相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】人妻【隣の芝生】

 静岡の人妻と体験を書かせて貰います。

 名前は「恭子(仮名)」、年齢は45歳、ちなみに私は当時29歳でした。

 それは今年の3月の連休の前々日のことです。連休の予定が無かったので、チャットでエッチが出来る人妻さんを捜してました。「熟女のお姉さん、今度の連休にドライブしませんか?」のメッセージで待機していたところ、少しして、恭子さんが入ってきました。

 最初は恭子さんの方から「今度の連休に神奈川の不動産屋を回りたいのだけど、案内してもらえませんか?」と言ってきました。

 よくよく聞いてみると、4月から娘さんが神奈川の大学に入学することに成ったのですが、ネットや雑誌だけでは、なかなか部屋が見つからなく、こんな時期になってしまい、あわてて、神奈川で部屋を探すこととなったそうです。

 で、どうせ暇だし、色々と世間話していると感じのいい人だったので、案内をOKして携帯の番号を交換しました。

 ネカマかもと思い、こちらから携帯に電話すると、とても40代半ばとは思えないとても可愛らしい声が聞こえてきました。電話で30分くらい話し、待ち合わせの約束をしました。

 3月21日の当日、新横浜駅で恭子さんに逢ってビックリ、声と同様に小柄で可愛らしい人でした。ジーンズにタートルネックのセーターを着て、胸は大きくありませんでしたが、私好みの可愛らしい人でした。

 先に恭子さんの宿泊するホテルにチェックインをすませ、不動産屋巡りを開始しました。車、前もってチャットで聞いていた、大学の近くの不動産屋を数件回りましたが、やはり、時期が時期なだけに、希望に添う部屋は有りませんでした。

 恭子さんが「ごめんなさいね。引き吊り回してしまって・・・夕食ごちそうするわ」と言うので、恭子さんが宿泊するホテルの近くのレストランでお酒を飲みながら夕食をごちそうになりました。

 恭子さんは「明日は、一人で探すわ」と言いましたが、私は「この連休は暇だから、部屋探し手伝いますよ。車じゃないと、色々回れないしね」と言うと、「ありがとう。そうね、じゃぁ、明日も頼んじゃおうかしら」てニッコリ笑って答えてくれました。その日は、何もせず、ホテルまで送って、帰宅しました。その晩は、恭子さんを想像して一人エッチをしようと思いましたが、もしかしたらと思い我慢して寝ました。

 次の日の恭子さんは、デニム生地の膝丈のスカートに前日と同じセーター姿でした。スカート姿も一段と可愛かった。

 朝から不動産屋を数軒周り、運良く、大学からはそれなりに離れましたが、条件に合った部屋が見つかりました。聞くと20日に入居キャンセルされた部屋だったそうです。実際に部屋を見ると、2Kと一人暮らしにはもってこいで、オートロックのあるマンションでした。

 不動産屋に戻ると、早々に入居の手続きを行い、必要なお金を全て払い、マンションの鍵を受け取りました。

 「マンションの鍵の合い鍵作ってた方がいいですよ」と鍵を借りて、、合い鍵を作りに近くのホームセンターに行きました。恭子さんが「ちょっとお手洗いに行って来るわ」と行ってトイレに向かうと、お店の人に合い鍵を2本たのみ、1本をポケットにしまいました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月13日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】妹とやっちゃいました【血縁SEX】

以前から妹にエッチなことをしてたけど、今日とうとうやっちゃいました。

妹が小5の時からキスして、アソコを触ってたけど

小6の時に妹に「生理が始まったから、もうやめて」と言われ

逆に萌え~~~

で、胸もんで乳首キス、クリをこすって舐めて

ようやく濡れるようになったので、チンコをこすりつけ、、、

でも、妹は「ゼッタイ入れないで。もし入れたらママに言う」と

脅されてたので、それ以上はガマンしてた。

でも、ようやくチャンスがきた!!!

妹がコンビニで万引きしてるのを発見!

それをエッチの途中で言うと「ゼッタイ言わないで、、、」

「じゃ、入れるぞ?」

「うそ? 兄弟だよ」

「兄弟だから、別れることは無いよ」と、以前彼に振られたことを思い出させると

「でも、今日は入れないで。いつもみたいにしていいよ」


体験談関連タグ

||||||||

2014年9月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】妻が妊娠&出産【隣の芝生】

1月5日

3450gの女の赤ちゃんが産まれました!

