相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】浮気がバレて、嫁に制裁された……改 【不倫】

自分の家の寝室で、後ろ手に革手錠で拘束された状態で床に座らされている。

目の前では、嫁が知らない男にフェラをしている。

嫁は全裸で口にチンポをくわえながら、俺のことを見続けている、、、



『あんたも、あの子にこうしてもらったり、こうしてあげてたんでしょ? ホント、マジキモイ、、、』

言い訳をしたいのだけど、口に大きなボール状の口枷を突っ込まれているので、しゃべることも出来ない、、、





嫁とは結婚して6年経つ。お互いに30歳で、子供はまだいない。

嫁は、ひいき目なのかも知れないが、かなり美人で、スタイルも良く、結婚できたのが本当に奇跡だと思っていた。

顔は、ケイゾクの頃の中谷美紀に似ている感じで、本家と違って巨乳でもある。



黙っていると冷たい印象のある嫁だが、中身は女の子そのモノで、可愛らしい趣味ばかりを持っていたりする。ただ、強気なところもあって、滅多にないが喧嘩になると結局俺の方が謝る感じだった。






体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月10日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】妻が妊娠&出産【隣の芝生】

1月5日

3450gの女の赤ちゃんが産まれました!

これは、妻が妊娠&出産するまでの話です。

結婚10年目の夫婦ですが子宝に恵まれず、親の勧めで不妊治療を数年前から行なっていました。

しかし、全く効果も無く妻の智津子は精神的にも疲れてしまい、塞ぎ込むようになってしまいました。

夫36歳 会社員

妻33歳 専業主婦

名前 智津子

身長156センチ 体重45キロ

顔はともさかりえ似です

笑顔を失い、全く外出したがらない妻を夫である僕は心配していました。

唯一、近所コンビニでバイトをしている斎藤君は、そんな妻に、いつも笑顔で声をかけてくれていました。

仮名

斎藤佑樹20歳 大学生

身長180センチ位


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月10日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】親子どんぶり【隣の芝生】

俺は45歳で彼女は39歳の母子家庭です彼女と知り合ったのは飲み会の2次会で流れ込んだ飲み屋で知り合いましたその後同伴して食事するなかになり、エッチもするようになりました。彼女のエッチは奉仕が大好きみたいでフェラや俺のアナルばっかり攻めてくるちょい変態の入った女ではあるが顔の偏差値はかなり高めなのでそれなりに楽しんでます何度目かのエッチのあと、その彼女の娘と一緒にご飯を食べることになりました。会ってびっくりしたが、二人とも母親似ですごくかわいい。小6と中2で特に中2の娘がかわいい彼女は昼も夜も働いているせいかすごく甘えたですそんなことが続いてきて俺は夜子供たちだけにするのはどうなんだろうと思ってきて彼女のアーパトに寝泊りするようになりました彼女は夜7時半ぐらいに飲み屋の仕事にでかけます最初は娘たちとぎくしゃくしていましたが、基本俺は怒らないので友達的な関係になっていきました。娘たちも最初は隠れて着替えたりしてましたが、だんだん下着のままでうろついたり、下の子はお風呂あがりに全裸で歩いたりしますそんなある日、上の娘と夜に娘の彼氏のことを話してて、すでにエッチは済ませてもう別れるって言ってました。俺「その子と別れたら、俺とデートでもするか?」

娘「いいよ。どこいく?」

俺「奈良でもいって鹿にせんべいでもやる?」

娘「うんうん。今週の土曜日いこうよ」

俺「まぁいいけど。。。気が早いなぁ」

娘「いいやん。いいやん。いきたいもん」

てな展開になり長女を連れて奈良にいくことになりました土曜日に奈良に向かう途中にラブホテル群があって俺「ラブホテルっていったことあるの?」

娘「ないない」

俺「エッチは彼の家?」

娘「そうだよ」

俺「ラブホテルはいってみたい?」

娘「行ったことないから行ってみたいよ」

俺「なら一度入ってみる?」

娘「うん」

といつも通りの脳天気wラブホテルに入ると娘はテンション上がりテレビのリモコンいじったり、照明いじったり俺「ここまで来たんだから一緒にお風呂でもはいるか?」


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】元妻が奴隷状態にされています 【鬱勃起】

別れた妻の現状です。



広めの和室?布団の上で横臥位で後ろから出し入れされてる

ガキはひょろいがアレはかなりデカい

ミキは乳またデカくなってる

垂れてなくパンパンに張り詰めて母乳噴き出してる

腹は妊娠5?6ヶ月くらい?

