相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【隣の芝生】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。

金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。

車庫に車を止めてから食事に出かけます。

高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。

先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。

個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。

数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。

吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。

坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。

美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。

坊やの先端部分はピカピカに輝いています。

両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。

一週間分の核爆発のストックです。

美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。

吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】悦子日記 江波さん 看病の日々・・・【隣の芝生】

悦子日記 江波さん 看病の日々・・・前にも書きましたが江波さんとのラブラブの思い出です。

江波さんは糖尿病の治療中でした。デイトをしたり、お買い物には付き合っていただけますが、お泊まりでのデイトは経験が有りません。

江波さんは婿養子さんですからお家を空けると奥様に大目玉です。いつものように、会社の勤務が終わってから二人で出かけました。

新しく開業したフランス料理のレストランです。

開業を祝う生花の列を通ってテーブルに案内されました。きれいなお皿に盛りつけられたお料理は芸術品でした。

アイスワインを戴いて芳醇な香りと味に酔いました。満腹してからはショッピングです。

商店街で夏用のお洋服を買っていただきました。

レースのスーツとそれにマッチする下着類でした。

大型の紙バッグに入れていただいていつものホテルへ移動です。悦子は少し酔っぱらっています。

江波さんとお部屋に入ってキスされて朦朧としていました。

江波さんから試着して欲しいと言われて、買ったばかりの洋服を着ました。着ている洋服は江波さんが脱がせてくれます。

スーツを脱がせてから、スカートのクリップを外してずり下げです。

その瞬間にコロンの香りが江波さんに漂ったみたいです。江波さんが肩ひもを外して、ブラとショーツを脱がせてくれます。

パンストも脱がせてくれます。

いつもの儀式をする前におへそにキスされます。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月4日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・【隣の芝生】

美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・芳田さんとの出会いの翌日でした。

深夜に電話がかかってきました。

昨夜の出来事が楽しかったと言ってくれました。

近寄りがたかった美和子さんと仲良くできて感激したとの事でした。高校時代の試験成績はほとんどの生徒が95点以上でしたので、90点以下の成績の人は私学か地方の二期校しかいけなかったのです。

芳田さんはテニスに夢中でしたから予習や復習をされなかったとの事でした。

希望校を受験されましたが散々な成績だった様でした。

やむなく、昼間と夜間に複数の予備校へ通って猛勉強をされたようでした。理科三類は浪人が多くて3年以上も頑張った同級生が多かったみたい。

ご両親が郷里で開業されていたので、地元の大学で学位を取り病院を継承したいとの考えで帰郷されたとのことでした。

研究者にならないで臨床の道を選択されたのですが悩まれての結論でした。そして、三十前まで女性を知らなかったと告白されました。

美和子さんとのデイトで目覚めたと・・・。

そのようなお話の後で週末に食事をする事になりました。結婚を申し込まれそうな気配でしたから新しい洋服で出かけました。

下着も可愛いデザインのものを着ています。

髪も整えて精一杯のおしゃれです。尾道を経て福山の鞆の浦までドライブしました。

夕食は鞆の浦の夕陽を楽しみ乍らでした。

瀬戸内海の小魚料理が美味しかったのを憶えています。倉敷のホテルのラウンジでお休みしてからお部屋へ移動しました。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】元彼の腹癒せに兄と…【鬱勃起】

「このチケット慰謝料代わりに貰っておくわねっ!」そう言って浮気していた彼氏に別れを告げたのが今から丁度一年前…

その時半ば奪い取る様に貰って来た、某リゾートホテルの宿泊ペアチケット…

私は女友達と行ってやろうと思っていたのですが、チケットの注意事項には男女カップルに限る…の文字が…

私は直接問い合わせてみましたが、やはり返答は注意事項に書いてある通りでカップルの為に用意した部屋だから女性同士は遠慮して欲しいとの事でした…

そうなるとタダ捨てるのでは元彼の懐が痛むだけで私の煮えくりかえった腸は鎮まるどころか余計に沸き立つばかりで、どうしてやろうと思い立ったのが、一緒に行く相手を見つける事でした…

