相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】おばあちゃん「五円チョコだよ、おいしいよ」【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木)05:03:56.08ID:wQFgZvLQ0<>

こどもA「はあ? 何そのちっせえチョコ」



こどもB「アルフォート買いに行こうぜ!」



こどもA「いまどきこんな駄菓子屋で買う奴いんの?」

こどもB「いこいこ」





おばあちゃん「……」







<>11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木)05:08:59.40ID:n+39e+qTO<>

五円チョコ「くそっ! 今時の小学生は……」


体験談関連タグ

||||

2015年6月30日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】( ^ω^)がひどいイジメにあっているようです【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/23(木)04:14:51.40ID:NCdzsI790<>

( ´ω`)「……」

紫苑「黙ってたら、わからねんだよ」

( ´ω`)「……」

紫苑「お前は俺が犯人だ、とでもいいたいのか?」

( ´ω`)「ぼ、僕はそんな事言ってな……」

紫苑「言ってるじゃねぇかよ、このやろ。また殴られてぇのか?」

血走る紫苑の目と対照的な廃人のようなぶーんの目







<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/23(木)04:15:13.94ID:NCdzsI790<>

別附第二小学校 第4学年2組

2005年6月3日

ぶーんの教科書と財布が無くなるという事件が起こった


体験談関連タグ

|||||

2015年6月10日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】歪んだ純愛 【鬱勃起】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。

俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。

スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り返ると、女が立っていた。

目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。

俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】お花の先生の孫娘と【危険】

<>78名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2008/08/23(土)19:56:05ID:Rh9+iElAO<>

前スレ471のヤリマソ女です。サセ子でもビッチでも便所女でも

何でもお好きな様にお呼び下さいませ。



結構前の話で恐縮ですが、私の変態っぷり故に生霊を色んな意味で

食ってしまったお話を投下したいと思います。

かなりの長文でございます。

例によってお嫌な方はスルーをお願い致します。



私はお花を習っています。

その先生のお孫さんが大変な美女でして。

ですが可哀相に、ご家族がトラブル続き。

お父様は糖尿の合併症により足を切断。

お母様は癌で声を失い。

弟さんは心の病から薬を大量に服用した揚げ句、マンションから


体験談関連タグ

|||||

2015年4月2日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】人生でベスト5に入るエピソード【感動】

俺が小学校5年の頃、学校の近くのスーパーで万引きで捕まった

すぐさま担任の女教師(43)、通称ヌーバ(ぬぅっと教室に入ってくるから)が飛んできた

まず俺にビンタを一発、涙目になる俺、よく見るとヌーバも泣きかけていた



「人の物を盗るのは最低の行為、これ(商品)を盗むことでどれだけの人が悲しむかわかっているのか」

「その菓子を食えば無くなる、だが盗んだという事実は一生消えない」

等々、一時間ほど延々と説教された

店の人がもういいですよ、と言っても説教は続き

夜7時過ぎにようやく先生と店へ出た(親には店の人の温情査定で呼ばれなかった)



おなかすいてるだろう、と駅前ラーメン屋へ行き、タンメンとギョーザをおごってくれた

口をあけるたびにビンタされたほっぺたが傷んだが、ラーメンはうまかった

車で家まで送ってもらい「今日のことは親には言っても言わなくてもいい、

自分が何をしたかよく見返すように」

と言い、先生は去って行った


体験談関連タグ

|

2015年3月27日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【レイプ】おとり捜査 【鬼畜】

「被害者の住まいは、またコーポフレアだ」

主任のこの一言に、室内は、様々な感情が入り混じったため息で満たされる。

「既にみんな知っての通り、ここは3階建てのアパートだ。アパートと言っても、まだ築2年、鉄筋でセキュリティも厳重、マンションなみの設備を誇っている」

「被害者の部屋はまた2階ですか? それとも1階?」

「まあ、焦るな、高水」

そう声をかけたのは、管内でここ数週間に連続発生する、一連の婦女暴行事件の捜査担当主任、山下であった。難関である巡査部長試験を1回でクリアした山下は、30代半ば、技量、経験ともに捜査の責任者としては充分な人間である。室内には山下のほかに、10名程度の刑事課捜査員がいた。東京都下、といっても都心部から電車で1時間程度かかる街であるが、その一地方警察署2階の小会議室に集合した面々である。高水はその中で最も若い25歳、交番勤務の巡査からこの春、転向したばかりであった。

「これで4人目か・・・」

高水のその独り言に、室内は暗黙のまま同意する。一時の沈黙を破り、山下がまた話し始める。

「そうだ。これで4人目だ。今回の被害者は竹山亜紀子、21歳。明星女子大学3年生。部屋は2階、202号室。被害状況は今までと酷似している。犯行時間は深夜3時すぎ。施錠し忘れたベランダの窓から犯人は侵入、寝入っていた被害者は刃物で脅し、そのまま暴行、金は取らずに立ち去った」

