相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】人妻 香苗 3 【鬱勃起】

21





香苗 「…ぁ……あの……」





中嶋 「ハハッどうしたんです?そんなに驚いた顔して。僕の顔に何か付いてます?」





香苗 「い、いえ別に……あの…中嶋さんはどうして…?」





香苗は午前中、隣からの中嶋の声を聞いた時から疑問に思っていた事を中嶋に聞いてみた。






体験談関連タグ

||||||||

2014年10月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・【隣の芝生】

美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・芳田さんとの出会いの翌日でした。

深夜に電話がかかってきました。

昨夜の出来事が楽しかったと言ってくれました。

近寄りがたかった美和子さんと仲良くできて感激したとの事でした。高校時代の試験成績はほとんどの生徒が95点以上でしたので、90点以下の成績の人は私学か地方の二期校しかいけなかったのです。

芳田さんはテニスに夢中でしたから予習や復習をされなかったとの事でした。

希望校を受験されましたが散々な成績だった様でした。

やむなく、昼間と夜間に複数の予備校へ通って猛勉強をされたようでした。理科三類は浪人が多くて3年以上も頑張った同級生が多かったみたい。

ご両親が郷里で開業されていたので、地元の大学で学位を取り病院を継承したいとの考えで帰郷されたとのことでした。

研究者にならないで臨床の道を選択されたのですが悩まれての結論でした。そして、三十前まで女性を知らなかったと告白されました。

美和子さんとのデイトで目覚めたと・・・。

そのようなお話の後で週末に食事をする事になりました。結婚を申し込まれそうな気配でしたから新しい洋服で出かけました。

下着も可愛いデザインのものを着ています。

髪も整えて精一杯のおしゃれです。尾道を経て福山の鞆の浦までドライブしました。

夕食は鞆の浦の夕陽を楽しみ乍らでした。

瀬戸内海の小魚料理が美味しかったのを憶えています。倉敷のホテルのラウンジでお休みしてからお部屋へ移動しました。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】ゆきちゃんとの初めての日【血縁SEX】

わたしのあそこは、もうゆきちゃんのものです。

ゆきちゃん13才、今のダンナ48才、ダンナの方が1回あたりのシツコサは

ずっと上だけど、結婚したての2年間はほぼ毎晩だったのが、最近の1年間は

せいぜい週に1回。

前戯は長いけど、オチンチンは15分も保てば良い方、自分が終わったらさっ

さと寝ちゃうし、34才のオンナをバカにしてる。

それに比べて、ゆきちゃんのオチンチンはずうーと長持ち、1回あたり30分

以上。

スゴイ硬いし、前のダンナに似たのか大きめ。

わたしとするようになってまだ1ヶ月だけど、ほぼ毎日、夏休みの間は義理の

娘やダンナが出かけたら、即、ゆきちゃんの部屋で1日に2回か3回はしてた

し、新学期始まってからはゆきちゃんが学校から帰って来て、だいたい4時か

ら、6時くらいまで1回か2回はしてる。

きっかけは、今年に入ってから、わたしと義理の娘(17才)の下着が何枚か

無くなって、下着ドロボーかなとか家族で騒いで、干すのにも気を付けていて


体験談関連タグ

|||||

2014年10月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた5【血縁SEX】

学校から帰ると、父はもう出発した後でいなくなっていた。

母は髪を巻いて、ナチュラルなメイクをして可愛らしい格好をしている。

ぱっと見女子大生に見える母は、ドキドキするくらいに可愛く見えた。



そして、笑顔で俺に

「今日はデートしよ!」

と言ってきた。



俺は、思わず母を抱き寄せると、キスをしていた。

母も、嬉しそうに舌を絡めてきてくれて、俺はもうそのまま押し倒すつもりになった。



「ん?なぁにこれ、、、 コウちゃん、何持ってるの?」

学校から帰るときに、クラスメイトの彩花に無理矢理握らされた映画のチケットだ。

俺は、動揺しながら説明すると




体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】母との夫婦生活【血縁SEX】

私が、母を意識しだしたのは オナニーを覚えたばかりの中学生になってからです。

その当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分のオリモノ、匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。母との2人暮らしで、周りにも女っ気もなく

私の性欲の対象はもっぱら母だけでした。 高校に入ると、Hな情報も増えましたが、同年代の女性には興味がわかず

自分も自身の性癖がちょっと変だという認識が出てきましたが、どうすることも出来ません

夏場でしたら、母の胸元からはみ出たブラジャーや、そのはちきれんばかりの乳房に興奮したり、母が洗濯物を干している時のはみ出た厭らしい お腹や、腰周りを見て勃起したりと母を厭らしい目で見て犯していました。