けど3年間一途に付き合った私が直ぐに別の彼氏(候補)を見つけるなんて事は出来ず、けど悔しいままなのは嫌なので、そこで3歳上の兄(25歳)と一緒に行こうと思ったのです。

「お兄ちゃん…」「ん?」「今度の週末って何か用事ある?」と私は少し甘えた感じに聞いてみると、私の事が好きな兄は絶対嫌がらずに聞いてくれると分かっていたので「いや、何も無いよ…」と予想通りの答えが返って来ました♪

そこで事情を話すと案の定、一緒に行ってくれる事になりました。

当日、兄の運転する車でホテルのある所へ行き、チェックインには少し早かったので、周辺の観光スポットをプラプラして時間を潰しました。

そして、そろそろ時間になったのでホテルへ向かい私は後で元彼に見せつける為にホテルの写メを撮りました。

チェックインの時、予約者が変わっているので誤魔化すのにちょっと戸惑いましたが、何とかチェックイン出来、部屋へ案内されました。

部屋はそこそこ広くベッドルームとリビングルームの2部屋と、内風呂から続く露天風呂があり、露天風呂は源泉かけ流しの24時間いつでも直ぐに入れる温泉風呂がありました。

ベッドはダブルベットで部屋の色調はブラウンを基調に落ち着いた大人な雰囲気でとてもリラックス出来る部屋でした。

取り合えず夕食までの時間、大浴場へそれぞれ入浴しに行きました。

夕食は豪華でこれも写メをしっかり撮り美味しい料理に美味しいお酒で満足した私達は部屋に戻ろうとしたら、兄が「部屋でもう少し飲もうぜ♪」と売店でおつまみと缶ビールと缶チューハイを数本買って戻りました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月10日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】婚約寸前の彼女が…【鬱勃起】

ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。

私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。

彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。

付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。

こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし

実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。

彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。

私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。

そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみき(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー、他の男はほっておかないのに」と、言ってきました。私は絶対しないよて」言い返しました。

そこでその友人から本当に浮気しないか提案をしてきたのです。

私は少し戸惑いましたが、彼女のこと信じているし、少し興味もあったのでどんな提案か聞いてみました。

その提案とは

私が彼女とデートをする時に直前で用事ができてドタキャンをする。そこでその友人が彼女に声をかけてご飯に誘ってみるということでした。条件として彼女との行動は逐次メールで報告する。彼女との会話は携帯の会話状態にする。彼女に強引に口説かない。などなどです。

隠れてこそこそするわけでもないし、その会話から私がどうしても我慢できない場合は連絡するものでしたので安心かなということもあり了承してしまいました。

そして、ある夏休みの日に彼女と待ち合わせをしてドライブに行く予定を立てました。彼女がいつもの待ち合わせ場所で待っているときに電話をして「ごめん、、急に実家に帰らないといけなくなった、、もう来てるよね?」


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】復讐鬼【隣の芝生】

私は、55歳で、資産家だ。この程、若い妻を向かえ、二度目の、結婚生活を楽しんで、いたように、思えたが、事件は起きた。妻が私に、喜び電話で報告して来た。内容は、妊娠だ。私は、動揺したが、平静を装い喜ぶ演技をした。

妻が妊娠する訳が無い。私は、ゴムを仕様すると、射精しないので。離婚後、セックスライフの為に、パイプカットしていた。

確かに、妊娠するわよって、妻の言葉に、かまわんと、中だししていた。あらゆる可能性を考えて、病院で、確認して、興信所に妻を調べさせた。

すると、あっと言う間に、結果が、でた。つまり、妻の過去と、現在の秘め事が、暴かれたのだ。私には、容認出来る。内容では、無かった。

妻は、十代の時に、風俗嬢で、チンピラの情婦だった。二十代で、クラブのホステスを経て、コンパニオン、私と知り合い結婚。しかも、今も、ヒモと繋がりカルチャーセンターに、通うふりして、密会していた。多分、腹の子の父親は、奴だ。その男の素性に、驚愕した。妻の運転手に、収まっていたのだ。しかも、たまに、遊びに来る。娘を夜な夜な呼び出しているって報告だ。最近、娘が寄り付かなくなったのは、奴の運転で、帰らせた時に、娘の身に何かが