これは、妻が妊娠&出産するまでの話です。

結婚10年目の夫婦ですが子宝に恵まれず、親の勧めで不妊治療を数年前から行なっていました。

しかし、全く効果も無く妻の智津子は精神的にも疲れてしまい、塞ぎ込むようになってしまいました。

夫36歳 会社員

妻33歳 専業主婦

名前 智津子

身長156センチ 体重45キロ

顔はともさかりえ似です

笑顔を失い、全く外出したがらない妻を夫である僕は心配していました。

唯一、近所コンビニでバイトをしている斎藤君は、そんな妻に、いつも笑顔で声をかけてくれていました。

仮名

斎藤佑樹20歳 大学生

身長180センチ位


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月10日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】姉の就寝中に【血縁SEX】

今から20年以上も前の話です。

俺には2歳年上の姉がいます。自分で言うのもなんだけど姉はオードリーヘップバーン似の美人さんだったです。

中学生ともなると当然頭の中には常に「おんな女オンナ!」状態だった訳でして、もっとも身近にいる同年代の異性が姉だったこともあり、チャンスを見計らって胸元やパンツを覗いていました。

中学2年の夏休みのある日、居間で1人姉がクーラーにあたりながら仰向きにグーグー寝ていました。両親とも仕事していたので日中は俺達子供2人しか家にいません。姉の服装は7分袖Tシャツにデニムのミニスカートでした。

俺はいても立ってもいられなくなり、こっそり姉の傍らに座って姉の様子を伺いました。目も口も半開きになり、さらに軽くよだれまで垂らして熟睡しているようです。

今度はゆっくりと足元の方へ移動し、白く肉付きのいい太腿を眺めながらコッソリとスカートを摘み上げました。そこには淡い灰色のパンツが露に。女がパンツ穿いているのを直視したのが生まれて初めてだったので、もうすでにチンコはギンギンに膨れ上がってました。

左足首をそっと触ってみましたが、これといった反応が返ってこなかったので、大胆にも左足首を持ち上げて左足だけ膝立て状態になるように動かしました。そしてできあがった三角形の空間に左側から顔を入れて姉のパンツを20cmの至近距離から直視。そこにはクロッチの境界部がハッキリと見え、クロッチ脇から2,3本毛が飛び出、少々穿き込んだ感があるのか左太腿部分がほつれてゴムが飛び出た、正真正銘の生パンツがありました。

当時、インターネットなんてなかった時代だったので、中学2年の子供が知り得る知識なんてたかが知れています。これはまさしく、子供では知りえない大人のいやらしい世界なのです。

立てた左足を外側に倒し、クロッチにそっと触ってみましたが、これも反応がなかったので親指をクロッチにあてがって上下に動かしてみました。エロ本の中でしかなかったシチュエーションを今まさにしていると思うと、それだけで射精してしまいそうなほど興奮していました。

今度はゴムが飛び出てほつれた部分からゆっくり指を入れてみました。指に絡む陰毛の感触にこれまた興奮しました。そしてそのまま指を下へ移動させ、とうとう最後の一線へ到達。

その感触は言ってみれば俺のチンポから出てくる先走り汁を指で触ってみたような感じ。姉のオマンコはもの凄くヌルヌルしていました。エロ本にはオマンコはヌルヌルしているって書いてあったけど、本当だったです。もう夢中になってクロッチ脇から差し入れた指をクチョクチョを上下させて、ヌルヌルの感触を楽しんでいました。

オマンコを見たくなったので、クロッチをずらしてオマンコを見ました。初めて直視する女の生殖器です。姉のオマンコはものすごくヌルヌルでテカっていて、オマンコからクロッチに糸を引きてました。気が付きませんでしたが、姉のパンツのクロッチ部分はもうビショビショ状態で、そこだけ淡い灰色から濃い灰色に変わっています。

思わず右手指に絡まった姉の愛液を舐めてみました。薄い食塩水のようなちょっとショッパイ味がしました。その後本当はオマンコに顔を埋めて思いっきり舐めてみたかったのですが、今の体制ではちょっと無理っぽく、しかも姉が目を覚ましてしまう恐れがあったので、諦めます。その代わり何度もオマンコに指を入れては絡まった愛液を舐めました。

姉の顔を覗いてみますが、こちらもさっきと同じで目口半開きです。俺は最高にいきり立ったチンポから先走り汁を指にとり、姉の唇に塗ったりオマンコの中に入れたりしました。まさかこんなことで受精するはずがないのですが、自分の精子が女の中に入ったと思うだけでも射精しそうになります。

