相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】離婚調停中に義兄に捕まり【鬼畜】

W不倫の彼はいつもやさしく抱いてくれる。

「イクッ」 「中に 中に出して」

彼は男根を脈動させながらドックンドックンドクッドクッと温かな精液を私の中奥深くに

注ぎこみながら耳元でいつも

「○代 愛してるっ」とささやく。

私も「嬉しい イクッ」と彼を放さないようにしがみつく。

歓喜の最高の絶頂を味わうひとときです。触られるだけで鳥肌が立つようになった家庭内別居中の主人に離婚を伝えると激しい

DVが始まり、子供を連れ実家に戻りました。

実家近くにアパートを借り仕事を探しながら彼に「逢いたい」とメールしたら来てくれた。

ファミレスで楽しい会話と美味しい食事を楽しみそしていつものように・・・

「お茶、飲んでいって」とアパートに彼を迎え入れた。

部屋に入ると

「お茶はあとでいいよ」

彼に抱きしめられキスされると濡れてくるのがわかった。

「まっ待って」


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年1月27日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【人妻】自宅でハメると興奮する人妻【隣の芝生】

リストラされて1年ちょっとした頃、近所のスーパーで以前の上司の奥さんに会った。

上司といっても4つ上の人で、奥さんは俺より2つ年上。

平日の昼間でして、俺はお惣菜を物色してた。

そこに「自分で作らないとぉ~」と声をかけてきたのが奥さん。

思わず「あれっ?何で?」と口走ってしまったのは、そこまでご近所さんじゃないから。

奥さんが言うには、特売日がなんたらで、わざわざ車で来てたみたい。

「聞いたわよぉ~大変だったみたいねぇ」

リストラされた事を知っていたので話が早かった。

変に気を使われると面倒だし。

でも奥さんは俺が旦那に軽くイジメられてたのは知らない。

この上司は本当に頂けないヤツで、もう1人いた同期もストレスで胃潰瘍になりかけたほど。

見えない所でネチネチするタイプでして、見た目からは本当に想像できない。

サッパリとした爽やか系の人で、愛想だって本当に良い。

だけど見えないところでは・・・っていうタイプ。

「暇だったらお茶でも飲まない?」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月20日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】非正規雇用【隣の芝生】

さゆり、29才、既婚、子供2人。

パート事務員の募集で応募してきた、近所の主婦だが結構可愛い顔立ちだ。

身長は156cmと言った所だろうか、パンツスーツの胸も尻も、そうそそる感じの体型じゃないが、どことなくいやらしさが漂ってくる。

こんな女に咥えさせたらエロイだろうなぁ~ 私の中の性欲がまた頭をもたげてきた。

出先に忘れ物を届けてもらうった事があり、そのお礼に食事をご馳走する事になっていた。

「この間はありがとう、おかげで助かったよ」

「いえ、どう致しまして、お役に立ててよかったです」

「今日は遠慮なく、食べて飲んで日頃の憂さを晴らしてくれ」

「それじゃ、遠慮なく」

そう言って、食事会と言う飲み会は始まった。

グラスを合わせてから30分もしたころから、頬はピンクに色付き明らかに酔いが回って来ている。

「君、結婚してるんだよね?ご自宅は大丈夫?」

「ハイ、子供はたまたま今日から実家に帰っていますので、それに主人は単身赴任ですし・・・」

なんだか、単身赴任の言葉に含みを感じた私はそこを突っ込んで聞いてみた。

「じゃ、寂しいね、何処?赴任先は」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月4日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】人妻調教【隣の芝生】

19で学生してた時に38の人妻と掲示板経由で知り合う。

年上だったけど失恋直後だったのもあり、特に会うつもりなくメールしてた。

色々話しているうちに、旦那の浮気で酒浸りということが判明。

冷やかしがてらちょこちょこ話を聞いていたら、

男は上司のエリート写真の旦那しか知らない、30の頃まで痴漢にあっていた、ということがわかった。

程良く良い女の気配がしたから、つかず離れずで彼女が出来てもなんとなくメールを続ける。

そのうち一度会ってみたいという連絡があったので「セックス無しでわざわざ遠くに会いに行くなんて無理」

とふざけて言ってみた。

本人まさか年下男に実際にセックスの相手にされるなんて思ってなかったようで

「どうせ会ったらセックスしたくなくなるだろう」とたかをくくって会ってみる事にしたそうな。

待ち合わせの場所に先回りして、遠くから容姿を確認してみたら

細身で清楚なまずまずな主婦登場。

チンコに相談してみたところOKだったので、会うなりタクシー呼んで乗り込む。

訝しがる運ちゃんに「一番近くのラブホテルまで」と人妻さんにメモ渡して言わせる。

真っ赤な表情で、うつむいて。パニック顔のままホテルに到着。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年12月21日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】W不倫の果て①【隣の芝生】