怒りで、我を忘れる程、身震いし、復習を誓った。

まず、運転手は、仕事で、何かと、付き合いのある。その筋に頼み、

麻薬所持と、婦女暴行監禁、脅迫の罪で、前科持ちの奴は、実刑15年で服役、そのニュースに妻は、青ざめて、いた。娘には、

海外留学させて、心を癒させた。

妻は、無事出産後に、毎晩、睡眠薬入りワインを飲ませ。ドヤ街や、発展公園に連れ出し、素っ裸で、男達に体をもてあそばせ。出産後は、セックスをせずに、(本人は身に覚えの無い)、妊娠をさせて、浮気を原因にし身ぐるみを剥ぎ、離婚。追跡調査では、私の圧力で、まともな仕事もなく、売春婦に転落し、流産、薬に手を出して逮捕。

数年がたち、娘は毎晩ベットで、私の寵愛を受けて、いる。ぼろ雑巾の様に、棄てて、復讐が、完結する日を、心待に生活している。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】彼女と1度別れて復縁【鬱勃起】

彼女と1度別れて復縁したんだけどさ。

別れてる時に他の男と付き合ってヤった話を聞いちまった。

付き合って2年ぐらいした時にくだらない喧嘩をして別れたのよ。

まぁ彼女の一方的な我侭が原因だったからいずれ戻ってくるとは思ってたんだけど。

で、案の定4ヶ月したら「復縁しよう」って電話がかかってきて復縁したんだ復縁した後に4ヶ月間なにしてた?って聞かれたからちょっとイジワルしてやろうと

「他の女と付き合ってた」って嘘ついたら「私も色々あったよ」って。何があったの?と聞いてみたら

「別れた後すぐに告白されて付き合った

でもその男は元彼女と浮気をしてて別れた

改めて私には○○←俺の名前 しかいない」と言われた。

あぁ…こいつ他の男とヤってたんだ…ってすげーショックだったな。

嘘でもあんな事を言わなきゃこんな話題にもならなかったかも知れないのにって。復縁してから彼女と出かけたら「別れてる間に付き合った元彼の家がこの辺りだった」と聞かされた。

と言っても彼女も男の家には行った事が無いらしいが。

じゃあラブホ行ったんだーと勝手に俺が解釈してた。翌日、久々にラブホにでも行こうか?って話になり彼女に

「どこかおすすめのラブホって無い?あったらそこに行こうよ」と言ったら

「私はあなたとしかラブホに行ったことないよ」だって。


体験談関連タグ

||||||||

2014年8月25日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】美和子物語 竹下さんの浮気【隣の芝生】

週末は竹下さんとのデイトで過ごすようになっています。

水曜日に電話が有って場所と時間を約束していました。

彼と落ち合って食事を済ませてから彼の住まいへ行きました。

美和子は濃厚なキスだけで朦朧としています。彼の包み込むような舌がにくい。

いつもはキスから始まって、69スタイルで相互愛撫を始めるのですが今日は違っています。

彼が私の上にかぶさって正常位から始まりました。私のベビーは彼のお口での愛撫を望んでいますのに・・・。

69スタイルをお願いしましたら、彼が正常位からずり下がってキスして呉れました。

私も彼のジュニアーをキスしたいと思いましたので69を試みますが彼が許してくれません。

『変だな』と、思って合体を中止し、彼にブランデーを飲ませてから質問しました。

疲れていらっしゃいますか?と言いましたら、仕事が多忙で疲れているとの説明でした。

何時もでしたらジュニーへの愛撫や合体して5分くらいで最初の射精が有ります。更に、4~5回の射精が有りましたのに・・・。

この日に限って射精の兆しが有りません。

女性の六感で、『浮気している』と悟りました。

酔っぱらった竹下さんをベッドに横たえましたら彼がすんなり従って呉れました。

暫くすると軽い寝息を立てています。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月20日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻の裏切りから【隣の芝生】

