相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】続・妻友子の不倫告白!【鬱勃起】

第14章 禿げ部長との関係…

妻の元彼・加藤との不倫告白から2週間後の晩の話しです妻とベッドの上でじゃれ合っていました…私が妻の乳房やアソコのクリ辺りを指で弄ったりしていると…妻も欲しくなったみたいです…私のアソコ口に含んで来ました。

妻「ファム・ジュボ・ジュボ…マサ君オチンチン~挿れて…欲しいよ~」

私「あー友子気持ち…良いよ…」

でも何故か勃起しませんでした…そうですこの前の妻のDVDの一件で私は何故だか?ED気味でした…妻も本当にもの欲しそうにしています。

私「そうだ…友子…部長とのSEXの内容を詳しく話してくれる?」

そうです私は妻が寝取られて興奮する寝取られM夫に目覚めてしまったんです。

その部長というのは当時既婚で46歳その時妻はK(加藤)に捨てられて自暴自棄に成っていた…26歳に成ったばかりの…頃の妻のセカンドバージン相手でした。

妻にはまだ部長との不倫関係の内容を詳しく聞いていませんでした…部長さんは私たちの結婚式で祝辞を述べてくれた人です、なんか私は何か複雑な気分です。

妻「今更そんな話し聞いてどうするの?喧嘩に成るでしょ…?」

僕「絶対に怒らないから…友子の話聞いたら…勃起するかもしれないから…」

妻「う~んもう…仕方無いから話してあげるの…もめるのは無しよ」

としぶしぶ話してくれました…妻がKに捨てられた噂は当然同じ部署の部長の耳に入ってました・・・

これからは妻の告白通りに書きます。

妻いわく…部長は友子が新入社員の時から、狙っていたらしくて…しかしKが妻の友子を彼女にした時から部長はKに対して何だか厳しく当たっていたそうです。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月26日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】妻・友子の不倫告白2!【鬱勃起】

第15章 妻の秘密事…

妻の告白によると旅行から帰った後も加藤は妻を肉奴隷扱いしていました…平気で中出しする加藤に、我慢が出来なく成った妻は部長に加藤の事を相談したらしく、部長の力で、加藤は地方に飛ばされてしまったそうです、それに応じてA子さんも会社を辞めてしまったそうです、更に妻は産休だけでは無くて育児休暇も認められる事に成りました。

友子が無事女の子を出産してから1年以上経ちました…嬉しい事に娘は私の顔に良く似ています…100%では有りませんが十中八九僕の種では有ると思います…

友子の1年間の育児休暇も終わり、子供は近所の保育園に毎日、預けて今は妻も元の会社で働いております…慰安旅行の件も有り辞めさせる事も考えたのですが、私の稼ぎだけでは、正直しんどいのと加藤が地方に飛ばされたので安心して妻は仕事に復帰する事が出来ました…

1月程経ちました…私は妻の友子に「ソロソロ2人目の子供を作らないか?」と言い出しました…友子の妊娠の告白からずっとSEXレスでした…というより軽度ですがED気味に成っていました…隠れてオナニー等は行っていましたが、何時も半勃起の柔らかい状態で射精していた感じです。

妻に相談すれば良かったのですが、始めての子育てと、赤ちゃんの夜泣きや母乳等の事も有るので休暇中は気を使って、友子の体に一切触れずにいました…

子供も1歳に成りまして一人でも大人しく寝るように成ったので…その日私は…超久しぶりに、妻に甘える事を決めました友子も二つ返事でOKしてくれました…友子が風呂に入っているので、私が先に裸に成り寝室のベッドで寝て待っている状態です…

ふと、妻の出産時の事をベッドに寝ながら思い出しました、出産時私は立ち会いました、先生は男の先生で近所では評判の名医です。

子供の頭が出てくる時…先生はハサミで妻の膣口を切開しました、友子は切開の痛みよりお腹の方が痛いと妻は言っていました、初産の割には、案外安産でした…赤ちゃんが無事産まれた後…膣口を縫合する時に…

先生は「キツキツなアソコにするか?ソコソコなアソコにするか?」と私に聞いて来ました…すかさず私は「キツキツなマンコにして下さい」と先生に言いました。

笑いながら先生は「よっしゃ~まかせとけ…旦那が喜ぶ位に、前よりもキツキツにしといてやる」と言いました…今考えれば、妻に対しても診察の時には内診で指を膣に挿入したり…子宮口を触ったり…クスコで子宮内を観察をするので友子のアソコの緩さは勿論の事…子宮口の穴の大きさも先生は全て知っているのです。

そう思えば何故か私は興奮してしまいました、産科の男の先生は友子のアソコの中に指を挿入して掻き回して…クスコで拡張された膣内や子宮口いや子宮のナカの奥の方までも合法的に観察して診察してたんだ…と思うと久しぶりに勃起する事が出来ました…

