相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】ジャニヲタは総じてキチガイ【危険】

<>977:本当にあった怖い名無し:2011/10/19(水)15:13:50.10ID:64GmiNln0<>

当方三十路のババアですが、髪型を変えて以来よく某男性アイドルに間違えられます。

で、こないだの話。

電車に乗っていたら、全身真っ赤の異様な格好をした

化粧の凄まじく濃いおばさんが私を二度見して、

「○くーん!!!!」って絶叫しながら抱きついてきました。

状況が飲み込めずに固まってると、いきなり顔を舌で舐め回されました。あの感覚はトラウマものです。

絶叫する私に、唖然としていた近くのサラリーマンがハッとし、

おばさんを取り押さえてくれました。

おばさんはいつのまにか盗んでいた私の腕時計を満足そうにしゃぶっていました。

駅員につれられながら私を見つめるおばさんの笑顔は多分一生忘れられません。

体験談関連タグ

||

2015年6月7日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】最高のご褒美 【感動】

スーっとするの、わしだけだったら申し訳ないのだが吐き出させてくれ。



おじさん、遅くしてできた一人娘がいるんだが、赤子の頃に母乳を一切飲めなかったからか、はたまたミルクが飲めなくて二ヶ月成長がとまったからか、とても体の小さい病弱な子だった。

お金もなくて小さい頃に治療させてやれんかったせいで、大人になった今とても苦労をしとる。



そんな娘が立派に成人式迎えた年、おじさんの務める会社が結構な黒字をだしてな、感謝祭を開くことになった。

感謝祭は家族を呼んで会社の土地使ってお祭りみたいな事をする。娘は成人したし興味無いかと思っとんだが、お父さんの職場見てみたいって言ってくれてな。祭りに来てくれた。



その時にな、うちの社長と仲の良い、取引先の社長とその跡継ぎのぼっちゃんに鉢合わせして挨拶しとったのよ。

おじさんの娘は病弱なせいか、いっつも中学生に間違えられるくらい小柄で、それがコンプレックスだったのよ。

でも、ぼっちゃんはうちの娘をたいそう気に入ってくれて、周りからはお前んところの娘は子ども産めるんかとか馬鹿にされとったんだが、なんとうちの会社の社長通じて、見合いを申し込まれた。



ぼっちゃんの年齢を聞くと30過ぎとったし、断る気満々だったのが、周りの圧力もあってぼっちゃんと娘をあわせることになった。



相手方の社長はええ人なんだが、ぼっちゃん、一人息子で甘やかされたのか、娘に対して背は小さいのにとか、失礼な冗談言い出して、わし、もう握りしめた手が震えとった。


体験談関連タグ

|

2015年2月16日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】旦那様が大好きすぎる【感動】

<>1:名も無き被検体774号+:2012/02/14(火)15:18:15.72ID:428WlOhu0<>

文章ヘタだから、読みにくいけど聞いてくれる?



<>8:名も無き被検体774号+:2012/02/14(火)15:23:26.83ID:428WlOhu0<>

それでも書いちゃいます!

あと、旦那さんはもういません。

なので思い出を書こうかなって!



旦那様とは出会ったのは、私が18歳で旦那は23歳だった。



私は高校の頃引きこもりで中退、

大検を取って服飾の専門学校にいった。

専門学校の友達が旦那さん。



<>13:名も無き被検体774号+:2012/02/14(火)15:29:08.02ID:428WlOhu0<>


体験談関連タグ

||||||||||

2015年2月5日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】出会い系で出会ってみたら母親だった【血縁SEX】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/07/27(水)14:28:58

そして引き篭もり生活スタート



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/07/27(水)14:29:35

とりあえずやっとけ



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/07/27(水)14:29:53

感動の再会じゃん!!!!11



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/07/27(水)14:31:09

ねーよwwwwwwwwwwwwwwww



絶対にねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwww



<>7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/07/27(水)14:32:41ID:sUWNvjsX0<>


体験談関連タグ

||||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】既婚男性版1の人気スレ テンプレ【感動】

1:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/02(土)08:39:46.66

  …10代で仕込まれ、

  20代で遊びまくるも、やりすてられ、

  そして30代、他の男が喰い散らかし残った余り物

  そんな貞操観念の欠けた女性を『残飯』と呼んでいます



  残飯処理兼ATM。生涯保障付き。それが俺達残飯持ち。



  このスレは残飯と結婚して

  後悔している既婚男性の集まりです

  存分に吐いて下さい。



2:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/02(土)08:40:43.01

【真面目な男の人生】




体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月31日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】「コロ」【感動】

<>37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/21(木)20:06:27.44ID:12wx+CvVO<>



