相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】3Pのはずが、、、、【不倫】

こんにちは、愛子です。26歳主婦です。

 私には結婚前から付き合っているセフレS君がいて、結婚後も切れないでいます。高校時代のクラスメイトです。

 彼は水曜日が休みです。だから、私は水曜日になると主人を送り出して、彼のマンションに出かけます。この日は夕方までずっと一緒です。

 エッチはいつも彼のマンションです。

 彼はずっと3Pがしたいと言っていました。愛子が他の男に辱められるのを見ながら、嫉妬心に駆られて、激しいセックスをしたいのだそうです。ずっと断っていましたが、ついにその日がやってきました。

 どうせすぐ脱がされるので、ノーパン・ノーブラです。外へデートに出かける日もありますが、そのときももちろんそうです。おでかけの日はなるべくミニスカートにします。

 この日はおでかけの予定はありませんでしたが、初めての男性とも会うので、刺激的なかっこうをすることにしました。

 おへその少し上からV字に割れたキャミで、編み上げになっています。キャミの丈は短くて、ミニスカもおもいっきり腰ではかないとお尻が見えてしまうほど短いものです。おなかまるだし。

 彼のアパートに着くと、S君の知り合いだと言うHさんが「おお〜」と、歓声を上げました。その喜びように、私は恥ずかしさも消えて、エロエロ愛子ちゃんのスイッチオン。そうなんです。私、エッチがとても好きなんです。

 でも、さすがの私もビビリました。S君とは馴染みまくった身体ですけど、そこにはHさんに加えて、もうひとり男性がいたのです。

 Kさんと紹介を受けました。

「3Pも4Pもかわらないだろ?」

 約束と違うじゃないと文句をいおうと思いましたが、速攻でS君に押し倒されて、唇を奪われました。舌を絡めながら、私は「もうどうにでもして」と心の中で呟きました。

 いつもと違うセックスに期待している私を自覚しました。どうせなら3Pよりも4P。なにかすごいことが起こりそうで、じゅくじゅくとアソコが激しく濡れ始めます。

 キャミとスカートをまくられ、乳首とアソコにも唇が吸い付いてきました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】続・若い男達に玩具にされた私【隣の芝生】

・秋の学園祭

 純君の通う大学で学園祭が開かれ、私も誘われて初めて学園祭に行った。

大学構内は祭りで賑わっていた。大学に入り、直ぐの所で純君と啓太君が待っていた。正人君は後で来ると聞き

3人で構内を見て回った。私も年齢を忘れ学生になった気分だった。そんな時、純君の友達が”お~何だ彼女か”

って純君に言ってきた。純君は”まぁ、友達だ”って苦笑いしていた。何だか嬉しかった。こんなオバサン相手に

友達なんて…。構内の奥に行くと、純君のサークルでやっているイベント会場があった。そこは、何とお化け屋敷!

純君が入ろうか?って言うので、”うん”とついていった。中はもちろん暗く、よく見えない!大学生だけあって

結構、手が込んでいた。多分中盤位だと思うが、急に純君が私の手を引っ張り、コースから外れた。

そこは、多分準備する為のスペースだと思う。私は、スカートを捲り上げられ、純君のチンポを挿入させられた。

純君が逝くと、今度は啓太君が挿入した。そうして、抜き終わると服装を整えてくれた。しかし、パンティは履かせて

くれなかった。ノーパン状態で、またお化け屋敷を歩いていると、お化けが抱きついて来た。”きゃ~”って言うと

お化けが、スカートの中に手を入れて来た。”えっ 嘘”って言うと、純君が”そのまま動くな”って言ってきた。

私はお化け役に散々マンコを弄られた。満足したのか、お化けが居なくなると純君はまた歩き始めた。

風景は病室らしき所になり、ベットが置かれていた。すると、今度は包グルグル巻きの人がゆっくり近づき私をベットに

押し倒した。純君達もニタニタ笑っていた。包帯巻きの男は私のスカートを捲ると、上着も脱がせ私は、全裸状態


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月12日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【レイプ】おもちゃにされちゃった 【鬼畜】

旅館の宴会コンパニオンのアルバイトで、おもちゃにされてしまった事があります。

犯されなかったのが不思議なぐらいで、とても恐くて、恥ずかしかったです。





その日のお客様は男性が5人で、少しガラの悪そうな…

ヤクザさんかなという感じで、始めから、気を付けてはいたんですが。



お酌をしていて、お客さんの膝にビールをこぼしてしまったのが、始まりでした。

「申し訳ありません。」

運悪く、おチンチンの所だったので、ハンカチを出して

「すみません。これ、使って下さい」

というと、怒りだしたんです。

「こういう場合は、ふつう、お前が拭くだろうが。」

仕方なく、拭き始めると、ニヤニヤしながら腰を突きだしてきました。

ワザと、おチンチンを私の手に押し付けるようにするんです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年10月6日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

このページの先頭へ