相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間完 【鬱勃起】

夏休み恒例の、母の弟家族との貸別荘での休暇。そこで、1000年に一度のアイドルそっくりに美しく成長した従姉妹の愛花ちゃんと再会し、衝撃的すぎる初体験を迎えた。



初めてのセックスに、猿のようになった僕は、愛花ちゃんとしまくった。その上、憧れていた叔母さんとも体験をすることが出来た。

でも、そんな夢のような時間は、異常な状況に変わってしまっていた。



――目の前で、僕と叔母の千里さんがセックスするのを、興奮しきった顔で見つめる叔父さん。目の前で、甥に自分の奥さんを生ハメされながら、興奮しきった顔でそれを見続ける叔父さん。

千里さんに、叔父さんは寝取られ好きだと説明されたが、どうしても信じられなかった。自分の愛する人を、他の誰かにゆだねて興奮するなんて、まだ人生経験の少ない僕にはあり得ないことのように思えてしまう。



でも、僕は今千里さんと背面座位みたいな体位で繋がり、叔父さんに見せつけるようにセックスをして、叔父さんに意思確認をしながら中出しをした。

僕に膣奥まで挿入され、子宮に射精をされながら、千里さんは身体を痙攣させるようにイキ、叔父さんも興奮しすぎて泣きそうに見えるくらいの顔で千里さんを見つめている。



『あぁ、あ、中にいっぱい#9825; あなたぁ、出来ちゃうかも#9825;』

千里さんは、とろけた声で言う。

「……あぁ、楽しみだ……」

叔父さんも、興奮でうわずった声でそう答える。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年4月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】旦那が出張中に浮気 【不倫】

旦那が出張中に浮気をしました。相手は癒し妻新空間で知り合った35歳の男性です。結婚して4年も経つと夫婦生活も落ち着き、単調な毎日が続いていました。夜の方もめっきり回数が減り、より淡泊に。



 そんな日々に嫌気がさしていた時、週刊誌に載っていた、癒し妻新空間というサイトにアクセスしてみたんです。正直、相手は誰でも良かった。ただ刺激が欲しかっただけ…なので一番最初にメールをくれた方とやりとりしました。メールの内容はほとんど旦那の愚痴だったのですが彼は親身になって聞いてくれました。私はそんな優しい彼に徐々に惹かれていきました。



 そんな中、旦那が地方への出張で1週間家を出ることになったのです。私は思いきって彼を自宅へ誘いました。お互い期待してたことは同じ。私たちはすぐに求め合いました。彼は私は抱きしめると、髪の毛を優しく撫でてゆっくりと唇を重ねてきました。



 そしてそのままソファーへ押し倒し、濃厚なキス。ねっとりと唾液が絡み合う。「本当にいいんだよね?」彼の問いに私がうなずく。すると彼は自分のシャツのボタンを外し始めました。そして再びキスをしながら私の服を脱がせていきました。



 2人全裸になると、彼は私の体の隅々まで舌を這わせてきました。ゾクゾクと快感が体中に伝わってすぐにあそこはヌレヌレ。クリトリスを舐められると「アンッ!アンアン!!」と腰を浮かせて喘ぎました。細かく舌先で転がしてくる彼のテクに私はものの数分でイカされてしまいました。



 ぐったりしているのも束の間、今度は指が入ってきました。勢い良く出し入れされると、ピチャピチャとイヤらしい音をたてながら大量の潮を吹いてしまいました。こんなに感じたのは初めてで、頭の中は真っ白という感じでした。そしてついに彼のモノが私の中に入ってきました。



 旦那とは違う太くて硬いオチ●チ●がズンズンと奥まで押し込まれてきます。「アアーン!…ン、イィ、アンアン、ウン…ンン、アンアンアァン!!!」クッションを握りしめながら悶える私。彼は私の胸を鷲掴みしながらさらに激しく突いてきました。



「ああ!イクよ!!」


体験談関連タグ

||||

2015年4月11日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子3 【血縁SEX】

慶太は、ネットで入手した魔法の薬で、大好きな母と結ばれることが出来た。そして、母がリビングでオナニーをしている姿までwebカメラで盗み見たことで、慶太の心は決まった。今日は、母にバレるのを覚悟の上で、極限まで薬を薄めようと……。