腹、乳、尻以外引き締まってる

筋肉みえるから摂生と運動してんだな

肌ツヤツヤの真っ白

髪は黒

わきの下舐められて絶叫しながら悶絶してる

顔は日本手拭いで隠してる

ガキ「ミキは俺のちんぽ好きなんだよな?」

ミキ「いぐぅから舐めないでわきやだあいぐぅいったから溶けてるからやめて」泣きじゃくりながら悶絶


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】妻が同級会でエッチな事をされている所を目撃・・・(自分の趣味で妻を他人に・・・続き)【隣の芝生】

同級会の翌日、妻の携帯にメールが届いた様だ。

妻はリビングに携帯を置き、外に出ていた。

何気なく見ると同級生A君と言う表示だ。

そっと中を見ると

  A君 『昨日は酔って途中で帰っちゃったから、みんな淋しがってたよ!久しぶりに会えたんだし・・・

        また飲もうよ!エリ(妻)がいると盛り上がるしさぁ!A子やB子も誘って』

エリって呼び捨てか?コイツ間違いなく妻を狙ってるなぁ!またエッチな事しようとしているんだな!

目的が薄々分かっていたんですが、ネトラレには溜まりません!

暫く様子を伺う事にしたんです。

翌日、妻が風呂に入っている隙に携帯を拝借!

   妻 『そうだね!また飲もうね。A子達も来るかなぁ』

  A君 『B君と話してたんだけど、○○旅館が激安で、部屋貸してくれるらしい!泊まる人は泊まって、

      帰る人は途中で帰るって感じで、どう?』

   妻 『私はいいけど・・・みんな来るかなぁ?』

  A君 『エリ!OKって事で良いんだね!他誘って、また連絡するよ』私は友人を飲みに誘い、妻が同級生に誘われている事を話した。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】憧れの清楚で優しい優子先輩が、男達3人に 【鬱勃起】

僕には、憧れの先輩がいる。大学のサークルの、二つ上の優子先輩だ。大学に入学して、右も左もわからない僕に声をかけて、サークルに勧誘してくれた人だ。

サークルは、夏は海でサーフィンと山でクライミング、冬はスキー、スノボという、オールシーズンスポーツサークルみたいな感じだ。



遊んでいるような、リア充っぽい人ばかりのサークルで、僕はちょっと浮いているような気がしているが、優子先輩会いたさになんとかやめずにいた。



週末は色々と出かけたりすることが多いサークルだが、普段の日はとくに何もすることなく部室で雑談している。今時は部室のないサークルが多いけど、結構大きな部屋を使わせてもらっているので、いつ行っても誰かしらいる感じだ。





誰にもなかなか話しかけることも出来ずに、ポツンとしていることが多い僕だったけど、勧誘した責任感からか、優子先輩がよく話を振ってくれた。そうしているうちに、僕も皆と打ち解けることが出来て、友達と呼べる人間も出来た。



本当に、優子先輩には感謝しても仕切れないくらいで、いつしか感謝が憧れに変わっていった。



優子先輩は、桐谷美玲を垂れ目にして柔らかくした感じのルックスで、サークルの中でもアイドル的な存在だ。噂は色々と聞くが、特定の彼氏はいないようだ。

とは言っても、僕なんかでは絶対に付き合うことなど出来ないとわかっているので、見て楽しむだけという感じだ。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月8日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】なまりのある彼女と、俺の親友の秘密レッスン2 【鬱勃起】

