相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】母そっくりのデリヘル嬢と母子相姦プレイ 【血縁SEX】

大学に入ってすぐ、童貞のくせに熟女風俗にハマッた。

俺、高校まで男子校だったんだが、卒業した先輩から「人妻風俗はいいぞ〜」と

聞かされてて、合格して独り暮らしを始めたら絶対行く!と決めてたんだ。

先輩が愛用してたのは熟女デリヘル。

ただ、下宿に呼ぶのはなんか怖かったから、俺は最初、外で待ち合わせてラブホテルへ行くタイプのにした。

電話するときは、やっぱりドキドキした。

来た嬢は30代半ばくらいかな。

美人でも不細工でもない普通の奥さん風だ。

よく分からんから90分コースを選択。

手コキとフェラと素股で1発ずつ、全部で3発抜いてくれた。

俺が初めてだと知って、いろいろ教えてくれたし、感じも悪くなかった。

貧乳なのは俺的に残念だったけど、最初にしては当たりかな。

出費は痛いけど満足したんで、また頼もうと思った。これが全ての始まりだ。

その2週間くらい後、どうしようもなく溜まって、またデリにお願いしようと決意。

2回目で少し度胸がついたし、ラブホ代ももったいないんで下宿に呼ぶことにした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年6月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【浮気】〜悦子との不倫〜 【不倫】

SEとしてまだ駆け出しの頃、配属された客先で悦子と出会った。



その客先は世界有数の大手企業で、やはり大手らしく、女性の社員や派遣社員が多かった。

正社員はいかにもコネで入った感じの実家が資産家らしい、お嬢様、ただし美貌には不自由な人ばかりだった。



その反面、女性派遣社員は粒ぞろいで、並以下のルックスの人など皆無だった。

その中で俺は悦子という女性に惹かれた。



俺と悦子の席は離れてはいたが、俺の席の真横にコピー/FAX/プリンタの大型複合機があった為、

しょっちゅう悦子が俺の横を通っており、それで俺の目に入った形である。



身長は157、かなり明るめのライトブラウンに染めたストレートロングヘアで、

肩甲骨の下あたりまで伸びており、いつも甘く爽やかなコロンの香りをまとっていた。



芸能人で言えば、ぶっちゃけ杉原杏璃にかなり似ており、唯一の相違点がおっぱいが貧弱である事だった。(笑)


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年6月3日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【寝取られ】元カレと再会した妻は、一瞬で昔に戻ってしまった 【鬱勃起】

主婦が、同窓会で昔好きだった人と再会して燃え上がるとか、元カレと偶然再会して火がついてしまったとか、テレビなんかではよく見る話ですが、まさか現実に自分の身に降りかかってくるとは、夢にも思っていませんでした。



嫁の有美とは、結婚して5年です。子供はまだいなくて、来年お互いに30歳になることもあり、そろそろ作ろうと話していました。

有美は、取り立てて美人というわけでもないですが、愛嬌のある顔だと思います。

背も150cmくらいと低く、幼い顔立ちから、いまだに女子大生なんかに間違えられたりします。そして、唯一のウリかもしれませんが、痩せているわりに巨乳です。ウエストとのギャップが大きいので、際立って胸だけが大きく見えます。



有美とは、職場の同僚の紹介で知り合いました。紹介と言っても、私が同僚と食事していたときに、たまたま同じ店で有美が友達と食事をしていたという、偶然みたいな感じでした。

その時、テーブルを一緒にして4人で食事をし、私は有美を、同僚は有美の友達を気に入り、それからもよく一緒に食事をするようになりました。有美と私の同僚は、大学時代のゼミが一緒だったという関係で、付き合っていたわけでもなんでもないとのことでした。



最初は4人で食事をしていましたが、徐々に同僚とは別行動というか、有美と2人で遊ぶことが増えました。

彼女と共通の趣味もあり、すぐに仲良くなり、付き合い始めるまでにも2か月程度しかかかりませんでした。



有美と私の共通の趣味はテニスで、実際にやってみたら腕はほぼ互角でした。週末にテニスをしたり、会社終わりに食事をしたりしているうちに、自然と結ばれました。



有美は、童顔でどちらかというと清純というか純情な印象でしたが、セックスは情熱的なものでした。背が低い女の子はエッチと言いますが、それは本当だったんだなと思いました。


体験談関連タグ

|||||||||

2015年5月16日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】旦那に浮気がばれたかもしれない 【不倫】