そんな決意を胸に、慶太は学校が終わると寄り道もせずに真っ直ぐ帰宅した。

『お帰りなさい! 早かったのね?』

母は、いつものセーターにエプロン姿ではなく、長袖のカットソーにジーパン姿だった。こういう若々しい格好が、本当に様になる。そして、ほどよく身体にフィットしたカットソーは、彼女の肉感的な身体を強調している。



「あれ? 出かけるの?」

『そう! これから、康太とデート!』

母はそう言うと、康太の腕に自分の腕を絡ませた。母のふくよかな胸が腕にあたり、康太は一瞬身体を離そうとした。でも、昨日康太は母のすべてを知った。もう、恥ずかしがることもないと思い、そのまま母の好きにさせた。



『どうする? 何食べる?』

母は、本当に楽しそうだ。こんな無邪気な笑顔を見せられると、反抗期など吹き飛ぶと思う。実際、康太は反抗期もなく、母のことが大好きなままだ。



そして、二人で回転寿司に行き、お腹いっぱい食べた後、二人でカラオケに行った。同級生などに話を聞くと、家族でカラオケなんてあり得ないとか言われる。まして、母親と二人きりで行くなんて、狂気の沙汰だと言われている。でも、康太にとっては最高の時間だ。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【鬱勃起】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁完 【鬱勃起】

嫁の舞とは倦怠期を迎えている感じでした。まだ29歳で、145cmと小柄なわりには巨乳の嫁は、某クッキングアイドルに似た可愛らしい顔立ちをしています。

そんな申し分ない相手であっても、結婚して月日がたつと、セックスの回数も激減してしまうのは仕方ないことなのかも知れません。でも、そんな倦怠期もいきなり終わりました。





元々は、嫁の下着を盗んだ下着泥棒だった圭くん。そしてまだ高校生の彼と嫁は、今お互いに全裸で一つになっています。

『あなた#9825; 中に出されちゃった#9825;』

嫁は、私を挑発するように笑みを浮かべて言いました。

何も言えずに固まる私に、

『まだ圭くんのカチカチなの#9825; このまましてもいいよね?』

と笑いながら言う嫁。私は、興奮と後悔と嫉妬でグチャグチャの気持ちのまま、力なくうなずきました。



『圭くん、このまま出来るでしょ?』

嫁は、童顔の顔からは想像も出来ないくらいに、妖艶な感じで圭くんに聞きます。それだけではなく、嫁は両脚で圭くんの腰回りをホールドしたまま、微妙に腰を動かしたりもしています。まるで、女郎蜘蛛が獲物を捕らえて放さないような感じです。



「はい! 出来ます!」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年4月8日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁が勝負に負けて僕の親友に手コキした完 【鬱勃起】

中2の夏から、ずっと一緒にいる妻の果穂。本当に、僕にはもったいないくらいの素敵な嫁だ。目元は吉高由里子にそっくりだし、何よりもFカップの美巨乳が最大のウリだ。



そんな自慢の嫁なのに、些細なきっかけで果穂が他の男に抱かれるのを見たいと思ってしまった。そして僕は、親友の山川に協力してもらうことにした。

彼に頼んだのは、気心の知れた親友だからという理由だけではなく、果穂の初恋の相手が山川だからだ。そんな山川だからこそ、果穂を抱かせたい……。そんな歪んだ感情を持ってしまっていた。



とは言っても、果穂の初恋の相手が山川だったというのは、僕の主観だ。でも、間違いないと思っている。僕は一目見たときから果穂のことが好きだったので、いつも彼女のことばかり見ていたから、よくわかる。





そして、いま僕の目の前では、上半身裸の果穂が、山川のペニスを手コキしている。僕は、妄想の中でこんな場面を思い描いていた。でも、リアルは妄想をはるかに凌駕していた。



山川は、果穂に手コキをされて本当に気持ちよさそうにしている。果穂も、すでに胸を隠すことをあきらめて、おっぱい丸出しで手コキを続ける。山川は、そんな果穂のおっぱいをニヤけた顔で見つめている。



