相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】人生でベスト5に入るエピソード【感動】

俺が小学校5年の頃、学校の近くのスーパーで万引きで捕まった

すぐさま担任の女教師(43)、通称ヌーバ(ぬぅっと教室に入ってくるから)が飛んできた

まず俺にビンタを一発、涙目になる俺、よく見るとヌーバも泣きかけていた



「人の物を盗るのは最低の行為、これ(商品)を盗むことでどれだけの人が悲しむかわかっているのか」

「その菓子を食えば無くなる、だが盗んだという事実は一生消えない」

等々、一時間ほど延々と説教された

店の人がもういいですよ、と言っても説教は続き

夜7時過ぎにようやく先生と店へ出た(親には店の人の温情査定で呼ばれなかった)



おなかすいてるだろう、と駅前ラーメン屋へ行き、タンメンとギョーザをおごってくれた

口をあけるたびにビンタされたほっぺたが傷んだが、ラーメンはうまかった

車で家まで送ってもらい「今日のことは親には言っても言わなくてもいい、

自分が何をしたかよく見返すように」

と言い、先生は去って行った


体験談関連タグ

|

2015年3月27日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁4 【鬱勃起】

結婚して4年経ち、嫁とのエッチも回数が減ってきて、エロサイトを見てはオナニーをすることが多くなっていました。色々なサイトを見ているうちに、NTR使える寝取られサイトとか、すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談といった、いわゆる寝取られ系のサイトを見て寝取られ性癖に目覚めてしまいました。



そんな中、嫁の下着を盗んでいたのが隣の高校生の息子だとわかり、私は自分の願望を叶えようと悪ノリしました。そして今、私の目の前には圭君の精液を顔や髪に浴びた嫁がいます。



すべて指で集めて、嫁は飲精してしまいました。それでも、髪や顔にまだ付着している圭くんの精液。自分の嫁が、文字通り汚されてしまったのに、私は下着の中で手も触れずに射精してしまいました。そんな私を見て、嫁がイタズラをする子供の顔で、

『あなた、今度は圭くんに、下の口に飲ませてもらってもいいですか?』

と言いました。私はノータイムでうなずき、OKを出しました。それは、大きな扉を開いた瞬間でした。



『ふふw 圭くん、OKだって。どうしたい?』

嫁は、エッチな女教師みたいな口調で圭くんに質問しました。145センチで、顔もクッキングアイドル似の嫁は、どう見てもロリ属性です。でも、いま圭くんに話しかける彼女は、痴女みたいに見えます。ロリ痴女……そんな言葉があるのかわかりませんが、そんなギャップの激しい感じです。



「じゃ、じゃあ、下着はいて僕の顔にまたがって下さい!!」

圭くんは、想像の斜め上を行く返事をしました。てっきり、嫁とセックスしたい! と言うとばかり思っていました。

『え? またがる? 何それw 圭くんって、変態さんなんだねw』

嫁もビックリしたようでしたが、目が好奇心でキラキラ光って見えました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月15日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら完 【鬱勃起】

3年の交際を経て結婚し、2年間なにも問題なく幸せに過ごしてきた嫁の希との生活だったのに、僕の些細な好奇心で後戻りの出来ない道へと踏み出してしまった。



カップル喫茶での衝撃的な輪姦プレイの中、希の過去の秘密と、現在の浮気の危機を知ってしまった。

それなのに、僕は希を地元の先輩のところに送り出してしまった。その先輩が、希の元カレとわかっていながら……。



送り出したその日に、電話で実況中継をされて屈辱的なことを言われても、なお興奮してしまい、それ以上を求める僕は、もうおかしくなってしまったのだと思う。

本当は、希の輪姦プレイを想像して、たくさんオナニーをしたかったが、希の言いつけ通り必死で我慢した。

希に、何があったのか説明を受けながら、空っぽになるまで射精させてもらいたい……。そんな思いでなんとか頑張った。





希が帰ってくる予定の日曜日、僕は明け方まで眠れずに待っていた。結局戻ってこない希に、メールや電話をしたが電源が切れていた。月曜日、寝不足と心配で何も手につかないような状態だったが、なんとか仕事をこなし、まっすぐ帰宅すると希の帰りを待った。

それでも、連絡一つなく帰宅しない希……。僕は、本当に狂いそうだった。そんな状況なのに、希がしているであろうセックスを想像し、僕は勃起したままだった。



嫁が帰ってこない状況で、嫁を心配するよりもオナニーをしたい欲求と必死で戦っていた僕……。我ながら最低だと思う。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年3月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁2 【鬱勃起】