浮気なんてするつもりはなかったんですけど、暇つぶしで、やっていたアプリである男性と知り合う事になりました。

その男性は、夕方からバーに出勤するバーテンダーの方で、

お昼は、お互いに暇な時間をお過ごすもの同士、話がはずみました。

旦那がいることもきちん伝えていて、それでも積極的に会いたいといってくる彼に対して、私は、『お茶をするくらいなら』と、会ってみる事になりました。

会ったときは、その彼が車で迎えに来てくれて、

近所じゃまずいからと、3,40分離れた場所にある小さな喫茶店?みたいな所で、お昼ご飯をご馳走になり、お互いに、長い時間はいられない身なので、食事の後は、帰る事になったんですが、

帰りの車の中で、彼が、ホテルに行きたいといい始めました。

そういう目的の人だろうとは思っていたものの、私も旦那とは、全くしていなかったし、誰にも分からないし、一回くらいセックスしてもいいかなと言う気持ちで、

彼の誘いを断らずに、ラブホテルでセックスをしたのが、浮気のきっかけ。

彼とのセックスは、かなり良くて、次の日も、また次の日も、彼の誘いを断れなくなり、

毎回、会って向かう先は、ラブホテルになりました。

ホテルは、誰にも見られず、落ち着きます。

そんな関係を、2、3ヶ月続けていたら、ある日、彼の車が故障してしまい、

彼と、会うときは、タクシーを使うようになったんです。

ただ、タクシーを使いすぎると旦那に、出費が多いことで疑われてしまうので、彼と会う日は、前の日に、理由を付けて、旦那に車を借りるようになりました。


体験談関連タグ

|||

2015年5月15日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【寝取られ】高嶺の花だった彼女が私と結婚した本当の理由 【鬱勃起】

結婚15年目にして、嫁の浮気を知ってしまった。

嫁の千佳子とは、取引先の会社で出会った。ルックスのよい彼女は、その会社の受付業務をしていた。若くて美人と言うことで、かなり人気があったようで、来社した取引先の人間、出入りの業者、デリバリーピザのお兄さんにまで連絡先を渡されたりしていたそうだ。

そんな嫁と、取り立てて秀でたところのない私が結婚に至ったのは、本当に些細な偶然がきっかけだった。



私は、千佳子のことは初めて見たときから綺麗だなと思っていて、その会社に行くのが密かな楽しみだった。

でも、自分には高嶺の花だと思っていたこともあり、挨拶をする程度が精一杯だった。

そんなある日、学生時代からの趣味のビリヤードをしに、行きつけのビリヤード場に行き常連と遊んでいると、女性がひとりで入ってきた。

その頃は、トムクルーズの映画の影響もとっくに終わっていて、ブームでもなんでもない頃だったので、女性がひとりで遊びに来るのはとても珍しいことだった。





そして、それが千佳子だった。緊張している感じだった彼女に、

「こんばんは。ビリヤードするんですか?」

と、私の方から声をかけた。すると、緊張している顔が一気に笑顔になり、

『柴崎さん! よく来るんですか? すっごい偶然ですね!』

と言われた。私の名前を覚えていてくれただけで感激だったが、その後の彼女の言葉はもっと嬉しかった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年4月14日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2 【鬱勃起】

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。

私は、震える手でそのヒモをつかんだ。

『早くぅ。引っ張ってみて!』

果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。



私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、

『ん……フゥン』

と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした白い液体が流れ出てきた。それは、そのまま床にまでツゥーと垂れ流れ、床に液溜まりが出来た。



それが何なのかは、聞くまでもなく、部屋に充満した青臭い臭いですぐにわかった。

『へへ。垂れちゃったね』

果穂はこんな事を、悪びれもせず言う。本当に楽しそうな感じだ。



「な、中に出されたの? コンドームは付けなかったの!?」

私は、あまりのことに声を荒げてしまった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年4月11日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】葬式の時つらいな【感動】

1:トレロカモミロφ★:2012/02/03(金)21:43:50.26ID:???0

ラブホで火災、浴室の男女2人死亡 三重・亀山 [02/03]

3日午後3時半頃、三重県亀山市小野町のホテル「ディープ・シー」の客室から出火、

鉄骨平屋建ての1室約40平方メートルを焼いた。

この火事で、浴室にいた男女2人が病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

亀山署の発表によると、男性は40〜60歳、女性は20〜40歳とみられ、

目立った外傷はなかった。同署が身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

出火当時、ほかに7〜8組の客がいたが、逃げ出して無事だった。

(2012年2月3日21時19分読売新聞)



 

<>3:Ψ:2012/02/03(金)21:46:07.41ID:guMf3FtB0[1/1回<>発言]

ホテヘル?