でも中学2年の興味はこれしきでは尽きません。俺はズボンとパンツを脱ぎ、姉のパンツのクロッチをずらしてオマンコにチンポをあてがいました。どう考えてもセックスなんかしたら目を覚ますに違いないのですが、なぜか姉は起きないという身勝手な解釈を勝手に抱いていたのです。そして俺は腰をゆっくり突き当てて姉のオマンコにチンポを入れました。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】元彼の腹癒せに兄と…【鬱勃起】

「このチケット慰謝料代わりに貰っておくわねっ!」そう言って浮気していた彼氏に別れを告げたのが今から丁度一年前…

その時半ば奪い取る様に貰って来た、某リゾートホテルの宿泊ペアチケット…

私は女友達と行ってやろうと思っていたのですが、チケットの注意事項には男女カップルに限る…の文字が…

私は直接問い合わせてみましたが、やはり返答は注意事項に書いてある通りでカップルの為に用意した部屋だから女性同士は遠慮して欲しいとの事でした…

そうなるとタダ捨てるのでは元彼の懐が痛むだけで私の煮えくりかえった腸は鎮まるどころか余計に沸き立つばかりで、どうしてやろうと思い立ったのが、一緒に行く相手を見つける事でした…

けど3年間一途に付き合った私が直ぐに別の彼氏(候補)を見つけるなんて事は出来ず、けど悔しいままなのは嫌なので、そこで3歳上の兄(25歳)と一緒に行こうと思ったのです。

「お兄ちゃん…」「ん?」「今度の週末って何か用事ある?」と私は少し甘えた感じに聞いてみると、私の事が好きな兄は絶対嫌がらずに聞いてくれると分かっていたので「いや、何も無いよ…」と予想通りの答えが返って来ました♪

そこで事情を話すと案の定、一緒に行ってくれる事になりました。

当日、兄の運転する車でホテルのある所へ行き、チェックインには少し早かったので、周辺の観光スポットをプラプラして時間を潰しました。

そして、そろそろ時間になったのでホテルへ向かい私は後で元彼に見せつける為にホテルの写メを撮りました。

チェックインの時、予約者が変わっているので誤魔化すのにちょっと戸惑いましたが、何とかチェックイン出来、部屋へ案内されました。

部屋はそこそこ広くベッドルームとリビングルームの2部屋と、内風呂から続く露天風呂があり、露天風呂は源泉かけ流しの24時間いつでも直ぐに入れる温泉風呂がありました。

ベッドはダブルベットで部屋の色調はブラウンを基調に落ち着いた大人な雰囲気でとてもリラックス出来る部屋でした。

取り合えず夕食までの時間、大浴場へそれぞれ入浴しに行きました。

夕食は豪華でこれも写メをしっかり撮り美味しい料理に美味しいお酒で満足した私達は部屋に戻ろうとしたら、兄が「部屋でもう少し飲もうぜ♪」と売店でおつまみと缶ビールと缶チューハイを数本買って戻りました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月10日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】元妻が奴隷状態にされています 【鬱勃起】

別れた妻の現状です。



広めの和室?布団の上で横臥位で後ろから出し入れされてる

ガキはひょろいがアレはかなりデカい

ミキは乳またデカくなってる

垂れてなくパンパンに張り詰めて母乳噴き出してる

腹は妊娠5?6ヶ月くらい?

腹、乳、尻以外引き締まってる

筋肉みえるから摂生と運動してんだな

肌ツヤツヤの真っ白

髪は黒

わきの下舐められて絶叫しながら悶絶してる

顔は日本手拭いで隠してる

ガキ「ミキは俺のちんぽ好きなんだよな?」

ミキ「いぐぅから舐めないでわきやだあいぐぅいったから溶けてるからやめて」泣きじゃくりながら悶絶


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】仲良し夫婦【隣の芝生】

妻の愛美にせがんで、過去の男とのエッチ話を聞かせてもらうようになりました。

最初は最高のオカズだったんですけど、何度も聞いてるうちに新鮮味も少々薄れ気味です。

結婚前に愛美が付き合った男の数もそう多くもないし、昔の話だと忘れちゃってることも多いしね。

いっそのこと、浮気でもしてきてくれないかと頼んでみようかしら。

新鮮味が薄れたとはいえ、やっぱり萌えちゃう愛美の過去。

その愛美がリアルに浮気をしたら・・・想像しただけで勃ちまくり。

ネットで探せばそのテの体験談は山ほど見つかるけれど、本気で実践してみようと考えたらそう易々とは踏み切れない。

だいいち愛美が言う事聞いてくれるかどうか。そこが最大の難所です。

3ヶ月ほど悩みまくった末に決めました。

断られたらきっぱりあきらめよう。でも、言うだけでも言ってみようと。



うちでは毎週土曜日の夜がエッチの日。

晩御飯を食べたらダラダラと二人でTVを見、紅茶を飲んだらお風呂に入って、11時くらいからエッチスタートって感じです。

その日もいつも通りの流れで、まったりエッチが始まりました。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】元妻は援交女・・・【隣の芝生】

