相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】妻にお金持ちの愛人がいた【隣の芝生】

最近妻がやけに化粧などをしだし

かなりファッションにもこだわるようになってきた。

前の妻の服装といえば、短パンに、キャラクターの顔の絵が

乗っているTシャツ一枚・・・

今は、女性に人気のブランド?の服に、

生足の見えるスカートなど、とにかくエロさがハンパじゃないことは

男の僕が保障できる、その格好で出かけてくるというのである

これは怪しいと思い、同僚に相談したところ

確実に不倫をしているといわれた、僕もすぐになっとくした。

それから僕は同僚にお願いして、妻の行動を見張ってもらうことにした

僕は妻が次に出かける日を知っていたから、その日に同僚に準備してもらって

早速作戦開始、

その日の妻は、胸元は開き目で、つけまつげも今まで見たことの無いような長さ

そして、足元はヒールにショーパン・・・

一応妻は32歳で、結構若作りしているように見えた


体験談関連タグ

|||||

2014年10月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】ブスな妻だけど・・・【隣の芝生】

私の妻30歳は、世に言うブスかも知れません。

でも、性格も良くスタイルは抜群なんです。

後ろ髪美人何て、良く言うけど、まさに妻はその部類でしょうか?

髪も長く綺麗なストレート(ちょっと茶髪)胸は大きくGカップ!でも腰もクビレていて

お尻も形が良く、大きい。アソコも綺麗で凄く敏感でエッチだ!それでいて毛が薄い。

ただ、顔だけが、イマイチ・・・残念。「今の見たか!凄ぇ~イイ体だと見入ったら、超ブスだったよ!」

「本当!何であんなブスにあの体なんだ!・・・」

直ぐに妻の事だと分かりました。

こんな会話を私は何度も聞いたことがありました。

私は、普通よりちょっといい男?みたいです。(同期の女の人に言われます)

妻と知り合ったのが、3年前でした。私も初めは彼女の後姿に惚れたんです。

顔見て、ちょっと引きましたけど・・・。

でも凄く気が利いて素直で良い子だったんです。何度か食事とかしていたら、突然の告白!!!

驚きましたが、何だか彼女と居ると安心するので、付き合う事にしたんです。

彼女は、夜の方(毎日でもOK)も凄く良くってフェラも上手く、アナルまで吸い付いてくれます。


体験談関連タグ

|||||

2014年10月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】先輩に彼女作ろうと奮闘してたら俺が結婚する破目になった【隣の芝生】

俺:割と社交的だけど人の好き嫌いが激しい 25歳フツメン

A先輩:ものすごくいい人だけど女とまともに話せない ピザデブヲタ34歳 



結婚する破目になった子を嫁とする

かなり小柄(140台)でちょい巨乳(D)。まあまあ可愛い。

幼稚園~中学校まで同じ学校にいた。A先輩絡みで偶然再会することに。



A先輩とは出身大学や学部が同じ事もあって、結構年が離れてるけど仲良くしてもらってた

事の始まりは1年弱ほど前に2人で飲みに行った時。



A先輩「あーなんか最近さびしいんだよね」

俺「え、どういうことですか?」

A先輩「なんかこのままずっと一人で、家に帰っても会話する相手もいないのかと思うとさ」

俺「Aさんずっと彼女とか要らない、ヲタ道を生きるって言ってたじゃないですか!」

A先輩「それは去年までの話。俺もやっぱ人のぬくもりが欲しいよ」


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】普段の生活で・・・【隣の芝生】

私は30歳 妻29歳 ごく普通の平凡な夫婦です!子供は6歳 5歳ともに男の子です!

それは 妻が長男を出産するまえの出来事ですが!ある有名な助産婦で出産する計画ですが

助産婦院ということで正式な診断は産婦人科でしてもらう必要があるらしくその先生のもと

へ 診断に何回か行くことになりました。先生は55歳くらいで看護しさんもおばちゃんでした。

2回目の診断の時でした隙間からのぞくことができどのような検診かとみていました。

なんと 妻のおまんこを指でピストンそして拡張しているみたいにみえました。私はそれを

覗きながら チンポががちがちになっていました! 帰宅して妻に(どんな検診だった?)

聞いてみたら (安産のために産道を広げる治療をうけた)ということでした。まさかと

思いましたが それが本当なのか?ともおもいました!それからまた次の検診があり妻と出かけ

ました。また妻が先生に同じような検診を受けると思うと不安とまた逆に妻の反応を見て見たく

なりなした!私の不安と言うか期待とが目の前で行われました。おまんこの拡張だけでなく

アナルも指でマッサージされていて最後はいかされていました!看護士さんもいる前でです!

帰宅後 妻に今日はどうだったと聞いて見たら前といっしょうよっていっていました!