 

<>16:Ψ:2012/02/03(金)23:10:12.41ID:Px/3pm2m0[1/1回<>発言]


体験談関連タグ

|

2015年3月23日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】計画停電の時、妹が…【血縁SEX】

震災後の原発事故の影響で計画停電が実施された週末の事、仕事から帰って来た俺は直に停電となるのを考慮して自室のベッドで横たわっていた。

最終の停電だった為、辺りは暗く一切の光源が無い為、本当に真っ暗になり周辺は静まり返っていた。

そんな時だった、部屋のドアがノックされ「お兄ちゃん…」と心細い声と共に懐中電灯を片手に握りしめた今年高校2年になった妹が入って来た。

「どうした?」と聞くと「一緒に居てもイイ?」と言うではないか…

「なんだ怖いのか?」と、ちょっと意地悪っぽく聞くと「だって!…」と、何かを訴えようとしたようだが直ぐに沈んでしまったので俺はベッドの端に移動しスペースを作ると「ほら…」と空いた所を手でポンポンと叩くと妹は黙って俺の横に懐中電灯を消して寝転んで来た。

そこで俺はスッと腕を伸ばし腕枕をしてやり、軽く抱きしめる様に「そーか、そーか怖いか」と背中を擦ったり頭を撫でたりして気持ちを落ち着かせてやった。

妹とは仲は良く不思議と喧嘩らしい喧嘩もした事が無く、だからと言ってベタベタした仲ではない関係だった。

が、何故かこの時から急に妹が可愛くて仕方が無くなっていた。

俺は優しく抱きしめて、おでこにチュッとして頬を擦り寄せたりと、普通ならウザイ様な事をしたが、妹は恐怖心からかそんな行為も嫌がる事無く逆に嬉しいのかクスクスと笑い声が聞こえ始めていた。

調子に乗った俺はチュッチュッ、チュッチュッと顔中にキスをしまくり、とうとう口にもチュッとしてしまった。

流石に嫌がられると思ったが、意外にも無抵抗だったので、更に口にチュッチュッとしていたのをブチューっと完全に口付けをしてしまった。

すると今度は妹から舌を絡ませて来るではないかっ!驚いたが理性が壊れた俺は夢中になって舌を絡ませていた。

キスだけでは物足りなくなった俺は片手を妹の胸にやりパジャマの上から揉み始めた。

その感触からノーブラである事は直ぐに分かり、暫く揉んでいると妹がその手を掴み胸から引き離すと自らパジャマのボタンを外し前を肌蹴ると再び俺の手を掴み自分の胸に宛がい、直接触って欲しい事をキスで口が塞がれているので行動で伝えて来た。

俺は妹の上に覆い被さる様に体勢を変えると、両手でオッパイを揉みながらキスを続けた。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月21日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】ブルマ越しの大陰唇のその後【血縁SEX】

俺は乳首を母乳が出るかと思うくらい吸いながら、膣奥深くに射精した。

頭に中は、孕ますことでいっぱい。一滴にこらず精子が妹の膣内に入り、

精子が卵子に向かって無事受精しているのを思い浮かべた。

ペニスを妹の膣から抜くさいも、精子が垂れ流れないように膣口を天井にむけて抜いた。

とにかく一滴も膣外に出したくなかった。

俺の体液を膣で吸い取ってほしかった。

逆に俺のペニスに付着した妹の愛液を体内に吸収したく、鈴口に塗りたくった。



その後は・・・・の続き



妊娠することに期待したが、生理が来てしまった。

俺は再び妹に種付けをするべく、行動を開始した。

家で種付けするのはリスクが大きいので、

郊外のラブホテルへ行った。

妹には当然、陸上部のユニホームを持ってこさせた。


体験談関連タグ

|||||||

2015年3月17日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】従姉妹と・・2【血縁SEX】

前編:従姉妹と・・





※続編書いてくれとの事なので、頑張ってみます。

 文才が無いので、そこは多めにみてくれ。





さっきの話は、いまから5年くらい前の話で

これからするのは、2〜1年前の話です。



俺には高校から付き合った彼女がいました。

すでにその頃から、彼女とはセックスしたり高校生のクセにラブホテルに行ったりして

かなり性に関してオープンな関係。

だから彼女というよりフィアンセ、大親友みたいな感じです。

シティーハンターのような関係を想像してくれるといい。


体験談関連タグ

||||||||||

2015年3月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 3912345...102030...最後 »

このページの先頭へ