岩手出身の、可愛い俺の彼女玲奈。卒業後の就職も決まり、同棲して毎日ラブラブで暮らしていた。

俺は玲奈と結婚するつもりだし、浮気なんかもせずに、玲奈一筋で生きていきたいと思っていた。

慌てたり、興奮したりすると、なまりが出る玲奈。そんな所も可愛いと思うし、何より俺に一途でいてくれるのが、奇跡のようなものだと思っている。



それが、些細なことで玲奈の浮気を疑ってしまった。その妄想というか、思い込みはどんどん大きくなり、ついには玲奈のことを盗撮してしまった……。





結果は、良くもあり悪くもあった。

玲奈が、俺に内緒で親友の祐介と会っていたというのは、凄くショックな内容だったが、会っていた理由が、俺に喜んでもらうためのエッチテクを教わるためだった。

健気で可愛いと思うが、やっぱりショックはショックだった。



しかも、成り行き上、玲奈は祐介に手コキまでしてしまった。その上玲奈は、フェラまでしようとした……。

寸前のところで電話をかけて止めた俺だが、心のモヤモヤは大きくなるばかりだった。でも、モヤモヤする一番の理由は、フェラしようとする玲奈を止めたことだ。



あの時、俺が慌てて電話をしなければ、玲奈は祐介のチンポをフェラしたと思う。それは、絶対に許せないし、見たくないことだと思うのだけど、玲奈はどんな風にするのだろう? と、気にする俺がいる。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月8日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】卑猥な年上の妻【隣の芝生】

俺が結婚したのは39歳、妻が46歳の時だった。俺は本当に女に持てなくて、ただひたすらにアダルト本屋ビデオでマスをかくしかなかった。そんな時今の妻にであった。俺は暇をも持て余して休みの日に車で郊外のレストランで食事を済ませ、その日はとても温かく公園の芝生の上で昼寝でもしようと駐車場に車を停めて芝生に寝っ転がっていた。すると近くのベンチに一人の女性が座った。身体も大きく俺が寝転がっているところから彼女を見ると斜め後ろの方角で、彼女が穿いているジーンズの腰から生肌が見てている。それも彼女は前かがみになっていたので彼女のお尻の割れ目もはっきり見えた。なんとエロッぽい状況であった。俺が一気に股間のものが勃起した。しばらく見ていたが誰かと待ち合わせをしている様子もなく、ぼんやりしているようだった。俺は立ちあがって覆回りに遠くから彼女を見た。様子からして俺より年上であることはわかった。俺の頭の中では間違いなく人妻であることは自分で勝手に判断した。しかしそれではすまなかった。俺は傍に行き、「なにしているんですか?

俺、なにもすることもなく、そこでぼんやり寝転がっていたんですが、よければ、今日付き合ってもらえないかな?」と駄目もとで声をかけた。以外にも「いいですよ。私も一人ひまだからぼんやりしていたんです」と。俺は彼女を自分の車に誘い行くあてもなく車を走らせた。車中で彼女は独身であることがわかった。運転しながらちらちらと何度も彼女の大きな胸のふくらみを見ていた。彼女は黙っていた。あちこちにラブホテルが目についてたまらない。彼女が言った。「さっきから何度もホテルばかり気にしているのね。どうしたの?あそこに入りたいの?私はいいけど」と言ったので耳を疑ったが、確認することなく俺は車をホテルに入れた。彼女は一緒に付いて来た。部屋に入るや俺は彼女を抱きしめキスをした。抵抗などしなかった。俺は舌を彼女に入れると入れ返して来た。気を良くした俺は服の上から胸を触った。彼女は「先にシャワーを浴びましょう?」と言ったので俺はすかさず服を脱ぎシャワー室に入った。遅れて彼女が入って来た。初めて見る彼女の裸体。彼女はなにひとつ隠すことなく全裸を俺の前にさらけ出した。黒々とした陰毛と大きな胸。その両方の先には乳首がポツンとついている。シャワーを浴びる彼女のお尻がたまらない。先ほどジーンズから見えたお尻の割れ目の全容が今目の前にある。俺のペニスはとっくに戦闘態勢に入っている。俺は彼女を後ろから抱き閉めた。固くなったペニスが彼女の大きなお尻の割れ目に当たっている。彼女はシャワー室の壁に手を突いた。俺は彼女の腰を後ろから引き寄せた。俺の気持ちがわかったのかその大きなお尻を俺の方に突き出してくれた。おれはすかさずペニスの先で彼女のあそこを探り腰を突き出した。ずぶりと入った。その瞬間「あっ・・・」と言った。