馬鹿な私は…その興奮感が覚めやらずに久しぶりに完全勃起出来たのに、寝室でオナニーをして射精してしまいました…

妻が裸で寝室に入って来ました…友子「○ちゃん(子供の名)大人しく寝た?」

私「良い子だよ空気読んで隣の部屋でスヤスヤだよ~流石僕の子」と言います。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】韓国人との国際結婚 カンボジアで2010年に禁止令出たことも 【危険】

韓国人との国際結婚 カンボジアで2010年に禁止令出たことも



NEWSポストセブン6月1日(日)16時6分配信



 従軍慰安婦問題で韓国は「第二次大戦中に日本軍が20万人を強制連行して性奴隷にした」と全くの嘘を主張し、日本に謝罪と補償を求めている。その一方で、韓国が現在進行形で他国から女性を“強制連行”して“性奴隷”にしていることには頬被りしたままだ。



 韓国では近年、都市部に人口が集中して農村部で深刻な「嫁不足」が起きていた。そこで政府は国際結婚を奨励。農村部では自治体から「国際結婚支援金」が支給される。



 金額は自治体によって異なるが、国際結婚する男性は300万〜600万ウォン(約30万〜60万円)を受け取ることができる。国策支援の結果、2000年代に入って韓国人男性と外国人女性の国際結婚件数は年間2万〜3万件となり、全結婚数の1割程度まで急増。



 国際結婚の仲介業が活況を呈したが、暴挙を繰り返し、韓国に連れてきてからも夫が暴力を振るうなどの事件が続出した。



 多文化家族支援センターによると2012年までの10年間で韓国人男性と外国人女性の離婚件数は年間547件から7878件へと約14倍に増えた。挙げ句は国際結婚の仲介だと騙して売春を強制するケースまで指摘されている。



 国際社会も韓国人の蛮行を問題視している。


体験談関連タグ

|||

2015年8月18日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】農家に嫁ぐと悲惨な目にあう【危険】

541:名無しさん@HOME:2011/10/26(水)15:28:13.880

10年ほど前の話だけど、転勤で郡部に行った。どちらかと言うと農村地帯。

休みの日にその当時の彼女とドライブしていた夕方に農道を歩いている人影が

あった。彼女が停めて!と言うので停めたら車を飛び出してその人影に

近づいて行った。

しばらくしてその人を連れてきた。その人は女性で片方裸足で足に血が滲んでいた。

エプロンして涙でぐちゃぐちゃでやせてひょろひょろの人だった。

彼女がこの人をこの人の実家に乗せて行ってと言うのでとまどいながら

隣県の県庁所在地まで三時間かけて乗せて行った。

後部座席で彼女と拾った人が、話していたが都会から農家に嫁いだが

奴隷のようにこき使われ実家に連絡すら出来ない。

今日はお客さんが見えるのでと朝から掃除に料理にとこき使われたが

夜はそのお客さんの寝床に行って夜伽するように言われて、辛抱たまらず

どび出して来たところを自分らが拾ったと言う訳らしい。

彼女はうんうんとうなずいて泣きながら拾った人の背を撫でていた。


体験談関連タグ

|||

2015年8月6日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】【北海道新聞セクハラ怪死事件】北海道新聞社員、函館支社の嘱託看護師に「愛人になれ」と体触り暴行!→看護師、自宅の火災で死亡!→女性の両親が北海道新聞男性社員2人を告訴 【危険】

<>1:マカダミア★:2015/05/07(木)19:16:46.73ID:???*.net<>

北海道新聞社函館支社の嘱託看護師だった女性が昨年12月の忘年会で体を触られ暴行を受けたとして、

女性の両親が7日、暴行と北海道迷惑行為防止条例違反などの容疑で、同社の男性社員2人を

北海道警函館中央署に告訴した。



告訴状によると、昨年12月8日夜から9日未明にかけて、函館市内のカラオケ店や居酒屋で女性=

当時(40)=の体を触ったり、「愛人になれ」と言いながら体を押し付けたりしたとしている。



父親によると、女性は会社に相談したが2月中旬から心身の疲労で休むようになり、2月21日に

自宅の火災で死亡した。



北海道新聞社経営企画局は「社員が告訴されたことは遺憾です。会社として誠実に調査をしているところで、

今後も弁護士を交えセクハラの有無などを含めて詳しい調査を行っていきます」としている。



;


体験談関連タグ

|||||||

2015年8月4日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】ババアの肉奴隷なんだけど質問ある?【感動】

<>1:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:56:27.03ID:fUSq/UmM0<>

きもいババアの肉奴隷です

特定以外なら答えるよ





<>2:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:57:04.55ID:Q9YsF1Cm0<>

経緯は?