嫁と結婚して4年経ちますが、子供はまだいません。6歳年下の嫁はまだ29歳で、若々しくて可愛らしいです。

155cm45kgのロリ体系で、某クッキングアイドルに顔が似てる感じです。ただ、ロリっぽい雰囲気のわりに、胸はそこそこ大きく、エロマンガに出てくるロリキャラっぽい感じです。



そんな、言うことのない嫁なのに、最近微妙に倦怠期でした。セックスレスと言うほどではないですが、もしかしてそうなっちゃうのかな? と、少し寂しく思ってました。



そんなある日、ちょっとした出来事がありました。

嫁の下着をちょくちょく盗んでいたのが、隣に引っ越してきた家族の息子さんだったとわかったのです。



泣きながら謝る圭くんに、私は最近目覚めた寝取られ性癖を満足させようと思いました。



さすがに、エッチなことをするには至りませんでしたが、嫁は圭くんにアソコを見せてしまいました。



NTR使える寝取られサイトとか、萌えた体験談系のサイトに書いてあるような過激なことは出来ませんでしたが、私にはそれで充分でした。






体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年11月19日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした14 【鬱勃起】

嫁のユキと、ケイスケさん夫妻との衝撃的な3Pを見せつけられて以来、ケイスケさん達との少しだけ刺激的な経験は、かなり過激でただれた経験に変わっていきました。

僕もケイスケさんも、基本の部分は寝取られるのを好む側だったので、4人で集まり、3人がプレイをするのを1人が見ているという基本スタイルが確立しました。



僕が見ている時は、ユキとケイスケさん夫妻がプレイをして、ケイスケさんが見ている時は、僕とユキとマコさんでプレイをするという感じです。

ケイスケさんはSな部分もありますが、マコさんが寝取られるのを見て、僕と同じように手も触れずに射精してしまうくらいの、重度の寝取られ好きです。



僕は生粋のMだと思っていましたが、ケイスケさんの目の前でマコさんを抱くうちに、自分の中にもSがあるのを発見したりしていました。



今日は、いつものように4人で集まり、ケイスケさんと僕がじゃんけんをしました。負けた方が見学という流れなのですが、微妙に僕もケイスケさんも後出し気味で、負けようとします……。



今日は、運悪く僕が勝ってしまったので、ケイスケさんが見学でした。



「ちくしょ〜 負けちゃったよ〜w」

ケイスケさんは、言ってることと表情が真逆な感じで、笑顔です。

【またわざと負けてw でも、ちょうど良いかも。昨日あたりが排卵日だから、今日ならバッチリ妊娠できると思う】


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした10 【鬱勃起】

嫁がパート先でお客さんのマコさんと仲良くなり、マコさんの旦那のケイスケさんと、僕と嫁の4人で遊ぶ事が多くなりました。



ただ食事をしてお話しをする程度だったのが、徐々に下ネタも混じり、色々あって、パートナー交換というとんでもないところまで行ってしまいました。





先日は、マコさんに呼び出されて、マコさんの家で嫁のユキがケイスケさんとセックスしている録音を聞きながら、マコさんとセックスをしてしまいました。



そして、録音の中では、ユキがケイスケさんに中出しをされていました、、

自分の嫁が、他の男に”中に出して”と叫んでいるのを聞きながら、異常なまでに興奮してしまった僕は、後戻り出来ないほど寝取られ性癖が育っている事を自覚しました、、、



だけど、それはケイスケさんも同じようで、僕とマコさんがしているのを、クローゼットからのぞいていました、、、





そんな事があったのに、僕とユキの夫婦仲は悪くなるどころか、最高レベルと言っていいくらいまで良くなっていました。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月5日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】ご希望に、答えて、俺の仕事(詳細編)【隣の芝生】

