんの先輩に当たるそうで、現役時代の写真の中に

何枚かチームメンバーとのショットがあり、N・Mさんとの2ショットもあります。

しかし、試合にはなかなかでられず、どんどんと後輩に先を越され、実業団チームから

解雇されたそうで、それが今でも悔しいみたいです。

その後、転職した会社の同僚と結婚し僕が生まれました。

中学校の母親参観では、身長の高いお母さんは人目につきやすく、またそこそこに美人

だったので、同級生からはよく羨ましがられました。

そんなお母さんを僕が女として意識してしまったのは、高校1年の夏休みの事でした。

長期出張が多かった父親が赴任先のOLと不倫関係になり、お母さんとすったもんだの挙

句に離婚した事がきっかけでした。

専業主婦だったお母さんはパートに出るようになり、そこで仲良くなったおばさんの紹

介で、土日のママさんバレーチームに参加するようになりました。

初試合の3週間ほど前にユニフォームができ、それを試着したお母さんを見ました。

Tシャツに黒い短パン姿のお母さんを見た瞬間、僕は勃起してしまい、それ以来オナニー


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月18日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】JK「私のバイト先は真っ黒です!」【感動】

<>1:マシンガンチョップ(やわらか銀行):2013/09/21(土)12:40:46.60ID:BltD/AmZ0<>





★「ブラックバイト」で苦しむ女子高生

日刊SPA!2013年09月20日09時09分



 ブラック企業という言葉が定着して久しいが、最近は、その派生形として『ブラックバイト』という言葉が使われ始めているとか。ブラック企業のように、労働環境の過酷なアルバイト現場のことを言うらしいが、実際、どれほどのものなのだろうか。



「私のバイト先は真っ黒です!」と憤るのは、女子高生あかりちゃん(18歳・仮名)。



「ケーキ屋でバイトをしてるんですが、給料の出ない残業が毎日1〜2時間で、試験期間も休ませてくれません。あげくの果てに、300円〜500円ほどする余ったケーキを、買って帰るようにやたらと勧められるんです。断ると、急に冷たい態度をされたりして……。時給が730円で交通費も出ないのに、そんな値段のケーキ買えませんよ!」と、『自社の余った商品を買わされる』という、ブラック企業にありがちな仕打ちが、バイトにおこなわれている事態が判明。ただ、社員ならまだしも、学生のバイトであれば、すぐ辞めちゃえばいいのでは、とも思うが……!?



「新しいバイト先に変えたらもっとブラックになるんじゃないか、と思うと不安で変えられないんです。

実は、前にバイトしていたパン屋も、シフトは勝手に決められるし、タイムカードがなくて、店長のさじ加減で勤務時間が決まるようなところで、3日で辞めたら給料がもらえませんでした。高校の友達にも似たような話をたくさん聞くので……」




体験談関連タグ

|||||||

2014年11月16日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】風呂に入ったことがきっかけで・4【血縁SEX】

姉との関係は半年後くらいに、一度舐めて欲しいと言われたくらい。

バイブは壊れて捨てたらしい。

お互いにイカせて終わり。

そんな関係が、2年は続く。

しかし、姉から自分の気持ちと将来のことを本気に考えた時、結婚を考えて付き合うか普通の姉弟に戻るか相談された。

就職して気付いたが、なかなか女性と出会える機会がない。

今後、姉ほど理解し合える人が現れるかどうか自信はなかった。

それは姉と同じだった。



ある休みの日、話があると両親と居間で話した。

報告すると、驚きと喜びの中に少しだけ複雑さが混ざっていた気がする。

特に父はかなり黙っていた。

その日の夜に、翌週に正装して挨拶するよう言われた。

固い人なのは知っていたので快諾した。

いつもより会話のない、重い一週間だった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年11月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】消えた彼女【危険】

<>170名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/05/18(火)16:13:04ID:BO9Ukqtd0[1/5]<>