2

喫茶店でお茶してたら話しかけられて怪しいなと思いながらも

現金見せられてついて行ったら肉奴隷になった





<>4:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:57:11.00ID:Sk0vMRWI0<>

いくらもらえるの


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年8月1日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】狂った歯車 【鬱勃起】

高校3年の時期に、僕の幼馴染は最悪最低の男に堕とされてしまった。

僕をゴミの様に扱う最悪最低な男に騙されて・・・・・。



今思うと、僕が第一志望の高校に落ちていなければ、人生の歯車が狂うことはなかったのかもしれない。

いや、なかったのだろう。

すべてはあの高校に入学したことが間違いだった。



僕は生まれてこの方、勉強だけで生きてきた様な男だった。

運動能力もなく、決して容姿が良いわけでもないため、

勉強だけは人より頑張ってきたつもりだった。

ガリ勉とバカにされても勉強だけは将来のために頑張ってきた。

そして本来なら県下で一番偏差値の高い高校へ入り、エリートになるべき男だった。

しかし、結果論、僕はあろうことか第一志望の高校へ落ちてしまいあの忌々しい高校へかようこととなった。

と言うのも、僕の住んでいる県は高校の数が少なく、公立は第一志望を落ちてしまうと、定員割れしている他の偏差値のあまり高くない公立に入るか、他の私立に入るかしか選択肢はなかった。

そして第一志望に落ちた僕が高校に通うにはどうしても金銭的に公立に行くしかなく、あの高校へ行くこととなった。


体験談関連タグ

||||

2015年7月24日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】夫のお小遣い、月3万円以下が全体の54%である事が判明【感動】

<>1:名無しさん@涙目です。(青森県):2011/10/26(水)20:34:17.87ID:kaP2lAsA0<>

夫のお小遣い、3万円以下が全体の54%



フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは10月26日、同社の既婚女性会員を対象に実施した「夫のお小遣い実態調査」の結果を公開した。同調査は、同社登録の20代?60代の既婚女性会員を対象に実施。



家計の管理について、妻が管理している割合は全体の82%で、夫のお小遣い制を取り入れているのは全体の76%だった。



夫のお小遣いをめぐる夫婦の交渉では、「月初めにまとめて渡すと途中でなくなるようで、月末に近づくにつれ私の財布から毎朝気づかれないように抜いていく」(40代夫)、「ウチの主人は浪費家なので、以前は月1万円のお小遣いでしたが5万円程カードを使用していました。カードを回収して、月3万円にしましたが、結局違うカードで2万円位使っています」(20代夫)、

「夫のお小遣いから、車のガソリン代など家計費からの支出費を立て替えた時はレシートがなければ返金しない」(50代以上夫)など、さまざまな意見がみられた。



夫のお小遣い金額については、3万円以下が全体の5割以上で、20代では81%、30代では73%、40代では53%、50代以上では32%と年代が上がるごとにお小遣い金額が増えていることが明らかとなった。



具体的なコメントでは、「最近、昇進したので、お小遣いを2万5千円から3万円にUPしてさしあげました」(30代夫)や、「結婚23年目ですが新婚当初から3万円を22年間続けていました。子供の教育費が終了したので去年4月から4万円にしています。



平均お小遣いより少なくても文句を言わない(時々春闘していましたが)主人でした。でも、ボーナス時には年2回16万円渡していました」(40代夫)など、夫の収入や家計バランスなどに応じてお小遣いも変化している人が多いようだ。


体験談関連タグ

||||||

2015年7月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】日本の若者が働かない理由【危険】

子ども手当申請スタート 母国の親戚を養子縁組して大金を受け取る外国人殺到





誰が悪いのかといえば、マスコミに騙されて民主党に投票した人たちが悪いのです。



我々日本人が必死に働いて納めた血税が、在日外国人に垂れ流し。



民主党に投票した人たちのお陰で、我々日本人は、未来永劫在日外国人の奴隷です。

体験談関連タグ

|

2015年7月5日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】一時の迷いなんて誰にでもある【危険】

393:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/30(日)23:59:05

了解。長いが許してくれ。



2年前にさ、嫁の浮気発覚。職場の上司と。

相手、自分家族全部ぶち壊して、弁護士に丸投げして、

「家政婦でも奴隷でも何でもいい、側にいさせて」って感じの嫁の発言で再構築。

っていうより、やることやった後仕事以外完全放心してた俺。再構築とかどうでもよかった。

再構築当時から仕事以外は嫁含め殆ど無関心だった。

よく嫁の飯が受け付けないとかあるけど、そんなことすらどうでもよくなってた。

朝起きて、飯食って、仕事して、家帰って、飯食って、風呂入って、寝る。

タバコも酒もやらなくなった。趣味もなくなった。オナニーすらしてない。

仕事と食う寝る以外に何もしたくなくなってた。興味が湧かなかった。

そんな生活を一年間位続けた。

再構築後嫁は専業になり、友人の誘いや同窓会等外部の接触を全て断り、携帯も解約。食材を買う以外は家から出なかったそうだ。




体験談関連タグ

|||

2015年6月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 3512345...102030...最後 »

このページの先頭へ