Fカップなのに、重力がおかしくなっているのかと思うくらい、垂れずにツンと上を向く果穂のおっぱい。乳輪も乳首も小さく、そして綺麗な薄ピンク色だ。



すると、


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年4月5日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕完 【鬱勃起】

まだ大学生同士の真希と僕だけど、僕の性癖のためにとんでもない扉を開けてしまった。小学生の頃からの幼馴染みの真希。僕は、初めて会った日からずっと好きだった。

でも、そんな大切な真希を、他人に抱かせてしまった……。



真希は、僕のいないところで土方さんと二人きりで会い、当然のようにエッチをした。しかも、その様子を僕にwebカメラで中継までして……。



その日以来、真希と僕の関係は決定的に変わってしまった。と言っても、真希が僕を好きと言う気持ちは変わっていないし、逆に前よりも僕のことを愛してくれているのが伝わってくる。でも、愛し方が変わった……。



#8212;#8212;真希は、僕のペニスにかぶせたtengaを動かしている。しかも、新しく出たバキュームアタッチメントを装着して……。ただでさえ気持ち良いtengaなのに、このアタッチメントを付けられて、僕はその強烈なバキュームにイク寸前だった。



『コウちゃん、気持ち良いの? こんなオナホで、イッちゃうの?』

真希は、服すら脱がずに私服のままだ。それに引き換え、僕は全裸になっていて、tengaでしごかれながら、真希の舌で乳首まで責められている。

服さえ着たままの真希に、オナホで弄ばれる……。これが今の僕と真希とのエッチだ。



「真希、ダメ、出ちゃうよぉ……」

情けない声でうめく僕。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】妹の病院での恥ずかしい話【血縁SEX】

2〜3年前の話ですけど、妹との話。

もしかしたらジャンル違いかもしれないが

妹との話なのでここで書かせてもらいます。



これはオレが19歳で大学1年の時で

妹は16歳の高校一年だった。

オレは地元の大学に通ってたので実家からで

家族4人で暮らしてたわけだが

あるとき親父が半年間の単身出張、

母親が祖母の入院の看病で田舎に戻り

それが偶然かさなって3ヶ月だけ

2人きりで生活する事になっていた。

とはいってもオレは大学生だし

妹は歳のわりにしっかりしていたので

特に何も問題なく過ごしていた。


体験談関連タグ

|||||||

2015年3月29日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹のファーストキス貰った【血縁SEX】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/04(金)19:42:29.39ID:qI2h361J0<>

ちなみに妹は14



自分は妹が好きなんだよ

というか小さいものは大体好きなんだけど

妹を抱えてテレビ見たりとか

妹と一緒にご飯食べたりとか

妹と一緒にお風呂に入ったりとか…



まぁ、こんなことしてるうちにどす黒い感情が芽生えちゃった訳ですよ



妹ってめっちゃいい匂いすんの

膝に座らせてるときとかトビそう

なんかところどころやらかいし




体験談関連タグ

|||||||

2015年3月28日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕4 【鬱勃起】

些細なきっかけで、大切な彼女の真希が、他人に抱かれるのを見たくて仕方なくなってしまった。そして、ネットで単独男性を探し、僕よりルックスが劣る土方さんを選んだ。

自分より劣る人間に、どこに出しても恥ずかしくない自慢の真希を抱かせて、優越感を感じる予定だった。



でも、土方さんはすべてにおいて僕なんかでは太刀打ちが出来ないほどの完璧な男だった。ルックスだけなら僕の方が少し上かもしれないが、それも今となっては思い過ごしに思える。





#8212;#8212;真希は、自分の意思で土方さんの精液を膣中で受けとめた。

「真希ちゃん、最高に気持ち良かったよ。でも、平気だったの?」

土方さんはそんな事を言うが、口調も表情も冷静そのものだ。



『多分、大丈夫です』

真希はそう言いながらも、少し自信がなさそうだ。本当に大丈夫なのかな?と、僕はかなり不安を感じる。真希が、僕の馬鹿な欲望のために妊娠してしまったら、いったいどう責任を取ればいいのか……。



「大丈夫だよ。私はパイプカットしてるから」

土方さんは、少し微笑みながら言う。パイプカットとか、ネットとかではよく見るワードだが、実際にやっている人を見たことがなかったので、結構驚いた。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年3月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

このページの先頭へ