相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】彼氏の妹【血縁SEX】

私の彼氏の妹は14歳の中学2年です。

彼の家に何度も遊びに行っているので妹さんともかなり仲良くなりました。

ある日、妹さんに『今度、林間学校に行くけど、お風呂に入るとき陰毛が生えてるのが恥ずかしい』という相談をされました。

「しかし中学2年といえばほぼ全員陰毛ははえているんじゃないか??」と私は思いましたが妹さんは納得しない様子でした。

そこで私は思い切って「よし!それじゃあ今度私の家で一緒に毛の処理をしようか?」と言うと

妹さんは瞳を輝かせて「はぁぁい!」と元気な返事をしてきました。

後日、両親の留守の日を選んで妹さんを私の家に呼び、お風呂場で一緒に毛の処理をすることにしました。

妹さんはかなり恥ずかしそうにスカートを脱いでいました。

その時に妹さんが陰毛のことを気にしている理由が分かりました。

白いパンツの上からでも黒い茂みがしっかりと確認できて、パンツからもちょっと毛がはみ出ていました。

陰毛が生えていることが恥ずかしいのではなく、陰毛が濃い事をとても気にしていたのでしょう。

パンツを脱いだ彼女は耳まで真っ赤になり何だか可愛そうになってきたので、

あまりからかわずに左右の毛を落として長さを短くカットして終わりにしようと思いました。

しかし毛をカットしている途中、まだ幼い割れ目から液がじゅくじゅくと溢れてきました。

私は「どうした?感じちゃった?」と聞くと目を閉じたまま顔が真っ赤だったのでそれ以上聞くのは止めておきましたが、


体験談関連タグ

|||||

2015年3月27日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】入浴は何時も兄と一緒【血縁SEX】

私の家は貧乏でした。とは言うものの食べるに困る程では無く、母親がバカが付く程の倹約家で、特に水道に関しては厳しく、手洗い歯磨き洗顔と、ことごとく注意されました。

そして極め付けが入浴は一人だけではさせないと言う、水道代が勿体無いからと、私は3歳上の兄と何時も一緒に入浴していました。と言うか20歳を過ぎた今でも一緒に入っています。

今はもう皆が働いていて、昔ほど貧乏な訳では無いのですが、今までそうやって一緒に入るのが当たり前になっていたので、今でも一緒に入ってしまうのです。それに今でも一緒に入るのには、私と兄との男女の関係もあるからです♪

兄と関係を持ったのは私が中学1年の夏でした。当時高校1年だった兄は、その前から性的な悪戯?ペッティングと言うのでしょうか?まあ、ただの兄妹以上の事はしていた訳です。

そしてその夏、とうとう私は兄と結ばれました。

兄が好きな私にとってそれは願ってもない事でしたので、痛さを堪えて兄を喜ばせていました。

最初こそ痛さがありましたが、一週間もすれば私も気持ち良くなって、一か月もすると私から兄に求める様になるほどでした。

そんな関係を母親が気付かない訳がありません…ですが、母親は一言「妊娠だけは勘弁してね」と言うだけで、私達の行為そのものを咎める事はしなかったのです。

その事を兄に言うと物凄く驚いて、もうこれ以上関係を続けるのは止めようと言いだしましたが、私はそんな事を素直に受け入れられる訳無く、相当兄を困らせましたが、今では兄も諦めた?のか私の説得に納得?したのか分かりませんが今でも毎日の様にセックスをしています。

ただ一つ母の『妊娠だけは勘弁してね』が引っ掛かるのか、兄は何時もゴムを着けようとするので、ゴムの感触が嫌な私は危険日以外は絶対に生じゃなきゃ嫌と言って、兄には「お母さんは何も避妊しろとは言ってないよっ妊娠さえしなければいいんだから」と兄を上手く説得…と言うより丸め込めて危険日以外は常に生挿入♪安全日は中出しもしてもらってます♪

こんな私ですが兄以外の男性経験もあるのですが…兄を超える存在は未だ見つからないままです…

なので未だ暫くは兄との関係は続きます♪

体験談関連タグ

|||||

2015年3月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】お兄ちゃんと……【血縁SEX】

私は、桃((仮))です。

私には、お兄ちゃんが2人います。その内の1人と、

イケナイことをしてしまいました。



———————————

ガチャッ

バタンッ

「隼人兄!帰ってたの?」

「うん。一応30分前に帰ってたけど、

 腹痛でダウンしたから、トイレ入ってた。」

私がイケナイことをしたのは、隼人兄の方で、

瞬兄の方ではない。

いつもと同じ会話をしていた。

当然、このときは、あんなことをすることになるなんて、

知っている筈もありませんでした。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年2月14日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】息子と娘の情事【血縁SEX】