祥子と知り合ったのは当時流行ってた伝言ダイヤル。

“色んなことに興味がある25歳です。興味がある方はメッセージ下さい。”

その頃の伝言ダイヤルは、既にサクラのやま。

本当に出会える女は極少数だし、その中でも使い物になるようなビジュアルを持った女を探すのは至難の業でした。

でも・・・声の感じがサクラ風じゃない。

5年程伝言ダイヤルで遊んできた私は”ピン!”と来るものを感じ、

“35歳で既婚ですが夢中にさせてくれるような女性を探してます。貴女がそんな方であるように願ってます。”

とメッセージを入れました。

その日の夜中に自分のボックスに入っている返事を聞いてみました。

”メッセージありがとう御座います。祥子です。

色んな方からメッセージが入っていましたが、あなたのメッセージに惹かれました。

暫くメッセージのやり取りをしませんか?”と言う返事が入っていました。

その後3回ほどメッセージのやり取り後会うことになりました。

待ち合わせ場所は私の住む町のメイン駅前、特急電車の到着時間に合せて駅前で待っていると、

少し背の高い一際綺麗な女性が現れました。


体験談関連タグ

||||||||||||

2013年12月12日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】人妻 ヒロコ③【隣の芝生】

ヒロコとは会うたびにセックスしまくった。

食事をしてホテルへ行き、お酒を飲む。するとヒロコは甘えてきて、僕の膝の上に乗りキスをしてくる。

激しいキスをしていると、僕のチンコはビンビンになってくる。ヒロコも当然気付いている。

ヒロコを抱きかかえベッドに移動。キスをしながら服を脱がしていく。相変わらず綺麗な肌だな・・・

脱がし終えるとオッパイを揉んでやる。ヒロコは敏感に反応し息が荒くなって、時々「んんっ あんっ はぁん」って。

乳首を舐めるとさらに大きく喘ぐ。



酔ってるから今日はいつもより大胆だ。

足を広げると、既にビショビショ・・・ 指で撫でるとビクビクッと反応する。ヒロコはクリを触られるのが好きらしいので、そこを攻める。次は舌でクリを舐め、吸ってやる。

10分くらい舐めたり吸ったりすると、ヒロコはイってしまった。余韻に浸ってハァハァ言ってる。



今度は僕が気持ちよくなる番。ヒロコの手をチンコに誘導すると、軽くしごきながらフェラチオをしてくる。

口に含み舌を絡めてくる。ジュルジュル音を立てながらしゃぶる。竿をペロペロ舐める。手で玉を揉む。玉の裏側を舐めて来たらそのままアナルを舐めてくれる。

最高に気持ちいい。




体験談関連タグ

||||||||||||

2013年11月18日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】人妻 ヒロコ①【隣の芝生】

ヒロコと出会ったのは僕が27歳、彼女が40歳の時。

バイクツーリングの時に、ヒロコは旦那に連れられて来た。

まだ免許を取って数ヶ月。まるっきり初心者の浩子は、みんなに着いて行けずアタフタしていた。

旦那は・・・ アレ?見捨てたのか?