「全く、何で鍵をしないんだか・・・」

「同じアパートで既に3件暴行事件が発生、しかもみんなベランダから侵入されている。我々も充分注意喚起してきたつもりなんだがな・・・」

「最近急に暑くなってきたからねえ。開けたまま寝ちゃうのもわかるわ・・・」

そうつぶやくのは、水元沙紀。28歳の女性刑事だ。交通課を経て、去年刑事課に異動となったこの女性は、空き巣、痴漢、万引きといった軽犯罪を主に担当していたのだが、今日のミーティングには山下の指示で出席をしていた。

「そりゃ先輩、確かに暑いですけど・・・」

高水は水元の下でいろいろと手ほどきを受けたこともあり、先輩、先輩、となついている。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月15日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【恐怖】大家族スペシャル【危険】

<>62名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/11/14(日)06:44:39ID:amx/m1H90<>

大家族スペシャルの竹下家?かな。

人事変えで自分より若い奴の命令を聞くのが嫌だと高給の職をやめて

(高卒で手に職がないのにその給料もらえただけでも有難いと思わないのか)

知り合いの真面目な畜産業者の人に無理やり借金の保証人になってもらって、2千万円ぐらい借りて

北海道に一軒家買って移り住んだ。

親父職が見つかるかわからないけどとにかく

「あー、まあ血の繋がった家族っていいねぇ」でEND。





色々疑問が残った。

結局借金は返してないらしい。最初から保証人目当て。

大家族モノは「自分たちより底辺の家族がいるぅ」と思いたい連中のために作るのかと思った。






体験談関連タグ

||||

2014年12月19日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】兄ちゃんに告白したったwwww【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木)22:35:25.84ID:V/GmXIU10<>

さっき酔った勢いで兄ちゃんに

「大好きだよ」って言ったったwwww



なのに無視wwwwフルシカトwwwwwww

可愛い妹がせっかくデレてんのに

このクソ兄貴はwwwwww

唯一の肉親だからって調子のんなwwwwwww#160;





うち何故か物心ついたころから父ちゃんいなくてさwwww

母ちゃんと兄ちゃんと3人ぐらしでさwwテラ貧乏wwwwもやしうめぇwwww

んである日母ちゃんが帰ってこなくなってwwww

まさかの失踪wwwwwwワロエナイwwwwww




体験談関連タグ

||

2014年12月7日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】僕の母子相姦【血縁SEX】

僕も母と近親相姦の関係を続けている者です。

もう3年になりますが、初めて母とSEXを経験したときから、その快楽の虜になってしまい、狂ったように母の体をもてあそんできました。



最近、偶然このサイトを見つけて、多くの母子相姦の事例を読み進んでいくうちに、僕らと同じように世間の表には出ない母と息子の近親相姦がけっして少なくないことを知り、いつしか僕の心の奥底にあった罪悪感も薄らいできました。



僕は、自分を正当化しようとは思いませんが、僕を含めて、母子相姦経験者の多くの場合、発情期の息子と、その一番身近にいる女性機能を持つ母親との間に、偶発的な何らかのきっかけが作用した時、お互いが、一線を越えてしまい、そのままズルズルと肉体の快楽が止められなくなっているのだと思います。



今日は、風が強くて、バイト先の現場が休みになったので、家でゴロゴロして、昼になってテレビを見ながら昼食をとっていたら、み○もんたさんの電話相談みたいな番組をやっていました。



あまり注意して見ていなかったのですが、大まかな相談の内容は、母子家庭のお母さんの相談で、小6の息子が携帯のHサイトにハマッて毎月の携帯料金が2万円もかかるので、Hサイトを見ないという約束で、そのかわりにエロ本を買い与えているけどどうなのか…と言う内容だったと思います。



そのお母さんは、息子と一緒に本屋へ行って、息子に読みたいエロ本を選ばせて、18禁のため、お母さんがレジを通して息子に渡しているとのことでした。



その番組のスタジオに居た4〜5人のコメンテーターは、全員「そりゃあいいことをなさってますよ」とその母親を絶賛して褒めていましたが、僕はこの母子はきっとじきに、母子相姦の関係に進んでいくな、と直感しました。




体験談関連タグ

||||||||

2014年12月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【浮気】うちでゆっくり、お話しましょうか 【不倫】

仕事帰りに立ち寄る家の近くの本屋。

そこでよく見掛ける家の隣の奥さんは、万引き常習犯で自分のバックに本を入れて、そのまま出ていく姿を何度か見ていました。

その日も現場を目撃して、これは黙っていられないと、マンションのエントランスでエレベーターを待っている奥さんに声を掛けました。

もちろん善意ではなく悪意で。



『奥さん……そのバックの中の本は……今日もレジを通ってないですよね…………』



驚いた表情で俺を見つめる奥さん。

エレベーターのドアが開くと、押し込むように乗り込んで



『うちでゆっくり、お話しましょうか……』



そう言って妻が不在の自宅に連れてくると、ソファーに座らせて隣に座って



『この事は……誰にも…………』


体験談関連タグ

||||||

2014年11月7日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