私は43歳の母親です。夫が47、それに息子が11、娘が9の四人家族です。

ある日、私がパートの仕事を体調不良で休んで、家に帰ったときのお話です。2階の部屋から「アン、アン」と声が聞こえます。何だろうと思ってみていると、なんとそこで息子と娘がセックスをしているではありませんか。

すぐに注意すれば良かったのかもしれませんが、その場でこっそりと覗くことになりました。

もう既に挿入中で、まだ2人とも毛は生えてなかったようです。ただ、小さいペニスが、小さいま○この中に出たり入ったり。いつからこういった行為がされているのか、二人ともぎこちない部分は無く、スムーズに出いりしています。あれが若さというものでしょうか。夫の腰の振り方よりも、断然はやい気がします。

床には精液が垂れています。これは何回戦目なのでしょうか。息子がブルっと震えました。どうやら果ててしまったようです。

「ちんちん舐めて」息子が娘に言います。娘も慣れたような感じでフェラチオを始めます。その幼いペニスを、幼い口で包む姿は、滑稽に思え、でも、子供同士の遊びのようにも感じられました。

息子のペニスが再び大きくなると、再び正常位での挿入をはじめました。

パンパンパンと家中に音が鳴り響きます。私も不覚ながら自分の子供達の情事を目撃し、股間をぬらしてしまいました。股間を触ると淫猥な気分になり、自然にオナニーを始めてしまいました。

しばらく夫にも触られていない自分の秘部は、まるで刺激を待っていたかの様でした。核を刺激すると全身がビクンとなり、そのまま核を指で擦り続けます。息子達は正常位から騎乗位に、さらには後背位まで体位を変え、お互いの肉体を楽しんでいるようでした。あぁ、私にも熱い肉棒が欲しい…そう感じているうちに、二人はコトを終えていました。

何事も無かったかのように振る舞い、夕食を作りましたが、常に股間が濡れたままで、正直料理どころではありません。

夫がこの日に帰ってくれば良かったのですが、出張で帰ってきません。仕方なく夫婦の寝室で一人で自分を慰めることになりました。パンティーが透けてしまうぐらいビショビショで、昼間の息子達の情事を思い出すと何度も昇天してしまいました。

すると、寝室に息子と娘がいきなりとびらをバタンとあけました。

「な、何!?」

「昼間のぞいてたでしょ!」

「!」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年2月8日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】兄妹愛【血縁SEX】

私は五人兄妹の次女、美紀と言います。歳は18才の高三です。

兄、健司25才、姉、葉子23才、弟、優太15才、妹、愛美14才の五人家族です。

両親は三年前に事故で他界…

それからは兄と姉が、まだ学生の私達三人の為、両親に代わって生活費や授業料を稼いで貰っています。

私が高校生になってからは、私もバイトをして生活費の足しにでもと考えていたら姉から「美紀ちゃんまで働きに出たらお家の事をやる人が居なくなっちゃうから、お金の事は私とお兄ちゃんが頑張るから、美紀ちゃんは、お家の事お願いね」と言われ、おっとりしとやかな姉に憧れがある私としては断る事が出来ず、私は家事全般をすることになりました。

もともと共働きの両親に代わって、炊事洗濯、掃除は姉と交代でやっていたので、苦にはなりませんでした。

とにかく兄妹五人力を合わせて頑張って来ました。

そんなある日、兄が突然「おーい、みんなぁ今度の週末、皆で一泊二日の温泉旅行行くぞ!♪」と言い出しました。

私達は「どこにそんなお金があるの!?」と、兄に一斉に突っ込むと「大丈夫!任せろ!実はな…」と、簡単に言うとナンバーズ4と言う宝くじで十万円程当選したと言う事です。

「これはきっと、天国の母さんと父さんが頑張ってる俺達の為に、ささやかなプレゼントをしてくれたんだと思う…」と、兄が言いました。

ホントにそうだなと私は思いました。

そして週末、流石に5人分の宿泊費となると、とても高級な所には泊まる事は出来ず、ごくごく普通な、それでいて温泉はしっかりした所を兄が見つけてくれました。

その旅館は家族風呂があり事前に予約しておけば時間無制限で利用出来ると言う、とても良い旅館でした。

兄の運転する車で2時間程、予約していた旅館に到着すると早速チェックインを済ませ部屋へ案内してもらいました。

ここは緑に囲まれた静かな所で、当然近所にコンビニなんかはなく時間の流れる早さが、ここだけ遅い様な錯覚さえ感じました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】兄妹不和…嫌ってたのは、俺だけだった【血縁SEX】

