相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】【北海道新聞セクハラ怪死事件】北海道新聞社員、函館支社の嘱託看護師に「愛人になれ」と体触り暴行!→看護師、自宅の火災で死亡!→女性の両親が北海道新聞男性社員2人を告訴 【危険】

<>1:マカダミア★:2015/05/07(木)19:16:46.73ID:???*.net<>

北海道新聞社函館支社の嘱託看護師だった女性が昨年12月の忘年会で体を触られ暴行を受けたとして、

女性の両親が7日、暴行と北海道迷惑行為防止条例違反などの容疑で、同社の男性社員2人を

北海道警函館中央署に告訴した。



告訴状によると、昨年12月8日夜から9日未明にかけて、函館市内のカラオケ店や居酒屋で女性=

当時(40)=の体を触ったり、「愛人になれ」と言いながら体を押し付けたりしたとしている。



父親によると、女性は会社に相談したが2月中旬から心身の疲労で休むようになり、2月21日に

自宅の火災で死亡した。



北海道新聞社経営企画局は「社員が告訴されたことは遺憾です。会社として誠実に調査をしているところで、

今後も弁護士を交えセクハラの有無などを含めて詳しい調査を行っていきます」としている。



;


体験談関連タグ

|||||||

2015年8月4日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【レイプ】二十歳の女子大生が潮吹きした話 【鬼畜】

果歩 「ぁ・・・あの・・・」





椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。





大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」





果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」





大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。






体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました2 【鬱勃起】

「じゃあ、こんなのはどうですか? 愛する彼氏が寝てる横で、彼氏のより大きなおちんちんでイカされちゃうってのは? 必死で声を我慢しながらw」

軽い冗談口調で言うバイトの後輩の淳。そんなとんでもない提案に、

『……それ、凄いぃ……。そんなの……あぁ、ダメ……』

と、俺の彼女の加奈子はとろけた声で答えた。



俺は、酔いつぶれて寝たふりをしながら、二人を止めることもせずに様子をうかがい続けた。この時、俺は寝取られ性癖に目覚め始めた頃だったので、そんな選択をしてしまったのだと思う。



「じゃあさ、早速くわえてみたら? 彼氏がすぐそこで寝てるのに、バイト先の後輩のチンポくわえるのって、加奈ちゃんたまんないんじゃないの?」

淳は、上手いことを言いながら加奈子をのせていく。

『それ、ヤバいかも……。でも、起きちゃわないかなぁ?』

そんな事を言いながら、俺の方を見た加奈子。俺は、慌てて目を閉じました。俺がいる場所は電気が消えているので、多分、目を開けていても気づかれないと思う。でも、俺はとっさに目を閉じてしまった。



「平気ですって。康さん酒弱いのにガブガブ飲んでたからw」

『そうだよねw じゃあ、ダーリンのすぐ横で、フェラしちゃうね。そっか、ねぇ、もっとあっち行こうよ!』

俺は薄目でその様子を見ていたが、本当に驚いた。加奈子が淳の腕を引っ張り、俺の方に歩いてくる。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年7月15日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】母親がヒロインのレイプ小説【危険】

<>66名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]投稿日:2012/03/11(日)02:24:20.81ID:htIaWHYp[1/2]<>

2年前の今頃、母方の叔父(当時40)が、脳溢血で倒れて

病院に運ばれ、意識不明のまま三日後に亡くなった。

叔父は半分引きこもりって感じのフリーターで独身、

祖母の所有しているアパートの一室にタダで住んでいたので、

住む者のなくなったその部屋の整理を、春休み中の大学生ってことで

暇だった俺が仰せつかった。

 

で、部屋の片づけというか、主にゴミと遺品の仕分けをしているうちに、

本棚の後ろに二十冊余りのノートが隠されているのを見つけた。

日記か?読んじゃまずいか?と思いつついちおう確認のため開いたら、

中は全部、叔父オリジナルのエロ小説、っていうかレイプ小説。

 

しかもヒロインが、どう見てもうちの母親。

名前も外見上の特徴も癖も一致。つーか主人公が「姉さん!」つって押し倒してるし。


体験談関連タグ

|||

2015年7月14日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び6 【鬱勃起】

『もうダメ、入れて……。早見君のおちんちん、麻由香の中に入れて……』

麻由香は、ほとんど無意識にそんな言葉を言っていた。そして、その言葉を聞いて、早見は夢が叶った気持ちになり、舞い上がりそうな気持ちのまま麻由香に覆いかぶさった。

客先の、しかも人妻……。手を出してはいけない相手だと、よくわかった上で、それでも気持ちを抑えることの出来ない早見は、麻由香に覆いかぶさったまま、じっと彼女の目を見つめた。そして、麻由香もその真っ直ぐな早見のまなざしを受け止めながら、自分がもう後戻り出来ないところまで来ていると感じていた。



夫の顔が脳裏をよぎる。しかし、燃え上がったその熟れた身体は、目の前の若い身体を狂おしいまでに求めていた。

『来て……』

麻由香は、とろけきった顔でそう言った……。





早見は、自らの唾液と、麻由香の秘密の蜜で濡れそぼった膣口に、暴発しそうなほどいきり立った淫棒を押し当てた。一瞬、避妊のことが頭をよぎるが、それよりも、このオンナを孕ませたい……。そんな、雄としての本能が上回ってしまった。