ここに投稿されてる皆さんは奥さんや彼女が犯されているシーンを見て勃起したとか書いていますが私は全く勃起どころか性的興奮はありませんでした。

怒りと情けなさで胸が張り裂けそうになりました。

私の妻は40歳過ぎですが清楚で真面目な女でした。

ところが突然、借金の督促が山のようにきたのです。

サラ金だけならともかく闇金業者まで押しかけてきたのです。

300万余りあったはずの預貯金も無くなっていました。

年収は700万ほどですのでそんなに金に困るはずもないと妻を問い詰めました。

最初は長女の大学入学に大金がいったとか親戚に貸したとか言ってましたがそんな嘘はすぐにバレます。

バレたら泣いて謝るだけで何に使ったのかは言いませんでした。

妻の両親と兄弟に来てもらって話をしようかと言うとやっと泣きながら話だしました。

妻は昨年の正月に同窓会に出席したのですが、それから元彼だった同級生とメールをするようになり昨年の春から関係を持ったのだそうです。

しかしその元彼ってのがロクな男じゃなかったのです。

携帯やデジカメで妻の裸体を撮っていてそれをネタに小遣いをせびってきたのです。

私や娘にバレるのが怖くてお金を渡していたのですが少しづつ金額も大きくなり、また複数プレイを強要したりして段々と墜ちていったようです。

預貯金を使い果たすとサラ金や闇金を紹介して金を借らせては持って行ったのです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月18日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】昔の彼女【不倫】

驚きました!!

学生時代付き合っていた彼女と、東京の新宿で偶然会ったんです。

私に「○○君」と言ってきた女性に、最初見覚えはありませんでした。三十代の少し肉感的な女性が笑っているのですが、分かりませんでした。

「忘れちゃったの?大学の時の沙紀ですよ」と、軽いウインクをしました。思い出しました。沙紀がいたんです。10年前の学生時代と同じウインクでした。その頃は、スレンダーなカラダでしたが、今は程よく脂肪がのって、おいしそうなカラダになっていました。学生時代は、二年ほどつきあって、何回もセックスをした仲でしたが、ささいなことで喧嘩をして別れました。

会った日に、携帯の番号を交換しました。

一週間後に連絡して、新宿で飲みました。そして、ホテルに行きました。沙紀は本当に成熟していて、ふるいつきたくなるようなカラダになっていました。

シャワーを二人で浴びているときに、沙紀は私の勃起した男根を洗った後、床に膝をついてフェラしてきました。学生時代とは比較にならないぐらい上達していました。亀頭を口に含み、舌でカリ頸を刺激してきました。右手はサオをしごき、左手はタマを強弱をつけて握りました。時々、左手の指で、アナルを軽く突きました。男根がさらに硬度を増すのが分かりました。心の中は「う、う、う」と言う感じでした。興奮度が限界まで上がりました。

ベッドに移ってからは、今度は私が沙紀の股を大きく広げて、クリと穴を唇と舌で責めました。沙紀は、可愛い声を上げ始めました。舌でクリを時々突き、唇で陰唇をしゃぶりました。舌で穴の入口から少し入ったところを、集中して刺激しました。

次に、挿入を始めました。いい具合でした。アソコが私の男根を軽く締め付けるんです。ねっとりとりとからみつくような感じがしました。私が腰を使いはじめると、沙紀も腰を使ってきました。学生時代は、自分から動くことはありませんでしたが、今は違います。

次第に背も反らし始めました。「あ、あ」「う~~~ん」「いい、いい」などの言葉に、もう興奮でした。

沙紀が「もっと突いて」「いかせて、いかせて」と言った時に、思い切り射精しました。沙紀はビクンビクンとカラダを震わせました。

二回戦目は、体位を変えながらしました。最後はバックから突いて、射精しました。

お互いにシャワーを浴びてから、話をしました。付き合った男性

の中では、私の男根が一番具合がよかったと沙紀は言いました。沙紀は既婚ですが、時々会ってほしいと頼まれました。

独身の私は、勿論OKの返事をしました。


体験談関連タグ

|||||||

2014年8月16日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