始めに覚えていて、もらいたいのは、ボンは、わがままで独占欲が強く、男女問わず、征服欲が強いって事

俺たちの、母親を喰うときは、初めは、眠らせてた、から、母親たちは、目が覚めた、朝漏れでた精子で、パンツが汚れてるのを、不思議に思ってたんじゃないかな(笑)。

プレイ的には、

眠ってる女をヤるのは、独りじゃ

難しいから、

例えば、(必ず)、自分の母親のレイプを手伝わせる。

マンコを舐める時、両足を持たせる。(正常位も)。

バックの時は、腰を持たせる。

確かに母親を、

憎んではいたけど目の前で、見るのは、少し忍びがたかった。俺たちの表情を見て、興奮

二週目は、撮影させる。ボンはセックスのテクニックは、劣るけど、外人並みのチンポは、必見だったが、母親は眠ってたからね。威力は、未知数だった。

女教師の時に、思い知ったな、

俺たちが、押さえつけて、ボンが、服を切り裂いて、極太を喉の奥まで、突っ込んで、

女教師は、放心状態。間髪いれず、乾いたマンコに、狂った様に腰を打ち付ける。この時、女は、全裸より、引き裂かれた服が若干残ってるほうが興奮する。

ボンは、中出ししたら、俺たちに、輪姦させたが、


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら 【鬱勃起】

嫁の希と結婚してまだ2年だけど、正直ちょっとセックスに飽き気味になってきた。結婚する前にも3年付き合って、5年もやり続けていたから仕方ないのかも知れない。



最近は、セックスよりもノートパソコンで色々なサイトを見ながら、自分で処理する方が多くなってきた。最初は動画系のサイト、エロマンガのサイトなどを使っていたが、もともと妄想好きな僕は、テキストだけのサイトに落ち着いた。

体験談とか、官能小説などのサイトの中で、NTR使える寝取られサイトという寝取られ体験談のサイトをよく見るようになっていた。

それがきっかけで、寝取られ系のサイトをよく見るようになり、実際のスワッピング相手募集のサイトまで見るようになった。



そこで、単独男性募集をする夫婦やカップルの書込みを見て、希が他の男とするとどうなるんだろう? と思うようになっていた。

それと同時に、夫婦でスワッピング相手を募集している人の書込みを見て、その奥さんの写真に凄く興奮してしまった。



目線が太めなので、顔はイマイチわからないが、黒髪の上品そうな奧さんだった。その奧さんが、両手にそれぞれの男のアレを握りながら、別の男にまたがっている写真が僕を異様に興奮させた。





そして、この奧さんとしてみたいと思ってしまった。この日から、希をどうやって説得しようかという事ばかり考えるようになっていた。希は、どちらかというとセックスは好きな方だ。最近では僕から誘うよりも、希からお誘いがかかる事が多い。



希は、僕と付き合う前に、男性経験は3人あると言っていた。詳しくは聞いてないが、それくらいなら今時のごく普通の女の子だと思う。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】罪な悪趣味教員【隣の芝生】

某中学校の教頭でほどなく校長になる教員です。

これまでの悪行を考慮すると教師とは言い難い悪教員でした。

赴任した中学校の母親や同僚教員との淫行は日常茶飯事でした。

いい思いもしましたが世の中に生まれず闇に葬った子供は数人います。

生徒の母親、同僚、同僚の奥さんとの淫靡な思い出回想です。中学生の父兄は子供のより良い進学を望み教員にいろいろな接触をしてきます。

贈り物や飲食会を開催し教員との接触を図ってきました。

美味しそうな母親は成績の手心や内申書のことを話すとほとんど股を広げ生膣深く私の

精液を受け入れてくれました。

男子生徒の母親で30代半ばの良美がいました。

父親は近くの大手工場勤務のブルーカラーでした。

美味しそうな色気のある肢体で美人な母親なのでいつものように子供の成績を話題に良美に

近づきました。

隣町のカラオケで良美に成績や内申書は教師しだいと話すと少し考えて

「分かりました」と私の陰茎を引き出し即フェラを始めてくれた。

良美の下着を剥ぎ取り生膣を舐め回すと艶声を出し始めたので


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年6月21日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】義母【血縁SEX】

妻が交通事故で足を骨折し約1ケ月入院する事になり

小学生の子供がいる為、義母が家の手伝いに来てくれる

事になりました。

私は、40歳、妻36歳、義母は59歳、義父は68歳

義父も義母も女房も元教師で、私も小学校の教諭という教育者

一家なんです、義母は昨年まで中学で数学を教えていました

ので、まだまだ元気で、150cmぐらいの小柄で、自慢は

若い時から体形がほとんど変わっていないという事

女房は165cmの大柄で、胸もDカップというグラマー体形

ですが、義母は150cmの小柄で、Aカップというか

すこし膨らみがあるというロリコン体形なんです、初めて女房に

紹介された時には、女房の姉といっても通るんじゃないかと

思った程です

女房の入院も2週間ぐらいになった夜、子供は学校のキャンプで

家におらず、義母と二人だけでした


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年6月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 41234

このページの先頭へ