そして出産前の最後の検診です!お腹も大きくなり無理もさせれない状態でいきました。

そして検診を覗いていましたら 先生が(奥様もうすぐですね! 今が大事ですよ!安産の


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月15日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】夫と義理息子に愛される私【隣の芝生】

私(真澄38歳)は、夫(47歳)と息子(20歳)に愛されています。私は22歳の時に一度結婚したんです。

前夫は、束縛が激しく私が他の男の人と話しているのを目撃しただけで”浮気だ”と言い

家に帰るなり全裸にされ縛られた上、鞭で叩かれ絶対服従を約束させられるんです。

昔から、ちょっとMっ気の強い私はそんな彼に逆らう事が出来ませんでした。

前夫と結婚し2年が経ったある日、私は前夫と一緒に買い物をしていると”真澄じゃないか!”と

声をかけられたんです。振り向き確認すると学生時代の友人A君だったんです。

”久しぶりだなぁ!元気か”

”うん!A君も元気そうね!”

”あ~何とか社会人生活を送っているよ”

”真澄!誰だよ・・・”

”えっ、学生時代の友人なの!”

前夫の顔つきが変わるのが分かり、オドオドしていました。

”A君、それじゃ”

”あ~真澄も元気でな”

早く彼と離れないと夫に何をされるか分からない・・・私は泣く泣くA君と別れたんです。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年10月14日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】L-Movie【隣の芝生】

それは昨年10月の事だった。

数年前から 痔の調子が悪く 思い切って手術する事にした。

ドキドキしながらの入院 。しかしながら私の住んでいる町の病院は使わず

少し離れた市内の肛門科へ・・・

そこなら 安心して手術できるからだ。そして 2週間程 家族と別れ入院する事に。

結婚後10年。一球入魂 1発1発 計画通りに子供も出来て 幸せな暮らしの日々、

欲を言えば 妻がエッチ嫌いな事だけ。

男性経験はと言うと 私と結婚するまでに 3人程 お付き合いしたそうだ。

本当か 嘘かどうか判らないが、今まで イッタ事が無いそうだ。

そして 更に信じられないが、オナニーもした事が無いと言う。

本当に、本当なのか?!

私達のセックスライフは、週2回程。

男の私は、もちろんエッチ好き、しかし妻はというと、月に2日程で良いらしい。(絶頂「イク!」のが・・・) フェラも苦手で 殆どしてくれない妻。

入院の前夜 しばしの別れに セックスは・・・もちろん・・・!

そして入院、翌日手術。相部屋の人達程とは比べ物にならない程 傷の治りも早く、


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月14日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】信用したことが・・【隣の芝生】

妻と大学に受かったため、隣県で過ごしている娘に会いに行きました。

車で二時間かけて、娘の住むマンションへ着き、久し振りの家族で、ドライブがてらに森林公園に行く途中に事は起きました。

山道を運転してると、急にパンクしてしまい、左端の広い所に寄りました。

タイヤ交換しようにも、ナットが固くて回りません。業者に連絡しようにも、携帯は圏外です。

困っていると、二台のワンボックスが私の前に止まり、助かったと思いました。

50代くらいの優しそうな男二人が出て来て、パンク修理してくれるとの事でした。

修理の間、男の車に、「妻と娘に乗ってなさい」と言われ、甘えて乗る様に言いました。その時、娘がトイレに行きたいと言い出し、男が、トイレまで連れて行ってあげると言われ、何から何まで甘えました。

娘だけでは、不安なので、妻も行くことになり、三人で行きました。

男は、二人になると、「さっきの車に道具がのってた。取って来るから待っててくれ」

と言うと、出て行きました。

あとになれば、トイレだけだから、すぐ戻って来るのに、と思いますが、その時は、親切な人なので、何も疑ってませんでした。

それから、10分たっても、帰って来きませんでした。

体験談関連タグ

||||||||

2014年10月14日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】「あれが!‥子宮の初夜だった」【隣の芝生】

初夜シリーズを書き終えて 何と無くネットをサーフしていたら、今まで漫然と認識してたことを 再認識させられる記事にぶつかって、改めて‥ 身体の記憶がアリアリと甦り、 あぁ‥アレはそう云うことだったのかと 腑に落ちて納得している。

私は 女房と結婚以来‥数十年、 媾合(まぐわい)の回数は ザッと数千回に及んでいる。それも‥ヤルときは一生懸命で 手を抜かずに営々と励んだのだから、思い浮かべると‥ 人間の本性を絵に描いたような、涙ぐましい 裸形の精進であった。

実は前から 気にはなっていたのだが、その女房との数千回の媾合の中には ときどき〝あれは一体‥ 何だったのか?‥〟と感じる媾合があった。それは‥ 若い頃からの媾合の経験からは、〝オメコの奥が 絞まる〟とより 言いようが無い感覚だったのだ。

その辺りは 最初に経験したポリネシアンセックス(もどき)‥《記事「青春:契機」参照》にも書いたが、それはどちらかと云うと‥ 女房とユルユルと媾合っているときに、急に‥パックンと云う感じで マラの雁首がオメコの膣の奥に咥えられる感じだった。

そして‥局部が その状態になったのは、直ぐに女房にも判るから 二人は動くのを止め、息を平らにして 身体の力を抜く。そうすると‥抽送もせず力も入れ無いのに、雁首が その奥の締め付け部分を、ポコ‥ポコ‥と 出たり這入ったりし始めるのである。

