相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】友達の彼女をレイプ2【鬼畜】

奈央はまだ酔っていて抵抗は弱くて先輩の思うがままでした。先輩は奈央の乳房を形が壊れるくらい揉みながら片方を吸い捲ってました。「痛い・・あ・イヤ」そして無理矢理奈央を起こしてペニスを咥えさせた。奈央の頭を片手で前後しながら開いた手で乳房を揉んでいた。そして「〇〇見ているの知ってんだぞ。お前の彼女もされたくなかったらこっち来て押さえろ」私は先輩の豹変が怖かったのと奈央と出来るかも?とですぐ中へ入り奈央の両手を押さえた。「〇〇君助けて」と奈央が助けを求めていたけど奈央から目を逸らすと先輩はそのまま挿入した。「イヤー・・」先輩は「人の女を犯すのは最高だ」と言いながら腰を動かした。奈央は「ウー」と泣き出したが「奈央の泣き顔もそそるね」と先輩は奈央にキスをしながら腰の動きを早めると「おーイク・・だすぞ」と叫び奈央の中に出した。先輩は奈央のマンコから流れ出て来る自分の精子をみて満足そうな顔を見せ「次は〇〇だ。奈央は俺のをきれいに掃除するんだ」とバックの体制にするとフェラをさせていた。

体験談関連タグ

|||||||||

2014年2月28日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【浮気】研究室で、昼寝してたら【不倫】

この前大学の研究室で、あまりに眠いので授業出ないで1人で昼寝してたんだ。

うちの研究室には何故か和室があって、俺はよく仮眠するのに使ってるんだけど、・・・

何やら下半身がモゾモゾして目が覚めると、友達の彼女で同じ研究室のYさんが俺のムスコを撫でていた。

「えっ」と驚いた俺に、Yさんもびっくりして「ごめんなさい」と謝るのだが 、内心嬉しかったりした。

Yさんは正直言ってそれほど可愛くないのですが、何と言っても巨乳なんです。

「別に構わないけど何でこんな事を」と聞く俺に、「彼氏のしか知らないから・・・」と言うYさん。

時計を見るとまだ講義が終わるのには時間がたっぷりあったので、「見たいの?」と尋ねると、

「ちょっとだけ」と照れた感じで答えるので、「じゃあどうぞ」とそのまま寝転んでいると、恐る恐るといった感じで触ってきた。

触りだすとスグに大胆になってかなり触りにくそうにするので、自分でズボンを下げてパンツ姿になると、いきなり生でムスコを触りだした。

「すごーい」と言いながらムスコをマジマジと見ながら触るので、もうギンギンになっていました。

「ここまでしたんだからちゃんと処理してね」と俺が言うと 、「あーそうだね」と結構軽いノリで答えたYさんは、躊躇することなくムスコを咥えだした。

いきなりのフェラですごく嬉しかったのだがそれほど気持ちよくないし、折角なので巨乳を揉んでみた。

巨乳のブラは結構硬くてあまり面白くないので、何も言わずに背中に手を入れてブラのホックを外した。

ボヨンって感じでブラが外れると少し恥ずかしそうにしていたのだが、それでもまだフェラを再開するので、Yさんのシャツを持ち上げて胸を出した。

結構乳輪が大きいけど、巨乳の割りに張りがあって垂れてない。


体験談関連タグ

||||||

2014年2月11日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】友達の彼女をレイプ【不倫】

大学生の時に先輩の家へ行った時の話です。先輩と私と私の彼女美紗と友達の貴司とその彼女奈央。5人で飲んでました。先輩は面倒見が良く週末になると誰かが飲みに来てました。飲み始めて二時間がたちビールや酎ハイがなくなってきて私と彼女の美紗と貴司で行くことになり、貴司の彼女奈央は酔っ払って寝ているので先輩と一緒に留守番です。コンビニは、歩いて10分の所にあります。三人で買い出しに出て仲良く話をしながら歩いてると私は財布を忘れたことにきずいて彼女と貴司には「ゆっくり歩いいていて、すぐに追いかける」と伝えすぐ引き返しマンションに着きました。この時点で先輩のマンションから出発して五分くらいでした。ドアを開け部屋に入ると先輩も貴司の彼女の奈央がいません。奈央は別の部屋で寝ていたので、しょうがないけど先輩はどこに?そしたら奈央の声が「や・・やめて下さい」「アイツらは20分くらい帰ってこないからあきらめなよ」私は奈央が寝ていた部屋へ近付き少しふすまを開けた奈央は上半身裸でミニスカートだけのされ先輩は下着だけになり馬乗りになっていた。