早見は、そのまま自らの淫棒を押し込んでいく。すぐに、驚くほど濡れそぼった熱い膣肉が彼のモノを包み込んでいく。早見は、その複雑にうねるように絡みつく肉の感触に、腰が抜けそうだった。



そして、麻由香はググッと膣肉を押し広げてその太すぎる淫棒が分け入ってきた瞬間、夫のことを考えた。

(あなた……ゴメンなさい……)


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【鬱勃起】

前回↓









早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。



そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。





「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」





食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年6月23日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】【朝日新聞】「『ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実』日本語版出版…準強姦致死罪などに問われた受刑者は日本に帰化した在日韓国人。彼を生んだのは日本社会そのもの」 【危険】

<>1:パロスペシャル(愛媛県)@\(^o^)/:2015/06/12(金)00:15:24.69ID:jiFb4zqS0.net<>

ルーシー・ブラックマンさん事件「15年目の真実」とは



■著者に会いたい「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」

《リチャード・ロイド・パリーさん(46)》



2001年、英国人女性ルーシー・ブラックマンさんが遺体で見つかった事件。発覚当時から事件を

追い続けた英国人ジャーナリストが、手記をまとめた。当時は英インディペンデント紙の特派員。



「記事になる話」としか思わなかった。だが、世の関心が薄れても、次第に夢の中にまで事件が出てくるほど

入れ込んだ。イラク戦争の取材中も頭を離れることはなかった。「ただの犯罪の話ではない。

私がよく知る日本と英国という二つの社会が交わる物語だと思った」



初来日は16歳の時。クイズショーで優勝して得た日本旅行だった。ヨーロッパとは全く異質の文化に

魅了され、英国の大学卒業後、日本で暮らすように。事件が起きたのは、日本を「第二の家」と思い始めた


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月23日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【レイプ】スイミングの帰りに男性と車の中で・・・ 【鬼畜】

ずいぶん前の話になりますが・・・。



夏の暑い日、スイミングスクールの帰り(平日夕方6時過ぎ)でアイスを食べながら道路を歩いていると、道路脇に停めてあった車に連れ込まれました。



怖くて声が出せず、カラダを触られてグレー色のTシャツの上から小さな胸を揉まれ、捲くりあげられて乳首を愛撫されました。



暖かいコンニャクのような感触の男性の舌で、乳首を愛撫されて不覚にも感じてきてしまい、「あぁ・・・」と感じた声を出してしまいました。



「感じてるじゃん」とさらに男性はエスカレート。



持ち物から名前を知ったその男性は私を優衣(○○才という年齢も知った)と呼んできた。



「優衣はいつもここ帰りに通るよね。小柄でかわいくて、ムッチリしたお尻がすごく興奮していつも優衣のこと見てたよ。胸は小ぶりで期待できないと思ってたけどお尻は最高だね。」



短パンを脱がされお尻を突き出すような格好でパンツをさわさわされる。


体験談関連タグ



2015年6月11日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【泣ける】悪魔の卓球部【感動】

あたしは小中と何をやらしても普通の女の子だった

アダ名も『ふつう』だから『つうふう』だった

あたしは普通な自分がイヤだったよ

そんな時に出会ったのが友達にすすめられた某卓球漫画だった

その漫画は少しおげひんだけどコミカルな登場人物達が普通の生活を普通じゃない生活に変えていてとても楽しかった

何よりも最終巻での言葉があたしは泣いた

『普通が一番むずかしいんだ普通は立派なんだ』

あたしは泣いた

そして高校生になったら卓球部に入ろうと決めた

あたしは卓球部に入った

だけどそこは普通の卓球部じゃなかった

女子卓球部の新入生には義務があった

毎年ひとりが生け贄になって男子バスケ部3年生全員の見せ物になることだった

それはラケットとボールを男性器に見立てて愛撫することだった

弱小卓球部はこうすることでバスケ部に練習場所を分けてもらっていたんだ


体験談関連タグ



2015年5月17日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】知らない女が妻になっていた件【危険】

俺の後輩の話で、俺自身も深く関係した事件だったんだがな。



このまえ、まとめサイトで「彼女にプロポーズしたらいつの間にか別人にすり替わっていた」ってのを読んだら、似たような内容なので、自分も書いてみようと思った。



俺の後輩が市役所に婚約届を提出にいったら、全然知らない奴が自分の妻になっていて、結婚できないことがわかった。



まず、事の発端は、俺の後輩2人ができちゃった事から始まる。

2人とも大学を卒業したてなんだが、妊娠が発覚して、そのまま結婚って流れになった。

で、それぞれの両親に挨拶をすませて、結婚の段取りはトントン拍子で進み、披露宴は子供が生まれて、しばらく経って落ち着いてから上げるということになった。



先に、婚姻届を役所に提出することになった。

で、婚姻届の証人なんだけど、それに俺がなることになった。

2人がくっつくきっかけを作ったのが俺だったから。

もう片方の証人は、新郎の父親がなってくれて、俺は名前をかいて、印鑑を押すだけだった。

で、俺は印鑑をおして、2人が役所にそれを届けるという話だけきいて、しばらく2人とは連絡はとらなかった。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年5月11日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 13012345...102030...最後 »

このページの先頭へ