相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び4 【鬱勃起】

麻由香は、とっさに夫の浩介にキスをした。それは、ハプニングとはいえ、夫の友人の幸雄の精液を、浩介に舐めさせてしまったからだ。

夫は、麻由香の口の端についていたそれを、ヨーグルトと間違えて舐めた。麻由香は、酔いに任せて犯してしまった過ちが露見しないように、あわてて夫に唇を重ね、その口の中の幸雄の精液を吸い取るようにキスをした。



それは、愛情の発露というよりは、証拠を隠滅したいというよこしまな思いからのキスだった。でも、浩介は麻由香の積極的なキスに、久しぶりに火がついていた。

「ベッド行こうか?」

浩介は、照れくさそうに言う。その言葉を、麻由香は信じられない思いで聞いていた。





半年近くも夫に抱いてもらえず、はしたないオモチャを買ってまで欲求不満を解消していた麻由香にとって、その言葉は涙があふれそうになるほど嬉しいものだった。それでなくても、さっきの幸雄との過ちで、身体が燃え上がってしまっている麻由香は、夫の腕に自らの腕を絡みつかせ、

『はい!』

と、全身で喜びをあらわしながら返事をした。

(私、バカだった……。初めからこうすればよかったんだわ)

麻由香は、腕を組まれて照れくさそうな顔をしている夫を見て、心から反省した。



そして、そのまま寝室に行き、電気を消すともつれるように抱き合い、ベッドに寝転がった。すると、浩介がいつになく荒々しいキスをする。麻由香は、そんな夫のいつもと違うキスに、胸がドキドキしていた。麻由香は、夫が自分に興味がなくなってしまったと思い落ち込んでいた。それが、こんなにも荒々しく自分を求めてきてくれるのは、心の底から嬉しいことだった。


体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】年下の義母と毎日がエロゲみたいです・・・・・【感動】

<>1:以下、名無しに変わりまして気になる速報がお送りします:2011/01/29(土)17:46:15.43ID:NdEku8JT0<>

たったら書く





<>86:以下、名無しに変わりまして気になる速報がお送りします:2011/01/29(土)18:23:05.49ID:n4pbBDCF0<>

あ、1くんはもういいです^^





<>90:以下、名無しに変わりまして気になる速報がお送りします:2011/01/29(土)18:25:11.09ID:QRcGzXQP0<>

誰か年下の義母がいる俺を呼んだかね・・・



親父:45

自分:26

義母:24




体験談関連タグ

|||||

2015年5月21日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】弱みを握られた絶世の美女2 【鬱勃起】

続き



伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が





堪らない。







自らスカートをたくし上げて



太腿も露わに、下着を晒す



ゆずりさん。




体験談関連タグ

|||||||

2015年5月19日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】幼なじみが風俗に【感動】

いつきは、俺のはす向かいにすんでた同学年の子で、小学校の時は一緒によく遊んだ。たしか、3年になっていつきのクラスに元の同級生で仲良しがいなくなって、俺のところに遊ぼうってきたんだ。俺は、いつきをさそって、野球や、キックベースなんかをしてよく遊んだ。

だけど、いつきの家は親が海外線のパイロットで、年収3000万とかいう超お金持ちで、中学は麹町の方のお嬢様学校へいった。それから、俺はしばらくいつきと顔を合わすことはなくなった。

おれは、公立中学、地元私立高校へと通い、順調に浪人した。浪人生なら駿台でしょ。もちろんお茶の水でしょ。おれは早計コースに通った。そこには、俺みたいな千葉のいなかもんは珍獣扱いされかねない世界が広がっていた。みんなエレガントな感じで、ジーンズメイトなんて知らないってかんじの方々ばかりだった。俺は地元の丸井でオサレしようとがんばったが、なんか彼らの着てる物が売ってない。

珍獣なおれは肩身の狭い感じで毎日通っていた。何で東京の女の子はこんなにかわいんだろう。顔のサイズがちがう。目の大きさが違う。スタイルなんて言わずもがなだ。俺はボケ〜とかわゆい娘たちに見とれていた。

「中村君じゃない?」

「???」

いかにもお嬢様って感じの子が前にいた。アンサンブルのニットが控えめの胸に少し引っ張られて華奢好きの俺にはたまらない感じだ。

「なにか?」

「覚えてないの?高橋です。」

高校にそんなのいたかなあ。俺の高校の女にこんな上玉はいないはずだ。

「失礼ですが、どちら様で?」

「はす向かいの高橋です。 は・じ・め・ま・し・て!!」

「あっ、いつきちゃん?」

「そうよ。しばらくね。ここにきてたんだ。」

「う、うん。たまには東京の空気でも吸ってみようかと思って。」


体験談関連タグ

||||

2015年5月15日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【浮気】(エヴァ)碇ユイと真希波マリとのレズ話 【不倫】