体験談関連タグ

|||||||||

2014年2月8日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】妻が元彼と・・細心な【隣の芝生】

僕28歳は結婚しているのですが、僕の容姿とはバランスが取れないような自慢の嫁25歳が居ます。

出合いは職場ですが、社内では僕がド変態と言う事を知っているのは極わずかで、仕事面だけ見れば、出世もしてますし、収入もあるので、顔がブサイクでも結婚の対象になっていたのだと思います。

自慢では無いのですが、口は達者な方ですので、何とか結婚に漕ぎ着けた!と言う所です。

妻は800人以上いる社員の中でも、トップクラスに可愛かったので、結婚が決まった時は変態仲間から「ハメ撮りしたら売ってくれ」とか「使用済みのパンツやパンストをくれ!」とか散々言われました。

でも僕は、妻とは普通のプレイしかしていませんでした。

やはり結婚したとは言え、逃げられるかもしれないと言う不安も有り、慎重に考えていました。

妻は名前が「瑞穂」と言って、大人しい性格のお嬢様タイプです。

育ちが良い女の体は、毛の生え方から、肌の質感、脚の長さや、腰の括れの付き方など、全部が違いました。

スタイル抜群です、僕は絶対に逃がしたく無かったので、しばらくは最良の夫を演じていました。

そして少しずつ、僕の世界へ引き込んでやろうと計画をしていました。

そんなお嬢様の妻に遠慮しながら2年程が過ぎて、僕はドンドン変態プレイをさせるようになっていました。

瑞穂も恥ずかしがりながら、一生懸命に僕に合わせようと頑張っているようでした。

変態プレイをはじめて何ケ月か過ぎた時に、ふと瑞穂の昔の男関係が知りたくなりました。

結婚する前は、小さい男と思われるのが嫌で、過去の男関係は一切聞きませんでした。

瑞穂の経験人数も、一度聞いたのですが、顔を真っ赤にして黙っている姿が可愛くて、大人ぶって深く聞きませんでした。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年12月30日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】連れの彼女【隣の芝生】

俺の連れの彼女は、めっちゃかわいい。

気立てもいいし、スタイルもいい。

俺たちのエロ話にも話を合わせてくるし、連れとのセックスの内容も

恥ずかしがらずに教えてくれる。

「○○はお尻にいれるの好きだから」とか

「お尻もまんざらでもない」とか

「お漏らししちゃうときある」とか

「こないだハメ撮りしちゃった」とか

「○○の前で一人エッチさせられるとか」

はっきりいってうらやましすぎる。

こんないい女とこんなことできるなんて、ある意味嫉妬心もありました。

「今度俺にも一回やらせてよ」っていうと

「彼氏と別れたらね。浮気はしない主義なんだよ」って

俺は連れには申し訳ないんだけど、別れないかなって祈ってた。

でも連れと彼女が婚約したというの聞かされて


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年12月24日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】駐車場で5【隣の芝生】

私はうれしかった。「おいで」と言って、美香を起こすと「舐めて」と言い、美香の頭を優しく股間に持っていった。美香はそのまま、私のペニスを咥えた。チュパチュパと吸ったり舐めたりしながら上下に動いてくれた。このままずっと一緒にいたかった。フェラをしてくれている美香に「今更だけど、こんなことしてごめんな。かわいい後輩の嫁だから、いけないとは分かっていたけど、初めてみた時から好きになって、ずっと辛かった」美香は、何故か優しくフェラをしてくれた。そして、口の中に出すと「出していいよ」と言ったが、飲んでくれた。そして、どれくらいか、美香を抱き締めていた。そして、キスをして「さすがにバレそうだから行くね」と言い「ありがとう」と言って「仲間には腹が痛いから帰ったと」メールを打ち美香とは別れました。