仕事の都合で地方に転勤になり、新しい職場で元嫁と出会いました。



笑顔がとても爽やかで身長も高くスタイルがバツグンに良かったのを今でも覚えています。

職場のマドンナ的存在で、元妻にいい寄る男は沢山いましたが、決まった異性は当時居なく元妻から積極的にアタックを受けた私も当時決まった異性は居なかったので、自然に付き合うようになりました。



もちろん、私は結婚を前提に付き合うつもりだったので、真剣に彼女を愛していました。

初めて二人が結ばれた夜、あまりにも積極的な彼女、私の肉棒を躊躇せず喉奥まで咥えた彼女、いかにも慣れているのが分かりました。

何か隠し事はない?と彼女に聞くと、泣きながら今までのことを話してくれました。

お金の為に援交をしていると・・・。

その時は、汚らわしいとか汚いとか言う感情は一切無く、何とか彼女を普通の女にしてあげたい・僕が守ってあげたいと言う気持ちでいっぱいになり、必死になって彼女を説得・その後は結婚するまでの数ヶ月間は同棲して毎晩彼女のテクニックに酔いしれていました。



いつしか避妊もすることもなく、子供が出来たら結婚しようと毎回彼女に中出しで見事子供が出来ました。

彼女の親に挨拶をし、身内だけの結婚式を挙げアパートも子供のことを考え3LDKに引越しをしました。

もちろん、彼女は仕事を辞めて専業主婦となり、一人目の子供が無事に生まれ翌年年子で二人目も無事に出産しました。

数年間は幸せな日々を送っていましたが、妻の性癖は治っていなく私に隠れて携帯の投稿サイトに痴態をアップし、そこで知り合った男と不倫・SEX三昧の日々を送っていました。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】妹と海水浴【血縁SEX】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。

唯一、海へ泳ぎに行った位だった。

それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。

事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。

仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…

まあ、とにかく海に行く事に決まった。

で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。

それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。

そこで早速その知人に連絡すると、今年は忙しくて別荘には行っていないとの事だった…が、知人は折角だからと自由に使ってと快く貸してくれた。

俺は直ぐに知人宅へ伺い別荘を借りる上での場所や注意事項、万が一何かが起きた場合の対処に管理会社への連絡等など、色々と至れり尽くせり、やってもらった。

翌日、2泊3日の予定で俺達は知人の別荘へ向かった。

途中買い物がてら昼飯を食べて13時頃別荘に着いた。

その別荘は管理地内にあり部外者は簡単に立ち入る事が出来ないプライベート別荘地であった。

そして知人の別荘に着くと、なんと裏庭が海!しかも完全プライベートビーチ!岩山に挟まれた幅約100メートル程の白いビーチが別荘の裏に広がっていた。別荘から岩山に向かってそれぞれフェンスと垣根で仕切られて中に入るのも中を覗くのも簡単に出来なくなっていた。

また、そのフェンス沿いを監視するカメラも設置してあり不審者らしき者が映ると直ぐ様、管理棟からパトロール隊がやってくると言う、そんなセレブな所がこの日本にあったとは驚くばかりであった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】他人妻を孕ませる楽しみ②【隣の芝生】

もちろん洗脳し易い女とし難い女はいますよ。

でも一番楽しいのは〝し難い女”を洗脳して淫乱に変えていく事。

家庭生活の中では得られない様な非現実的な時間と物・・・

心が燃え立つようなSEX・・・

人妻が欲しがる、望むものを次々と与えてやります。

当然その価値がある人妻に限りますがね・・・

ラブホに連れて行ったという事は、その価値があるという事です。

私は誰彼構わず寝たりはしません。

その頃は選んでもいいくらいに入れ食い状態でしたから・・・

人妻としばらく付き合ってると、女の生理周期が分かりますよね?

危険日、安全日・・・・

女を私好みの変態に仕立てあげたら、あとは種付けですよ。

他人妻が自らせがみ不倫の子を孕む・・・

〝あなたの子供だったら産んでもいい・・・”と言う他人妻。

最高の優越感を感じる瞬間ですよ。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