母は近くの飲食店で働いており、酔って帰宅することもしばしばで、帰宅すると同時にベットへ倒れこみそのまま寝入ってしまうこともありました。 高校2年生の夏でしたが、何時ものように、母が酔っ払って帰宅し、その日はベットにまでたどり着かず 居間ソファーに倒れこみ 寝息を立て始めました。胸元は肌蹴て、ブラジャーからは今にもはみ出しそうな白い乳房が見えており、スカートの裾は肌蹴て捲くれ上がり、パンティが見えています。 その奥を覗き込むと小さなパンティが母の秘部に食い込み、黒い陰毛も見えていました。私は興奮を抑えきれず、母のパンティの上からですが、そっと撫でてみましたが、反応はありません、母を揺り動かしてみましたが、やはり反応はなく熟睡していました。 私は理性を抑えくれなくなり、恐る恐るですが、ゆっくりとパンティをずらしてゆき、食い込んでいたパンティを足首まで下げ、片足からパンティを抜き取りました。

片足に引っ掛かったままのパンティはピンクのパンティで小さく片足の足首で丸まっています。

捲くれあがったスカートからは、母の陰部がはっくりと見えています。黒々として陰毛の中央からは、赤黒いビラビラが見えていました。私はそっと陰部に指を押し当てて、ゆっくりとマッサージするように擦りながら、母の顔をみましたが、相変わらず寝息えおたてたままです。そして指を奥へと挿入してみると暑さのせいか湿気を帯びた秘部は以外にも指を容易に迎え入れました。1本、2本と指で掻き回しているうちに眠っている母の秘部からは、愛液らしきものが湧き上ってきてきます。

母の陰部に鼻を近づけると 汗のすいっぱい匂いと、いつもの母のパンテーの部分の匂いがしており、舌と唇で陰部を愛撫していると愛液が溢れだし、黒い陰毛の中に赤黒い陰部がぱっくりと厭らしく口を開けており、皮がむけたクリトリスが大きく勃起して眠っているのもかかわらず体だけは興奮しているのがわかります。

しかし それ以上すると目を覚ましそうで、勇気がなくそのままパンティを上げて自室に戻り自慰に耽りました。

その日のオナニーは今までにない興奮で、何回逝ってもすぐの勃起するペニスを持て余す程でした。

翌日 昼ごろ母は起きてきましたが、今までの母とは違い、気のせいか何となくセクシーで厭らし表情をしていました。

この日を境に 母が酔っ払って帰宅した際、頻繁に母へ悪戯するようになりました。

悪戯を繰り返しているうちに、何となく若返ったような感じがしました。そして一つ気がついたのは、悪戯をした翌日は明らかに何時もと違い、目元が潤み、顔は紅潮しており、態度も何となく落ち着かない様子でした。

たぶん 眠っているとはいえ、愛液が溢れるほど感じているのですから欲求がかなり溜まっている様子でした。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】妻とKさん【隣の芝生】

初めて投稿します。

長文ですが妻の性の変貌をお話します。

私夫38歳、妻35歳、子供一人。

妻とのSEXは月に1、2回程度です。

私の竿は一般男性に比較できない程短く、小学生位の長さです。

平常時で3、4cm、勃起時でも7、8cm程度と短く、細く太さも約3cm、しかも包茎です。

妻も、私の竿では満足できず、イッた事がありません。

妻に聞くと、正直入っているだけと言っていました。

結婚する前は5人程男性経験があるそうです。

いままで付き合ったい私以外の男性は、全てズル剥けで、大きかったと言っていました。

以前、私が職を失い、生活の費を稼ぐため妻が仕事に出ることになりました。

仕事は自治会の紹介で近所の老人(60歳~75歳位)の方の世話でした。

世話と言っても、雑談などですが・・・

仕事を初めて数日後、Kさん(65)さんに、お金が必要なのと言われたそうです。

Kさんは、以前土方をしており、身長180cmで体格もガッチリしている方です。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年10月1日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】母を眠らせて続き【隣の芝生】

学校から帰り友人が来るのを待っていたら友人が自転車で家に来ました 中学からの友人だったので家に入れるのは初めてで家に入るなり「お前の家いい匂いがするな~」っと珍しそうにきょろきょろしていました 風呂やトイレ、リビングっと一通り見て友人は「これお前にやるよ!俺の兄貴が今の彼女をものにした時ジュースに入れて飲ましたらものにできたからお前にもわけてやるよっともらった薬だからお前のママに飲ましてみな!」 「兄貴にどうなるか聞いたらニヤニヤ笑って教えてくれなかったけど、たぶん睡眠薬だと思うよ」

薬は錠剤で青い色をしていました 「結果が出たら教えてくれよ!」 友人は30分位で用事があると帰りました

母は美容師なので火曜休、僕と休みが合わないので飲ませるタイミングがなく2週間位過ぎた時中学の三者面談で母が土曜日に半日で仕事を早退する事になりその日に決行することにしました

当日母は薄いピンクのワンピースに生足でミュール、長い髪は後ろに蝶の髪留めで束ねて首を出して涼しげな大人の女!って感じで学校に来ました 面談を待っている時浮いている母に少し恥ずかしかったのを覚えています