私は当時‥この現象を 説明のしようが無いので、「二段締め」と称して 説明したが、最近読んだ資料「ウテルス・セックスについて」によれば これはいわゆる「タコ壺・巾着」と呼ばれる、「子宮性交」であった。参照:http://sky.geocities.jp/xyhcw364/uterus.html

つまり‥私は当初 マラの挿入は膣が限界と考え、孔のある小丘の外子宮孔を突いて ポルチオ快感が得るのだと思っていた。具体的には 「性交とは膣内で抽送し 膣壁のオルガスムス帯を痙攣させ、子宮孔に 精液を浴びせ掛けて終る」と思っていたのだ。

それが‥どうも 違うようなのである。特にあのポリネシアンセックスのときの 膣の奥でニュルッとマラの雁首を咥えられた感じは、具体的にウテルスセックスを知った後で 肉体の記憶をトレースしてみると、総べての記憶が ウテルスセックスに一致するのだ。

                 

特に‥ ウテルスセックスになり易い 媾合情況は、あまり前戯などで外子宮孔が 昂奮して硬く勃った情況に無く、マラも程ほどの勃起情況の方が起こり易いと云う。それに考えてみれば膣の奥の子宮孔の周辺には 絞まるような筋肉など無いのである。

それに思えばあの‥ 今まで二段絞めと思っていた媾合のときの、女房のイキ方が 尋常では無かった。私もマラの雁首を咥えられ さんざポコポコと雁を擽られた挙句、雁首に女房から絶頂汁を浴びせ掛けられて 全身に痒みが走り頭が白くなって気絶した。

少しして私が気付いたとき 女房はまだ夢現で、身体は消耗疲弊し尽くして ボロキレのように恍惚弛緩の状態だった。オメコに私のマラを嵌めたまま 膝を緩め股間を突き出し、白目を剥き口を半開きにして薄ら笑いを浮かべ 魂を中に飛ばし浮遊していた。

私が始末しようとマラを抜き 寝具を汚すまいと両脚を開いたら、果たしてオメコから 淫らな粘い汁に白い渦が混じって大量に流れ出た。已むを得ず右手の中指を 膣の奥に挿れ残りの淫汁を掻き出したが、そのとき確かに 触った子宮孔は緩く開いていた。

ウテルスセックスを知った今‥ 私は改めて女房が愛おしくてなら無くなっている。兄弟の学友と云う程度の知り合いで‥憎からず思ったではあろうが結婚を決め 抱き合い舌を絡めた。婚約後の山歩きでは性器の形を探り合い お互いに愛液を垂れ流した。

新婚旅行では 札幌の宿の月光の中で全裸で抱き合い、処女と童貞の身体を 見せ合い触り合って、お互いにシトド濡れているのを確かめ合った。摩周湖を見た夜の 川湯温泉の本媾合では、戦中育ちの行儀良く躾けられた娘が 潔く無様に脚を開いた。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年10月13日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】酔った勢いで【隣の芝生】

初めて投稿します。

先日に思いがけない体験を妻と経験しました。

 私35歳 妻28歳 仲のよい夫婦です。ちなみに妻はスタイルもよく顔はスザンヌによく似てると言われます。

先日(11月15日)妻と久しぶりに外食でもと思い会社から妻に電話をかけ

 私「もしもし、俺、久しぶりにご飯食べに行く?」

 妻「えっ急にどうしたの、何かあった?」

 私「別に、たまにはイイかなって、」

 妻「ふ~ん、じゃあ今から用意するね」

 私「なるべく早くね」

30分後家に着き、

 私「お~い、いくぞ~」

 妻「え~っもう、ちょっと待って」

私は妻の声が聞こえる部屋に行き、ドアを開けると妻は下着姿にパンストを履いた状態でした。

 妻「あ~ん、どれがいいかな?」

 私「そのままでいいんじゃない」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年10月13日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】酒乱な妻!【隣の芝生】

これも60%は事実です自分の妻の話です…大人の文章で名作にしてくれれば幸せです何時でも良いですので…



結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。

私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。

顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市内に一人で買い物に行くと何時も街中で「中年や初老風な男」に

ナンパされると言っています。

そんな文句の付け所の無い妻ですが…正直言うと妻のアソコは緩めの感じです。

…私の物が悪いと思いますが…日本人平均サイズだと思います。

妻はアソコが緩いとは気が付いていませんそれより自分の脚が太いと少し「コンプレックス?」が有ります。

外出時は何時もズボンやジーパンを履いて出かけています。

逆に家の中ではホットパンツ姿やパンティのみの生脚姿でうろうろしています。

其の白いムチムチ生脚を見るだけで私は興奮して勃起してしまいます。

現在は夜の夫婦生活は年に数回程度に成ってしまいましたが中は良い方だと思います。

私が妻に「今度サークルの飲み会にミニスカート姿で私と一緒に出て欲しい」と申し出ました。

すかさず妻が「嫌よ~脚太いし・そんなの…恥ずかしい」と言うので


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月12日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