長くなるんですが聞いてください。

5年前のことなんですが、未だに訳が分からなくて未だに僕のトラウマになっている出来事です。



6年前、mixiでとある女性と仲良くなりました。仮にA子(25歳)とします。

メッセージをやりとりし、何度か会うにつれ僕は彼女を好きになり付き合うことになったんです。



東京(僕)大阪(彼女)で遠距離恋愛な上、美容師のため連休がない僕に変わって彼女が

毎週末東京へ来てくれました。

小さくて可愛くておっぱいが大きくて料理が上手で性格がよくて上品で非の打ち所がない。

信じられないくらい僕の理想どおりで、僕は彼女に夢中でした。

今思えばそれは不自然なくらい完璧だったと思います。



付き合って1年近くたったころ、僕は結婚を意識し始めお互いの両親に会うことにしました。

うちの両親は彼女を気に入ってくれました。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年11月1日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【人妻】看護師 弓子【隣の芝生】

看護師、俺は看護婦さんと呼ぶのが好きだな。看護婦さん、特に人妻の看護婦さんは開放的で性にも積極的な女が多い。弓子もその一人。34才、子供はいない。旦那は千葉に単身赴任中で1ヶ月に一回帰ってきても疲れたと言って寝てしまうらしい。俺が足の骨折で入院した時に知り合った。一目見てヤレルと思った。厚い唇に光をためた目。ユニフォームがはち切れそうな乳と尻。話しやすくエロ話にも付き合ってくれる。入院中のオナニーのオカズにしていた。ある日弓子が検温に来たとき、膨らんだ股間を見せた。腹に力を入れてピンビンビンとチンポを振った。弓子は視線をそらさず鼻を鳴らしニヤッと笑った。退院の日にダメもとで携帯番号とメアドを書いたメモを渡して

「今度付き合ってよ。」と。弓子は何も言わなかった。連絡がなく諦めかけたころ、メールがきた。夜勤明けは遊びたいからどっか連れてって やったあ〜 弓子の夜勤開け、朝6時半に車で迎えに行った。私服の弓子はまぶしく、舐めるようにからだを盗み見る。生足の太ももが白い。突き出た胸、座席をおおいつくしている巨尻。車の中で俺のチンポが小鬼のように勃ってきた。腹が減ったと言うので早朝からでもやってるファミレスへ。思ったほど食べなかったが、よくしゃべった。夜勤開けはたまってるらしい。病院での辛いことや旦那に対する不満。話の中からどうやら旦那がEDであることがわかった。もう2年になるらしい。34才の女盛りにEDの旦那は可哀想だわな。ようガス。俺がご奉仕しよう。車に戻る。車の中では弓子は口数が少なかった。足をモジモジさせている。手を握ったら手のひらがシットリと湿っている。アソコが濡れているはずだ。俺は意を決して弓子を早朝のモーテルに連れ込んだ。弓子は何も言わなかったが階段を登るとき、ひざがガクガクして手を貸してやらないとまともに歩けない。部屋に入って直ぐに後ろから抱きしめてやる。ボディソープのいい香りがする。(病院でシャワーを浴びてきたのか?…

弓子はアカンと言ってへなへなと床に座り込む。俺はもしやと思って弓子の股ぐらに手を突っ込にパンティの脇から淫肉に指を進める。あらら、底が抜けてる。グチョグチョだ。ベージュのパンティのシミがひどい。その事を告げると…

「ごめん…一回指で逝かせて…」

つづく…

体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月21日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】Eカップ姉の湿ったユニフォーム 【血縁SEX】

僕には、年の2つ離れた姉がいます。



この話は、僕が15歳、姉が17歳のときの話です。



僕の姉は、正直並のアイドルよりも断然かわいいです。



美人というよりかわいい系で、顔は皆藤愛子似です。



背は151cmと小さく、おっとりした性格です。



童顔のくせにスタイルはバツグンで、かなりエロいくびれを持っていて、それでいてバスト84のEカップでした(当時)



姉とは仲がよく、色々話をしている感じだと、クラスでもそうとうモテたようで、告白、ナンパはしょっちゅうだったそうです。



しかし、当時まだ彼氏は作ったことがなく、処女でした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月11日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 3123

このページの先頭へ