納得の行かない事が、起こった。うちの親は、超ケチだ。中2で、やっと携帯を許された程なのに、今回、妹は小5で携帯を、与えらた。この事だけでも、カチンって来てた。 更に頭にきたのは、妹の携帯は、サイトが開ける普通の携帯、俺のは、プリカ携帯。親に詰め寄ると、俺は、信用してないって。逆らってもどうしようもないから、ぐっと我慢した。その事が、裏目にでた。両親に、ざまーみろと心で叫んだ。

事が、おこったのは、知り合いの通夜に、両親が出かけた夜。部屋で、テレビを見てたら、コンコンとノックが、お兄ぃ。ちょっと良いかな?

何だよ(ブスッて顔)あのね。頼みがあるの。(モジモジ)

お前、何企んでんだ(疑いの目)

聞かねーから、

何よその言い方お兄ぃ何て、大っ嫌い

部屋を出て行った。何だっつーんだよ。バーカ、嫌いは、知ってるよ。

(はっきり言って、妹とは仲が良くない。理由は、生意気で、チクリ魔で、ヒステリックで、数えれば、きりがない)。

しかし、ちょっと、変な態度だったよな。

だいたいノックなんて、普段はしないしな。

風呂に入る為に、リビングに入ると、何時もリビングのソファーを、占領してる、妹の姿がない。気にも止めず。風呂に入り、体を洗おとしたら、ボテイシャンプーが、切れていた。仕方なく、香織ぃボディシャン、取ってくれよって叫んだ。すると素直に、ちょっと待ってって、脱衣場で、探してる。

すると、先に頭を洗ってなよ。

ああっそうする。カラカラカラ、あっそこに、置いといてくれよ。シヤワーで、アワを流して、振り向くと、お前っ!何してんだ。香織が、ビショビショで、立ってる。

だってさ。置いてたら、ボディシャンこ倒れて、ぼれんじゃん。(たっ確かに、そーうだけど)、もういいよ。濡れたし。背中流したげる。はぁぁ?

言われるがまま。ゴシゴシ。今日のお前、おかしいぞ。そうかな。フフンって、(鼻歌)。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年1月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】お姉ちゃんのダンナさん【血縁SEX】

私(24♀)も現在進行形でお姉ちゃんのダンナ(35才)とセフレだよん。

すべらない話見ながらなのでちょっとずつしか書けないけど

最後にageとくので興味持ってくれた人は数時間後にまとめて読んで下さいw

・お姉ちゃんのダンナ→Aくん

お姉ちゃんとAくんは私が16才ん時に結婚したんだけど

年が離れてるせいもあって可愛いがってもらってて

Aくんには受験や就職の相談にも乗ってもらってた。

私はAくんと同じ業界に就職したから時々メッセ使って仕事の話してたんだけど

文字のやりとりのせいもあって下ネタとかエッチな話もしてたかな〜。

ある日、お互いのオナニーの話をしてたらAくんが軽いオナ指示をしてきた。

私も軽い気持ちでAくんの指示にしたがってたんだけど

途中でAくんから電話がきてそのまま電話でエッチしちゃった。

それがAくんとの始まりw

それからはお姉ちゃんの目を盗んで週2回くらいAくんから電話が来て

お互いのオナ声聞きながらしてた。


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年12月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】年下の姉、、策略【血縁SEX】

俺は、2人兄弟で、大学2回生だ。母子家庭だが、兄貴とは、

13歳離れている。この度、母が他界して、新婚の兄貴が、実家を相続して、3人暮らしが始まった。

兄貴は、予備校の講師で、去年自分の生徒だった。

予備校生、千明と結婚した。年下の姉が、出来た訳だが、兄貴には、悪いが、千明さんとか、姉さんとか、呼ばべず、千明なのには、理由がある。千明は、俺の後輩で、高校時代に彼女持ちの、俺に付きまとっていた女だからだ。兄貴から、驚くぞと、婚約者って紹介された時は、表向きは、平静を装ったが、内心は、千明への、猜疑心で、一杯だった。 兄貴夫婦は、下で俺は、2階 で生活した。

入試シーズンが近くなり。兄貴の帰宅が、遅くなりはじめた。俺は、なるべく、遊んだりして、千明と2人になる時間を減らしていたが、バイトの金が回らなくなり、仕方なく、早く帰宅した。千明は、サークルが忙しく、バイトする暇がないトホホだな(苦笑)。千明は、背中流そうかとか、