無事面談も終えて3時頃校門のとこで母と待ち合わせして一緒に帰りました 帰り道母に「家でDVD観ようよ!」「じゃ3時だしケーキでも買ってお茶飲みながら観ようか?」 家帰ると母は足首をたくし上げたGパンと白いTシャツに着替えてお茶の準備をし始めました 僕はリビングでDVDの準備をしてソファーに座ってました テーブルにケーキとコーヒーを持ってきて母は「洗濯物を入れてくるからまだ始めないでよ!」っと二階に駆け上がって行きました コーヒーに友人にもらった錠剤を入れてみたらそのままと解けなくて。。。慌てて口に含みコーヒーを少し入れて噛み砕き母のコーヒーに出しました 少しゴミみたいなのが浮いたのでミルクを入れてごまかしたのを覚えています

10分位して母が二階か駆け下りてきてテーブルのコーヒーを半分位飲んで「お待たせ!観よ!」っと僕の背中を押しました 映画が始まって1時間位したら隣で見ていた母が居眠りをしはじめたので「眠いなら止める?」っと聞いたら「ごめん!大丈夫観ましょ!」映画もクライマックスになってきた時には母はソファー寄りかかり顔を上に向けていびきをかいていました 母に「こんな所に寝ないで自分の部屋で寝なよ」と揺さぶってみましたがぜんぜん反応がないので急に怖くなって友人に電話をしました 「薬飲ましたら寝てしまったけど大丈夫かな?」 「寝た?兄貴が居るから聞いてみるよ」数分して電話が鳴って「兄貴に聞いたらそれやっぱり睡眠薬だって!彼女に飲まして寝てる時にものにしたんだってさ。。。半分でも効くらしいから全部飲ましたら相当起きないらしいよ」酔って寝てる時と違ってイビキかいてるから心配したけど友人の相当起きないって言葉にドキドキしてきました

僕はこの前の夜から母に対してチャンスが来たら何をするか決めていたので少し冷静に母の寝姿を見る事が出来ました

もう夕方で外も暗くなり始めたのでカーテンを閉めて玄関に鍵をかけて前の夜みたいにソファーに寝ている母の前のテーブルをどけて母の前に立ちました 母は背もたれにだらしなくななめに寝て脚は投げ出していました 僕はわざと強めに母の脚を蹴飛ばしてみたけどイビキが止まっただけで起きる兆しがありません 白いTシャツには透けて下着が見えていたので指で押してみたら今まで触ったことのない感触に電気が頭を通って行きました

体験談関連タグ

||||||||||

2014年10月1日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】幼い頃は姉の異性を少しだけ意識した【血縁SEX】

『近親同士のセックスが長期間になればなるほど、

自立ができなくなり歪な家族関係となってしまい、

互いに依存し合って抜け出しにくくなります』

YAH‥‥知○袋には、そう書いてあるが、そうはいっても止められない。

私と姉とは幼い頃から仲がよかった。

子供の頃、近所の林で、隠れて小便しながら性器を見せ合ってた。

家でのプロレス遊びの時、私が姉の上に乗り、姉は私の性器を手でもんだ。

そんなふうに、互いの異性を少しだけ意識しながら、無邪気に遊んでた。

小学4、5年の頃だった。私は姉にいわれるまま、仰向けになって、性器を出した。

姉も下着を下ろして、性器と性器をそっとすりつけた。

「どう、いいでしょ」といって、にやっと笑った。

気持ちがよかった。次の日もしてくれた。

中学の頃からは親に隠れて、性器に性器を挿入し始めた。

私の部屋や姉の部屋で、裸で仲良く布団にもぐっては、性交した。

両親は、私たちに全く気づいてなかった。


体験談関連タグ

|||||||

2014年9月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】私の借金の尻ぬぐいをする妻 【鬱勃起】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。

32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。



これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、





嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。

男は、嫁の昔の知り合いだ。

40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。





「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」

男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。



目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月30日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】マッサージをする家内【隣の芝生】

街外れに温泉施設が出来た。

施設内には、風呂が3種類とサウナ・マッサージ・ゲームコーナ・憩の場が設置されている。

客は、家族連れやご老人が多く見られた。

開店当時は賑わっていたが、最近は人気が少なく特に平日は老人の溜まり場だそうだ。

長年勤めた会社も不景気になり、家内は会社を辞めた。

私42歳、家内38歳

子供もまだ、中学生と高校生とお金が掛る年頃で、家のローンもあるので私1人の収入では

厳しい状況だ。

家内も仕事を探したが、こんな御時世正社員など中々見つからず、半年が過ぎていた。

そんな時、友人の勧めもあり、温泉施設で働く事になった。

自給も他より良く、家内の友人も働いていると言う事で、安心していた。

仕事初日、妻はリビングのソファーに座っていた。

私 「どうだった仕事」

家内「思ったより大変!」

私 「内容は?」


体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月30日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