力一杯のピストンは狭い浴室に卑猥に響いた。溜まっていた精液は勢いよく何度も何度も彼女の秘部がすべて飲み込んでくれた。終わるとお互い全裸のままベットに向かった。彼女は俺の脚の方へ顔を近づけ、萎えたペニスに口を付けるとパクリと咥えてくれた。あっというまにそのペニスは力を取り戻した。俺は目の前にある彼女の陰毛に顔を付け脚を広げた。パクリとわれたピンクの秘部がそこにあった。俺は夢中でそこを吸った。彼女は大きく脚を広げやりやすくしてくれた。我慢ができなくなり彼女をよつんばにして後ろから突っ込んだ。彼女の口からは卑猥な言葉が飛んだ。2度目の射精が始まった。

それから彼女と頻繁にデートを重ね、会えば、金のない俺はいつも車の中でセックスした。結婚してもう1年が過ぎる。下腹部の脂肪はどうしようもないが、大きなお尻と胸のふくらみはいつも俺の性欲を掻き立ててくれる。今朝も朝からやってしまった。妻は未だベットの中で昨夜と今朝のセックスに満足して布団の中に裸のまま寝ている。今度の妻の誕生日にはアナルセックスを許してくれることになり、今セックスをするたびに妻のアナルを訓練している。

体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月8日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】無頓着な嫁【隣の芝生】

嫁さん(38歳)が、下の子が小学校に上がったのを期に、

パート事務員として通い出しました。

パート先が近いという事で制服のまま自転車で通っています。

その制服というのが、膝上のタイトで38の主婦が履くには短いような

気がしていましたが、この前出勤時に

携帯を忘れたのに気付いて引き返す途中見てしまいました。

自転車に跨がり信号待ちで片足を着いてる嫁のパンチラです。

むっちり体型の嫁が自転車を漕ぐとスカートがずり上がり易くなるのか?

ベージュのパンストの奥の白い下着が交差点の向こうにいる嫁のふとももむき出スカートの中に

わずかに見えていました。

ちなみに嫁は目が悪く、信号が変わってこっちに向かって自転車を漕いでいる時も

全く私に気付いていませんでした。

その間、嫁はふとももむき出しパンチラどころか、モロ見え状態で、

私は異様に興奮してしまいました。すれ違う時にようやく気付いたようで

私「おう!」


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】どんと祭での出来事    続き【隣の芝生】

地元の割烹料亭の座敷で、打ち上げは行われた。

総勢40人程が集まり、テーブルを囲んでいる。

男性が多く、奥様方は2割程度といった感じだった。

私達夫婦の隣には、齊藤さん夫妻が座ってきた。

”先ほどはどうも・・・”軽く会釈をする。

彼女を見ると、透けた体が頭をよぎり何だか興奮していた。

それと同時に、男達の目線が妻に向けられている事も感じ取れたのだ。

妻の巨乳と透けた股間を見たのだから仕方がないが、怒りとは別に興奮もしていた。商工会会長が挨拶を手短に済ませ、会が始まったのだ。

祭りの勢いが冷めない中、男達は酒をドンドン注いで飲み干していた。

私達にも酒は注がれ、ほろ酔い気分になっている頃だった。

会場内で移動が始まり、妻の元に数人の男性が集まり、”奥さん一緒に飲みましょうよ”と手を引き始めた。

”ねぇ旦那さん・・・良いでしょ、こんな所でベッタリしなくても”と言われ、”ええ、行ってこいよ”と妻を差し出した。

ふと気づくと、齊藤さんの旦那さんも妻の元で飲んでいる。

齊藤夫人は、相変わらず私の元で酒を注いで話しかけてくる。

”奥さん連れて行かれちゃったね!焼いてるのかな?”


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