*物語はフィクションです。



ユイとマリは同じ大学の研究室生だが、マリは2つ飛び級で大学に入学していて16歳。



研究室で逃げ出した実験用マウスを追いかける碇ユイと真希波マリ。



マリの髪の毛がクシャクシャに。



マリはユイのことを密かに想っていてユイの眼鏡をコッソリ盗んでいた。



マウスを追いかけているときにマリのカバンが落ち、ユイの眼鏡が出てきた。



「探してたの。眼鏡。なぜあなたのカバンの中に私の眼鏡が?」



「にくたらしいんですよ。ユイ先輩のきれいなとこ、優秀なとこ、少し間の抜けたところも全部。私があなたを好きなのに態度を変えないところも。気づいちゃったんでしょ?私があなたを好きってこと。」マリがユイに問いかける。


体験談関連タグ

|||||

2015年5月12日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】りん様の記憶:彼がはじめて遊びに来た日 【不倫】

今回のりん様との想い出には元彼が登場します。

当時付き合ってた元彼です〜

元彼とは大学時代から付き合ってて、卒業とともに遠距離恋愛になってました。

で、この時にはもう、まよはりん様のマンションに転がり込んでて。

周りにはルームシェアしてるってことにしてました。

。。。妄想ですけどねw

あの。。。昔の日記を編集するの面倒になったので、とりあえずほぼそのままアップしてみますね。

も、もうそうですけどね。。。



妄想「りん様の記憶:彼がはじめて遊びに来た日」



実は先週、彼氏が遅めの夏休みをとって、遊びに来てくれてました〜〜

17日から月曜日まで。

めっちゃ楽しかったですよ〜

その間に、りん様にされたことを、彼は知らないで無事元気に帰っていきましたw


体験談関連タグ

|||||||

2015年5月7日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【レイプ】両性具有 一人二役 【鬼畜】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月5日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【恐怖】ワガママ【危険】

<>509:名無しの心子知らず:2011/11/23(水)13:16:36.18ID:APv6VhFN<>

子供の幼稚園のクラスが同じママなんだけど、生粋のお嬢様育ちらしくて

生まれてから一度も働いたことがないと言っていた。

さらに自分のワガママが通らなかったことは今までなかったらしく、自分が思ったことはなんでも要求するし、欲しいものはなんでも手に入ると思っているらしい

じゃあなんでこんな普通の民間の幼稚園にと思ったら、一般人との出来婚で旦那さんは庶民だからだとか。

そのママの子とAママ子が仲がよくて、お休みの日に一緒に遊ぼうとAママ宅に親子で遊びに行ったんだけど、家に飾ってあった趣味のレースとかパッチワークとか見たワガママが

まぁステキーこれイイわねと褒めていたと思ったら、じゃあこれいただいていきますねと帰りに持って帰ろうとしたらしい

手作りで気に入っていたので、ダメですよーと断ったら、私がほしいって言ってあげてるの!おこがましいっ!!っとブチ切れ。

なんとか取り返して、でもワガママが帰った後他のが無いことに気がついて

翌日に幼稚園で聞いたら、持って行ったわよ。いい趣味してるわねと。

返してくださいって言ったら、二千円くらいを叩きつけて、買ったのだから文句ないでしょ!

お金は突き返して、返して!って強く言ったら、明日持ってくるわよーといってそのまま持ってこなかったらしい。

それと同時進行で、BママもBママ子が使っていた着替え袋をワガママ子にとられ、抗議していたらしい。

この時もうちの子が気に入ったんですもの。譲りなさい。と。

代わりにこれでイイでしょとその時は、チョコレートをよこしてきたらしい


体験談関連タグ

|||||

2015年5月4日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】職場にすごく好きな子がいる。【感動】

職場にすごく好きな子がいる。

ちっちゃくって、ちょっと舌っ足らずで、あどけなくて、笑顔がすごくかわいい。

今日、彼女がちょっとかがんだとき、チラッとブラが見えた。ピンクだった。

刺繍?レース?なんか綺麗な柄で大人っぽい感じ。パンティもおそろいなんだろうな。

服の上から彼女の下着姿を想像したりしてた。ラッキーな一日だ、とか思いながら。

 

昼休み、彼女が同僚に嬉しそうに話しているのが聞こえた。

「今日、彼氏のお誕生日で食事に行くんです」

とたんに目の前が真っ暗になった。

食事の後は当然セックルするだろう。彼氏の誕生日なんだから。

つまり、さっき見えたブラは、夜には彼氏に脱がされるために選んだものだったんだ。

 

彼氏は、おれが目の端に少し映っただけでボッキしそうになったその布切れを、何ら

感ずることなく彼女から剥ぎ取り、恥ずかしがって胸を隠す彼女の両腕を優しくほどき、

おれが決して見ることはないそのブラの中身にくちづけ、吸い、軽く噛んだりするんだろう。


体験談関連タグ

|

2015年5月1日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】ストーカーにあった【危険】

<>37:774号室の住人さん:2010/05/18(火)15:56:12ID:oH//YUJs<>

昔ストーカーに会った時の経緯

某サークルで飲み会



帰る方向が同じで同じタクシ



「私、酔っちゃった・・・」しらんがなw



気にも留めず俺の家の近くで降りる。フラグもみ消す!



次の日から「恥かかせた」だ「最低男」だのメール多数。



アパート(一人暮らし)に凸される



1日メール200通、着信100回を超える


体験談関連タグ

||

2015年5月1日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

このページの先頭へ