体験談関連タグ

|||||||

2013年10月20日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】駐車場で4【隣の芝生】

そして、また美香の服の下から手を入れ、キスをしながら揉んだ。ほんと、思ってた通り柔らかくて、気持ちよかった。唇を離すと「もうやめよう?」と言ってきた。「やめたら、美香ちゃんが、後輩のとこにもどってしまうから嫌だ」美香「やめてくれたら、わすれるから」私「とにかく自分のものにしたい」美香「駄目だっ・・んっ」また、キスをした。そして、上着を捲り乳首に吸い付いた。美香「あん・・だめ・あん」美香は敏感みたいで、こんなことをしているのに、自分の彼女のようだった。どの位乳首を舐めたのだろう。美香の携帯がなっていたが、構わず単パンを脱がし、座席にもたれかかせたまま挿入した。今度は、あせらず腰を振った。「あ・・あん」動きを早くすると「や・あ・・あーっ」逝ったようだ。また、ピストンを始めた「あん。あん・・お願い・あっ・・やめっ」私は構わず動かした。美香が三回逝ったころには、美香に、力は抜けていた。ハァハァと息を切らしている美香に「気持ちいい?」と聞くと「・・・」ハァハァ言って返事がないので、またピストンを始めた「あん・あん」と言い始めたので、動きをとめて、「気持ちいい?」と聞くと「き・気持ちいい」と言った。

体験談関連タグ

||||||

2013年10月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】駐車場で3【隣の芝生】

美香は「んーんっ・・ん」と口を開けない。そろそろ時間がヤバイと思い。周りを見て誰もいないことを確認すると、美香の単パンをパンティーごと力任せにずらした。そして、指に唾液をつけ、美香のマンコにつけ、指を入れた。「あー・・やだ」と言っていたが、その声もかわいい。そして、両手を押さえて、マンコにあて、かりまで入れると「イ・・ヤ・」と言っているが、この感触が最高だった。「美香ちゃんとヤりたかったんだ」そして、抱き付き少しづつ挿入した。奥まで入ると、ゆっくりと腰を動かし始め、「美香ちゃん気持ちいいよ」と言うと、美香「あん・・やだ・あっ」私「かわいい声だして・・気持ちいい?」美香「や・あっ・・あん」あまりの気持ち良さに、動きを早め「逝きそう、気持ちよすぎる」美香「あん・だ・・めぇ」そして、思いっきり押し付けて、キスをし舌をいれ、美香の口内をなめまわしながら逝った。そして、美香が放心状態の間に体を離し、携帯で写メを、三枚とり、「バラしたら、わかるよね?」と言い、美香に単パンをはかすと、車を駐車場から、2件隣りの駐車場へ移動させた。

体験談関連タグ

|||||||

2013年10月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】しちゃった~【隣の芝生】

高校1年の時に夫になった人に初エッチされてから、私の体に変化が起きました。

1年に3回から4回我慢できないくらいにエッチがしたくなるのです。

私だけ?他の人もあるのか聞けません。

今まで夫しか男性は知らなくって、体が火照る時は彼(夫)とエッチ、そして短大卒業と共に結婚して2年が経ちました。

ところが夫が初めての出張中に、私に我慢できない火照りが始まり街に一人出かけた時に、友達の彼氏と会って、家まで送ってもらう途中にエロモード全開しちゃってました。

私から彼の手を握り顔を預けると「いいのか?旦那さんは?」

「言わないで」

「それと俺の○○には内緒にな」

車の中でキス  私は彼に手を回し激しくキスして、早く挿入て~~って心で叫んでました。

脱がされながら愛撫   そして挿入されて いい~気持ちいい~~彼を引き寄せるように抱きかかえて答えてたの。

1回目が終わり彼の物を銜えてから上になり2回目

荒い息で彼の胸の上で余韻に浸ってました。

3回目もしちゃって 私満足。

中に注がれるときがキュンとくるのです。

夫より気持ちよかったです

体験談関連タグ

|||||

2013年9月28日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】夏祭りで【隣の芝生】

静岡市に住んでいる大学生です。

祭りがありました。町内会のもので、役員は近所の父母だったのです。

僕は19歳で、大学でお祭り関連ののサークルにはいっており、そのお祭りのお手伝いをする依頼をうけて参加したのです。

太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。

僕はカキ氷屋の手伝いをしていました。

機材の運び出しなどです。

店番をしていたのは、主婦二人組みでした。

年は三十代後半だったと思います。

僕はその二人に「名前はなんていうの?」「童顔なのねー」とか話しかけられました。

祭りも終盤にさしかかり、ひと段落着くと僕はおばさんとずっとお喋りをしていました。

二人は「彼女はいるのー?」と聞いてきました。

僕は「いませんよ〜」と答えました。

そして、僕は年上の女性が好きだという事を話すと、

「じゃあ、私たちくらいの年は?」と聞かれたので、

「全然OKですよ。」と答えました。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年8月29日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