相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】レンジでチン【危険】

<>19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/10(水)20:18:38.03ID:7OfEW55C0<>

猫ちゃんをチンしました!



いままで度胸がなくってできなかったんだけど遂に!遂にやりました!

想像以上の効きめです!

失禁脱糞対策にあらかじめ中のみえるビニール袋に閉じこめて500Wでまずは30秒にTRY!

仔猫とはいえコンビニ弁当より重いんだし余裕かなと思ったんだけど・・・

たった12秒で袋を蹴破りでてきました。目が逝っちゃってたのでとりあえず出してあげました。

犬みたいにハアハア出し入れしている舌は真っ赤です。顔を近づけてみたら吐く息が

すっごく熱くてビックリ!耳もすっごく熱くなってて真っ赤でした。やっぱ肉の薄い部分だからかな。

案の定、中で失禁しちゃってました。失禁は日課なのですっかり慣れて手袋もせず処理しました。

いつもなら罰として更に厳しい愛の鞭を与えるんだけど、今日は頑張ったのでご褒美に

乾燥エサを10粒もあげました。3日間なにも与えてなかったので腹が減っていたのか

ガツガツ喰ってました。まだ手や足の末端の肉の薄い部分は熱くなってます。

だいぶ回復してきたので手足耳をカーテンに糸で縫いつけて大の字型に宙づりにしてます。


体験談関連タグ

||

2015年6月25日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】田所君【危険】

初めて投下します。

小学生のころ、同級生だった「田所君」(仮名)の話。

長文になります。





田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。

田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。

学校の図書館を「根城」(当時は意味が分からなかった)と呼び、

本の読みすぎですでにメガネをかけていた。



推理小説が好きで、図書館にある面白い本をいろいろ教えてもらったのを覚えている。

「根暗」「ガリ勉」「メガネ」の三冠王だった田所君。

これだけなら真っ先にイジメの的になるところだが、

彼には他の追随を許さない類まれな才能があった。




体験談関連タグ

|

2015年5月25日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】サンダーボルトダンス【危険】

<>30:黒ムツさん:2009/05/12(火)18:42:00ID:nCc9ZUvy0<>

フィクション先生を見習って、この間つかまえた猫にスタンガンダンスかましたら、すげぇ爆鳴き!

夜の埋立地の工業地帯(夜は真っ暗で人がいないので)の片隅でやったんだけど、

あまりの爆鳴きに人がくるんじゃないかってくらいだった。

猫って、ふだんはネズミや鳥をつかまえて、なぶって遊んだりしてる方の立場だから、

自分がなぶられるのに慣れてないんだろうな〜。





<>34:フィクション作家(以下文はフィクション・妄想):2009/05/12(火)22:58:08ID:5UN4Wa4F0<>

30

いい夢を見ましたね。

スタンガンの爆鳴きって凄いでしょ? あれだけの爆鳴きってなかなか聞けないですよね。

スタンガンは絶対に死なないので安心です!

でもアーク溶接の鳴きはもっと凄いですよ。一度お試し下さい。

アークの鳴きを聞くとスタンガンに戻れない・・・


体験談関連タグ

|||||

2015年5月20日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】ドラム缶風呂【危険】

先に言っとくけど、霊関係の話じゃない。



昔、小さい印刷会社みたいなとこで働いてた。

ホントに酷い会社で、筋モンの作る偽物の株券とか、政治団体の中傷ビラとか、法律にひっかかる様なことをフツーにしてた。





事の発端は良くある話。

あるチンピラがどっかの事務所の金ちょろまかしたらしいんだよ。

んで、風俗とかサウナとか焼肉屋とかラブホとかあっち系列の店に配るためのビラの仕事が来たんだわ。

大概は探偵とかそういうので探して見つけ出して、かっちり追い込みかけておしまい。

でも今回は人海戦術ってやつでいくらしいんだとさ。

なんでも下の奴らの忠誠度を試したいんだってよ。

ウチの会社が儲かるから事情はどうでもいいんだけどな。



最悪なのは俺とソイツがスロ仲間だったこと。


体験談関連タグ

|||||||

2015年5月2日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】異常な事件【危険】

1名前:証人◆k77zBQp.投稿日:02/05/1102:18

――俺は今、恐怖に震えている。







理不尽だ。何で俺が?