しょうがないので僕がヒロコをゆっくりだが誘導して走った。

帰る頃には随分慣れたみたいで、どうにかみんなに着いて走れるようになった。

解散の時に、

「今日はこんなトロい私の面倒を見てもらって、ホントにありがとう。迷惑だろうけど、またツーリングで一緒になった時はお願いしますね。」と言われた。一回りも年上だけどちょっとカワイイ



それから何回かツーリングに行ったけど、僕のすぐ後ろは浩子が定位置として走るようになった。



8月末、ヒロコから連絡があった。食事のお誘いだ。

二人で食事をし、ドライブに行った。

ちょっとした高台の公園へ夜景を見に行ったが、風が強くてヒロコがよろめく。僕は彼女の体を支え、風除けとなり車へ戻った。


体験談関連タグ

||||||||||

2013年11月17日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】カラオケボックスで熟妻がある【隣の芝生】

私50歳、妻の眞澄51歳。

私達夫婦は二人ともカラオケが趣味でたまにボックスに歌いに出掛けます。

これは、先日夫婦でカラオケボックスに行った時の出来事です。

厚別のキャッツアイに7:00頃に入店し、二人で楽しく歌っていました。

何曲か歌い妻が「ちょっとトイレに行ってくるわね。」と言って席を立ちました。

妻が戻ったので、私も用を足しにトイレに行ったのです。

すると、若い大学生風の若者が二人で何やら話しをしています。

「おい、さっきすれ違った熟女見た?」

「おう見たよ。ひょっとしてお前も俺と同じこと考えてんの?」

「溜まんないよなぁ、あのムッチムチの体。オッパイはでかいし、お尻なんてさぁあぁいうの巨尻って言うんじゃないの。イイ年してミニスカ履いて、おまけに黒いストッキングだぜ。」

「50代前半ってとこかなぁ、あぁやりてぇなぁ、あのデッカイ尻に打ち込んでやりたいなぁ。」

若者達が話ししているのは、正に妻の眞澄の事です。

こんな若い男達でも内の妻が性的な対象になるのかと少し驚き、優越感やら嫉妬心やら複雑な気持ちになりました。

部屋に戻ると、妻が十八番の「津軽海峡冬景色」を熱唱していました。

歌い終わると妻は「思い切り歌うと気持ちがいいわぁ、カラオケってホントにストレス発散出来るわよねぇ。」


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年11月12日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】セックスレスの人妻とのやりとり1【隣の芝生】

今年の春にとある2ショットチャットで知り合ったタメの人妻(30)との話です。

俺男…30歳。最近婚約した某歌舞伎役者に似てると言われたり、超微妙な芸人(そっちの方は激似)に似てる普通のリーマン。

H美…後ほど。

一時期、仕事が終わったら喫茶店でコーヒー飲みながら携帯の2ショットチャットをやる時期があった。

エロトークにノリノリな子もいればエロ拒否の子もいるし…色んな子がいるんだな~なんて思いながら今日はどんな子だろう?って軽く探りを入れて見る。

その日話したH美は人妻だったので「旦那さんとはラブラブ?」みたいに軽~く質問。

H美:仲はいいよ~

俺男:仲は…ってなんだよ(笑)まぁ俺も彼女と仲はいいけどセックスレスなんだよね~

H美:ウチも(笑)

俺男:一緒だね~浮気したことは?

H美:去年の秋に一度だけ…

俺男:あるんだ?

H美:…うん、でも何年かぶりにしたら痛かったよ~

俺男:じゃ時間開けて痛くならないように早めに俺と…なんつって(笑)

H美:好きじゃない人とは出来ないも~ん!


体験談関連タグ

|||||||||||

2013年11月1日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】Gカップの【隣の芝生】

 出会い系でゲットした43歳の彼女との不倫話です

 はじめて逢ったときから胸の大きさには目を見張りました

 自分でも解っているのでしょう 胸を強調した服装でふくらみが

 半分見えるような姿でした

 ホテルに速攻して、服を脱がせると下半身は年相応ですが

 やはり胸は相当な物でした、乳首が感じるらしくいい泣き声でした

 旦那とはHは無いらしく浴槽でのフェラは絶品です

 ベットの上でもフェラは激しく私が駄目と言うとペニスの

 根もとを押さえるしまつです、ゴムをつけようとすると

 そのままできてといわれ挿入、愛液多かったのであまり締まりを

 感じませんでしたが、それが逆に彼女を喜ばせるかたちになりました

 30分位いろんな体位で最後は後ろから外に出そうとすると

 「オ〇ンコの中に精子出して」というしまつです

 大丈夫なの?というと「良いから早く」後から聞くとピルを服用しているらしく

 そのときは我慢できずに仲田氏でした。


体験談関連タグ

||||||||

2013年10月23日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