小さい頃、近所から雑種の犬をもらい「コロ」と名付けた。

田舎だったので田んぼの周りでよく鬼ごっこをしたりして、

舌を出しながら一生懸命テテテッて追いかけて来るのが可愛いかった。



ある日、旅行行った婆ちゃんが

お土産を買って帰って来たのでそれに夢中になり、

コロの首輪を外してたのをすっかり忘れてた。

で、そのままいなくなった。



一ヵ月くらい探したけど、結局いなかった。

で、婆ちゃんに

「きっと窮屈な首輪が外れて嬉しくて、どっかもう遠くに行ったんだよ。」

それ聞いて、なんか飼い主としての不甲斐なさとか悟って泣いた。


体験談関連タグ

|||

2014年10月13日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【浮気】結婚後初めて浮気してみた 【不倫】

小野真弓に似てるってよく言われる。結婚したのは6年前、

ハタチのころわずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて、



ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。



 出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。メガネとスーツが似合ってて、



手がきれいだった。1週間くらい毎日メールしてて、

誠実そうだったから会うことにした。



会って、軽く会話して、そのままホテルへ。エッチは普通だったけど、



ちゃんとゴムを着けてくれたから安心して楽しめた。何度かイケたと思う。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月28日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】マイのチンコレ【隣の芝生】

一度タガが外れてしまうと女って凄いですよね。

僕の妻のマイは、僕と結婚するまでは、遊びでセックスするようなタイプではありませんでした。

ところが結婚して6年ほど経ち、さすがに飽きもきていわゆる倦怠期に突入。

仲はよいものの夫婦のセックスがめっきり減ってしまった僕らは、なんとかその状況を解消しようとスワッピングを経験してみたのです。

それがきっかけでした。

最初はネットで見つけた夫婦やカップルの方たちと、ごく普通に別室でスワッピングをしていたのですが、だんだん僕のほうが物足りなくなってきました。

で、6組くらいとした後に、単独男性の方を募集し、マイとその人がセックスしているところを僕は見るだけというプレイを試してみることにしました。

意外と簡単に相手の方が見つかったので、早速上野の某ホテルで実行です。

その頃のマイは32歳。

もともとむっちり系なんですが、三十路を迎えいい感じにいやらしく肉がついてきた頃です。

相手の男性はなんと23歳。

9歳も年下の若い男性とセックスできるということで、マイもかなりドキドキしていたようです。

僕とマイはスワッピングは経験済みとはいうものの、前述の通りすべて別室でのプレイでしたから、マイも僕の見ている前で他の男とセックスするなんて初の体験というわけで、期待と不安で一杯だったのでしょう。

さて、最初は恥ずかしがってなかなか脱ごうとしなかったマイでした。

しかし相手の男性のほうは思いっきりよく、僕がいるにも関わらず全裸になったので、マイもやっと踏ん切りがつきました。


体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月28日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】結婚後初めて浮気してみたw 【不倫】

小野真弓に似てるってよく言われる。結婚したのは6年前、

ハタチのころわずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて、



ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。



 出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。メガネとスーツが似合ってて、



手がきれいだった。1週間くらい毎日メールしてて、

誠実そうだったから会うことにした。



会って、軽く会話して、そのままホテルへ。エッチは普通だったけど、



ちゃんとゴムを着けてくれたから安心して楽しめた。何度かイケたと思う。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月19日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【寝取られ】筆下ろし【鬱勃起】

八月の青空の下、浜野朱美は鼻歌交じりに洗濯物を干していた。緑豊かなニュータウンを背景に幸せいっぱいのシーツをはためかせる。

(ふふ、またすぐしわになるのにね)

 思わず笑みがこぼれてしまうのは、今晩、夫の利之が出張から戻ってくるからだ。

 そして、そんな夜は決まって抱き合うのが、ここ数年の約束事になっていた。家を空けがちな夫にしてみれば、「風俗に行かなかったぞ。浮気だってしていない」というつもりなのだろう。それが朱美は心からうれしい。

 一人娘を寝かしつけてから夫と一杯やり、ほろ酔いになるそのひとときが待ち遠しいのだ。それは子供が大きくなっても大切にしたい夫婦の時間だった。

(さてさて、今晩のおかずはなににしようかしら?)

 夫の好物に頭をめぐらせたとき、階下から娘の美雪が声をかけてきた。

「ママ! 電話だよ! パパから!」

「あ、はーい!」

 階段を下りると、美雪は玄関で靴を履いていた。連日のプール遊びで小学三年生の肌はすっかり小麦色だ。三十路に入ってから一度も肌を焼いていない朱美は、眩しげに目を細めた。

「あら、もう行くの? 目薬は持った?」

「うん、持った。じゃあ、いってくるね」

「はい、いってらっしゃい」

 二十四歳で産んだ一人娘はすくすく育ってくれたし、恋愛結婚した夫の仕事も順調。その上、双方の実家の援助でワンランク上の一戸建も買えた。そう、なにもかもが順風満帆だった。電話口に出るまでは……。

「もしもし、おまたせ」


体験談関連タグ

||||||

2014年9月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