ここぞとばかりに、風呂は覗くし、薄着で、歩きまわり、誘惑する。

部屋に鍵をして、なるべく、出ない様にしてる、

すると、千明は、強行策に出てきた。トイレや風呂は、無防備だから、

例えば、トイレのペーパーをなくして、呼ぶのを待ち、

ドアを最大限開き、俺の制止を聞かずに、凝視しする。こんな行為が、逆効果だと気付かないのか。会話すらなくなる。(千明は話しかけてくるが無視してる)

千明は、腹を立て、裸で、風呂に侵入してきた。

いくら、嫌いな女でも、健康な大学生が、ルックスは、Aクラスでナイスボディの全裸の女に、欲情しない訳がない。

初めは、我慢したが、千明は、股を開き、AVさながらの指マンをする。

我慢できるかってーの(苦笑)

2人は、肉体関係に陥り、兄貴の目を盗み、千明の要求に、身を任せた。入試シーズンが、終わり。夏に、


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】夏休み中の私は兄と…【血縁SEX】

8月の半過ぎの週末の事、私22歳(学生)は、3つ上の兄(会社員)と小旅行へ出かける事になりました。

兄とは仲が良く、よく二人で出掛けて泊まりがけの旅行もしてました。あ、と言っても、それまでは普通の兄妹…仲の良い兄妹ってだけで、近親相姦する仲では無かったんですが、その小旅行の時、私がちょっとドジっちゃったのが原因で、仲が良過ぎる兄妹になってしまいました(笑)

その日、車で2時間程行った、某有名なうなぎ店に鰻を食べに行こうって事になり、何時もの様に出掛けたのです。

お店では多少待たされましたが、美味しい鰻が食べられて満足した私達はお店の近所を散策していました。

その鰻屋さんがある町は富士山の雪解け水が豊富に湧き出ていると言う有名な場所で、その鰻屋さんも、その湧水を使っているくらいで、あちらこちらから富士山の雪解け水が湧いていて、近所を散策していると、綺麗な小川が流れている場所を見つけました。

木々が覆い日陰を作って正に清流と言った綺麗な水が流れて、この水も元は富士山からの雪解け水で、水深は30cm程で近所の子供達や家族連れが水浴びを楽しんでいました。

私達も水に浸かる事にしました。パンプスを脱ぎデニムを捲り足を浸けると「ひゃ~冷たい~!」と余りにも冷たくて悲鳴を上げてしまいました(笑)

けど暫く入っていると段々慣れて気持ち良くなってきました。

川の中を流れに逆らって上流に向かって散策して行き、途中で引き返してきました。

もう少しで元の場所に辿り着くと言う時でした…私は足を滑らせ尻もちを付いてしまったのです…

更に手を着いた所が柔らかい砂地だった為、背中までビッショリと濡れてしまい、幸い頭は濡れるのを免れましたが、日帰りの小旅行…着替えなんてありません…

タオルすら持っていないのにどうすればいいのって、もう笑うしかなかったです(笑)

笑ってばかりでは何も解決しませんので、取り合えず車へ戻る事にしました。

車は有料の立体駐車場に駐車していたので、私はそこのトイレに入って一旦脱いで絞れるだけ絞ってから車に乗る事にしました。

車はミニバンなので兄が後部座席を全て跳ね上げた状態にしてくれたので、シートを濡らす事無く済みました。更に窓にはカーテンが有る為外から覗かれる心配はフロント側から以外なく、兄も故意に見る事はしないのが分かっていたので安心して濡れた服を脱いで下着姿になりました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年11月22日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】親戚の従弟(中学生)【血縁SEX】

はじめまして、私は都内で一人暮らしをしている24歳OLです。

約一年前に正月休みを利用して帰省した時の体験を話したいと思います。

「ただいま〜」

と玄関を開けました。

奥から母が小走りでこっちにきて

「あら、お帰り〜雪大丈夫だった?」

なんて話しをしながら居間へ入ると父が「おぉ〜元気だったか?」と話しかけてきます。

居間には父の他におじさん(父の弟)夫婦とその子供の快君(中一)が夕飯を食べてました。

私も一緒に食事をして後片付けをしていると母が

「あのね、由美(私の仮名)の部屋に快君も一緒に寝かせてあげてね」

と言われ

「構わないケド何で?」と聞くと

「あの子も中学生でしょ?反抗期なのよ。両親と寝たくないんですって」

と言われ渋々了解したふりをしました。

私は快君の事が好きだったのです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月19日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 5112345...102030...最後 »

このページの先頭へ