俺は関係ないのに。俺は通りかかっただけなのに。





3名前:証人◆k77zBQp.投稿日:02/05/1102:19

俺は今年38歳。



この事件でクビになるまでは某ファーストフード店の店長をしていた。




体験談関連タグ

|||||

2015年3月29日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】従姉妹と・・2【血縁SEX】

前編:従姉妹と・・





※続編書いてくれとの事なので、頑張ってみます。

 文才が無いので、そこは多めにみてくれ。





さっきの話は、いまから5年くらい前の話で

これからするのは、2〜1年前の話です。



俺には高校から付き合った彼女がいました。

すでにその頃から、彼女とはセックスしたり高校生のクセにラブホテルに行ったりして

かなり性に関してオープンな関係。

だから彼女というよりフィアンセ、大親友みたいな感じです。

シティーハンターのような関係を想像してくれるといい。


体験談関連タグ

||||||||||

2015年3月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】不思議な体験【危険】

初めての子は流産でした。

妊娠が判った時は喜び、いつみんなに教え

ようか、どんな子に育てようかなどと夢ばかり

語る日々でその事は起きました。

夫婦共に落ち込み、何がいけなかったか

悔やんでばかりいました。

その子を生んで上げられなかった事を

申し訳なく思ってました。



1年程過ぎ、妻が妊娠したことが判りました。

ただ前の様に喜べず、『もし、まただめだったら

どうしよう。』そんな事ばかり思い悩む妻に対し

大丈夫としか言えず、日々悶々と暮らしていました。



妊娠が判ってから3日目の夜、夢の中で一人の青年が


体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月5日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】見かけによらずドMでインランな姉 【血縁SEX】

姉の立場から書いてもいいスレなの?



弟に酔っ払ってちょっかい出したら、反撃にあってコチョコチョされまくって失禁してしまったバカな姉がワタクシ…

それ以来、弟からちょっと体に触れられただけでキュンとなってしまうようになり…なんか不思議な感情が芽生えたのが1年位前です。



見た目はスゴく生意気な感じだ、そして実際生意気だ。

でも失禁しちゃうあたり、萌えでしょ?(笑)



弟は6つ年下で今年高校を卒業したものの大学受験に失敗

予備校に通いながらフリーターしております。

ヒッキーでもニートでもないけど、2ちゃんは良く見てる(私も)



姉から見ても、なかなかの男前で将来有望、童貞ではない。

しかもちんちんデカいらしい(笑)

なぜそれを知っているのかは書いてからのお楽しみ。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月16日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】これはフィクションです。【血縁SEX】

俺(お兄ちゃん)24歳

優(妹)23歳



朝起きると親はもういない。

今日に限ったことではなく親の仕事上いないのは

普通だった。



俺「おはよう優。」

優は一つ下の妹だ。

優「お兄ちゃんおはよう!今日は朝ごはんパンでいい?」

俺「あ・・・うん・・・」



優とはココ何日間かずっとセックスをするようになった。

きっかけは土曜日で二人とも次の日が休みだった事もあって

DVDを見ることになった。


体験談関連タグ

|||||||

2014年10月28日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】変わってる妹…【血縁SEX】

妹は変な癖?と言うか、とにかく変なところがある。

それは風呂に入る時明りを消して真っ暗な中で湯に浸かると言う変な事をするのである。

だからたまに入っているのに気付かず裸になって普通に浴室に入ろうとしてドアを開けると湯船に浸かっている妹と目が合う時が有る。

その時はマジびびったっけ…

そんな妹は今年22歳の学生だ。

背は160cm位、やや細身だが胸は大きく見えるし尻もイイ形をしている様に見えてた…

性格はおっとりとしているようで実は大胆なところもあったりと、まあ普段は普通に明るい性格だ。

別に暗闇で入浴するのは勝手だが、こっちが知らずに入ろうとした時、浴室の明かりを点けた時点で「今入ってる」とか何とか言って欲しいものだが、大抵妹の後に入浴するのは俺だから、決まって俺が加害者?被害者って言った方が正しいかも…になる。

逆に妹は自分の後に入るのは俺だからと分かって確信犯的にやっているのではないかと疑ってしまのである…

そして先日の週末の事である…週末は何時も遅い時間…日付が変わる頃に入浴しているので、その日もそろそろ日付が変わろうとする時間に浴室へ向かった。

当然の如く俺は入っているとは思っていなく、脱衣場の明かりを点け服を脱ぎ裸になると、浴室の明かりを点けてドアを開ける…

すると湯船には首までしっかり浸かっている妹が「やっほ~♪」と湯から少し手を出して軽く左右に振っていた。

「うわっ!」と、俺は慌ててムスコを隠しドアを閉め「何がやっほーだよ!」とドア越しに妹に怒鳴った。

「お前はまた…明かりが点いたら何とか言えよ!」とドア越しに怒鳴ったが「え~別にいいじゃん…お兄ちゃん入りたければ入って来なよ」と言ってくるではないか…

「そ、そんな事できる訳無いだろ!」と言い返すと「何でぇ~恥ずかしいから?大丈夫だよ~散々見てるから今更恥ずかしく無いよ♪」と…


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月23日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